私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  頑張れ、河村市長!注目しているのは中国だけではない。

頑張れ、河村市長!注目しているのは中国だけではない。

← 応援クリック、ありがとうございます。

日本の新聞もテレビメディアも、河村市長の「南京事件はなかったのではないか。」という発言を殊更大々的に報じているわけではない。
この発言を、いち地方の首長の「個人的見解」として留め、国政レベルの外交問題に発展することを忌避しているのだろう。
同時に、反中感情が湧きたち、日本人としてのナショナリズムの発揚に繋がることに、歯止めをかけているのである。
守旧メディアの常套手段だ。
南京市は、名古屋市との公的交流を、中共政府のお墨付きを得て、凍結した。
中国では、中国メディア「環球網」が、河村たかし市長の中国入国を禁止する署名活動を、公然と呼び掛けている。
(リンク: 环球网发起“将名古屋市长列为不受欢迎者”签名活动

それだけではない。
名古屋市の東山動植物園も、いきり立った大陸偏狭者による攻撃の被害者となった。

名古屋の動植物園にサイバー攻撃、南京事件を認めよと改ざん (サーチナ)

 名古屋市の東山動植物園のホームページが23日、サイバー攻撃を受け、名古屋市に南京事件を認めるよう要求する内容が書き込まれた。中国メディアの環球網が24日に伝えた。
 記事によると、名古屋市が運営する東山動植物園のホームページがサイバー攻撃に遭い、ハッカーが「南京大虐殺を認める」よう要求してきたことを発表した。「南京大虐殺」を否定した河村たかし市長の発言を批判したものとみられる。
 動植物園のホームページの「最新情報」の欄に「2012年2月22日 問候日本人民!」(「2012年2月22日 日本国民にあいさつ」)という書き込みと中国人の名前と思われる漢字が出現した。この部分をクリックすると、手を上げた男性の全身写真とともに、「歴史が改ざんされている!南京大虐殺を認めろ!教科書に反発!」などの説明文が一時的に閲覧できるようになっていた。
 23日午前8時45分ごろ、動植物園の職員が発見。名古屋市はすでにこの書き込みを削除し、警察にも通報済みだ。名古屋市東山動植物園は名古屋の観光名所の1つで、園内では500種類以上の動物を見学でき、現地を訪れる中国人旅行客が必ず訪れる場所でもある。
 南京事件をめぐるサイバー攻撃に対し、中国のネット上では「良くやった」と喝采の声があがっている。


中日新聞が報ずるところによると、東山動植物園へのサイバー攻撃の後、名古屋市のHPにも「DDoS攻撃」によるサイバー攻撃があったようだ。
まさに愛国無罪的行為である。
彼の国では、愛国心による反社会的行為は正当化される。
「日本憎し」の教育で洗脳された国民は、この傾向に歯止めをかけられるはずもない。中央政府は、自分らが洗脳の成果物である、この無知で偏狭なナショナリズムを利用し、日本に対する圧力として利用する。
中国の恫喝外交は、常にこういう仕組みで動くのだ。

田中角栄と周恩来が、北京で日中共同声明に署名してから40年。
通商と人の行き来は発展したが、二国間の国民感情が雪解けを迎えたかといえば、現実は程遠い。
皮肉にも、戦後教育と守旧メディアの長年の努力の成果によって、日本社会の中国に対する姿勢は、概ね寛容である。
日本人は日本の歴史を知らず、GHQと戦後教育によって去勢されたままなのである。
一方の相手は、一党独裁体制を堅持し、多様な価値観を認めず、自国民の大虐殺ですら封印する。
日本人の常識や良識は、彼らには通用しない。

今迄の日本は、強引に押されれば一歩引くという彼らの「対日分析」に丁寧に沿って対応してきた感がある。
しかし、彼らの主張に事実と反する部分があれば、反意を唱えるのは当たり前のことだ。
この当たり前のことをやり続けるしかない。

もうひとつ意識しなければいけないのは、韓国の存在である。
韓国は、この歴史認識による日中間の駆け引きを、じっと眼を凝らして注目しているはずだ。
慰安婦や教科書問題など、日韓間に横たわる問題を、今後如何に「利用できるか」、彼らにとっての実証実験が進行中なのである。
中国に譲歩すれば、韓国は一気呵成に我が国を責め立ててくるだろう。
河村市長が発言を撤回すべきでないのは、南京市との関係に留まらない。
頑張れ!河村たかし!


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2012/02/26 12:29 ] 外交 | TB(0) | CM(4)
負けるな河村名古屋市長
ここで、河村名古屋市長が引いたり、謝罪してしまえば、対中外交のみならず世界に向けての外交で日本の大きなマイナスになります。もともと存在しない南京での虐殺をネタに温和な日本人を脅しているのが、支那のやりかたです。真実を主張する河村市長が踏ん張れるか否かは、日本国民の支持いかんです。ここは、なんとしても河村市長を応援せねば、なりません。
[ 2012/02/26 12:52 ] [ 編集 ]
この件については
河村市長を応援いたします。
どうか、「撤回」などなされませぬように。
[ 2012/02/26 15:52 ] [ 編集 ]
危険なのはマスゴミや左巻き
他の左巻きブログとか、マスゴミなどは
河村の発言は危険というニュアンスで
非難しているが、むしろ危険なのは左巻きであり
マスゴミである。戦後から今日まで随分左巻きや
マスゴミが日本を貶めたため、日本は危機に
瀕しているのである。お前らの存在そのものが危険極まりない。
[ 2012/02/29 07:55 ] [ 編集 ]
No title
日本が歪んだ社会になってしまったのは、各々個人が胸を張って「自分は日本人だ!」と言える矜持を持てない事に起因している。
 それを取戻す為に第一声を発してくれた事に敬意を表します。
断固として撤回はしないで欲しい。河村市長を応援します。
[ 2012/03/06 01:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: