私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  李明博の“日王”発言が日本国民への侮辱である理由

李明博の“日王”発言が日本国民への侮辱である理由

← 応援クリック、ありがとうございます。

自民党の石破茂元防衛相は一昨日の報道2001で、「陛下を『日王』といった物言いは日本国民への侮辱だ」と語った。
何故、日王が日本国民への侮辱なのか、理解する必要がある。
日王というのは、韓国のメディアや右翼が使用する蔑視的表現なのである。
天皇陛下は唯一無二の存在であり、これは他国の王や元首と比較されるべきものではない。天皇は文字通り天皇という絶対的存在であり、相対論は無意味なのだ。
ところが、これを対岸の大陸文化に置き換えると、いろいろ不都合がある。
中華思想の原則は、支那こそが世界の中心であり、周辺国は属国というものだ。世界の中心に皇帝が存在するが、周辺国に同列の存在はありえない。
ところが属国であるはずの日本に、同じEmperorが存在する。
韓国にしてみれば、同じ属国である存在の日本にEmperorがいるのはまずい。小中華思想と事大主義から、彼らは日本よりも中華に属する位置は高いと思っている。だから、日本民族は野蛮で文化的に劣る民族でなければならない。少なくとも韓国よりは…。
そんな日本にEmperorがいてはならない。
だから、天皇(Emperor)を王(King)と意図的に位を低く呼ぶのだ。

日本から何が無くなれば日本でなくなる(=国体を維持できない)かというと、それは皇室に他ならない。
つまり、皇室は国体を維持するために必要不可欠な存在なのだ。
それを李明博は否定するどころか蔑んだ。石破氏が「日本国民への侮辱」と言ったのは、天皇を蔑むことによって、李明博が日本の国体を否定したからではないか。
私はそう理解する。

ここに一枚の写真がある。
猟奇的な韓国民族の、許しがたい行動を写したものだ。

朝鮮人のメンタリティを表す画像 ~ 天皇陛下の写真を・・・
引き延ばした今上陛下の写真を、まさに引き裂こうとしている瞬間だ。
保守派ではなくても、この男の行動に憎悪を覚える日本人は多いだろう。

韓国において最大のシェアを誇る朝鮮日報が、そのWeb版に「【記者手帳】天皇への謝罪要求、何が間違っているのか」という記事を載せた。

 韓国史から見ると、今上天皇の父親、昭和天皇は1926年の即位後、日本が朝鮮半島を統治した時代に民族全体を迫害し、弾圧した人物で、太平洋戦争では韓国の若い男性を銃の盾とし、若い女性を日本軍の性的奴隷とした、まさに「特別A級戦犯」だ。今なお韓国民族を苦しめる南北分断も、昭和天皇が統治していた日帝時代の統治が原因になっている。その日本の王室に対し「韓国に来たければ、韓国の独立運動家が全てこの世を去る前に、心から謝罪せよ」と求めたわけだが、これはある意味当然の要求だ。李大統領による発言は、時期的には問題があったかもしれないが、決して言ってはならない言葉というわけではない。


この記事を書いた同紙政治部記者の李河遠は、「今上天皇は手遅れになる前に、(ユダヤ人犠牲者慰霊碑前で膝をついて謝罪した)ブラント首相のように膝をついて謝罪する写真を歴史に残すべきだ。」と言う。
日本の天皇は朝鮮民族の前で跪け、と言うのである。
李明博は今上天皇を侮辱したことで、超えてはいけない一線を越えた。日本の新聞なら、この言動をたしなめるだろう。だが、朝鮮の新聞は、李明博の擁護、肯定し、更なる行動を煽る。
これが朝鮮民族のメンタリティだ。
とても相容れるものではない。

この民族とは恐らく一生理解し合えず、対峙し続けていくことになるだろうと思う。
“あの”民主党ですら、韓国に対する抗議決議原案を起草しているという。
民団の選挙応援を受ける民主党に、本当に韓国に対して抗議が行えるのかという疑念は湧くが、言い換えれば売国奴の集まりである民主党ですら、李明博の天皇侮辱発言を許し難いと考えているということである。朝鮮日報は親韓派政治家として前原誠司を例にあげ、親韓派ですら反発している状況を伝えている。
雑音を発し続ける対岸の為政者も国民もメディアも、日本人と皇室の繋がりを理解していない。
韓国との決別が、刻一刻と迫っている。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2012/08/21 11:22 ] 外交 | TB(0) | CM(4)
No title
あんなモノを理解したらこちらの心が汚れます。

ご指摘のように民団応援で政権取った民主党が、本気で何処まで「検討事項」を決行するのか、未だに疑いますが、少なくとも中途半端で終わったら自分たちの政治生命が絶たれる事は感じていると思いますので、それなりには頑張るだろう、か?と。

民主党は領土を守る気概も能力も無いことははっきりしましたので、これ以上の国難を引き起こさない事だけを守って下野すべき、と考えますが、天皇陛下への無礼極まるミョンバク発言の正式な取り消しと、謝罪だけは、この政権が短期間に獲得するべきです。この事態を招いたのはひとえに3年間に亘る民主党の「韓国の為の政府」姿勢にありますから。
[ 2012/08/21 14:45 ] [ 編集 ]
ヨソモノチョーセンジンには絶対わからない事
日本は二千年どころか三千年近く続いている万世一系の皇統の唯一無二の国家。三千年近くも脈々と続いているのですから、(なりすましでない本物の)日本人ならば誰でもみんな、どこかで『天皇の血』を受け継いでいますよ。あなたも。私も。ボクちゃんもお嬢ちゃんもおぢいちゃんもオバアチャンも全部…。私達(なりすましでない本物の)日本人は、『天皇の血』を介してみんな繋がっているのです。つまり天皇陛下は、私達みんなの血を繋ぐ唯一無二の『血を辿れる確かな』御存在なのです。ですから、『日本国のお父様』であるとも言える天皇陛下は、『子である』私達皇民の事を一番大切なものとし、気に掛けて下さっている。日本国のお父様=天皇陛下は、子である民の日々平安を願い、祷って下さっている…そして民は、みんなの『日本国のお父様』である天皇陛下を御守りする為に命懸けで闘う。子は親の為に。親は子の為に。理屈ではなく、みんなが繋がっているから…。この辺が『天皇の血』を受けていない外国人には理解出来ないのだと思う。マサカ日本国民全てが天皇を介して全部血が繋がっているとは思わないからね~…。『万世一系の皇統』。ここのトコロが、「代わりなんかいくらでも居る、誰がなっても一緒の、タダの王様や皇帝」なんかとは根本的に違うトコロ。私達日本国民全ての血を繋ぐ唯一無二の掛け替えの無い御存在である天皇陛下と御皇室の皆様を絶対、御守り致しましょう!!!(`Д')9
[ 2012/08/21 23:27 ] [ 編集 ]
どう思います
「横田めぐみさんと金正恩」の著者「飯山一郎」は韓国北朝鮮に味方し天皇陛下を侮辱する反日売国奴です。どうか騙されぬ様にご注意を!
[ 2012/08/22 09:06 ] [ 編集 ]
No title
昔から「韓国人を人と思うな」「犬だと思いなさい」と言われてきました。
(1)韓国人に「配慮」や「気遣い」をしても、彼らは相手の弱みと思ってつけ込んできます。⇒民主党の対韓政策の結果が天皇陛下への侮辱や竹島への不法上陸、更には「ありもしない従軍慰安婦問題のでっち上げ」につながっています。
(2)韓国人の反逆や裏切りに対して慈悲は禁物、100倍の制裁を与えなければなりません。⇒西側の同盟国だと思っていたら、日頃の反日教育、竹島の不法占拠、日本を仮想敵国とした軍事演習、ありとあらゆる言いがかり、国を挙げての反日キャンペーンを平然と行ってきたならず者国家とその国民には徹底した経済制裁が必要です。
(3)韓国人の行動を改めさせるためには、理路整然とした議論は無意味です。強制しか選択肢はありません。⇒徹底した経済制裁、外交による包囲網、場合によっては軍事力を背景して態度をあらためさせるしかないのです。
(4)韓国人には「対等」「平等」と言う概念はなく、犬と同じで「どちらがが上」と言う考えしかありません。⇒今回の事例では、徹底的なダメージを与えて「日本の方が上」であると教え込む必要があります。日本は、要求すべきことは全て要求し、一つでも拒否した場合は更に制裁を強めなくてはなりません。
(5)要求すべきこと
・天皇陛下への侮辱発言については、大統領は日本大使館で三跪九叩頭の礼で詫び、発言を取り消すこと。
・日本への言いがかり的要求は、全て撤回すること。
・慰安婦像は全て撤去し、反省の辞を刻んだ石碑を建立すること。
・反日教育を全て取りやめ、正しい歴史教育を行う。
・竹島をきれいに掃除し、速やかに退去する。
・竹島における漁民虐殺を謝罪し、賠償する。
・ベトナムにおける韓国軍の違法行為を認めて謝罪、ベトナムへの賠償を行う。
・速やかに在日韓国人の帰国事業を行う。
[ 2012/08/29 21:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: