私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  「約束を破ったヤツ」と「約束を守れなかったヤツら」の泥仕合

「約束を破ったヤツ」と「約束を守れなかったヤツら」の泥仕合

← 応援クリック、ありがとうございます。

民主党は3日の常任幹事会で、消費税増税法案の衆院採決で造反した所属議員に対する処分方針を決めた。
法案に反対票を投じ、離党した小沢一郎をはじめとする37名を除籍処分、同じく離党という反党行為を行ったにもかかわらず、採決前というだけで参院の12名は離党届を受理され、3法案すべての採決を棄権したラグビーボール原口ら12名には厳重注意のみという、大甘処分である。
反対票を投じながら党に残る19人のうち、18人は党員資格停止2か月、残るルーピーこと鳩山由紀夫は党員資格停止6か月だった。

鳩山由紀夫これが民主党の党内融和というものの実態だ。もっとも、以前書いたとおり、民主党という政党にはそもそも“責任”という概念がない。
この政党に、社会的常識に照らし合わせた厳正な処分など、どだい無理なのだ。
その大甘の処分案でも際立ったのが、ルーピーの6カ月間という党員資格停止処分である。
いつまでも民主党のオーナー気分が抜けないルーピーは、「友愛の精神が足りない」と怒るだろうが、元党代表、そして元総理経験者であるルーピーをほかの議員と同列に処分しなかった部分だけは、ある程度評価してもよいのではないか。

党員資格停止を受けたルーピーは、半年もの間、党員としての活動ができないことになる。バッジを付けたプータローだ。
加えて鳩山は、9月に予定される民主党代表選の投票権を失った。
当然ながら、鳩山グループに対する院政は敷くだろうが、影響力の低下は否めないだろう。
そして、この6カ月の間に解散総選挙が行われた場合、鳩山は党員として選挙戦を戦えなくなる。これこそ大歓迎だ。
鳩山家が選挙資金に困ることはありえないが、公認されない元党代表など、恥ずかしくて選挙戦など戦えないのが普通の感覚だ。

小沢も鳩山も、野田を「約束を破ったヤツ」と非難する。
それはその通りだ。野田は国民との約束を破った。
だが、小沢も鳩山も、野田を批判する資格があるのか?
野田が約束を破ったヤツならば、小沢も鳩山も「約束を守れなかったヤツら」なのだ。国民の側からすれば、どっちもどっち。
マニフェストを死守と謳いながら、その実マニフェスト通りのことを何もできなかった男らが、その破綻したマニフェストと違うことをする男と怒るという、間抜けな構図にすぎない。
これが民主党の限界点だ。

鳩山由紀夫


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2012/07/04 11:21 ] 政治 | TB(0) | CM(2)
アメリカの国益と日本の国益
先ほどニュースアンカーで青山繁晴さんが、「政府の情報機関は小沢和子さんの手紙は本物と認めている」とおっしゃいました。今までニセモノだなんだとうるさかったですが、これで確実に武器になることが判明してしまいました。こういう時、「根拠はハッキリしないけど、これは真実に違いない」というような感覚を持つことがあります。どんな人かは知らないけど、顔に嫌な何かを感じるとか。西田昌司さんがおっしゃってましたが、志よりも権力や保身などにとらわれている政治家は、相応の嫌な顔をしていると。感受性は知識以上に大事だと思います。
[ 2012/07/04 23:28 ] [ 編集 ]
今週の週刊文春に続報
5日発売の週刊文春に続報が掲載されるようです。
その中に、妻の離縁状を「ガセ」扱いしている
お縄派議員への反論も含まれているようです。

お縄の最大の悪行は、「恥の文化」の日本を
「恥知らずの文化」に染めてしまったことだ。
法の抜け道を利用して不動産を買い占め、
選挙資金に使って子分を増やし、ガソリン暫定税率廃止という
有権者との約束を最初に破っておきながら
消費増税という他者の約束破りを正義の味方面して
偉そうに糾弾するという厚顔無恥な行いを
フツーのコトにしてしまった。
この悪辣さはもはや非常識を通り越している。

お縄からバッヂを奪い
戦後悪行政治からの脱却を図るべし!
[ 2012/07/05 00:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: