私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  李明博の竹島上陸 ~ 毅然たる態度とは、首相・閣僚の靖國参拝だ

李明博の竹島上陸 ~ 毅然たる態度とは、首相・閣僚の靖國参拝だ

← 応援クリック、ありがとうございます。

韓国の李明博が、歴代韓国大統領でははじめて、竹島に上陸した。
あの狂信的反日大統領の盧武鉉すら実行しなかったことだ。
韓国の大統領は、当然ながら韓国3軍の統帥権を持っている。
今までのコッパ議員の上陸とは明らかに性質が異なる、重大事案だ。
安倍晋三元首相のメルマガでも書かれていたが、この領土問題において日本は軍事的には勿論のこと、物理的には一切チャレンジしていないにも関わらず、占拠しているほうが挑戦的示威行為をとることは、国際的にも極めて非常識な行為だ。

日本政府は在韓日本大使を遣い、上陸計画の情報に対して警告を発していたという。しかし、本日の自民党外交合同部会から漏れてきた情報によれば、駐韓国日本大使は昨夜から韓国政府カウンターパートに連絡できない情況だったと、外務省が明らかにした。
何から何までバカにした対応だ。
消費税政局で内向きな対応に終始してきたこともあるが、そもそも韓国の竹島実効支配を「不法占拠」と規定できず、腰の引けた対応に終始してきた民主党政権がナメられ続けてきた結果であることは間違いない。
玄場外相は「毅然と対応しなければいけない」と言ったそうだが、今まで毅然と対応できなかった政治家が急に毅然と対応すことなど、ルーピーに日本語で喋れとお願いすることと同程度の期待しかできない。

日刊スポーツによれば、李明博は韓国選手団の成績が好調なロンドン五輪の会場を訪ねて選手を激励し、人気回復に利用することを画策していたらしい。それどころか、サッカー男子準決勝で韓国が勝ち、決勝に進出すれば、英国行きを再度検討する方針だった。
ところが韓国が決勝に行けなかったため、上陸先を英国から竹島に変えたという。
極めて悪質なスポーツの政治利用である。
反日国家の元首にとって、政権浮揚に利用できるもの筆頭に、竹島があるのだ。
就任当初は、盧武鉉政権からの世論のリバウンドもあり、比較的親日的と言われた李明博だったが、切羽詰まれば手段を選ばない。

こうなったら、心情的には、日韓の五輪サッカー3位決定戦もボイコットしてほしいくらいだが、それも政治利用になるから主張はしない。
対抗策(報復ではない)はある。
在韓日本大使の召還、村山談話、河野談話の撤回は当たり前の話。
もうひとつは、首相、外相、防衛相などが8月15日に靖國神社に参拝することだ。
毅然とした態度というのは、何も外交上で抗議するだけではない。
蠅のように煩い半島からの雑音はさらにボリュームを増すだろうが、最近の近隣諸国との外交を見るにつけ、日本として戦後レジームを否定し、そこから脱却することが最も求められる局面であるように思う。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2012/08/10 16:26 ] 外交 | TB(0) | CM(7)
朝鮮の目的は金のせびり!
 南朝鮮への対抗措置としてげんばくんの言葉ではナンセンスでカエルのつらへのしょんべん程度にしかならない。談話破棄・靖国訪問は当然だがスワップの破棄やら資金援助をストップするなど資金面での対策が一番ではないか?
 日本を世界の中で陥れようとしている行動は北朝鮮以上であり国交断絶も覚悟した上で行動すべきだと思う。東日本大震災における友好国台湾とそれ以上の援助をしてきた朝鮮の対応に日本人はいまこそ覚醒すべき時が来ていると思う。
[ 2012/08/10 19:53 ] [ 編集 ]
No title
今回ばかりは靖国以前の問題かと思われます。

国交断絶、スワップ拒否、経済制裁などなど
あらゆる手段を講じるべきですな。

英国宜しく紛争しても良いぐらいです(ー_ーメ)
[ 2012/08/11 02:38 ] [ 編集 ]
スカッとしました。
石原都知事
http://www.youtube.com/watch?v=UyvkaMIxZ_8

外交や政治や教育の改革ももちろんですが、
メディア、マスゴミの人間を総入れ替えしないと、
もうどうしようもありません。
[ 2012/08/11 13:13 ] [ 編集 ]
No title
韓国は政権末期になるとどういう思想の大統領でも反日侮日方針をとりますから、「比較的親日」は根本的に仮の姿、と認識していた方が間違いはなさそうですね。
とりあえずは通過スワップ協定破棄と今までの踏み倒され貸し金含めた金額計上発表と、国交凍結が望ましいです。

実効支配されたら領土といえど他国の思いのまま、という北方領土と同じ経験をした日本は、尖閣および対馬を絶対他国に侵されてはならない覚悟が必要です。
竹島は玄葉外相が国際司法裁判所へ提訴、という発言を厳守すべき。(するかな?)
[ 2012/08/11 17:34 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/08/12 11:51 ] [ 編集 ]
いくら外交のシロウトでも…
>竹島は玄葉外相が国際司法裁判所へ提訴、という発言を厳守すべき。(するかな?)

相手国の同意がなければ、この種の提訴は
国際司法裁判所で受理されない。
それが基本ルール。
そんなことぐらい、いくら外交のシロウト玄葉でも
外務省からヒアリングして知っているはず。
つまり、提訴発言はB層向けのポーズに過ぎない。
だから、厳守するも何も
門前払いを分かった上での
見え透いたリップサービスだよ。
[ 2012/08/13 23:45 ] [ 編集 ]
今がチャンス
目下日本がすべきことは、韓国に向かって裁判で正々堂々とやって決着付けようではないか、と大声で世界に発信すべき。そうして国際世論を味方につけておいてから、わが国軍(自衛隊)を発動させ、竹島に急襲、占拠することです。おそらく韓国軍は反撃出来ないでしょう。 イ大統領は失墜するでしょう。
今こそ、奪回の最大のチャンスではなかろうか。
[ 2012/08/17 22:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: