FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  南鮮土着宗教としての慰安婦問題と謝罪要求の無限ループ

南鮮土着宗教としての慰安婦問題と謝罪要求の無限ループ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 ハーバード大学のマーク・ラムザイアー教授が発表した戦時慰安婦に関する論文「太平洋戦争における性契約」(Contracting for sex in the Pacific War)で、南鮮社会がいまだ沸騰中だ。市井の人々が騒ぐだけならまだしも、私学であるハーバードに対し、中韓の人々が「寄付金を止める」などと、恐喝まがいの抗議をしているらしい。異論を許さないという社会の同調圧力は、国内においては最近の森発言問題が顕著だが、南鮮社会における慰安婦問題はその比ではない。これは一種の宗教であり、異教徒は社会的に粛清される。ラムザイアー教授の例を挙げるまでも無く、日本の言論界でも活躍する呉善花氏、最近では「反日種族主義」の李栄薫氏の例を見ても明らかだ。

 その南鮮から、日本の許可を得る前に「大使」を名乗り、日韓関係を改善すると意欲を見せる反日活動家、姜昌一(カン・チャンイル)は、来日から14日の自首隔離期間を経てもなお、茂木外相レベルへの面会すらスルーされている。要するに、日本政府が「相手にしていない」のだ。見かねた親韓派の親玉的存在である二階俊博が姜に面会し、「日韓関係を悪化させている歴史問題の解決に向けて努力する考え」で一致したという。その定義がおかしい。歴史問題とは慰安婦、徴用工などの問題を指すのだろうが、国家間関係が悪化させているのは南鮮で、日本は1965年と2015年に、譲歩をした上で不可逆的に解決している。「問題の解決に向けて努力する考えで一致」というと、日本側にまだやるべきことがあるとの印象を与えるから、二階の面会は不要であるだけでなく有害だ。ちなみに、姜昌一は河野洋平の個人事務所を表敬訪問している。河野談話にすがる南鮮の思惑が透けて見えるようだ。

 昨日書いた通り、日本国民の南鮮に対する感情は、親近感を覚えず、国家間関係は悪い状態にあること認識するものの、さしえて関係の発展を期待する対象ではない、というものだ。テレビなどのメディアが如何に南鮮への好印象を煽ろうと、一部を除く国民は乗せられていない。さしずめ、こういう報道が日々流れて来るからだろう。

文氏、解決は「日本の謝罪次第」 韓国での元徴用工、元慰安婦訴訟 (共同)

 【ソウル共同】韓国の聯合ニュースは19日、元徴用工や旧日本軍の元従軍慰安婦らの勝訴が確定した韓国での損害賠償請求訴訟を巡り、文在寅大統領が「(解決策は)単純にお金の問題だけではなく、当事者が受け入れなければならない」と述べ、「日本の心からの謝罪」にかかっているとの見解を示したと伝えた。

文在寅


 与党「共に民主党」の李洛淵代表らと懇談した際の発言として出席者が明らかにした。文氏は「韓国政府がお金を(敗訴した日本企業や政府の)代わりに支払うことで解決するなら、とっくに解決していたのではないのか」と指摘したという。


 彼の地で土着宗教と化している慰安婦問題には教義がある。それは、日本は永遠に南鮮へ平伏し、謝罪し続けなければならないというものだ。その関係には終着点はない。あるとしても、当事者(自称慰安婦ら)が受け入れられる心からの謝罪くらいだが、そんなものは主観の問題だから、永遠に納得できないと言い続ければ問題は続く。そういった協議を利用して、謝罪と賠償の要求という無限ループが成立するのだ。

 この教義は、宗教の枠にとらわれず、ビジネスとしても成立する。運動化すれば国内や中共からカネが集まり、世界各地でビッチ像が建つこととなる。ひと言でいえば、彼らは日本を貶めることで金を儲けている、唾棄すべき存在なのだ。

 これからも宗教の教義に基づく謝罪要求の無限ループは続く。日本は放置を貫けばよい。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2021/02/21 07:19 ] 外交 | TB(0) | CM(2)
まぁ、
歴代の国家元首がああいう態度を取り続け、国民がそれを支持して意味不明な言説を振り回す国。
そこだけ見ると腹立つけど、その原因はかまってちゃんなのだから、相手にしないのが一番じゃないでしょうかね。
[ 2021/02/21 13:18 ] [ 編集 ]
南鮮人の日本を罵る言葉はとんでもなく汚いですけど、朝鮮の開国前後に当地を訪れた西洋人の「感想」著書は幾つかあるのですから、少しは自国を知る努力をしたら良さそうなものだと思います。
今、ラムザイヤー教授に投げつけている彼らの汚語よりも、どうしようもなく不潔なおクニだった様ですよ。

以前から日本でも秦郁彦氏の慰安婦調査モノは読めますし、ものすごい地道な調査をされたものだとありがたく拝読いたしました。
英語版でも出版される予定の報はありましたが、その後実行されたのかどうか?
されているとしても、日本人が執筆したものより英語圏の研究者に依る論文の方が世界にはインパクトがあるでしょうから、此方もほんとうに有難いことだと思います。

在寅が「政府が代わりに支払う事で解決するものならとっくに解決している」主旨を述べたと言っても、ご自分が仕えた廬武鉉時代にその政府が一度支払って居るではないですか。徹底しなかったのではないでしょうか?
それを承知でエンドレスATM問題にしたのはそちらの民族性と文在寅政権の方針だろうが、としか見えません。
袋小路に入ろうが蟻地獄で遊ぼうが、ご自由に。
日本は永遠の千年の先まで関わるまい。

南鮮への「愛」はないし金輪際!持つ気もない。
関わらないのが南鮮自身の国際感覚をひょとしたら育てるでしょうから、自活遊ばせ と申したい。

2Fの選挙区とは如何なる風習の土地柄なのでしょうね?江沢民の銅像を日本全国に建てたい、とか世迷言を発したのもこの御ジンでしたけど。
[ 2021/02/21 14:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ