私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  台湾へ恩返しをしませんか?署名にご協力を!

台湾へ恩返しをしませんか?署名にご協力を!

← 応援クリック、ありがとうございます。

昨年3.11の東日本大震災以降、台湾の方々の示してくれた友情は、多くの日本人の心を動かした。
国家規模、ひとりあたりの平均収入を考えると驚くばかりの莫大な義捐金を寄せていただき、日台の紐帯の太さ、強さを再認識する機会となったことは言うまでもない。
Twitterを通して広がった台湾主要紙への感謝広告掲載「謝謝台湾計画」には、僅かばかりの寄付だが、私もも参加させていただいた。

謝謝台湾
台湾主要紙へ掲載された感謝広告「ありがとう、台湾」


台湾の方々のご厚意にお礼を述べるには、実際に台湾を訪れることが一番なのだろうが、残念ながら今まで台湾旅行の機会には恵まれない。
しかし別の行動で謝意を表すことができる機会に恵まれた。

拙ブログでも、米パラセーズパークの慰安婦撤去を求める請願、および、マイク・ホンダが主導した慰安婦決議の撤回に関する請願を取り上げ、米ホワイトハウスへ直接声を届ける手段があることを紹介した。
そのホワイトハウスへの請願に、いま、台湾発の請願が掲載されている。

台湾国籍取得請願

米国軍事政府は主要占領権国の立場で、第二次世界大戦後、台湾を政治的煉獄に陥れ、67年になります。全世界人権宣言は、全ての人間が国籍を持てると謳歌してますが、台湾人には国籍が無いと、米国の法廷が採決しました。台湾人は自分の正当な国籍が欲しいのです。
馬英九は、中華民国亡命政権の大統領です。彼は、前任総統陳水扁氏を、本人の知らない状態下で、精神状態の錯乱に繋がる、不法投薬の拷問酷刑で、獄中の陳水扁を迫害してま---す。この様な不法投薬、特に洗脳効果ある不法薬剤の、陳氏の同意なしで、Ativanなどの投与は、米国拷問酷刑被害者保護法( the Torture Victims Protection Act) にて、拷問、酷刑と定義されてます。
台湾は西太平洋に有るキューバのグアンタナモア・ベイ監獄です。台湾の人々は中国人政権下の政治的煉獄から抜け出すには、オバマ大統領の助けが必要です。
第二次世界大戦の終戦は遠い昔のことですが、台湾人は未だに終戦を迎えてません。台湾での軍事占領は未だに結束してません。米国軍事政府は台湾の軍事占領の結束を宣言し、---台湾人を助けて、台湾民政府の構築を助すべきと存じます。


もうすぐオリンピックがロンドンで開催される。
我が国日本はオリンピックに国として参加するが、台湾は地域として参加さざるを得ない。
国がないことなど、平和な日本に住んでいる我々日本人には想像できないが、台湾人は大東亜戦争終結後、ずっとこの“国がない状態”で生活してきた。
日本も、その台湾の境遇を進んで作った側にいる。
戦前は日本であり、同じ旗の下に生活していた同胞の台湾人を、1972年の日中共同声明を以って捨てたのである。
(正確には、「中華人民共和国政府は、台湾が中華人民共和国の領土の不可分の一部であることを重ねて表明する。日本国政府は、この中華人民共和国政府の立場を十分理解し、尊重し、ポツダム宣言第八項(満州、台湾等の変換)に基づく立場を堅持する。」とし、台湾を支那の一部と認めた。)
今さらこの声明の撤回などありえないが、かといって他国の事を静観する問題でもあるまい。
苦難の時に心を寄せてくれた台湾に対し、謝意を表すには良い機会だと思う。

この請願に25,000以上の署名があつまり、請願がオバマ執行部に送られることになっても、それが直接的に台湾の独立を生むことにはならない。支那は内政干渉するなと突っぱねるに決まっている。
しかし、台湾が独立を求めるなら、進んでその一助となりたい。
同じ思いを共有する方がいらっしゃれば、是非とも署名にご協力を賜りたい。
期限は7月22日。まだ25,000には程遠い。

ホワイトハウス署名ページへは下記リンクより 
http://wh.gov/lOEX



【追記】
下院121号決議の撤廃請願の期限が7月21日に迫っています。
現時点でまだ8000ほど署名が足りません。
半島発の妨害工作を考えると、30,000という数は確保しておきたい。
これは、先の慰安婦像撤去の請願とは別物で、マイク・ホンダという馬鹿日系人が米下院で主導した、日本を貶めるための決議の撤回を求めるものです。
アカウントをひとつ取得すれば、上記の台湾国籍要求のと、この慰安婦決議撤回は、同じアカウントで署名できます。
是非、ご協力ください。

米下院121号決議(いわゆる「慰安婦決議」)の
撤回を求める請願
署名はこちらから

http://wh.gov/lBwa


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2012/07/13 11:21 ] 外交 | TB(0) | CM(2)
No title
TPPが知らない内に暴走を始めてます。

http://notpp.jp/2012_07_11_Prof_Nobuhiro_Suzuki.html

東大の鈴木先生の意見が書かれています
中には異議を挟みたくなるような内容も
含まれていますが(日中韓FTA推進等々)

様々な方面で売国が進められていますが
グローバル資本への売国行為も監視が必要です。

ホント
この国はどうなっているのでしょうか・・・
今のリーダ世代とは何なんでしょうか・・・
[ 2012/07/13 17:12 ] [ 編集 ]
新たな嘆願書を見つけました
【ホワイトハウス嘆願書】台湾の日本復帰運動
http://wh.gov/rG61

台湾領土は1895年に下関条約で永久に中国が日本の天皇に割譲され、
日本の不可欠な部分に組み込まれています。
1952年に平和条約第2条(b)の規定に基づき、
日本は台湾をめぐるすべての主権権利を放棄した。
米国は、条約に従って台湾(日本)の主要な占領国である。

台湾の中国人と中国による不愉快な政治は、
国連法下、永久的な占領は違法である。

米国大統領は、地域の究極の安全と平和維持のために、
台湾の正規性を復元するには、
日本の天皇に返すことによって、
それはかつて1972年に沖縄で行われたように
米国は、絶対的な権限を持っている。
[ 2012/08/07 09:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: