私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  皇室 >  天皇陛下の埋葬方法変更報道に抱く嫌悪感

天皇陛下の埋葬方法変更報道に抱く嫌悪感

← 応援クリック、ありがとうございます。

世の中、オザー、オザーと小沢一色である。
正直、もう胸やけがしそうな思いだ。
単に政治収支報告書の虚偽記載について、小沢と秘書3名の共同謀議が立証できないというだけの話である。
事実関係は別として、「小沢は黒い」と重ねて刷り込んできたマスコミにには何ら自己総括も見えないし、小沢信者と永田町のコバンザメたちは、「小沢一郎こそクリーンな政治家」と、プロパガンダまがいの言動を繰り返す。
もう飽き飽き。
最後の御奉公などと言わずに、いっそ引退してもらい、小沢のいない静かな政治を取り戻すことこそ、国益にかなう。

さて、そんな小沢一色の報道に隠れ、ひとつ黙過できない報道があった。

両陛下が「火葬」の意向示される 宮内庁「合葬」も含め検討へ (産経)

 宮内庁の羽毛田信吾長官は26日の定例会見で、江戸時代初期から土葬で行われてきた天皇、皇后の埋葬方法を、「天皇、皇后両陛下のご意向を踏まえ、火葬に変更する方向で検討する」と発表した。両陛下をご一緒に埋葬する合葬についても、「視野に入れて検討する」としている。
 葬送のあり方について陛下のお考えが明らかになるのは異例。実現すれば、約350年ぶりに天皇、皇后の埋葬方法が変更されることになる。
 説明によると、両陛下はかねて、東京都八王子市の武蔵陵墓地にある昭和天皇陵と香淳皇后陵が平行に隣接していないのを見て、「用地に余裕がなくなっているのではないか」とする感想を述べられていた。
 こうした用地面の懸念と、火葬が社会で一般化していることを合わせて考え、自らの葬送は「火葬が望ましい」とおっしゃっているという。全体的な葬送の営み方についても、「極力、国民生活への影響の少ないものとするように」との意向を示されている。皇太子さま、秋篠宮さまも説明を受けておられるという。
 羽毛田長官は、今回の件は、長年にわたって両陛下が側近らに意見を示されていたことだと説明。「遅きに失したという思いもある」とし、今後1年程度かけて宮内庁で具体的な検討を進めるとした。
 火葬場所については、新たな施設を作る選択肢を挙げた上で、「ふさわしい場を慎重に考えなければならない」と述べた。
 宮内庁によると、室町時代中期以降、崩御した天皇は火葬されることが続いたが、承応3(1654)年の第110代・後光明天皇以降は土葬されている。皇族については火葬されている。


陛下の大御心というものだ。
常に民のことを一心に考えておられる。
我欲にまみれた永田町の政治家たちは、胸に手を当てつつ猛省し、陛下の示される模範を見習ってほしいものである。
勿論、自省も含めて言えば、我欲にまみれた我々国民も同じだが。

天皇皇后両陛下

しかし、この報道。
正直なところ、好意的に受け取ることはできない。
勿論、陛下のお考えについて不満を述べるほど、私は不遜ではない。
宮内庁にである。

何故いまこの時に、陛下が崩御された際の埋葬方法について、公表しなければならないのか。
当然ながら、陛下は今も御存命でおられる。
今年2月に心臓の冠動脈のバイパス手術を受けられ、ご静養いただきたいところであるが、今月10日には皇太子殿下による国事行為の臨時代行の任も解かれ、公務に戻っておられる。
記事には陛下の御意向とある。
宮内庁には当然、陛下の御意向に沿って、崩御された際の諸々の手続き、埋葬場所や方法等の検討をする義務がある。
しかしそれは、公表しなければならないイシューではなく、我々国民の見えないところで粛々とやってもらえば良いのではないか。
国民の知る権利だのを振りかざす輩はいるだろうが、ある時まで知らなくてもいい情報もあるはずだ。
なにか、「陛下が崩御された際の準備をしてるから、お前ら国民も知っとけよ。」と言われているようで、愉快な思いはしない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2012/04/27 11:39 ] 皇室 | TB(0) | CM(2)
No title
タイの王族は火葬です。
火葬によって天上へ戻ると言う意味らしいです。
ご参考までに。
[ 2012/04/27 12:15 ] [ 編集 ]
不敬ながら
私も今回の報道に疑問です。国民の負担云々であるなら、国費を使って仕事もせず私的に遊びまわる診断書も出さない病人の処遇をまず敢行して頂きたいし、30分の祭祀も軽減される程体調がすぐれない病み上がりの陛下がロングフライトでイギリス行きを強行なさる等、おかしな事が特に震災以降多く、両陛下には疑問を抱かざるえません。
9周続けて慰問に行かれた直後、慰問でお疲れとの報道があったり、庶民のお楽しみ5000円のお宿に泊まったからと軽井沢テニスを楽しまれたり、震災の年なのに例年通り草津ピアノ演奏会もいらした。
嘘を国民に流すことも恒常化し、慰霊祭をご公務復帰初日に二度参加されたが、どれも遅刻早退であったが、翌日の退院の祝いは延長され楽しまれたとの報道にもがっかり。また伝統から外れた皇后陛下の喪服着用、そしてそれに対する理由に陛下をお助けするため、国民の代表としてと後付けがあったがはっきり言って怒りに震えました。今回の合葬に関しても、陛下と皇后のお立場は違う。皇后は皇后でしかないのに、権威のある方はあくまでも権威のあるやり方を遂行されるべきである。国民の下まで降りてこられすぎだ。
同時に発表のあったスカイツリーご見学。先帝は、開業後2年たってから東京タワーを見学された。特権を使うお楽しみは、悠仁親王や愛子ちゃんをお連れになってご家族揃って、開業後の早朝にでもいらしていただきたかった。
そして何より女性宮家問題。宮内庁が悪い民主が悪いと思っている人が多いが、「両陛下の強い希望」は今までどんなこともかなっているし、宮内庁発表は両陛下のご意向だ。旧宮家復帰を望まず、神社庁からの反発もあったのに祭祀をことごとく軽減され、女性天皇発言の渡辺侍従長再任もあった。伝統破壊行為があまりに多く、今上ファミリーだけで皇室を固めようとなさっている。
東宮問題の根本だって、東宮やりたい放題を放置し嘘を平気で国民に発することを咎めない両陛下の責任もあると思います。
植木鉢や赤い花を病室に持ち込んだり、二度も慰霊祭を退院後の自分たちの公務復帰に充てたり、喪服を着たり、由紀さおりなど下世話な流行りものを報道させたり、東電に感謝したり、慰霊○週連続で行った・でも慰霊行って疲れた・でも草津ピアノは行く・でも疲れて北海道公務行かない、紀子妃殿下誕生会ぶっち…あげたらきりがありません。
いじめ発言後の東宮は苦しんでる発言以降から疑問に感じていましたが、雅子は病気発言直後にバルコニーに立たせたり、イギリス行き許可したり、震災以降は、周りの年寄りも両陛下、特に皇后陛下への疑問は皆噴出。
今の皇室のおかしさ、唐突な女性宮家等々は、今上・皇后の伝統を重んじない左巻き思想の集大成が醸成してきたってことじゃないかと思います。
お友達にいおきべとかいますし、男女参画に皇后は深くかかわっておられるし…。
東宮がおかしいままで、いつまでも両陛下は悪くないじゃつじつまあわないと思います。
[ 2012/04/27 19:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: