私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  皇室 >  女性宮家創設案にもの申す

女性宮家創設案にもの申す

← 応援クリック、ありがとうございます。

報道のタイミングに臭う政治的意図

藤村修官房長官が25日午前の記者会見で明らかにした、女性宮家を検討するという問題。
読売新聞が「宮内庁が、皇族女子による「女性宮家」創設の検討を「火急の案件」として野田首相に要請した」と断定的に伝えているが、当の宮内庁羽毛田長官は、その具体的要請はを否定している。
伝言ゲームすらできないのか、意図的な情報を操作か、どちらが本当のことを言っているのかは不明だが、皇室の繁栄を前提に皇位継承問題を考えるのは、今を生きる日本人にとって、過去と未来に対する責務だろう。

だた、陛下が退院されたこのタイミングに合わせたかのように報道があり、それに政府が呼応するという事象そのものには、きな臭さと違和感を覚える。このタイミングを見計らって、情報にアクセスできる人物が読売にリークしたという見方だって、可能性としてはゼロではない。
何らかの政治的意図があったのではと、勘ぐってしまうのは私だけではないはずだ。


皇統世襲の先細りを生んだ背景

さて、女性宮家の問題。
結論から言うと、私は反対である。
読売の報道が正確ならば、女性宮家の創設は、「先細って行く皇室における、皇位継承の安定化」が目的ということになる。
素直に解釈すれば、皇位継承対象者を増やすということだ。
即ち、現行の男系男子による世襲というシステムを変えるということに他ならない。

だが、皇紀2671年の歴史において、一般の男子が外から皇族になったことはない。
つまりこれは、一般の女子が皇族に入れることと比較した場合に、男性差別のシステムということになる。

女性宮家の創設によって、一般男子を皇室に迎え入れる「規制緩和」が行われるのは、皇位継承という課題に他の手だてがない場合に限られる。
では、他の手だてはないのか?
血統が重んじられる皇室においては、旧宮家の復活がまず先だろう。
旧宮家は戦後、GHQの占領政策により、皇族を離れた。
つまり、当時の日本人の意思とはまったく別の次元で決められたということだ。
GHQは当初、昭和天皇の戦争責任を追及しようと画策した。
しかし、天皇と国民が一体であるという日本の国柄を確認すると、今度は11の旧宮家の皇族資格を剥奪した。
そしてその明確な悪意は、東京裁判におけるA級戦犯の起訴を4月29日という昭和天皇の御誕生日に合わせるように行い、その刑の施行を皇太子(今上天皇)の御誕生日である12月23日にぶつけるというところに表れている。
以上の悪意を鑑みれば、旧宮家の皇族資格を剥奪によって、GHQが皇統世襲の先細りを狙ったという見方は、あながち外れていないだろう。
皇室問題は、その外国勢力の影響がいまだに色濃く残る状況を排除して議論すべき問題だ。


皇室の価値は教育の場で教えよ

中国4千年の歴史とはいっても、彼の地では戦争と殺し合いを繰り返し、王朝は武力によって交代してきた。欧州も同じである。
一方で、王朝の交替がないという点でいえば、日本が世界で最も古い国家なのだが、この事実を知らない人が多い。
世界が羨む日本の国家としての伝統と皇室の価値を、当の日本人が知らないということ自体が問題なのだ。
根源的な問題は、教育にある。
日本人が自国の歴史に対し、より深い造詣を持つという仕組みを、教育の場で実現していかなければ、皇室問題の議論とて薄っぺらいナショナリズムの域を出ないものになりかねない。

先人の知恵とは、天皇家125代という長い歴史において、男系男子という皇統を将来に渡って維持するために、10人の女性天皇を挟みながら、このシステムを守ってきたことにある。
そのシステムを変えるなら、余程の説得力がある意見とともに覚悟が必要だ。
将来に渡ってこの日本固有のシステムを維持していくためには、まずは歴史に対する知識の涵養が必要だ。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2011/11/26 11:42 ] 皇室 | TB(0) | CM(11)
No title
旧宮家の皇室復帰で十分

女系皇統など無用
[ 2011/11/26 19:58 ] [ 編集 ]
血族結婚の時代
こんばんわ
10人の女性天皇は血族結婚の時代だから
問題なかったように思います

父親が同じでも母親が違えば結婚できるとか
いとこ同士おじ姪の結婚とかが普通にあった時代
の女性天皇だから多くの人が納得したのだと思います
だけど女性天皇の場合出来ない神事があります。
女性天皇が続くと出来ない神事が長きにわたり行われずに過ぎてしまいまう
そして多くの人の記憶から忘れられてしまう危険があります
やっぱり女系天皇とか女性天皇に疑問を感じます

そして皇位継承問題のさなかにデヴィ夫人による暴走的な署名活動が始まっております
多くの人が批判の電話やクレームを送っていますが、デヴィは批判されていることなど全くありませんとばかりに賛同コメントばかりをブログに掲載しております
竹田氏が抗議すれば脅迫されているとブログに書き込むと言う始末です
現皇太子ご一家を丸ごと皇室から追い出すような署名を早く阻止してほしいと天に願うこの頃です
雅子皇太子妃殿下を廃妃にしてのち添えは誰でしょ?誰を差し向けるのでしょう?
[ 2011/11/26 22:36 ] [ 編集 ]
No title
自民党結党時の目標でもある憲法改正は皇室典範も
含まれていたのに、ミンスになった今という疑問符はありますよねぇ。

自分は皇室方々の意思が一番。勉強している人は少ないけれど大衆が尊敬できる存在であることが二番なのかとも思ってしまいますが。
政治的な発言ができないという所でまた行き詰まってしまう所がもどかしいですね。
かといっても男系絶対では、側室のない今では嫁ぐ方に相当なプレッシャーがかかるのに想像するに難くない
[ 2011/11/26 23:14 ] [ 編集 ]
人間最大の悪は鈍感である
2006年の悠仁様ご誕生で天皇家のご意思は「男系維持」であることが明白になりました。

もし、秋篠宮様が女系天皇容認であるならば、すでに3人の内親王様と5人の女王様がいらっしゃるのですから、12年ぶりに新たにお子様をもうけようとはお考えにならないでしょう。

そして、この秋篠宮様の行動は秋篠宮様の独断ではなく、天皇陛下や皇太子殿下のお気持を理解した上での行動であることは間違いないでしょう。

野村克也氏は「人間最大の悪は鈍感である」と述べましたが、悠仁様ご誕生後も女系天皇容認を唱える人たちの神経が私は理解できません。
[ 2011/11/27 08:33 ] [ 編集 ]
皇室を憂う
女性宮家創設は 悠仁様即位後で良いと思います
確かに男性宮様が少ない事も事実ですが
皇太子妃に対するデビイ夫人の発言もあながし
不敬な事でなく民草の声なき声である様な、愛子様もご病気であれば、皇室の将来も案じられますおひとりで ご公務を続けられるのも
譲位も、方法であるようなきがいたします。 
[ 2011/11/27 13:29 ] [ 編集 ]
皇室の神事や儀礼
大帝を境にして、天皇というシステムはパラダイムシフトを行いました。神事や儀礼に関しても新規のものが非常に多い。特に先帝時代は戦争中という事や母ののシャーマン的なパーソナリティから新規の儀礼が大幅に増えました。今上は非常にリベラルな方ですが、先帝時代の儀礼や神事をそのまま残されています。新たに構築されてしまった神道システムの維持や、天皇というシステムを命題にされ亡くらられた方々への葬礼という意味も有るのかもしれませんが、一度新規の儀礼は整理した方が良いと自分は考えます。
近代化との狭間に悩まれた大帝、近代史の分岐点を象徴する大正天皇、元老により日本の歴史有る天
皇としてよりも皇帝として教育を受け、歴史上ラストエンペラーとなった先帝、そして戦後と共に歩まれた今上。新しい皇室はもっと自由に有っても良いのではないでしょうか。先ずは人権の回復が優先ですかね。
[ 2011/11/27 14:03 ] [ 編集 ]
宮家復帰は任意で
果たして旧宮家の高貴な方々はみんな
日本国民の基本的人権の一部を放棄
してまで宮家に復帰して
お国、いや皇室のために役立ちたいと
お考えなのでしょうかねえ?
戦後65年経っても庶民には計り知れない
"noblesse oblige"を維持していらっしゃる
のでしょうか?
中には今のままでいたい、とお考えの方も
いらっしゃるのではないでしょうか。
よって、旧宮家の復帰は任意であることが
望ましいと愚考する次第です。
[ 2011/11/27 15:03 ] [ 編集 ]
あくまで秋篠宮家のみの問題
 東宮については女性宮家(女系の問題あり)ではなく女性天皇(女系の問題なし)が問題になるのみ。しかも皇太子が天皇ご即位の後にゆっくりと考えればよろしい。よって、これは東宮には全く無関係の話。
 女性宮家が問題になるのは秋篠宮家のみ。急ぐのは眞子内親王の殊遇の問題だから。
 従って、女性宮家は秋篠宮家の利益のためだけに出てきた話である。
 今、暴走しているのは、秋篠宮家であって東宮ではない。マスコミの東宮叩きも学習院での愛子様いじめも、秋篠宮家とそれを擁立しようとする宮内庁の采配であろう。キコさまは何としても皇后になりたいのであろう。恐ろしい女だ。
 しかし所詮は女の浅知恵だ。
 この話が愚かなのは、今のままでもいつかは悠人親王が天皇になれるのは間違いないのに、女性宮家を創設することで、将来に誰が天皇となるかで血で血を洗う紛争の種をあえて創ることにある。眞子様や佳子様に男児がお生まれになったときのことを考えればよい。姉が長子なのに末っ子に皇統が行くことを許せるだろうか?但し、悠仁親王に長生きできないとか子孫を残せないとかの生物的問題が明らかになっていれば別だが、それはないのでは。五体満足な限り、我々と違って天皇ご即位までにお隠れになる確率は限りなく零に近い。
[ 2011/11/28 08:23 ] [ 編集 ]
旧宮家復帰論の影には国粋カルト危険思想
旧宮家の復帰という論は極めて危険であり
徹底排除すべきです。

その論の中心にいる竹田某は八木秀次という
国粋カルト思想の超危険人物とつるんでおり
マトモではありません。

今上陛下もこの点については深く懸念されて
いるはずです。
[ 2011/12/03 03:19 ] [ 編集 ]
皇室典範の附則四とでもして「第十五条の規定は第十一条の規定により皇族の身分を離れた親王、王、およびこれらの血統に属する男系の男子を、皇室会議の全議員の賛成による議決で王とすることを妨げない。」とか追加すればそれで済む話ではないでしょうか。自然なことですから。
[ 2012/03/06 22:26 ] [ 編集 ]
今後皇室へ嫁ぐ女性は、(男児を)産む機械とならなければいけないわけですね。
悠仁様へ嫁いだ女性は身体的にも精神的にも想像を絶する重圧がかかることでしょう。
格子なき牢獄とはよく言ったものです。
今時の20代の女にとっては“嫁ぐ”という言葉にすら嫌悪感がわきますが。
[ 2013/10/25 19:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: