私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  > 

野党とメディアの森友総攻撃 ~ 民進党、共産党ともに支持率下落(時事調査)

← 応援クリック、ありがとうございます。

 昨日17日、時事通信の世論調査結果が発表された。私は時事通信という報道機関が好きなわけではないが、こと世論調査に限っては、個別面談方式を算出の根拠としている点で、他の報道機関の調査よりも信頼度は高いと思っている。

 さて、肝心の結果は、内閣支持率は前月よりたった2.1減の51.3%で、不支持率に至っては1.8ポイント増の26.0%だった。時事通信は記事の中で「学校法人「森友学園」が国有地を格安で取得していた問題が影響したとみられる」と書いているが、この日本中で話題の中心となっている森友問題の影響が、たった2.1%分だったとするなら、影響と言えるレベルのものではないだろう。少なくとも、安倍政権にとってネガティブなトレンドは何も見て取れず、トレンドがあるとするなら「盤石の政権」ということになる。

 政党支持率はどうか。自民党は前月比0.1ポイントの26.0%と、文字通りの横這いだ。一方で、民進党はというと、前月から0.2ポイント下げ、たったの4.1%である。共産党も微減だが、維新だけは0.9%から1.5%に支持を伸ばしている。

2017年3月 政党支持率
時事通信 2017年3月度 政党支持率


 民進党代表の蓮舫の青筋の立て方を観れば、森友問題が政権を追い込む特大ネタだと認識していることがわかる。政党ばかりではない。先週、平日休みに観察したワイドショー系の番組は、森友問題が話題の中心だった。野党とメディア総がかりで政権を追い詰めようとしている森友ネタだが、世論は踊らされていない。この時事の調査は10日~13日に実施されたもので、いわゆる「100万円問題」が出て来る前であったことは確かだ。しかし、それ以前も森友は政権に対して批判的に報道されており、そのネガティブキャンペーンの結果が政権支持率、自民党支持率ともほぼ横這いと言える結果しかもたらしていないことを考えると、世論に与えるインパクトは限定的ではないだろうか。

 ここ一か月のあいだ、森友問題をひたすら政権批判、稲田防衛相批判に利用してきた野党は、この調査結果を見て唖然とするに違いない。政権も自民党も、ネガキャンを受けて揺るぎもせず、逆に自分たちへの支持が離れているのだ。彼等の森友問題徹底追及の姿勢が、世論の良識から完全に乖離している。23日の籠池証人喚問で「決定的な何か」を得られなければ、彼等の支持率は更に落ちることになる。

 そのような状況で、バカさ加減をいかんなく発揮したのが朝日新聞だ。朝日は昨日の社説で、「大切なのは23日の証人喚問が終わりではないということだ。(中略) 与野党ともにこの問題を早く終わらせるのではなく、国民が納得するまで真相究明に努めるべきだ」と、「森友問題引き延ばし作戦」を宣言している。籠池・菅野コンビが出してきた「物証」がまるで「物証にならない代物」であったことがショックだったのだろう。この新聞も、世論を読み切れていないという点では、かなりお目出度い。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2017/03/19 07:30 ] 政治 | TB(0) | CM(16)

菅野完の物的証拠のお粗末さ ~ 強気の安倍総理に怯み始める野党

← 応援クリック、ありがとうございます。

 いつの間にか、森友学園問題は、大阪ローカルの土地取引疑惑から、安倍総理夫妻の寄付疑惑に変質した。仮に寄付を行っていたとしても、法的には何ら問題がないはずだが、よしんば寄付が行われていたとして、野党は何を証明しようとしているのか。安倍総理としても、籠池氏の方便を看過できず、証人喚問と相成ったが、このくだらない問題で税金が浪費される現状こそ、国民が看過して良いものだろうか。

 「アベ政治を許さない」野党連中が、籠池氏と密談し、国会招致の際の口裏合わせをしたようだが、結局彼らは何も証明できていない。事実、昨日の朝刊社説では、各社は森友問題をスルーした。各社が社説で取り上げたテーマは、読売が「対北政策」と「DeNA」、朝日が「オランダ選挙」と「陸自日報問題」、毎日が「オランダ選挙」と「対北政策」、産経が「中共の産経排除」と「オランダ選挙」だった。反安部政権の尖兵である朝日も毎日も、さぞかし森友問題を取り上げたかっただろう。だが、そんな左派系新聞すら及び腰である。結局、彼等とて、籠池氏も菅野完も今一つ信用が置けない存在なのだ。

 この問題を引っ掻き回す役割を担った菅野完による「安倍首相からの100万円」というコラムが、Yahooに掲載されている。しかし、菅野が物的証拠として出してきたものは、振替払込用紙の現物だという。

「森友学園」が名義欄にボールペン書きされているが、よく見ると、その上部に修正液で何か消されているのがわかる。
この修正液部分に、裏からライトを当ててみると。。。。。

振込用紙


やはりこれは、「安倍晋三」としか、読みようがない。


 何かの冗談のつもりだろうか。これが物的証拠になるなら、世の中、偽造で溢れかえる。こういうものを物証として総理を追及する野党議員がいるとすれば、「向こう見ず」というべき、変な勇気のある人物以外にいない。

 安倍昭恵夫人と籠池夫人のメールのやり取りがあったことは事実らしい。だが、安倍総理は、「確認したが中身は問題ない」としたうえで、相手の了承が得られれば公開する意向を示した。余程の自信がなければ、こういう発言にはならないはずだ。野党も次第にへっぴり腰になりつつあるようだ。籠池氏の言い分が虚言であった場合に備え、ダメージコントロールのモードに入ったのかもしれない。

 そもそも籠池氏は、経歴詐称はおろか、商売のためには昭和天皇まで利用する人物である。私利私欲のために先帝まで利用するなど、ポン引き以下の下劣かつ不遜な行いである。このような人物の言うことを信じるか、信じないかと問われれば、「信じられるはずがない」と答えるしかない。

 国会を一日開催するには、およそ3億7千万円かかると言われる。森友問題の審議を積算すれば、二桁億円では済まないだろう。もし、安倍総理および昭恵夫人の過去の言動に何ら瑕疵がないとすれば、野党はこの浪費について、賠償責任を負うべきだろう。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2017/03/18 07:22 ] 社会問題 | TB(0) | CM(24)

籠池氏、「首相から100万円の寄付金」も物証なし ~ 嘘であれば名誉棄損にもあたる妄言

← 応援クリック、ありがとうございます。

 昨日、大阪から配信された電波が、想像を超えた映像をテレビに映し出した。渦中の籠池泰典氏が、共産党小池、社民福島ら、今まで森友学園の教育内容を真っ向から否定してきた野党の連中と並んで、カメラの前に立つ光景である。敵の敵は味方ということなのだろう。国政を紛糾させ続ける森友学園問題が、政権対森友の様相を帯びてきた。

籠池氏と野党


 籠池氏は、参院予算委員会を建設中だった小学校の敷地に迎え入れ、マイクが声を拾うことを意識して、こう叫んだ。

この学園を作り上げようとしたのは、みなさんのご意思があります。そのご意思の中には、誠に恐縮ですが、安倍内閣総理の寄付金が入っておりますことを伝達します。


 この発言に、報道各社がこぞって飛びついた。かねてより、野党が叩いても叩いても出てこなかった、森友・籠池サイドと安倍総理の密接な関係が、安倍総理本人からの寄付金という形で出てきたのである。昨日、自称ジャーナリストの活動家、菅野完が投下した籠池氏と現職閣僚との金銭授受報道と相まって、ガードが堅い安倍総理が露呈した綻びだと食いついたのだ。

 安倍総理は、菅官房長官を通じて、寄付金の事実がないことを明らかにしている。森友・籠池サイドに疑惑が土地取引の疑惑が浮上し、安倍晋三小学校や昭恵夫人の処遇問題が出てから、しばらく時が経つ。この間、安倍総理側は、自身の籠池氏との関係について、既に調査をし、終了しているはずだ。「私や妻が(国有地売却や学校認可に)関係していたことになれば首相も国会議員も辞める」とまで発言している以上、入念な確認をしたはずだ。間髪置かずに寄付金を否定したのは、その調査結果に基づくものだろうと思われる。

 そして、この籠池氏の寄付金発言は、籠池氏の自宅前での囲み取材で横にいた福島瑞穂によって確証がないことが明かされる。福島は「寄付金の名簿があります。その中に安倍晋三と名前があるわけではない」と言明した。福島や共産小池など、安倍政権を打倒するだけしか頭にない連中にとって、喉から手が出るほど欲しかった、そしてあるはずだった物証が、実はなかったのだ。いったい、何しに大阪まで出張っていったのか。

 一方、籠池氏と単独インタビューを取り、この知性の感じられない字しか書けないながら、昨日報道各社からフリー・ジャーナリストとして紹介された菅野完氏。籠池氏が財務省側から「10日間身を隠せ」と指示されたと吹聴したが、それも国政の場で完全否定された。菅野が名指しで批判した松井知事も、「優遇指示や、籠池理事長とご飯食べた事実あれば辞める」と述べ、記者団に対して「君らあの人(菅野完)をジャーナリストと認めてるんか?」と、相手にもしないことを宣言。限りなくガセに近いネタで社会を攪乱する作戦は、早くも限界を迎えつつあるようだ。

 仮に、寄付金名簿に安倍総理夫妻の名前があったとしても、その行為自体はなんら違法性はない。蓮舫は記者会見で、「首相は潔白を説明する責任がある」と批判したが、寄付金名簿にもない寄付をしていないと証明するのは、いわゆる「悪魔の証明」だ。国会は籠池氏を、参考人でなく証人喚問する。虚偽の発言は違法行為であり、100万円の寄付が虚言であれば、名誉棄損にもあたる言動だ。自民党側も自信があるのだろう。私はこの問題はいまだに国政の場で議論するに値しないと思っているが、どうせやるなら一度でケリをつけてもらいたい。23日の籠池証人喚問は、その機会とすべきだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2017/03/17 07:11 ] 社会問題 | TB(0) | CM(27)

保身のために、恩を仇で返す籠池氏

← 応援クリック、ありがとうございます。

 国会は相変わらず森友学園の問題で紛糾している。矢面に立っているのは、記憶を辿って答弁した内容が事実誤認だと判明した、稲田防衛相だ。まったくの防戦一方の様相だが、こんな些細な問題で国会は空転する。基本的には大阪府の問題だと思うのだが、安倍総理夫妻を叩きまくっても何も引き出せなかった野党が、稲田氏の答弁を引き合いに、総攻撃を仕掛ける状況だ。

稲田防衛相


 そんな中、元は解同、その後しばき隊に属し、著書「日本会議の研究」が出版停止処分を喰らった菅野完が、昨日、森友学園の籠池元理事長と面会し、金銭の授受を含む、ある国会議員とのやりとりについて明かす用意があるという籠池氏の発言を公表した。これまでに国会でも答弁している、現役の閣僚だという話だ。

菅野完


 私はこれまで、森友学園が経営する塚本幼稚園の教育については、是々非々と書いてきた。教育勅語を子供たちに教える方針は評価するけれども、子供たちに「日本を悪者にする中国や韓国は心を改めて」、「安倍首相頑張れ」などと宣誓させる教育は、自らが支那や南鮮の思想教育のレベルにまで落とした洗脳教育であると批判的だった。だが、この期に及ぶと、籠池氏は批判されるべきだと強く思う。

 何故か。彼は今まで、政治家に近づき、その政治家の力を直接、間接を問わず利用しようとし、そして自分が窮地に陥ると、その政治家を売ろうとしているのである。籠池氏ばかりでなく、森友学園そのものが存続の危機に晒されることに及んで、サヨクに情報を売った。籠池氏が「寝返った」と見るのが妥当ではないのか。あちら側の世界で言うなら、「消される」ような反転である。

 籠池氏は間違いなく利益を享受した。安倍総理の名前を冠した小学校の開校を目論み、安倍総理がつれないと見るや、今度は昭恵夫人を引っ張り出した。そうやって有力政治家との密接な関係をアピールし、学園経営に利用していたことは既に証明済みだ。そして、自分のやってきたことを棚に上げて、サヨク活動家に情報を売った。

 こういう輩は、擁護されるべき存在ではない。

(発熱のため、本日は短文にて失礼)



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2017/03/16 07:10 ] 社会問題 | TB(0) | CM(16)

責任だ!辞任だ!と叫ぶ、自らの責務を忘れた「永田町のチンピラ」ども

← 応援クリック、ありがとうございます。

 稲田防衛相が、過去に森友学園が起こした民事訴訟に原告側代理人弁護士として出廷した事実を認め、謝罪した。「自分の記憶に基づき答弁した。虚偽の答弁をしたことはない」と説明した上で、「この件について、責任を取るということではないと思う」と述べ、自らの責任を否定した。

 13年も前のことを正確に記憶しているはずもないのに、確認もせずに答弁した稲田氏の謝罪は当然だろう。しかし、質問通告もせずに13年前のことを質した民進党議員のやり方も姑息である。様々な落とし穴を仕掛け、首相や閣僚の失言を取るのは、野党の常だ。だが、民進党の場合、政党としての目指すものがないのに、そればかりが目的化しているから、国民に見透かされるのだ。支持率低迷は当然の結果なのだ。

稲田防衛相


 稲田氏の事実誤認と謝罪について、民進党の蓮舫は強く批判している。

「あそこまで堂々と『会ったこともないし、弁護を担当したこともない』と言い切っていたので、とてもではないが、記憶違いで済まされるものではない。都合の悪い事実を隠しているとしか受け止められず、納得できない。辞任を求めるかどうかは答弁を聞かないとわからないが、答弁に納得できなかったら、迅速に判断せざるをえない」


 聞いて呆れる。この蓮舫という人物は、都合の悪いことはすべて忘れることができる特殊な能力を持っているようだ。あの二転三転した二重国籍問題の釈明は、勘違いで起きたものではなく、都合の悪い事実を隠していたことによる「まやかし」だったというのが、世間一般の見方だろう。

 稲田氏の場合、森友学園の弁護士として出廷したのは2004年であり、稲田氏が国会議員になったのは2005年である。従って、事実誤認があったこと以外で、政治家としての責任を問われるなどということはあり得ない。一方の蓮舫の場合、国籍詐称(あえて詐称という)は、国会議員どころか、野党第一党の代表選で露呈した事実である。どちらが責任が重いのかは、論ずるまでもない。余程ブーメランが好きなのか、どうしてこうも墓穴を掘り続けるのだろうか。

 そもそも森友学園の問題というのは、国政の場で議論するに相応しいイシューではない。疑惑があるなら、司法に委ねるべきで、1日億単位の税金を投じて議論すべき問題ではない。野党の役割とは、与党を批判し、間違いを明らかにすることだけに留まらず、ましてや首相や閣僚の首を取ることが目的化してはならない。与党にない選択肢を、対案というかたちで国民に分かり易く提示することが、彼らの責務なのだ。

 与党の政策を妨害し、やれ責任だ、辞任だと叫ぶだけなら、チンピラと同じである。いまの民進党を見る限り、個人的には、「永田町のチンピラ」という表現が最もしっくりくる。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2017/03/15 07:10 ] 政治 | TB(0) | CM(8)
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: