私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  自民党内に存在するBKD

自民党内に存在するBKD

← 応援クリック、ありがとうございます。

昨日は、大阪市・大阪府のダブル選挙を取り上げ、既存政党の不甲斐なさや民意との埋めがたい距離のことを書いた。
結果的に平松氏を民主党、共産党とともに推すという愚行は、自民党がやってはならぬことだった。
私は自民党支持者ではないものの、民主党と比較すれば100万倍いいと思っている。
ただ、民主党が単なる選挙互助会的集合体であると同時に、自民党にも保守からリベラルまで、様々な議員が存在している。
そのことが、保守層の受け皿にすらなりにくい状況をつくっているように思う。

二階俊博氏 (朝鮮日報サイトより)自民党に二階俊博という議員がいる。
過去、経産相、運輸相などの閣僚を務めた大ベテラン議員で、一時は二階派といわれる派閥の領袖でもあった。
自民党が支持を伸ばせない理由の全てなどと言うつもりはないが、こういう議員がいることが、自民党の軸足をぶれさせ、党が受け止めるべき支持層を受け止められていないように思う。

来年、韓国の全羅南道麗水市で開催される麗水国際博というイベントがある。
日本も既に参加を決めていて、朝鮮日報は、その参加に向けて政治的に先頭を切ったのが二階氏であると伝える。
竹島の領有権問題で韓日両国がは外交的に対立していたなか、経済産業相だった二階氏が、国会議員一人一人に会い、麗水国際博への参加を説得したのだという。
先週、その麗水国際博の建設現場や主な観光地を訪れ、二階氏はこのように語った。

 「韓国が作成した麗水国際博の広報紙に、竹島が韓国の領土として記載されているとの理由で、議員たちの不満が大きかった。地図を見せて『竹島がどこにある。見えないほど小さな島じゃないか。大げさに振る舞うのではなく、隣国のイベントの成功に向け力を合わせよう』と説得した」


「俺のお陰」と言わんばかりだ。
同時に、膝から力が抜けるような発言だ。
まず、領有権は、その対象物の大小は関係ない。
その対象がどんなに小さかろうと、主張すべきは主張するというのが、領土、領海、領空という国の財産を守る国会議員の責務である。
この博覧会に参加しようがしまいが、私はどうでもいいと思っているが、領有権問題をこのような形で矮小化するのは、国政に携わる政治家として看過できない愚行である。
加えて、政権交代以降、たいして国の支援を受けられない中、韓国の振る舞いに頑として抗議の姿勢を貫く、島根県のひとびとに対する冒涜でもある。
同時に、鬱陵島に入ろうとした際にテロリストと同等の扱いで入国を拒否された、自分の党の議員のことなど、氏の脳の片隅にもないと見える。

二階氏といえば、こういうエピソードには事欠かない。
地元の和歌山県田辺市の新庄総合公園に、“反日と言えばこの人”とも言うべき江沢民が自筆で書いた「登高望遠睦隣友好」の文字が入った日中国交正常化30周年記念碑の建立を計画し、全国各地にも同様の石碑の建立を画策したが、地元の抵抗などで頓挫した前歴がある。
江沢民とは、中国で反日教育を推進した張本人であり、度し難いことに、今上天皇に対して過去の歴史に基づいた謝罪を公然と求めた反日主義者だ。
その江の記念碑を建立しようと思うこと自体が異常なのだ。
考えてみれば、あの社民党だって尻ごみしそうな案件だ。
ついでに言うなら、靖国神社に代わる新たな追悼施設についての必要性も、この人の理念にある。

このように、自民党には長い歴史の中で、国益よりも特アの利益を優先してしまうような政治家の存在を放置してきているのだ。
無党派層どころか、保守層が首を傾げるのも当然だろう。
自民党は軸をしっかり持った方がよい。
でなければ、政界再編の波の中で埋没するだろう。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2011/11/29 10:52 ] 政治 | TB(0) | CM(11)
祝!橋下新大阪市長&松井新大阪府知事!!
本当に感慨無量です。
新しい『政治の夜明け』を感じさせ、『希望を抱かせる』選挙結果でした。

今までの『橋下知事の実績』を見る限り、
必ず、大阪の腐敗した行政に鋭く切り込み、
良き方向へと導いてくれる事と思います。

が、しかし・・・、橋下新市長の仰る通り、
「反対勢力=利権屋集団の抵抗」は、これからも続くと思うので、
まだまだ、油断してはいられません。

しかしながら、国民と政治家&マスコミの意識の“乖離”は激しいですね。

橋下氏の「どんな言葉」や「フレーズ」が、国民受けしたのか?等と
スカタンな事を言っていたので、大笑いさせてもらいました。

確かに橋下氏は、舌鋒鋭い話し方をされますが、
そんな事を面白おかしく評価して、橋下氏に投票した大阪市民はいません。

どんなに舌鋒鋭く、華やかな口上を述べても、
橋下氏が、大阪府知事の間に、どんな実績を積んできていたかを
大阪市民は鋭く観察し、評価していたからです。

だからこそ橋下氏、そして彼率いる「維新の会」に“軍配を上げた”のです。

実際、橋下氏は、『有言実行の人』であったし、
驚くほどの猛スピードで、10年以上の赤字を『黒字』に転換し、
次々と、国民の利益となる“マトモな行政改革”を行いました。

それだけでも十分なのに、
未来の子供達の教育改革も行い、子供達が誇れる国や府にしようと、
「腐敗した日教組」にも鋭くメスを入れ、戦ってくれました。

きっと大阪の人達は、「そうだ!そうだ!」と溜飲を下げた事と思います。

何より橋下氏の素晴らしいところは、
『シッカリとした国家戦略』があり、府や国を発展させる為には、
「何をすべきか」をキチンと理解し、
それを遂行できる『強い意志』と『実力』があるという事です。

実際、橋下氏は辣腕弁護士として、年収3億円を稼ぐ人だったからか、
その『抜群の経営能力』をフルに発揮して、
大阪の企業がより発展できるように、雇用をより促進できるように、

『大阪都構想』・『カジノ構想』・『無駄な二重行政廃止』・『関西のハブ空港化』に尽力を注いでくれているのが、よく分かります。

そして実際、どれもこれも、みな『大阪が発展できる計画』ばかりです。

反対に、国の政権を司る与党・野党の政治家&官僚らは、
国民の税金を巻き上げて、「政策の失敗の穴埋め」するしか能が無く、
間違っても、世界の腹黒政治家を相手に、互角に戦って、
日本に『有利なビジネス』を展開出来る能力など“皆無”!!

むしろやられっ放し!!
負けっぱなし!!!

「国民を欺き騙す術」には長けていても、
世界の腹黒政治家らを相手にした時は、
まるで「ヘビに睨まれた蛙」のように、
身動き一つできずに、いつも喰われるばかりの能無し政治家や官僚達。

国民は、もういい加減、“ウンザリ”していたのだと思います。

そんな『ガッカリするような日本』にあって、
橋下氏の国民に利益のある行政改革は、
国民に大きな希望を抱かせてくれたのだと思います。

これから益々大変になると思いますが、
市民・府民も一致団結して協力し、戦って行くので、
橋下氏や維新の会の人達も、どんな困難にも挫けずに、頑張って頂きたいと思います。
[ 2011/11/29 14:38 ] [ 編集 ]
椿って人のコメントは・・・
椿って人のコメントですけど、別のところにも全く同じコメントを残しています。

遠藤健太郎オフィシャルブログ » Blog Archive » 橋下新市長への期待と憂鬱
http://endokentaro.shinhoshu.com/2011/11/post2187/
[ 2011/11/29 22:38 ] [ 編集 ]
自国中心主義
我々は現在コスモポリタンな世界に生きているのでは無く、ナショナルな世界に生きている。そんな中で、日本人が中国人を嫌いな様に、中国人も日本人が嫌いなのは当たり前(何故か最近中国人の日本人に対する好感度は急上昇している。まぁ、いい事だ)その様な自明の世界の中では多少常識から外れたトリックスターが必要になる、事もある。
領土問題は血か金かでしか解決しないのだから、枝葉の様な問題に惑わされず、根幹を抑えるのが大切なのではないだろうか。自分は戦争に負けたのだから八州が分断されなかっただけでも僥倖と考えている。いつまでも我が物顔で居座る米軍を排除する事こそ急務なのではないか。
[ 2011/11/30 05:05 ] [ 編集 ]
それは違うと思います。
トリックスターが必要の意味がまったく分かりません。また、領土問題が枝葉の問題と言うのも理解出来ません。しかも、当時朝鮮は日本に併合され日本の一部だったのだから、戦争なんかしていませんので、両国間に勝ちも負けもありませんよね。
[ 2011/11/30 06:30 ] [ 編集 ]
帝国主義
第二次世界大戦はホットな帝国主義戦争の言わば千秋楽でした。簡単に言えば帝国主義国家同士の喧嘩ですな。勝った方の総取りです。当時日本領だったものは一度総取りされたみたいなものです。
中国・韓国との領土問題はここに始まりが有るわけです。
何度も言いますが領土問題は血か金かの何方かです。エリツィン時代に北方領土を一兆円で買わないかと橋龍に持ちかけたといいますが、あの時買っておくべきでしたね。
自分は「問題を作り出す為の問題」に時間を費やすよりも同じアメリカの植民地国家であるフィリピンや韓国ですらも米軍を削減・排除しつつ有るのにこの八州に夷狄の軍が駐留する事の怒りが余りに少ない事に驚くばかりです。
[ 2011/11/30 20:40 ] [ 編集 ]
売国奴
売国奴は売国奴であって 国をうる「やつ」なのだから蔑み、唾棄すべき「もの」だと思います。

なにも 意味を軽くして
今風に表現する必要はないのでは…。

いつも読ませていただいております。
ありがとうございます。
[ 2011/11/30 21:49 ] [ 編集 ]
Re: 売国奴
lion さま、

Twitter上でも幾人かの方にそういうご指摘を戴いているようです。
別に奇をてらったわけではないのですが、言葉の持つ説得力が違ってきますね。
ご指摘ありがとうございました。
[ 2011/11/30 22:26 ] [ 編集 ]
売国奴
一番の売国奴は関東軍であり、基準はそこに有ると自分は考えます。自国民を見捨て、橋を落として自分達の逃げる時間を稼いだのですからね。その基準から見れば売国奴というには遠いかと。
[ 2011/11/30 23:30 ] [ 編集 ]
羅漢
うざいね、このひと。
[ 2011/12/01 00:25 ] [ 編集 ]
対応
ありがと。
自分は左翼かどうか解らんけど自称リベラルで愛国者。自殺者三万人で生活保護二百五万人のこの国を何とかしたいのだよね。
[ 2011/12/01 00:59 ] [ 編集 ]
リベラリストを語るのはロクなイメージがない。愛国者を語り、リベラリストを語るのは違和感があるよ。
[ 2011/12/02 12:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: