私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  田中防衛相よ、お辞めなさい。

田中防衛相よ、お辞めなさい。

← 応援クリック、ありがとうございます。

昨日の参院予算委員会、いまや時の人となった田中防衛相が行方不明になったそうだ。
委員長や与野党理事に断りなく抜けだし、与野党の理事らが国会内を探したところ、国会内の議員食堂にいたという。
その理由がなんとも可愛らしいww
「風邪気味で鼻水が止まらなかったので、薬を事務所からもってこさせた」だそうだ。
学校を遅刻、欠席したときの小学生なみの言い訳と言ったら、当の小学生が怒るかもしれない。
しかし、国権の最高機関である国会において、そういう体たらくが露見している。

田中直紀
独りでは何もできない、答えられない田中防衛相

田中直紀氏の初当選は1983年。
既に議員バッジをつけたから30年近く経とうとする古参議員である。
在籍が長かった自民党時代も要職に就いていなかったため、印象は非常に薄い。せいぜい「眞紀子の旦那」という評価しか得られていなかったように思う。
2001年に農林水産副大臣を拝したのが唯一、閣僚に近づいたポストだった。
その、自民党時代を含めて閣僚経験のなかった「旦那」が、初当選から29年目に初めて大臣の椅子を得た。
さぞ喜んだろう。
眞紀子氏は、「ようやく」という言葉がそっくりそのまま顔に出ているような、満面の笑みを見せた。
ところがその「旦那」が、国会で血祭りの渦中にある。

そもそも民主党内閣の閣僚人事で、閣僚に指名された議員から任命者である総理に対し、「私でいいんですか?」という発言が、これまで何度もあった。
ガソプこと安住財務相はその筆頭で、経産相の枝野もそんな言葉を臆面もなく記者会見で吐露していた。
「旦那直紀」氏が、野田総理にそういう質問をしたかどうかは不明だが、この人こそ「私でいいんですか?ヤバくないですか?」というべき人材であろう。
就任直後のNHK番組で、PKOにおける武器使用基準の緩和と武器輸出三原則の見直しを混同し、最初のケチがついた。
普天間基地代替施設移設問題で示唆した「2012年中の埋め立て工事着工」は、素人でも言わないだろう失言だ。
一夜漬けの学生だって、もっとましな見解を述べるはずだ。
まして、「旦那」が背負っているのは、学生と違って進学でも進級でも就職でもなく、国家なのだ。
一川元防衛相の悪臭を消す防臭剤になるはずだった後任の田中防衛相が、一川氏以上の悪臭を放っている。
昔、「臭いにおいは元から断たなきゃダメ」というようなCMがあったが、元を断つならば解散総選挙しかない。

アンカーの青山繁晴解説によれば、「旦那」の閣僚起用は、民主党内で唯一、小沢一郎に対等に口をきける「嫁」眞紀子を野田陣営に引き込むための人事だったという。
野田政権に批判的な小沢と「嫁」眞紀子が結託し、反政権網を形成すると、野田内閣の基盤が揺らぐ。
だから、「旦那」という駒を使ったということか。
であれば、野田首相は国の根幹たる防衛よりも、党内政局を優先したということであって、これは為政者のトップとしては最も愚劣な所業だ。
民主党政権における適材適所と言う言葉は、最早陳腐化した感があるが、このような人事を以って最強の布陣と言い張るのであれば、野田佳彦には魂が抜けた政治家として、ルーピー、アキ菅と同列に語られる将来が待っている。

自民党がこの「旦那」を生殺し状態に据え置き、政局に使おうとするなら、私は自民党も非難する。防衛は政局の具に使う代物ではない。
他方、眞紀子の「旦那」は、「私には荷が重すぎた」と言って、即刻辞任すべきである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2012/02/01 11:39 ] 政治 | TB(0) | CM(2)
国会を見ましたが酷いものでしたね。明らかに場違いで何を言われてるかさっぱり分からず、目が泳ぐ・吃る・的外れな答弁をする。
いかにぬくぬくと税金泥棒をしているか判ります。学ぶ努力すら見て取れない。ましてや国防大臣など任せる方も万死に値しますね。

[ 2012/02/01 23:42 ] [ 編集 ]
万死に値
羊雲さま、お久しぶりです。

全く仰るとおりです。
田中防衛相は国益棄損の象徴であり、任命者である野田某が「万死に値する」ことは明白ですね。
[ 2012/02/02 00:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: