FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  社会問題 >  森氏を辞任まで追い詰めたマスコミや言論人、そして小池百合子の所業は絶対に忘れない

森氏を辞任まで追い詰めたマスコミや言論人、そして小池百合子の所業は絶対に忘れない

← 応援クリック、ありがとうございます。

 森喜朗氏が東京五輪組織委員会の会長を辞任する意向を固めたという。後任は、サッカーJリーグや男子プロバスケットボールリーグ「Bリーグ」の創設に尽力した川渕三郎氏が決まったようだ。これだけメディア総がかりのバッシングで世論を煽られれば持たないだろうと思っていたが、残念である。川渕氏は昨日森氏と面談し、要請されたというが、会うなり「お気の毒に」と涙を流したという。悔しかったのは森氏だけではない。癌を患い、一時は余命宣告までされた森氏が、請われて組織委の会長を引き受け、ほぼ無給で尽力してきた姿を知る人は、等しく悔しく思うのだろう。

森喜朗氏


 日本はともすれば恐ろしい全体主義になるように思われる。今回の森発言への反発はすさまじかった。森氏の発言全文を読んでさえいれば、マスコミや善人者づらした知識人や芸能人が垂れ流す批判に、多少なりとも疑問は持てるはずだ。だが、今回ばかりは、森氏を擁護しようとするなら差別主義者扱いされ、異論を許さない空気が言論空間を覆った。特定の人物を悪魔化し、それを居丈高に叩きまくるというのは、南鮮がよくやる手法だ。大韓航空前副社長のナッツ姫を集団リンチする南鮮の様子を見て蔑みを覚えた感覚が、今回の森事案に感じられた。流れを作ったのはマスコミである。

 その一例が藤井蒼汰二冠の聖火ランナー辞退だ。朝日の記事を確認しよう。

藤井聡太二冠が聖火ランナー辞退 地元の瀬戸市に伝える (朝日)

 愛知県瀬戸市で東京五輪の聖火リレーランナーを務める予定だった将棋の高校生棋士・藤井聡太二冠(18)が、ランナーを辞退する意向を10日までに同市に伝えたことがわかった。関係者によると、五輪が延期になり先の見通しも立たないことが理由で、大会組織委員会の森喜朗会長の発言とは関係がないという。同市出身の藤井二冠は今年4月の聖火リレーで市内を走る予定だった。


 藤井二冠が辞退を伝えたのは昨年の11月だと、他のメディアでは報じている。だが、朝日の記事見出しにはそれがなく、記事で「ランナーを辞退する意向を10日までに同市に伝えた」としている。これは少なくとも捏造・歪曲の一種だろう。スポーツ紙でも伝えている事実を、朝日の記者が知らないはずがない。底知れぬ悪意が感じられる報道だ。

 小池百合子東京都知事も、●ズと表現すべき対応を取った。東京大会に向けたIOC、東京都、政府、大会組織委員会の4者トップ会談について、小池は「今ここで4者会談をしてもあまりポジティブな発信にはならないんじゃないかと思うので、私は出席することはないと思う」と、会議を蹴った。

 大会のホストシティの首長として、「森喜朗という顔」は小池にとって利用価値があったはずだ。実際に、東京の温度・湿度などを理由にマラソンと競歩の会場が札幌に移された際、IOCはホストシティの小池を蚊帳の外に置き、その決定を森氏に伝えたという。小池はIOCとのパイプを築けなかったのだ。この一例でもわかる通り、小池は森氏には散々世話になってきたはずである。その森氏に対し、恩を仇で返す小池。前都知事の舛添要一氏は、その小池をこうこき下ろした。

森発言を自分の株を上げる好機と判断した不純な政治的動きだ。コロナから都民の命を守らないのみならず、東京五輪までぶっ壊す気なのか。首相になるためには、五輪潰しなど平気な政治アニマルだ。

小池百合子というクズ


 舛添氏もたまにはいいことを言う。小池には政局しかない。舛添氏の著書「東京終了」にはこんな一節があるそうだ。

 国や組織委が五輪の開催に努力をしていても、国政復帰のためには中止を唱えたほうが人気が出ると思うと、彼女は平気でそうすると思います。権力追求のためには、何でも犠牲にするからです。


 森氏を抹殺したマスコミとそこに登場する言論人、そして小池百合子の所業は、有権者がしっかりと脳裏に焼き付けるべき悪行だ。

 Twitterでは早速「#川淵氏の会長就任に反対します」というハッシュタグが多用されている。その理由のひとつに笑ってしまった。川渕氏の愛読書が月刊Hanadaだから、氏が極右なのだという。半島文化の直輸入のようで、こんな理論をよく恥ずかしくもなく公言できるものだと呆れる。

 Twitterをやっている人は、せめて「#森喜朗さんありがとう」というタグをつけて呟いてほしい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2021/02/12 07:07 ] 社会問題 | TB(0) | CM(9)
騒ぐ方が差別主義者
森さんの心中お察しします。

川淵さんに「お気の毒に」と仰った心の内が垣間見られます。

今の御時世、あのお年でここまでやってこられたことが素晴らしいと思いますが、一度マスコミに狙われるとこうなってしまう典型的な例を見せつけられました。

マスコミと左翼が連動しているかのような、今回の騒ぎでした。

私は女ですが、この件が騒ぎになればなるほど、逆に女性を食い物にしている左翼界隈が苦々しく思えました。騒ぐ人ほど差別をしていると感じたのです。

こういう感覚は、左翼界隈の人達がこれまで差別だ差別だと様々な活動をしている中で、常に感じていました。なんでこれを差別だと感じるのだろうか、むしろ、自分が差別しているからそう思うのだろうと。そして、本当は差別などどうでもよく、政府をたたければ何でも良いのではとも思います。

そして、ノイジーマイノリティーの大きな声が国民の声としてすり替えられてしまう事への違和感も感じています。

ブログ主様が書かれているように、川淵さんについても既にマイナスになるような憶測記事を出していますね。しかも、わざわざアメリカの専門家なる人物の口を借りて。

今度はどうやって川淵さんを差別主義者に仕立てるのでしょうか。そして小池百合子。自分の出世にしか興味のない最低な政治家。

もうウンザリです。





[ 2021/02/12 09:41 ] [ 編集 ]
森ロス
80才のおじいちゃんをフェイクで袋叩きにして辞任に追い込み、
さぞかし気が晴れた事だろう。
森さんが去った来週から、森ロスに陥って寂しくなるんじゃないか。
次は何のネタで、この日本の足を引っ張るんだろうか。
本当にやめて欲しい。
[ 2021/02/12 12:34 ] [ 編集 ]
なんて情けない国なんだ。日本は。
マスコミや小池のせいというより、そんなものにまんまと踊らされた日本人が大馬鹿やろうだ。

マスコミや小池が卑劣なのはそのとおり。しかし、そいつらの名前を出せば、日本人は自分は免責されたと思ってしまう。

戦争は軍部の暴走が原因で、国民は被害者だとする論理と同じ。
あの戦争は、日本人が愚かだったから悲惨になった。日本国民は免責されない。
そこを押さえなければ、また同じことが起きる。

今回、日本人は森をいじめ殺してしまった。その犯人は、日本国民。みんなで寄ってたかって虐め殺した。

マスコミや小池だけでなく、日本人はみんな同罪

日本人は四分の三世紀経っても変わらず阿呆だった。

日本人は大馬鹿やろうだ。

こんな国はダメだ。

[ 2021/02/12 12:44 ] [ 編集 ]
森発言について
森発言について

言葉狩りが酷すぎる。自由に発言できなくなる。
思っていることを発言できない。
北朝鮮かよ。言論の自由は何処へ行った。
十人十色でいろんな意見があり、特定の個人について発言した
わけじゃなくこんなひどすぎる言葉狩りがメディアで続けば、
そのうち共産主義に行き着くだろう。
男女平等!ふざけるな!
おかしいだろ。何故男性専用電車がない?
ありとあらゆるスポーツで、男と女が一緒にプレーしない?
ゴルフ、水泳、野球、サッカー、オリンピック競技は全て男女不平等だ。
囲碁将棋で何故男女に分ける?
競馬の騎手だけは男女平等だな。
(それでも2kgの斤量のハンデを貰っているが)
ボートレース、オートレース、囲碁将棋は男女に差が出ないだろ。
何故分けてる?
男女に差があり都合よく使い分けているのを、誰も指摘しない。
総理までした人をメディアは袋叩きにしている。悲しいよ。

2021/02/12(金) 07:29:26 | URL | 名前を書いてください #- [ 編集 ]

「正しい歴史認識・・・」さんブログの※欄より転載。

まともな日本人がもう少ししっかりしないと、
反日左翼のなすがままではありませんか。
[ 2021/02/12 18:41 ] [ 編集 ]
今まさに日本人の馬鹿さが噴出中
今回の森元首相の発言ではメディア各社がトップで毎日の様に時間を多く使い報道しています。

東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長 発言全文
https://go2senkyo.com/seijika/157551/posts/208553

森会長は過去も所謂失言を時々する人物ですが、別に悪意があるわけでもなく本人の環境時代的感覚からのものでしょう。

今回の発言も同じく感覚的なものからの発言でしょうし、本来ここに科学を持ち出してもいいかもしれないのですが、どのメディア、その他もその事には触れません。
つまり生物学的に女性は集団での会話で男性より時間をかける性癖(?)がある、ないのか?
とでもいうものです。

少なくとも毎日見かける街中、店舗内での井戸端会議、この特徴は基本男性にはありません。
そこに性差による違いがあり、会議などでも森氏が日ごろ感じているものがあるとすればそれは科学的に立証されるのかもしれませんが、如何せん全て「女性蔑視」とやらに方向性が全体主義と成ってしまいました。

また、不愉快なのが日本人があまりにもそれに単純に迎合するという姿勢。
ボランティア、聖火ランナーの辞退。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210210/k10012860101000.html

また、オリンピックの精神とやらですが、全世界平等、無差別などとうたうならばそんなオリンピック最悪の虐殺・非人権・非民主義国中華人民共和国が平気な顔をして参加している事こそ余程ふざけた話だと個人的には思うのですが。

どうも日本国民の皆様は例えて小悪に敏感、巨悪に鈍感とでもいうものらしいです。

中華人民共和国という巨悪がオリンピックに参加したり、主催国と成ったりしている現実こそオリンピックというものが欺瞞・偽善の塊であると言えるでしょう。

そんなオリンピック、この東京オリンピックなどこのコロナ禍、やめたらすっきりすのでは・・・・。
[ 2021/02/12 18:42 ] [ 編集 ]
○森会長、おつかれさまでした。次の会長は、森元総理の後なので、相応の人選を期待したいと思います。
[ 2021/02/12 21:43 ] [ 編集 ]
今も変わらぬ「空気の支配」
今晩は。元軍人の著述家 故・山本七平さんが仰った様に、我国は 立場は異
なれど「空気の支配する国」である所は何も変わってないなあ、と改め思います。

仰る様に 辞任の森五輪組織委会長の言動を正確に捉えておれば、積極的差別の意図はなかった事が理解できますが、左傾既成メディアは意図的に発言を切
り取り、いかにも差別発言の様にアレンジして拡散した。その事が対外的にも
間違ったシグナルになってしまった所が、森元総理にとっては不幸でした。

朝日新聞一味を初め 左傾メディアは自勢力に有利な空気を作れば、国民世論
を手名付けられるとでも思っているのでしょう。差別を詰った白コスパフォに
走った女性野党議員連中と左派言論人連中は、正にそういう低劣卑劣な計算を
していた事になりますね。

小池東京都知事の姑息さも如何なものかと愚考します。舛添元都知事も、今度
ばかりはまぁ好い指摘をされたなとも思います。小池都知事の「政治の恩師」
は、拙記憶が正しければ「あの」小沢一郎衆議。なる程「政策より政局」寄り
の「緑の狸おばさん」の意味がようやく分かりました。齢を経て、拙者も少し
鈍くなってしまったのが遺憾です。苦笑

聖火走者を昨年中に辞退した 将棋の藤井二冠に関する記事でも、朝日新聞一
味は捏造をやらかしましたか。最早信頼も糞もないという事でしょう。我国の
命運も、こんな輩の報道記事を野放しにしていては危地に陥るのは必至でしょう。
[ 2021/02/12 22:49 ] [ 編集 ]
マスコミに南鮮人が、多く入り込んでるからまるっきり南鮮の様な風潮になる。外国人を報道機関に入れては駄目だ。放送局や新聞社からも排除しなければならない。
[ 2021/02/13 00:52 ] [ 編集 ]
「五輪憲章に反する」という森氏攻撃の言葉がねえ・・・。
中共の「香港国家安全維持法」を国連人権委員会で日本を含む27ヶ国が反対声明を出した時に、なんと!53ヶ国が賛成したというのが現実の国際社会です。
それら53ヶ国も五輪参加国というのは、どう見るべきか?

権威主義国、共産主義国、又は「中共のカネ縛りで反対出来ない」があるとしても、欧米的な民主主義概念を持つ国家の方が現実には少ない、或いは一応「民主主義」は大事としながらも現実になればそんな「理想」は言って居られない国が地球上には沢山あることも「多様性」で観るのが五輪(五大陸の輪)の意味ではないのか?

「昔は森氏発言も許されたとしても、今の世界はそれでは通じない」という意見があるらしいのですが、誰がそういう言葉狩りを良しと決めるんでしょ?一度誰かに決められたら何故皆がそれに従わなければならないのか?
時代に合わせて生きるべき、というのも多様性や自由の制限と否定になるのではないのか?
日本は自ら自縄自縛に陥るのか?

多分江戸の長屋風景を言ったのであろう「井戸端会議」の主人公は女性です。昔から女性は話し出したら止まらない、そういわれても明るく笑って終わるのが日本女性の余裕でした。
それがこんなに刺々しい、国をひっくり返さんばかりの騒動。「当に衆愚」と言っては悪いだろうか。

日本の長所は海外からは「発言の自由な国」「礼儀正しい清潔な国」と誉め言葉を戴ける点だと言われますが、この実態、実にそれらに反する虐めと無礼と精神不潔な模様が見えて、情けない。


[ 2021/02/13 01:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ