FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  危機にあって政局を煽る小池とメディア、その結果としての緊急事態宣言延長

危機にあって政局を煽る小池とメディア、その結果としての緊急事態宣言延長

← 応援クリック、ありがとうございます。

 菅総理が3日、首相官邸で記者団の質問に答え、緊急事態宣言を2週間程度延長する方針を表明した。専門家らの意見を踏まえ、5日の武漢ウイルス感染症対策本部会合で決定するそうだ。恐らく菅総理は、延長が不要であると考えているはずだ。しかし、首都圏の知事4人衆が結託しつつ、政府に延長を要請するであろう動きがあり、総理が先手を打った形だ。

 菅総理が宣言を解除する下地は、東京都の病床数の激変に見て取れる。東京都における「重症者向け病床の使用率」は、前週比で86%から32%になった。東京都は、人工呼吸器やECMOでの管理が必要な人向けの病床数に限り、病床数を500床と報告していた。だが、国の基準は人工呼吸器やECMOでの管理が必要な人に加え、集中治療室(ICU)や高度治療室(HCU)を使用している人の数を対象とするので、分母が違う。武漢ウイルスが騒がれて1年が経過し、緊急事態宣言も2度目だ。この基準を、都が知らなかったはずはない。要するに都が嘘の報告をし、医療崩壊を演出していたということになる。重要なポイントだが、守旧メディアの掘り下げ方は随分と浅い。

小池百合子


 東京都は官邸の度重なる飲食店の時短要請にも応じず、感染者急増を許した。都は無策であるばかりでなく、政府の方針や要請に応じず、結果的に感染者を増やした。そういった事実は、小池の手にかかれば、すべて政府の責任になる。小池としては、自分が責任を負いたくない政治決断を政府に発信させることで、責任回避を図りたいのだろう。それに乗る埼玉、神奈川、千葉の首長もロクなもんではないが、彼女が前提にしているのは全て政局だ。

 一方、小池をはじめとする首都圏の3馬鹿トリオの先手を打ち、緊急事態宣言の延長を決断した菅総理も、政局に軸足を置いているように思える。緊急事態宣言を決断することで支持率は上昇した。世論は、新聞、テレビといったメディアの扇動に踊らされ、更なる延長を求めている。秋までには総選挙を打たねばならず、宣言を解除した結果、程なく第4波を許せば、総選挙はおろか内閣の存続にも関わる。小池らの要請を待たずに宣言延長を示唆することで、「後手」批判をかわす狙いもあるのだろうが、この「宣言延長」自体が正しい判断かといえば、個人的には賛同しかねる。

 東京都は世界で最も飲食店が多い都市だ。その数約14万8600店で、2位のソウルとは1.8倍の差だ。こういう飲食店を犠牲にし、病床数を過少に報告して医療崩壊を喧伝してまで、小池は危機を煽る。メディアがそれを更に煽り、それを国民が信じ、必要がない(私見ではあるが)緊急事態宣言の延長を求める人が圧倒的になる。そうなれば、政治決断は世論に抗うことはできず、引きずられる。

 今の日本は重大な危機に直面していると言わざるを得ない。菅総理も苦しい局面だが、この危機にあえて政局を作ってアピールしようとする都知事の所業は、近いうちに検証されなければならないと思う。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2021/03/04 07:09 ] 政治 | TB(0) | CM(3)
異なる話題ですみません。取り急ぎご報告したくコメントさせて頂きます。人口削減ワクチンについてです。

Modern Media 1月号に、「ウイズコロナ・ポストコロナ時代の医療とは・・・」(令和2年10月31日収録)というタイトルで感染症専門家の重鎮4名の対談が掲載されています。22頁に及ぶその対談ではコロナワクチンに対し警鐘を鳴らしています。

「私たちが一番懸念してることは、拙速にワクチン接種を進めるとどういうことが起きたのかということで、・・・1976年のFort Dix事件。・・・」「(米国で)4,300万人に一気に接種し、500例近くにギランバレーが出て30人が死亡し、副反応と訴訟だけが残ったということがありました。」

「今の社会的圧力で政治的にワクチンを使おうみたいなところがあるということが起こるかもしれないので、これが今、私たちの一番の不安材料です。・・・」

「SARSやMERSのワクチンの開発中に、ワクチンを打った動物がどんどん死んでいったため、結局、ワクチン開発が頓挫したという経緯がありました。SARSと今回のSARS-CoV2は、ほとんど一緒のウイルスと考えてもいいぐらい似ていますよね。だから、SARSでうまくいかなかったのに今回はうまくいく可能性はどの程度に考えていいのか、私はかなり否定的に考えているのですが。」

「最悪の場合、中和活性のない抗体による感染症の劇症化、すなわち抗体依存性増強 ADEがおこるかも知れない。ADEはデング熱にかかったとき、1回目の抗体がサイトカインを誘発します。エイズでもHIV抗体が高まったときに免疫不全症が発症します。ADEはワクチンに関して非常に怖いですね。ワクチンを打った人が重症化してしまうことを最も恐れるわけです。」
[ 2021/03/04 20:12 ] [ 編集 ]
武漢ウィルス感染の都庁が発表する数字には信頼性がない、という「噂」は昨年早くからあった様に思います。

国民の健康安全第一であるべき課題で、その対策・処方に一致団結しようとしない都庁は自ら信じる処方があっての事でしょうから、政府の枠を逸れての行動はその全てに於いて自己責任を全うするのであれば御立派ですけれどね。

費用と責任だけを国に持たせようという都知事の思惑も感じられて、だったら始めから国の要請に応えていればよいものを、と思います。
政府からの夜8時の飲食時短要請を聞き入れず、二度目の緊急事態宣言の効果が出始めているこの時には、先に聞き入れなかったことなどお忘れなのか「延長当然」の涼しい顔。まあ、「お人柄」なのでしょう。

神奈川埼玉千葉は東京都の主要通勤圏にある三県ですから人の流れという意味でも都の動きは無視できないだろうとは思いますが、それぞれに独自の状況もある筈ですし、一県全土が丸々都に影響されるとも思えません。
が、タヌキ女帝に従う下僕の如き映像を、三県民はどうご覧なのでしょう?

菅氏は日本の首相なのですから、挑発以外のなにものでもない無駄な政局紛いの小池言動に対抗するかのような「私が決めます」「私が自分で」発言は、むしろ国民として、言うまでもないのに、と情けない。
真摯に実績を積みソレを主張していけば良いだけなのに、と思います。7259
[ 2021/03/05 00:31 ] [ 編集 ]
政局の鬼 小池
巧言令色 すくないかな仁。
論語にありますが、まさしく小池みたいな人間には気をつけろと、昔の人の言葉です。

それにしてもシナの古典には学ぶ事が多いです。

[ 2021/03/05 01:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ