私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  自民、国旗損壊罪を国会に提出 ~ まともな国への第一歩

自民、国旗損壊罪を国会に提出 ~ まともな国への第一歩

← 応援クリック、ありがとうございます。

【お願い】「慰安婦の碑」撤去のための署名にご協力を!!!
まだまだ署名が足りません。
捏造に基く慰安婦碑を撤去し、我が国の名誉を守るため、「ホワイトハウスへの請願署名」にご協力をお願いします。
くっくりさんが丁寧な解説をしてくださっていますので、是非参考にしてください。
くっくりさん解説 ⇒ http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1199.html
ホワイトハウス ⇒ http://wh.gov/yrR



28日現在で、66,968件、総額951,261,354円と、10億円に手が届くところまで来ている東京都の尖閣買い取り寄付金。これは、支那の政治的及び軍事的脅威という刺激によって、日本人が少しだけ覚醒した証左である。
あの尖閣沖支那漁船体当たり事件以降、明らかに日本人の意識が変わった。
それは「平和を愛する諸国民の公正と信義」など虚構であると日本人が認識しはじめたことと、日本こそが進んで支那との歴史問題を克服すべき立場にあるという、屈折した歪曲史観への、素直な反発の芽生えとも思える。

南では、フィリピンが支那から、バナナの大量返品という嫌がらせを受けている。
支那当局は、フィリピン産の果物から輸入植物検疫措置の対象となる病害虫(検疫有害動植物)が発見されたことで、バナナが全く売れず、それを大量返品の大義名分としようとするが、これは明らかにスカボロー礁問題に端を発する嫌がらせだろう。
漁船体当たり事件の際、支那がレアアースの禁輸政策に踏み切ったのと同じである。

ステージは少しずつ進んでいる。
戦後レジームが後生大事に守ってきた対支屈服の構図が揺らぎ始め、歴史認識の総体に疑問符が付き始めている。河村名古屋市長の南京発言、韓国の度重なる、度を越した慰安婦問題の蒸し返し、竹島の不法占拠・・・。
平和ボケした日本人は、外からの刺激によって認識を改めつつあるが、同時に国内の覚醒要因が必要である。

自民、刑法改正法案を提出 「国旗損壊」罪を新設 (産経)

 自民党は29日、日の丸を傷つけた場合に処罰できる「国旗損壊の罪」を新設する刑法改正案を今国会に提出した。日本を侮辱する目的で「国旗を損壊、除去、汚損」した者は2年以下の懲役か20万円以下の罰金を科す。成立に向けて他党に協力を呼びかける。
 「国民は国旗および国家を尊重しなければならない」という文言を盛り込んだ自民党の憲法改正案と合わせ、保守層にアピールする狙い。現行の刑法では外国国旗の損壊などに対して処罰規定があるが、日本の国旗には処罰がない。
 提出者の一人、平沢勝栄衆院議員は国会内で記者団に「日本の刑法は諸外国からみれば常識外れ。それを普通の形に直したい」と提出理由を説明した。


自民党が、「国旗損壊罪」とう新たな刑法に関する議員立法を提出した。
支那、朝鮮と違い、日本には気に入らない国家の国旗を焼く習慣はない。
しかし、そのことが国旗を尊重することと同義でないことが、この国のおかしさである。

この議員立法の作成に寄与した高市早苗氏は自身のコラムで、「現行の刑法では、外国国旗の損壊は処罰の対象とされている一方、日本国国旗の損壊については規定が無く、処罰の対象とされていません。」と、日本の異常性を指摘した上で、諸外国の具体例を列挙している。

ドイツ:
「自国の国旗」を損壊する行為については「3年以下の自由刑又は罰金」だが、「外国の国旗」を損壊する行為については「2年以下の自由刑又は罰金」

イタリア:
「自国の国旗」を損壊する行為については「禁錮2年以下の刑又は1000ユーロから5000ユーロの罰金」だが、「外国の国旗」を損壊する行為については「100ユーロ以上1000ユーロ以下の罰金」

韓国:
「自国の国旗」を損壊する行為については「5年以下の懲役又は禁錮、10年以下の資格停止又は700万ウォン以下の罰金」だが、「外国の国旗」を損壊する行為については「2年以下の懲役若しくは禁錮又は300万ウォン以下の罰金」

支那:
「自国の国旗」を損壊する行為については「3年以下の有期懲役、拘役、管制又は政治的権利の剥奪」という厳罰を設けているが、「外国の国旗」を損壊する行為については「刑法典に罰則は無い」

諸外国では、他国の国旗を損壊するより、自国の国旗を損壊するほうが、刑罰は重いのである。(ちなみに、反日活動等で日章旗を焼く支那人、朝鮮人が、実際に当局に罰金を払っているかは不明)

戦後レジームを是とするマスコミ、教育界、政治によって、この国旗を尊重するという当たり前のことが当たり前に行われることで、日本は一歩ずつ戦後を脱却できるのである。
恐らく、そして残念ながら、民主党ら、「個人の信条」を盾に取る大量のサヨク政治家がはびこる衆議院で、この法案が通ることはないだろう。
だからこそ、政権再交代が必要なのである。
消費税しか頭になく、党内野党のオザワ一派への対応に腐心し、他の事案に手が回らない首相に、この法案の必要性はわかるまい。

なでしこジャパン 澤選手と日の丸


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2012/05/30 11:29 ] 政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: