FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  購読料値上げの朝日、「ネット上にフェイクニュースが飛び交う今、新聞の役割は増している」の笑止

購読料値上げの朝日、「ネット上にフェイクニュースが飛び交う今、新聞の役割は増している」の笑止

← 応援クリック、ありがとうございます。

 10日の朝日新聞の社説2本は、言うならば「朝日クオリティ」というべき最低な論説だった。前日の党首討論をネタに、菅総理を批判する「党首討論 首相の言葉が響かない」は既定路線だろう。仮に枝野が菅総理にコテンパンに論破されようとも、朝日には、菅総理を批判する以外の選択肢はないのだ。

 もう一つの社説「日韓歴史問題 外交解決の責任果たせ」も、同じく朝日の既定路線だ。そもそもいまの日韓関係悪化の火種を作ったのは、吉田清治という詐欺師の嘘を国内外に吹聴した朝日である。それどころか、朝日は両国関係が悪化するのただ横で眺めるだけでなく、盛んに南鮮の反日世論を煽るような報道を続けた。吉田証言が嘘だとわかってからも、だ。そんな朝日が日韓関係の改善を説くとは、放火魔が防火対策を説くようなものである。

 今週の7日、南鮮司法は彼の国の反日世論に背く判決を出した。いわゆる元徴用工の遺族らが日本企業に相手取って損害賠償を求めた裁判で、ソウル中央地裁が原告の訴えを却下したのだ。それも、原告・被告双方が求めた審理の延長に応じず、今月10日の判決期日を指定し、さらに原告一人一人への連絡なしに期日を急遽7日に変更し、判決を言い渡したというドタバタ劇だ。判決文には、機微にふれる歴史問題で被害者の救済を目指すには、司法よりも外交であたるのが望ましいとの勧告も添えられたという。総合的に判断するに、英国で開かれるG7+αでの日韓対話に活路を見出したいというところだろう。司法判断というより、司法を利用した外交だ。

 韓国政府・与党には、新たな判決に批判的な声がある。
 しかし、司法判断の尊重を主張してきた文在寅(ムンジェイン)政権だけに、大胆な決断の契機とすることも可能なのではないか。
 もし、そんな具体的な動きが芽生えたのなら、加害の歴史に責任を持つ日本政府は、謙虚な姿勢で最大限の協力を惜しむべきではない。


 加害者と被害者というステレオタイプで日韓関係を語るのは、南鮮側の主張に立脚したものだ。南鮮にも朝日にも、半島統治時代に日本が与えた恩恵を説いても釈迦に説法だろう。朝日の論法は、「青瓦台が歩み寄れば、日本も受け入れろ」というものだが、窃盗した仏像も返さず、ウイーン条約違反を今も黙認している青瓦台に、日本政府が歩み寄る理由はない。

 さて、そんな朝日が大赤字を出したことが先ごろ話題となったが、経営はかなり苦しいらしく、新聞を値上げするそうだ。朝夕刊月ぎめ購読料が、現在の4,037円から4,400円(いずれも制込)に約9%の値上げだ。

 ネット上にフェイクニュースが飛び交う今、新聞の役割は増していると考えています。事実を正確に報じるという報道機関の使命を肝に銘じ、新聞を広げるのを楽しみにお待ちいただけるよう、内容とサービスを一層充実させてまいります。ご理解をお願いいたします。

朝日新聞、値上げ


 私は朝日の購読者ではないので、朝日の購読料値上げは他人事としか思わない。だが、ネット上に飛び交うフェイクニュースを言うなら、今までフェイクニュースを散々垂れ流してきた朝日は、その社史を振り返り、何が間違っていたのか自問するのが先だろう。

 日本経済に関して言えば、朝日はいわゆる財政タカ派の論陣を張っている。いわゆるプライマリー・バランス(基礎的財政収支)を重視し、財政健全化をはかれと国に迫っているのが彼らだ。それを自社にも求めたらどうか。朝日の初任給は推定約54万円。平均年収は1229万円だという。生涯収入はおよそ4.55億円にも上るという。(出典) この辺に手を付けなければ、数年後にはまた値上げという結果になるだろう。それまで、いまの読者が付き合えばの話だが。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2021/06/11 07:07 ] メディア | TB(0) | CM(12)
フェイクじゃない
値上げの記事「だけ」はフェイクじゃないんでしょうねw
[ 2021/06/11 07:24 ] [ 編集 ]
「男女平等・女性活躍推進は出生率を高める」
「仕事と育児の両立支援で少子化を克服できる」
「少子化を克服したフランスやスウェーデンを見習え」

これが朝日をはじめとする左翼紙だけでなく、いちおう右派とされる産経、更には日経などの経済紙までをも含めたほぼ全てのメディアが垂れ流しているフェイクニュース。
外国人問題やグローバリズム推進の点からアベ・スガ自民を批判している保守派が多いが、そんなものに頼らなくても、これから日本はビルの発破解体みたいに内側から崩壊していくよ。

「少子化って、女性が社会進出するせいだよな」の真偽
https://note.com/prof_nemuro/n/na8e2a8b273ae

本当の原因を隠す『日本の少子化対策はなぜ失敗したのか?』
https://note.com/prof_nemuro/n/n45eb27a963bf

各国の出生率
https://note.com/prof_nemuro/n/n7020be183c66
[ 2021/06/11 09:21 ] [ 編集 ]
まさに笑止千万の朝日が言う
朝日が言うは、まさに笑止千万。

捏造歪曲は、おてのもの。
夜郎自大に、傲岸不遜、
厚顔無恥とは朝日新聞が背負う看板の最適ワード。

何を賢しらに言えるのかと、呆れるものですが、
コアの読者や、まだまだ騙せる惰性の読者に向けて
生存をかけての必死のお知らせなのですね。

日本や日本人が営々と築いてきた伝統文化を愛することのない
どころか、貶めることに嬉々とし、あるいは汲々とする
罪深き新聞擬きが、今更何を言うかです。

*****
話は変わり、伝統文化と言えば、
例のオリンピック表彰式の衣装のことです。
今日の記事から逸れますことご容赦くださいませ。

昨日、丸川珠代 五輪担当大臣に変更のお願いメールをしました。

発表から遅れて6月9日に、この衣装のことを知り、
咄嗟に、「これを決めたのは一体、誰なのだ」と
この言葉が浮かんだものです。
昨日の青山繁晴氏の動画で、同じことを言われていたのも
誰もがそう思うのだと改めて納得したのです。

またしても国民の意に沿わないものが何度も繰り返され、
勝手に決められてしまうことに、愕然としたものでした。

どうして、国家を挙げての晴れの行事に、
何でこの貧相な服装で行えるのかと
考えるほどに、怒りがこみ上げてまいります。

1964年の東京オリンピックの時、小学生だった私にも、
明るく希望を与えるスポーツの祭典に心躍らせたものです。
子供ながらも、その晴れがましさに興奮し、心に残る
麗しい思い出を頂戴しました。

このことを思うにつけ、今回の衣装を選んだ人物には、
日本を愛する心に欠け、日本の文化伝統に対する尊敬心が
薄いとしか思えないのです。
日本には、世界に誇る和服の文化があります。
それが国民の大いなる喜びでもあります。

どうぞ、それを活かしてくだいませ。
みんなの落胆の声が溢れています。
どの方の失望の声に尤もだと思うばかりです。

浴衣にしろ、夏には夏に適した、和装があります。
皆が着て見たくなるほどの、柄行きや色合いに工夫を凝らしたものを
どうか、ご再考くださいませ。
切に切に、お願い申し上げます。

といったような文面で送信しました。

 *今日の記事に逸れた内容で申し訳ないのですが、
  一人でも多くの方に声を上げていただきたく思い、
  日頃は、なかなかコメントが出来ない者が、
  開催までに時間がない案件だけに書かせていただきました。
[ 2021/06/11 09:30 ] [ 編集 ]
新聞の有用性
「ネットでは興味のあるニュースしか見ない。多方面にわたって様々なジャンルの記事のある新聞であれば無意識のうちに関心のない記事にも目が届いて視野が広がる」的な有用性を説く人もいますが、会社に関わらず新聞では例えばスポーツは野球・相撲・サッカー・ゴルフくらいしか記事はないも同然です。そんな偏重は別にスポーツに限りません。ネットで興味のあるニュースを見ているだけではなく、「報道されないことを見て」いるのです。

朝日に限らず新聞は消えゆく日は遠くないでしょう。
[ 2021/06/11 12:33 ] [ 編集 ]
なんたるチョウニチ紙の言い草だ、と感じはしますが、あの社はどう転んでもこんなものなのでしょう。
新聞業界は何処も売れなくなっているそうですが、特に朝日は売れない理由が別にある訳で、そこを徹底反省しないで値上げしても更なる激減になる運命なのでしょうね。

どんなに御託を並べても、買わないから幾らになっても個人的にはどうでもイイけど。


なつこ様
そう思いますよね、あのみっともない布切れは。
和服でなければ祭り半纏でも良い、とにかく「これぞ日本!」の姿を選ぶべきだと思います。

57年前の五輪は秋真っ盛りの季節でした。スポーツの祭典に相応しい日本の秋でした。
あの時のコンパニオンのお嬢さん方がお召しだったのは、個人所有の御振袖で(時代的に中振りだったか?)人それぞれの和服の見事さは、とても素敵に感じました。

今回の、日本の夏真っ盛りに苦慮するのは分かりますが、それでも「見た目のおもてなし」ぐらいは考えられるべきだと思います。
絽の御振袖とまでは申しませんが、せめて浴衣地の振袖仕立て程度の努力は可能だろうと思います。浴衣ならミシン縫いでもこの際黙りますからw
男性はそのまま浴衣で良し。袴も穿けばさらに良し。
ジャパンブルーに拘りたけれそれこそ藍染で結構ではないですか。
あのデザインも色彩も、とても日本の五輪に使える様な代物ではないですね。
今頃になっての発表と言うのも不思議な事です。
[ 2021/06/11 13:36 ] [ 編集 ]
とらこ様
共感してくださり、心強いものです。
ありがとうございます。

日頃より、日本の大切にして来た精神や伝統を低きものに貶め、
日本人の善き精神文化を打ち砕くかのような事象は
今回のことに於いても象徴的なものです。

邪な心を持った連中が政治の中枢に侵入していることを
感じてなりません。
当たり前の感覚が通らない口惜しさや無念は拭い難いものです。

何もかも、日本らしさを消し、混ぜご飯にしてしまいたい連中の
策略を疑います。
はっきり申せば、情報戦を仕掛けられた日本は、
抜き差しならない状況に追い詰められていくようです。

日本国の根幹である皇室とて、謀計を持った闖入者によって、
かき乱されています。
気持ちの晴れない日々が続きます。
とらこ様と、同じ危惧を抱いて、既に4年の歳月が流れました。

事態は一層、救い難い状況に嵌っています。
悠仁親王殿下のことを、佳子内親王殿下のことを
更には、皇室全体のことをお考え下さることが、
国民の切なる願いです。

いつも思うのです。
事態が如何に錯綜しようと、最後は市井に暮らす人々の
良識や常識が頼りとなります。
オールドメディアに騙されず、情報を取捨選択できる
若い人達をはじめ、賢明な国民に期待するばかりです。

希望の持てる日本に生まれ変わりたいと願います。
オリンピックを成功させて、そのきっかけを掴みたいものです。
[ 2021/06/11 16:03 ] [ 編集 ]
自虐史観で思考停止のチョーニチ新聞
「加害の歴史に責任を持つ日本政府」
まだこんなこと言ってるの?

永遠に謝罪し続けろってか?
もう発想が根本から半島人。

イギリスやフランスは加害者意識なんてこれっぽちもない。
それどころか今でも植民地持ってるよ。

戦後何回も謝罪して真摯に向き合ってきた日本と比べてどうなんだ?
白人には何も言えないのか朝日新聞さんよ?

[ 2021/06/11 16:08 ] [ 編集 ]
○朝日新聞の値上げに、断固反対する!!紙面の一面がカラー写真になる、記事のボリュームと質が向上する、知識人のコラムが充実する、毎月の購読者はネットの有料記事も無料で見れるようになる、四コマ漫画もサザエさんより面白い、などといったサービスの向上もあるのなら、読者も値上げに納得するのかもしれない。しかし、単純に経営不振なので、そのまま新聞を値上げして、利用者に負担を強いてしわ寄せするのは、いかがなものだろうか。
[ 2021/06/11 16:30 ] [ 編集 ]
私も本題からそれます事をお許し下さい。

なつこ様ととらこ様に激しく同感です。
舛添氏が都知事だった頃にボランティアの制服が
まるで半島の国の衣装のようだと問題になったので
まさかまさか今回、メダル授与式補佐役の衣装があれになるなんて…
悪夢であってほしいと思いました。
そして敢えて、もう変更の効かないこの時期に発表したのではないかと勘ぐってしまいました。
あれは有り得ないでしょう!
私、普段着でも部屋着でもあんなのを着ません。
メダル授与式にあんな普段着、恥ずかしくてたまりません。

少し前の事ですが、知り合いが娘さんの披露宴のお色直し用に
自分がお嫁に来るときにお母様が持たせてくれた友禅を
娘さんのドレスにリフォームした写真が手元にあります。
それはそれは素敵です。
なぜこんなふうに出来なかったのかと写真を眺めながら思いました。

今、着なくなった着物を引き取る業者のCMがよく流れています。
国民が着なくなった着物を差し出してもらって、それで衣装を作れば
「エコオリンピック」として立派に発表できたでしょう。
みんなお揃いである必要はないと思います。
これは友禅ですね、これは結城紬、これは大島紬でしょうか?!
そういう紹介を添えれば日本古来の紬物の素晴らしさもPRできたのに…
本当にあれは残念…というより悲しいです。

つい興奮してしまって書きなぐってしまったこと、お許し下さい。

[ 2021/06/11 21:22 ] [ 編集 ]
lilly 様
賛同をいただき、嬉しいものです。

良いアイデアを示していらっしゃいますね。
なるほど、和装一つとっても、国民のなかにこそ
祖母から母へ、母から娘へと受け継がれた伝統が生きているのですから、
そこからヒントとなるものが埋まっていると感じました。

それにしても、あの浅薄な晴れの舞台に不釣り合いな衣装。
日本を感じさせない衣装の下手な選定に断を下した責任者を
知りたいと思います。
さもありなんと思える人物だったりしてですね。

ただ、まだ国民の声が大きくなれば、覆せるとも思うのですよ。
出来る限り、メールなど出来ることをしようと思っています。

[ 2021/06/11 22:17 ] [ 編集 ]
やはりそれは、自業自得
遅くに失礼。拙者もブログ主様、なつこ様と他の各位に同意の次第です。

今回貴記事の 朝日新聞一味の「不始末的値上げ」はやはり偏向捏造記事を無
責任に垂れ流した「自業自得」としか思えませんで。

今回も、確実に読者の人口は減る事でしょう。尤も、我国益を一顧だにしない
コアな左派容共連中の中には、値上げといえど「はい、喜んで!」などと二つ返事で呼応する「自虐層」もあるのでしょうが。
[ 2021/06/12 01:21 ] [ 編集 ]
マスコミ人の異常さは半端ない
やがて新聞という媒体も発行部数の減少から今の購読料徴収や配達制度等、ガラッと様変わりするのでしょう。インターネット、SNSの普及という理由もあるでしょうが、朝日新聞を筆頭に左翼新聞のデタラメ記事が廃刊に向けて拍車をかけてます。

余談ですが、私が住んでいる地域の左翼系新聞には広告チラシが沢山入っていて、家内が広告を必要としているから新聞を買っています。新聞購読料を支払う分の利益を広告チラシから得ているかどうか定かではありませんが、広告チラシから得られる情報には、お金では計れないメリットもあるようです。

朝日新聞の給料にも驚きですが、NHK のマイ朝という番組で出演していた、大越健介キャスターの話にも驚き、呆れてものが言えないという気分になりました。

大坂なおみの記者会見拒否問題についての話題でしたが、「マスコミが行う報道とは、情報という重要な社会インフラを、目詰まりなく過不足なく整備し続けること。(人々は)SNSに頼りすぎると好みの分野に偏りがちとなり、視野が狭くなる。私達(マスコミ)が幅広い分野に取材網を持って、良質な情報を網羅して伝えていく。」 だそうです。

最近話題になっている軍艦島捏造問題について、元島民の人達と語り合ってもらって、大越キャスターの報道の切れ味を見せてほしい。
[ 2021/06/12 19:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ