FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  社会問題 >  森喜朗氏辞任にまつわるマスコミ・パヨクの「おまいう」と「暴言」

森喜朗氏辞任にまつわるマスコミ・パヨクの「おまいう」と「暴言」

← 応援クリック、ありがとうございます。

 昨夜の地震で被害に遭われた方に、心よりお見舞いを申し上げます。



 森さんの発言と辞任劇に関する喧噪がいまだに収まる気配を見せないが、森批判への便乗派や、溺れた犬を棒で叩くようなリンチを行う者たちによる、反面教師とすべき発言も相次いでいる。まずは共産党の志位和夫。

女性蔑視発言で辞任をする会長が、密室で後任を指名したという動きが伝えられていますが、かりに組織委員会がそれを追認するだけとなれば、「顔」だけ変えて中身は何も変わらずということになり、きびしい批判はまぬがれません。組織委員会は、公の場で真正面から議論し、自らの反省を明らかにしたうえで、今後の方策を決めていくべきです。(しんぶん赤旗より)


 2000年に不破哲三の後を継いで共産党委員長に就任した志位は、その後足掛け21年間、共産党委員長の座に居座っている。その間、委員長を選ぶ選挙が行われた事実は、寡聞にして知らない。共産党が委員長の選任を「公の場」で行った過去はない。日本の組織の中で、最も透明性がないのが日本共産党だ。こんな冗談のような談話を発する志位委員長は、先ず自分たちの足元を見るべきだろう。自分たちがやっていなことを、他者に要求するのは無理筋である。

 お次は朝日新聞をはじめとするメディア各社だ。たとえば朝日新聞は、今朝の社説でこう書いている。

 今回の問題は、男女格差の解消が遅々として進まない日本の現実を浮き彫りにした。

 昨年末に決まった男女共同参画基本計画にも、女性の社会進出に本気で取り組むつもりがあるとは思えぬ政府の姿勢が、随所に表れている。森発言に真摯(しんし)に対処しようとしなかった菅首相をはじめとする政権幹部は、自分たちの価値観が、世の中、そして国際標準からいかにずれているかを認識すべきだ。


 朝日新聞が「国際標準」を語ることも冗談のひとつとしか捉えられないが、「事実を曲げても政権を叩くことができればそれでいい」というのが国際標準だと思っているなら、その「ずれ」を誰より先に認識すべきなのが朝日だ。そして、志位のように自分たちが実践していないことを他者に要求するその態度は、朝日新聞や他のメディアの役員構成における男女の比率にあらわれている。


 朝日の役員構成における女性の比率は、たかが16%だ。毎日、読売、日経などはゼロ。テレビメディアも軒並み低い。今回の事案でメディアは男尊女卑、女性の社会進出が進まない現実等々を憂いる論評を垂れ流しているが、彼らにそのような説教を垂れる資格があるのかすら疑問だ。女性の社会進出はポリコレ至上主義の一つの典型だと思うが、彼らがそれを自ら実践した形跡は、少なくともこの役員構成の数字からは読み取ることができない。


 既に多くの批判が寄せられているこのツイートから連想されるのは、新疆ウイグルの再教育キャンプだ。キンペーがテロの根絶というプロパガンダのもと、ウイグル族への暴力と弾圧のために、法制化までして設置した施設だ。「人権派は森氏への批判と同様に、ウイグルでの人権弾圧に対しても等しく抗議を」というのは、今回の事案で多く指摘されることである。だが、ちきりん氏は、「森には再教育が必要。人権を剥奪して中共のキャンプで再教育してもらえ」と言っているのだ。ちきりん氏は古くからのブロガーで、私のブログがBLOGOSに転載されていた時期によく名前は目にしていたが、ネットではかなり影響力のあるお方だ。そのちきりん氏による、中共のプロパガンダとウイグル民族への人権弾圧を肯定しているとしか解釈できないツイートは、震えが来るるほど恐ろしい思想である。

 森氏が職を辞したことは、事実としてパヨクの勝利である。だが、その森氏辞任と一連の騒動にまつわる左派メディアやパヨクが残した痕跡は、歴史の証拠として永久保存版とすべきだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2021/02/14 09:31 ] 社会問題 | TB(0) | CM(8)
パヨクの勝利?
細かい話ですが、今回の騒動はまさに卑劣なリンチであり、森のクビをさらした行為を勝利などと言葉を使ってほしくないですね。

血に飢えた行為であり、かつて、ISが後藤健二のクビを落としてネットにさらした行為を勝利と呼ぶようなもの。
[ 2021/02/14 10:15 ] [ 編集 ]
マスコミによる集団リンチというイジメ
どうひいき目に見ても、悪質な集団リンチである。
とくに朝日新聞など、あまりに金切り声でヒステリックに責めたてる。

それだけなら、まだよい。
最大の問題は、発言者の真意を徹底的にねじまげて、
卑劣に印象操作するという、そのあまりに卑劣極まりない手法。
悪魔的な性根である。

よくここまで落ちぶれたものである。
欧米メディアはそこまで切り取りが悪質ではないような気がする。
言葉をきりはりして言葉狩りだけでなく、人格を攻撃し
破壊することケダモノどもは、すでに人間ではないと断言できる。

ただ敵失を鵜の目鷹の目でさがして、サメのように獲物に
飛びつき、むさぼりつくす。

しかも新聞どもはテレビを手中にしているので、テレビの
ゴミ番組のような報道番組も狂ったように金切り声を
あげはじめる。

ケダモノどもが言論空間で集結し、日本人を恫喝する。
これは誠実な日本人にしかけられた戦争であるといえる。
[ 2021/02/14 11:06 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2021/02/14 11:56 ] [ 編集 ]
森喜朗
辞任する前はえらく顔色が悪かった。
それに結構怒っていた。
何時ポックリいくかなと思っていたが辞任して
会見していた時には随分と顔色がよかった。
驚いたね。

見物席のVIP席でゆっくりとオリンピックも
いいんじゃないのかね。
大手メディアなんぞ相手にするからだよ。

小池百合子と話をしないというのは幸せな人生だよ。
[ 2021/02/14 18:49 ] [ 編集 ]
マスゴミを大アカ字の底なし沼に落とそう
朝日の役員とは、どの肩書でしょうね?ノーエビデンス高橋のような室井モドキとかだったら無意味どころか有害でしょう
[ 2021/02/14 20:14 ] [ 編集 ]
Re: パヨクの勝利?
Alinamin2011 さま、

いつもコメントありがとうございます。
言うまでもなく、私は「パヨクの勝利」と言及したこの結果を歓迎しているわけではありません。
ただ、彼らに森氏追放という一種の「成功体験」が残ったこと、保守派が森氏を守れなかったことに対する受け止め方として、その表現をしたまでです。
[ 2021/02/14 22:31 ] [ 編集 ]
中国共産党政権は、他民族を「再教育」するための強制収容所送りだけではなく、建国当初、自国領内の共産党支配下になった地域でも現地民を「労働改造所」と称する強制収容施設に入れています。
中国共産党の下に人々は従順に従なるべき、奴隷根性を持て、というのが中共なのでしょう。

建国72後の今も、香港人の共産党に従いたくない人々を大量逮捕・留置用として香港、深圳に建造の収容所が幾棟もあるそうですから、他国の日本国民である他人様にお勧めする前に、その発信者ご自分が体験しに行ってみればよかろう、と思います。
三年ほども収容所入りをしていたら奴隷全行程を経験できるでしょう。


月刊「Hanada」の花田氏の産経コラム記事で知ったのですが、森会長は週三回人工透析を受けながらの会長職にご献身だったそうです。
他にも、IOCから、マラソン等の札幌開催変更する連絡は、五輪開催地の都知事ではなく森氏にあって、発表を関係者に穏やかに根回し完了するまで待たせたり、その経費中20億円をIOC負担にする交渉を成立させたのも森会長、などなどを発信してくださる方々が居られます。


この様な交渉力を持つ「若い」「女性」が果たして探せるものなのか?「時代遅れ」ではない方々の選出眼にキタイ致します。

これからは、少なくとも外では女性に関して冗談も言えない「社会」になるのでしょうかね?
むしろ女性がどんどん”敬して遠ざ”かられそう。
Me Tooが盛んだった米国ではランチさえ女性と共にすることは避けられたそうな。

社会的に女性の地位が低くても、実質的に家庭内・一族内での地位を女性が高く保っているアジア諸国は少なくない様に感じます。
表で殿方を立てて裏で実権を握る方式ですw

アメリカの様に入植当時から女性も働かなければ生きては行けなかった国、欧州の、人口割合からも女性の力を必要とする国、それぞれに事情は違うモノを、何故に斯くも易々と日本人は欧米に靡いてしまうのでしょ?
こんなに靡くのであれば、そろそろ倣う国に準じて国軍と自主憲法ぐらいは持てば良いものを。
[ 2021/02/15 04:06 ] [ 編集 ]
この度は大変に僭越なことを申し上げてしまいまして申し訳ありませんでした。

あの卑劣なリンチ劇は、腹に据えかねる思いがありましたので、つい、相手を見ずに噛みついてしまいました。

くだんの部分のご主旨は、
パヨクやメディア自身は勝利と考えているだろうが、実際には、恥ずべき行為の証拠として歴史に永久の痕跡を残したにほかならない
ということですね。

今さらながら、私の読解力の不足を恥じ入る次第です。

申し訳ありませんでした。
[ 2021/02/17 12:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ