FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  主要国・近隣国の中で、日本国民が「関係の発展」が待望しない唯一の国

主要国・近隣国の中で、日本国民が「関係の発展」が待望しない唯一の国

← 応援クリック、ありがとうございます。

 内閣府が昨年10月に調査した外交に関する世論調査の結果を発表した。調査方法は郵送によるもので、サンプル数は1,865だ。拙ブログでは参考としてメディアの調査結果を引用することがあり、批判を戴くこともあるが、内閣府の調査であればある程度の中立性は担保されているだろうと思料する。

 さて、先ずは諸外国に対する親近感に関する調査だ。

諸外国との親近感


 唯一の同盟国である米国に対する親近感は圧倒的に多く、安倍前総理が関係構築に腐心した豪州も極めて高いレベルにある。調査結果にインドに対するものが含まれていないのは残念だが、米国のトランプ元大統領、豪州のアボット元首相氏、モリソン現首相と良好な関係を築いた前政権の外交がもたらした良い結果だ。「自由で開かれたインド太平洋構想」の中核をなすプレーヤー2国に対する親近感の高さは、非常に好ましいものだ。

 一方、特定アジア3国のうちの中共、南鮮に対する親近感は極めて低い。対中共が22%、南鮮ga34.9%で、いずれも「親しみを感じない」が圧倒的に上回った。中東、アフリカ、中南米への親しみが低いのは、その地との距離と、情報の少なさによるものだろう。だが、中共や南鮮に対する情報が溢れるなか、その結果として日本国民が彼らに親しみを感じなくなってきているのは、ひとえに彼らの「工作」の失敗と見ていいだろう。

 お次は現在の国家間関係についてである。(以後、中東、アフリカ、中南米は割愛)

諸外国との関係


 現在の関係が良好か否かの問いに対しても、「親しみ」と比例する結果が出ている。興味深いのは、中共と南鮮に対する数字がポジティブ17に対し、ネガティブ82という、ほぼ同じで数字であるということだ。米国・豪州とは真逆の傾向にある。まぁ、当然といえば当然かもしれない。中韓両国に関して言えば、良くなる要素がないのだ。

 最後は今後の関係の発展性についての調査だ。

諸外国との関係の発展


 米国との関係発展については、当然ながら重要視が圧倒的だ。唯一の同盟国でもあり、関係性の重要さは安倍前総理が改めて国民のなかに意識付けしたものだ。豪州との発展を重要視する人も圧倒的に多い。ロシア、中共、南鮮は隣国であるがゆえに、現在の関係とは裏腹に、重要視する人も増える。ロシアとは北方領土問題があり、かつ平和条約がない。中共は、好むと好まざるとにかかわらず大国であり、尖閣諸島の件などをふくめ、良好な関係を築くべきだと思う人がいてもおかしくない。

 この中で唯一、親近感も覚えず、現在の関係も悪く、将来的な関係の発展を他の主要国並みには期待していない国が南朝鮮といいう国である。メディアや左派を中心に、「隣国だから仲良く」とか「経済的には相互依存の関係にある」などと、南鮮との関係修復を期待する声もあるが、それが国民全体としては根付いていない。いわゆる慰安婦や徴用工、仏像の窃盗やレーダー照射事案などで負のイメージが蓄積された日本国民は、もう南鮮との関係修復や将来的な国交の発展など、期待もしないし、諦めているというのが実情ではないだろうか。

 南鮮の人々がこれを見たら、やはり「かまってちゃん」の修正が出てくるかもしれない。それでも、対応は「放置」の一択だが。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2021/02/20 07:22 ] 外交 | TB(0) | CM(6)
そりゃまそうだわな
これまでつきあって来て、碌なことがなかったからね。
[ 2021/02/20 07:53 ] [ 編集 ]
左翼に洗脳された高齢者と韓流ファンの中年から若者
左翼に洗脳された高齢者と「韓流ファン」の中年から若者が韓国好きの中身です。
このうち後者はそれほど深刻な問題であると思われない。韓国のポップスやドラマや化粧品が好きなのであって、韓国の政治家をひいきしているわけでなく、むしろ迷惑だと考えている。
前者の高齢者が、日本の腐りきったマスゴミや左翼どもの洗脳により、「朝鮮半島から日本に文化が伝えられたのに、日本が恩を仇にして返し、植民地にしてしまった」とバカなこを教えられて、信じきった連中である。
実際は、恩を仇にして返したのは朝鮮人であった。ネットや書籍で真実を知る若い世代は左翼の奴らにだまされないだろうが、高齢者は死ぬまで洗脳がとけないだろう。
[ 2021/02/20 08:27 ] [ 編集 ]
そりゃまぁそうだわな2
「これまで朝鮮とつきあって碌なことがなかった」について、もうちょっと。

「朝鮮戦争に巻き込まれずに済んだのは、あのとき朝鮮とつきあってなかったから」とも言える。

だから朝鮮特需として、日本の戦後復興の後押しになった。

やっぱ、つきあわないのに限るね。
[ 2021/02/20 09:33 ] [ 編集 ]
中共と良好関係を結ぶには、日本が常に中共からの技術、人材、領土領海に於ける収奪に快く応える必要があるのではないか、と考えますので、断固、絶対、金輪際、イヤだ。
あの底の無い非人道的強欲国とは本当の友好、良好関係は成り得ない様に思います。

南鮮、論外。
文在寅はついに元売春婦と同じ「心からの謝罪と賠償」に帰着した様で、勝手に永遠の堂々巡りをしているだけでしょうし、次の大統領がどういう人物になっても変わらないと思います。

米国はハワイ真珠湾で、豪州はダーウィンで、かつて日本軍の空襲を受けた国ですが、今現在の三者の関係を、散華された方々がようやく安堵しておられるのではないか、と思います。
[ 2021/02/20 14:46 ] [ 編集 ]
当然の結果
対中共

・尖閣やチベット・ウイグルに香港と、中共政府に対しては、日本の一般人でも反感を覚える人が増えましたね。
テレビ・新聞以外の海外報道をネットで見て、お花畑系の人でも軽症の人達が反発したかと。

在日中国人の多くは、個人的には反中共の人が多いのですが、五毛連中が督戦隊の紅衛兵になるので、いざと言う時はどうなるか、ちょっと怖い面も。


対K国

親特亜報道機関でも擁護しきれない数々の問題で、2002サッカーWCの時とは大違いの状況に。
もっとも、マスゴミは未だに「K国ステマになっていないゴリ押し」を続けていますが。

慰安婦、徴用工、旭日旗、日本海呼称、レーダー照射、仏像盗難、竹島、GSOMIA、輸出管理強化その他色々と、アソコが吹っ掛けているだけの問題が山積みで、「約束」を守れない不道徳な国、との認識が日本国民に共有された結果でしょう。

切っ掛けは、李明博元大統領の竹島上陸+「天皇謝罪要求」でしたか。
続いて、朴槿恵前大統領の反日全開外交。まあ、例の「慰安婦合意」で、僅かですが改善方向に進みましたが、文在寅大統領の完全反日で、マスゴミの尽力も彼方へw

私見

対中共、「孫子」を参考にして行動するのが良いでしょうね。中共政府(習氏)の行動をよく見れば、大陸の歴史とかなり共通していますから。

対かの国、このままで良いでしょうね。中共政府の対応を参考にするのも良いでしょう。
かの国の主張に対しては、正論を述べて放置するのが最善です。それが、かの国が一番嫌がる「(かの国の認識での)無視」になりますから。
(心理的な意味も含めて、「無視」の意味合いは日本と異なるのが厄介w)

[ 2021/02/20 21:30 ] [ 編集 ]
私もぽん太さんの意見に賛同します。

韓国の政治や反日精神や行動には、断固として大きな声を上げて行きたいと思っています。
が、韓国ドラマや映画は選んでですが見ます。
日本の幼稚な連ドラに比べたら面白い所はたくさんありますし
韓国人の物の考え方や庶民の生活や火病を起こすパターンなど、参考になることは多々あります。
音楽やダンスも今の日本よりは勝っていると思います。
化粧品も安価で優れたものがあるし、ずっと使っている髪の美容液は友達が韓国に行った時にいつも買ってきてくれているもので
コロナ禍で渡韓できなくなったので品切れしてしまって不便な思いをしています。

韓国のように「反日思想」にがんじがらめにされて
日本人や日本のものはすべて否定したり不買したり
そんなことをしたら損をするのは自分
ユニクロ不買、韓国の痛くて寒い冬には欠かせないだろうに馬鹿だな~と思いますし
スーパードライ不買、韓国のビール不味いのに馬鹿だな~と思います。
日本人にはそういうふうになってほしくないと思っています。

どんなに嫌いな国のものでも長所があればそこは認める。
それでこそ成熟した人や国が出来ることだと思っています。
そして政治的に、また譲れない領土や間違った解釈・思想には断固として戦います。

ラムザイアー教授の論文、どれも韓国の本質を突かれていて素晴らしいですね。
早速、ハーバード大に留学中の韓国人学生が運動を起こしていますが
日韓以外の人が発したこういう正しい研究は、日本でも大きく広めていただき
韓国人留学生の声に負けないように応援したいです。


[ 2021/02/20 21:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ