私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  慰安婦問題における藤村官房長官の無知蒙昧

慰安婦問題における藤村官房長官の無知蒙昧

← 応援クリック、ありがとうございます。

韓国の李明博大統領が1日、日本統治下の朝鮮半島で起きた反日抗議運動「3・1独立運動」を記念する式典で演説し、いわゆる従軍慰安婦問題を取り上げ、日本を痛烈に非難した。
「すぐに解決しなければならない人道的問題だ」、「このまま世を去ったら日本は問題解決の機会を永遠に逃す」、「日本政府が皆さん(元慰安婦)に謝罪することが、他のどの日韓間の外交懸案よりも急がれるべきだ」などなど。
これは驚くにあたらない。
「3・1独立運動」は反日運動の代表的なものと賛美され、それは韓国国民にとってはアイデンティティの源であり、韓国国民のナショナリズムを刺激する恰好の材料である。
こういう象徴的な日は、日本に対する憎悪が増幅される。
日本で原爆投下の日、終戦記念日が、米国憎悪の象徴ではなく、日本軍国主義への憎悪となることと、本当に対照的だ。
(この部分は、日本がおかしいのだが…。)
日本=悪者という平面的でステレオタイプな思想から脱しきれない彼らは、日の丸を焼き、日本大使館前に慰安婦碑に象徴されるアイコンを設け、海外でも「独島(竹島)は我が領土!」、「日本海と東海を併記せよ!」とノイズを発し続ける。
相手にしなければ良いのである。
何故なら、いわゆる従軍慰安婦問題とは捏造の産物なのだから。
歴史の検証はすべきだが、事実を直視できない彼等と冷静な共同研究をすることなど、不可能だ。
「日韓基本条約」で終わり。
この姿勢を変えるべきではない。

ところが日本の政府には大馬鹿者が居る。
官房長官、藤村修だ。
藤村は記者会見で、李明博が日本を強く批判したことについて、こともあろうに「何ができるか知恵を絞り、検討を進める」と語ったのだ。

藤村官房長官、いわゆる従軍慰安婦問題について「何ができるか知恵を絞る」 (FNN)

韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領が、いわゆる従軍慰安婦問題について、日本政府の政治決断を強く迫ったことについて、藤村官房長官は記者会見で「何ができるか知恵を絞り、検討を進める」と述べた。
1日午後の会見で、藤村官房長官は「政府としては、今後も何ができるか知恵を絞っていき、検討を進める」と述べ、いわゆる従軍慰安婦問題について、1965年の日韓請求権協定で日本の法的立場はすでに決まっていることを念頭に「何ができるか知恵を絞る」と述べた。
そのうえで、藤村長官は「時折難しい問題が起こっていることは事実だが、日韓関係全体に悪影響を及ぼすことがないよう、大局的な見地から協力していくことが必要だ」と強調した。

藤村官房長官、「何ができるか知恵を絞り、検討を進める」と言う大馬鹿者。

一体この人物は、条約というものをどう認識しているのだろうか。
日韓基本条約締結後に、条約締結前の事案が取り沙汰され、それに対して一方が何らかの弁済、補償、謝罪などを要求すること、また一方がその要求に対して対応をすることは、条約を否定することに他ならない。
そして、その条約に至るまでの先人の努力を踏み躙る行為である。
条約が規定する「完全かつ最終的に解決された」事案を蒸し返す韓国に対し、「法的立場はすでに決まっている」と認めながらも「何かしてあげる」なら、民主党政権は「何かをしてあげる」前に日韓基本条約の破棄を俎上に上げ、国民に信を問うべきだ。

そもそも李明博の日本批判は、産経が指摘するように「世論の支持をつなぎ止めようとしたもの」であって、他国の政権の浮揚のために、日本がいちいち「対応してあげる」必要はない。
藤村の「何ができるか知恵を絞る」は、致命的失言だ。
この発言があったにも関わらず、結局何もしなかった場合、韓国の批判はより一層増幅されるだろう。

藤村官房長官よ、あなたの言う「大局的見地」とは、韓国民団に寄り添う見地か?
発言を撤回し、国民に謝罪し、辞任せよ!


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2012/03/02 11:28 ] 外交 | TB(0) | CM(3)
従軍慰安婦サギ事件
これは「オレオレ詐欺の韓国版」です。
 売春宿経営者の朝鮮人が、本国から連れてきた売春婦が後に「従軍慰安婦」と呼ばれるようになったのです。
 日本は韓流「慰安婦サギ!」に騙されてはいけません。
 かつて「河野洋平(紅の傭兵)」は、このサギ師にまんまと騙されました。
 こいつは国賊・売国奴です!
[ 2012/03/02 11:41 ] [ 編集 ]
日本にとって韓国は一緒に歩む同伴者ではなく信頼できない競争者
韓国の新聞は「韓国に対する日本国内の負債意識が消えた」と正確な分析をしています。
http://japanese.joins.com/article/715/148715.html?servcode=100§code=140

李明博大統領は外交音痴だと思います。

[ 2012/03/02 14:24 ] [ 編集 ]
No title
まさに馬鹿につける薬なし

日本が嫌いなのか、単に頭が悪いのか知らないが
こんな人間が政治家として国家の中枢に居る事には恐怖を感じます
[ 2012/03/02 16:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: