FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  政府は竹島を島根県に任せっきりにするな

政府は竹島を島根県に任せっきりにするな

← 応援クリック、ありがとうございます。

 昨日2月22日は竹島の日だった。1905年1月28日、政府が竹島の島根県への編入に関する閣議決定を行い、同年2月22日に島根県が所属所管を告示したことに由来する。昨日は島根県松江市で「竹島の日」式典が開かれたが、政府が派遣したのは内閣府政務官の和田義明氏で、首相や閣僚の参加は今年も見送られた。竹島は必ず取り返すという強いメッセージは発せられず、例年通りの穏便な対応だ。

和田政務官
「竹島の日」記念式典であいさつする内閣府の和田義明政務官


 昨日の新聞各紙を確認すると、竹島の日を社説で取り上げたのは産経新聞のみである。朝日や毎日が書かないことはほぼ予想通りだが、読売もスルーしている。もっとも、島根県の地場新聞である山陰中央新報すら社説に別のテーマを持ってくる始末だ。「竹島の日」は島根県が「竹島問題についての国民世論の啓発を図るため」に制定した条令である。いくら行政が訴えても、メディアがことごとくスルーすれば、啓発が進むはずがない。政府もこの啓発運動を、県と一体になって推進していないことも、大手新聞が取り上げたがらない理由の一つかもしれない。政府は、島根県に任せっきりにする無責任体制を改め、竹島問題を国家的運動に昇華させるべきだ。

 南鮮軍当局が昨年、日本の自衛隊の竹島侵攻作戦のシナリオと、これを防御する南鮮軍側の対応戦力などを明示した内部文書を作成し、昨年12月に国会に報告したと、東亜日報が伝えたという。この報告書は、新兵器導入の説明資料として作成されたそうだが、要するに彼らは日本を仮想敵国として定義しているのだ。日米および米韓は同盟関係にあり、日本と南鮮とは間接的な同盟関係にある。朝鮮半島有事の際は、米軍機は日本の基地から発信する。そういう関係を軍関係者は十分に理解しているはずなのだが、こういう文書が出るあたり、南鮮軍も相当イカれた思想の持主に則られているのかもしれない。

 立憲民主党の亀井亜紀子がJBpressのインタビューに答えている。国会質疑では手の施しようがないほど愚劣さを極める同党で、亀井も、「2013年に多くの国会議員が(「竹島の日」式典に)出席していたのは安倍政権のアピールで、自民党のパフォーマンス」と立憲流のディスりはやっているが、亀井の「国際社会に対する発信をもっと強化すべき」という主張には一定の理がある。

 そして、国際社会に対する発信をもっと強化するべきです。情報発信がまだまだ足りないと思います。徴用工にしても慰安婦にしても日本は韓国に国際合意をひっくり返されているということ、平和国家の日本がずっと我慢しているということを、もう少し国際社会に向けて言ったほうがいいと思います。


 「だったら立件民主党もそのことにもっと汗をかけよ」という意見は当然である。しかし、同党にそんなことを求めること自体が無意味で、期待してはいけない。この日、代表代行の蓮舫が「今日は2/22!猫の日、とのことです」とツイートしているくらいだから、党としての竹島に関する意識は皆無と言っていいだろう。ただ、竹島の現実に関して言えば、亀井が指摘するまでも無く、国際社会に対する情報発信は圧倒的に足りない。

 竹島は、武力によって奪還する以外に道はない。だが、他国に対して戦争を仕掛けることは、国際社会が許さないだろう。要するに、南鮮と1対1でこの問題を解決することは不可能なのだ。であるなら、ロビー活動であれ宣伝であれ、国際社会にもっと日本の立場(=理不尽な南鮮の不法占拠)を大々的に発信し、情報戦と宣伝戦で圧倒する以外にない。中共の「戦わずして勝つ」戦術を利用するのだ。

 そのためには、「竹島の日」を島根県の条例に留めず、国会決議を以て国の記念日に制定することを手始めとしなければならない。歴代政権は竹島問題に対して一貫して腰が引けている。竹島は日本固有の領土というなら、竹島にも北方領土と同等の扱いをすべきである。南鮮が反日で盛り上がっているときにこそ、やらなければならない政治課題だ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2021/02/23 07:22 ] 外交 | TB(0) | CM(7)
余命十年を意識すると・・・
きょう二月二十三日は天皇誕生日。門前に日の丸を飾った!
戦後70余年、まさしくアメリカGHQによる新聞、テレビ等、日本人弱体化の為の装置によって日本人としての矜持も自覚も薄れ元旦も祝日も国旗日の丸を掲揚しなくなった・・・
政治家も日本人では無いような人種が大手を振って自主憲法制定もしない、出来ない!今やインターネットによって、いわゆるDSによる世界を蹂躙してきた歴史を知るに至り、白人による亜細亜植民地の解放を戦った黄泉の大正生まれの英霊に真の感謝を捧げ・・・私的憂国氏には、これからも日本人に智恵と勇気を与えるブログを頼みます!以上
[ 2021/02/23 08:25 ] [ 編集 ]
発信不足
お疲れ様です。まず、今日の天皇お誕生日に 一言の祝意を申します。

今回の貴記事、竹島問題にしましても明らかな領土問題。領有主張は国レベル
で行うべきで、総理がオンラインでも良いから出席しなければ、島根県に丸投
げしているのではとも取られかねず、大変拙いと心得ます。

そして、圧倒的に不足しているのが対外発信力だと拙者も思います。外務省が
所轄のはずですが、全く本気度が感じられません。既に大韓民国の実効支配が
かなり進んでいるのは分かっていますが、それでも「我国固有領」を事実にし
たくば、英語を初め 外国語複数による 説得力ある発信の強化に努めるべき。

何せ SNS全盛の時代だし、相手の韓国は 部類のロビー活動上手ときている。

そんな国と本気で渡り合うつもりなら、ここの所の徹底的見直しが急務だと思
いますが。河野行革相も 新型感染症ワクチン調達問題で大変な状況は分かりますが、この対外発信の脆弱さにはもっとモノ申されるべきとも思いますね。

そうでなければ、所謂慰安婦・徴用工の両問題共々 永く燻り続ける事にもな
りかねないと思う者です。恐れながら今回貴記事も拙リンク致したく、お届出
の次第であります。
[ 2021/02/23 10:25 ] [ 編集 ]
竹島密約
日韓基本条約の正式締結(1965)の5か月前、
自民党・河野一郎と韓国国務総理・丁一権の間で結ばれた
秘密の取り決めがあった。

「竹島・独島問題は、解決せざるをもって、解決したとみなす。
したがって条約では触れない」
を骨子とし、日韓国交正常化のために領土紛争を永久に「棚上げ」する
という密約があった。

しかし竹島は1952年に侵略され、1954年には韓国軍が常駐していた。
こんな密約は無意味でしかないのに・・・

戦後の腰抜け政権では領土問題の解決は不可能ではないかと思う。
[ 2021/02/23 11:27 ] [ 編集 ]
>読売もスルーしている。
読売は「編集手帳」にちょっとだけ書いていました。
韓国ドラマ「みんなキムチ」の話から始まっていたので
「竹島の日に韓国ドラマの話か…?」と読まなかった方が多かったのではないかと思いました。
中盤以降に
「お隣さん同士の言い争いと笑っていられない。日本はより深刻な領土侵害を受けている」から始まって
尖閣を狙う中国だけでなく、竹島を不法占拠し自国領だと宣伝する韓国からも…と続き
「私達一人一人が正しい知識を身につけておくことが大切だ」
「今日は竹島の日」で終わっていました。

昨日の「正しい歴史認識ブログ」には
1952年の米国の海図に竹島が日本の領土である事が明記されている事が書かれていました。
あらためて「竹島の日」や「北方領土の日」と叫ばなくても
竹島や北方四島が当たり前に日本の領土として世界中に認識され
返還され、それぞれの島々に日の丸が掲げられる日が
私が生きている間に出会えるのだろうかと心配です…。



[ 2021/02/23 15:41 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2021/02/23 23:54 ] [ 編集 ]
竹島も尖閣も北方領土も歴史的実証を以て日本領土ですが、その主張を対外的に発信する場合、どうしても軍事の裏付けがなければ、ただの「言葉」に過ぎない扱いになると思いますので、やはり憲法の基礎を作り直すべきだと思います。

それはそれとして、竹島の日という日本国土の式典に然るべき立場の政府代表が出席しないでは、「言葉」さえも軽く受け取られるでしょうね。
首相、官房長官、せめて国交大臣、穴で防衛大臣。辺りが出席して初めて日本の本気度が受け取られるのではないか、と推測いたします。

対外発信は重要不可欠ですが、それを担保する実行力(行使するのではなく見せつける事で)もなければ、国の信用度に関わるのではないか、という気も致します。
[ 2021/02/24 00:19 ] [ 編集 ]
教訓
盗(取)られたものは戻って来ない。
近代史的にも千島列島及、北方四島、満州国、竹島・・・・。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%83%E5%B3%B6%E5%88%97%E5%B3%B6

どの様に領土として正当性を主張しても軍事力を持っての侵略国の実行支配に非軍事・九条国は手が出せません。
つまり九条国は正当な国としての当然の行動をしてはならないとしているというのです。
それは国家主権を自ら放棄していると言い換えられるのではないかと思います。

前述、奪われた領土。
まして敗戦のどさくさに日本国の領土を奪うソ連、朝鮮などまったく卑劣な国というものです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B9%E5%B3%B6
https://www.sankei.com/world/news/210222/wor2102220018-n1.html

更に盗られた(取られたもの)には「拉致被害者」も含まれます。

そんな卑劣な国を相手に話し合いで解決なり、相手の立場で考えてとか何を寝言を言っているというものですが、左翼の中には「もめ事はお互いの為にならないのでさっさと相手に正式に渡しましょう」とかいう輩もいる次第です。

取り返すには軍事的に行動するか、或いは相手が様々弱っている時に高圧的に取り戻すかぐらいでしょう。

しかし間抜けな日本国は相手を弱らせるどころか相手の懐を肥えさせよう、肥えさせようという行動を公(国)・私(民間企業・国民)共々行っているという現状です。

又、「盗られた(取られた)ものは戻って来ない」とは過去の事ではなく、現在進行している事に「教訓」を持てないのも日本国民のおかしな所です。

だからこそ盗られない様全力を尽くすべきなのですが・・・・。

日々強盗国の船がやって来る尖閣諸島など出来るだけ報道しないようにというさよく・在日連合のメディアなりの功績も含め、日本国民の鈍感さなどにより日本国の当然の権利である漁協者が当たり前の仕事が出来ない海域と成ってしまっています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%96%E9%96%A3%E8%AB%B8%E5%B3%B6

大東亜戦争に負け、GHQの洗脳に浸り性根まで腐りきった日本国は相手の不正義に対処出来ない米国頼りの国体とでもいうのでしょう。

https://www.sankei.com/politics/news/210224/plt2102240017-n1.html

[IRONNA]
https://ironna.jp/
https://ironna.jp/theme/1110

[ 2021/02/24 12:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ