FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  幕を閉じたトランプ大統領の4年を評価する

幕を閉じたトランプ大統領の4年を評価する

← 応援クリック、ありがとうございます。

 トランプ大統領の4年間が幕を閉じた。今までの常識ではとても理解できない大国の指導者だったが、いくつものレジームを、その手段の是非は議論があるところではあるが、実際に突破した人物でもある。従来、大統領の交代時は、現職が次期大統領をホワイトハウスに招き、円滑かつ有効的な政権の移行を演出する風習があるが、トランプ氏はバイデンの大統領就任式にも出席せず、そういう演出にも協力しない。いかにもトランプ氏らしい。

トランプ大統領


 日本でもトランプ氏に対する評価は分かれる。守旧メディアは総ぐるみで反トランプだ。サンデーモーニングがトランプ氏をディスるのならまだわかるが、読売新聞までも昨日の社説「トランプ氏退任 「負の遺産」はあまりに大きい」で、「国際秩序と民主主義は、この4年間で深く傷ついた」と酷評した。一方で、トランプ氏を支持する層も多く、日本国内でもトランプ氏を支持するデモが行われたほどだ。

 トランプ氏支持の要因として、3つを挙げてみたい。ひとつは、安倍前総理との信頼関係に裏付けされた、良好な日米関係にある。トランプ以前の米国であれば、日本が主導する政策に賛意を示したとしても、「日本を立てる」ことはなかなかしなかっただろう。だがトランプ氏は、安倍前総理が掲げる「自由で開かれたインド太平洋構想」を高く評価し、米国もこの外交・防衛政策に積極的にコミットした。もちろん、安倍前総理の政治決断も大きい。安倍政権が成し遂げた集団的自衛権の行使容認化は、日米同盟を今までになく深化させた。そういう日米関係を、当然ながら多くの日本国民が歓迎したのは当然である。

 もうひとつ大きいのは対中外交だ。中共の粗暴な膨張はアジア地域における頭痛の種であったが、近年の米政権はその膨張を予想できたにもかかわらず、積極的な解決を避けてきた。トランプ氏はその中共に対し、断固とした反対の態度を示し、実際に取りうる政策を取り続けた。トランプ氏の対中政策が道半ばにして中断されるのは、日本にとっては極めて残念なことだ。ポンペオ国務長官が政権終了直前に、東トルキスタンにおけるウイグル族などに対する弾圧を「ジェノサイド」「人道に対する罪」であると認定したことでもわかる通り、最後までこの対中姿勢を貫いたことは、大いに評価できると考える。

 もうひとつは、その人道的な側面での拉致問題への理解と協力だ。トランプ氏は2017年の国連演説で、横田めぐみさんを念頭に北朝鮮の拉致を厳しく指弾した。来日時には過密スケジュールの中で拉致被害者家族会との面会に時間を割き、膝を突き合わせて家族会の訴えに耳を傾けた。2019年には家族会と再度面会し、「拉致問題は私の頭の中に常にある」と語った。

トランプ大統領、拉致被害者家族と面会


 「拉致はとんでもない行為。安倍首相と力を合わせ、母国に戻れるよう尽力したい」と語ったトランプ氏のことばは本心から出たものだろうと思う。横田滋さんが亡くなった際、トランプ氏は横田早紀江さんに書簡を送っている。

トランプ大統領から横田家への書簡


 書簡には、「早紀江さんと拓也さん哲也さんとともに、めぐみさんを必ずご自宅に連れて帰るという、この重要な任務を続けます」と書かれていた。トランプ氏は有本恵子さんの父、明弘さんにも「全力を尽くしています。あなたはきっと勝利する」と激励の書簡を送っている。安倍前総理の退任とあわせ、トランプ氏の退任は、家族会の皆さんにとってはダブルの衝撃だろうと推察する。

 米国では、バイデン新政権が誕生した。日本は米国のリーダーを選べないから、上手くやっていくしかない。米国に新しいリーダーが、安倍・トランプ両氏が取り組んだ日米同盟、対中外交、拉致問題にどういう姿勢で臨むのかは未知数だし、特に対中姿勢に関しては注視すべきだろう。

 トランプ大統領には「お疲れ様でした」ということばを贈りたい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2021/01/21 07:08 ] 外交 | TB(0) | CM(9)
アメリカ合衆国の大統領はトランプ氏だけ
まだですよ
なぜなら、不正選挙劇で「アメリカ合衆国の大統領」がまだ勝利宣言と就任できていないからです。
世界中に仕込まれた、不正なマスゴミが嘘を垂れ流し、それを勝手にこのように拡散して事実化を図っているだけです。
一切触れるべきではありません。
少なくとも、選挙で選ばれていない不正票のアレが就任宣言するまでは、騙されて宣伝の片棒を担がされてはいけないですね。
私達は、マスゴミ化する必要はないし、してはならない。
[ 2021/01/21 18:30 ] [ 編集 ]
実際に起こった(事実)ニュースは流されないのですから
米国の大混乱の最中に…
皇紀2681年(令和3年)1月17日
http://endokentaro.shinhoshu.com/eu-america/post7697/

ロスチャイルド(ロートシルト)家の一翼が倒れました。仏分家のロチルド家で瑞(スイス)金融「エドモンド・ド・ロスチャイルド・ホールディングス」社長のバンジャマン・デ・ロチルド(ベンヤミン・ド・ロートシルト)男爵が十五日、亡くなられたことが分かりました。瑞ジュネーヴ州プレグニーのご自宅(城)で心臓発作のためだったとのことですが、五十七歳でした。

・この訃報自体はわが国の報道ベースにのらないでしょうが、
奇しくも米国のドナルド・トランプ大統領が混乱と陰謀の最中に倒れていくのを目前にして亡くなられるとは。
衷心よりお悔やみを申し上げます。
本日はこの短い記事の更新で終えますが、極めて意味深い記事とご記憶ください。
[ 2021/01/21 18:35 ] [ 編集 ]
歴史に残るアメリカ大統領の温かさ
時は矢のように過ぎ去ります。
事態は刻々と歩みを進めています。

とりわけ、このように感じるのも只今、現在、
歴史が変転する様を目の当たりに見せられているからでしょう。

一年余の前、何ともなかった日常が、
それも武漢発のコロナウイルスの世界的蔓延で
人類が混乱混迷の中に叩き込まれました。

その間、安倍さんの退任があり、
よもやのトランプ大統領の敗退となりました。
米大統領選に関しては、世界の巨悪が露呈し、数々の策動に
翻弄される国際社会が出現しています。

なかでも、この日本社会において、人生を潰され、
まさに翻弄されて来た方々は、長い年月にわたって苦悩を
背負わされた拉致被害者であり、ご家族の方々です。

昨日から、トランプ大統領との会談場面の写真を
幾度となく見ておりました。
ご家族の方にとってトランプ大統領の好意はどんなに有難く、
その日は、すがる思いで切々と訴えられたと思います。

父上の安倍晋太郎氏の秘書の時代から、拉致事件に尽くされて来た
安倍さんですから、事ある毎にトランプさんに事件の深刻さを
ずっと伝え続けてくださいました。
その思いの深さを汲んだトランプ大統領との連携で、拉致問題は
劇的に進むかに見えたものでした。

あの日が、悲しいことに遠い日のように思われるのです。
しかし、日本人は、強い気持ちをもって奪還の声を
上げ続けるしかありません。

アメリカの大統領で、初めて、拉致被害者の家族の声を
親身に聴いてくださり、国連で「13歳の少女が拉致され、
スパイにされた」と批判の声をあげ、世界に訴えてくださった
トランプさんには、感謝の言葉しかありません。

日本人はトランプさんの温情を忘れることはないでしょう。
[ 2021/01/21 19:49 ] [ 編集 ]
○トランプさんも安倍さんも若いので、これからも政治の表舞台で活躍されると思います。残念ながら現役のときに拉致問題は解決しませんでしたが、被害にあわれたご家族の心情に真摯に寄り添うことで、ご家族の方々はたいへん勇気づけられたことと思います。同じ日本人として、日本人のために行動してくださったトランプさんに、感謝しております。

○バイデン大統領は、パリ協定に復帰。おそらくTPPへの加入も、視野にあるのかもしれません。イギリスもTPPには参加するようなので、太平洋と大西洋の経済圏構想には期待したいと思います。いずれにしても、日本の菅総理も感染症を収束することに全集中だと思いますし、アメリカも今は感染症対策重視だと思います。バイデン大統領はマスク重視派のようなので、日本の高品質な国産マスクを支援したり、輸出してアメリカでの販路を開拓しても良いと思います。

○いまは、世界的にみて、ワクチン重視なのかもしれませんが、本庶さんも指摘されていたように、ウイルスの変異のほうが、ワクチン開発のスピードよりも、早いのかもしれません。コロナウイルスへの治療薬の開発こそ、本命ではないかと思います。日本の場合、自宅療養やホテル療養の方々に、お薬は処方されているのかどうか。効き目は薄いとしても、ある程度、重症化予防の効果を期待でき、重い副作用もないような既存のお薬(たとえばイベルメクチンなど)を、広く処方できれば良いと思うのですが、大勢を治療するときの方向性や、医療制度のあり方などは、今一度、見直したほうが良いかもしれません。アメリカの場合、日本のような国民健康保険はないかと思いますが、同じ病の大勢を治療するときには、医療費への国の補助は必要なことかもしれません。
[ 2021/01/21 21:25 ] [ 編集 ]
スパイスさま、訃報 lose系さま
コメントを戴くのは有難いのですが、ハンドルネームを変えて連投するのはおやめください。
[ 2021/01/21 21:32 ] [ 編集 ]
トランプを支持する要因
管理人さんと同感ですが、もう一つだけ挙げさせて下さい。

それはアメリカファーストの言葉通り、トランプはアメリカの国益を最優先させたリーダーであった点です。

国境に壁を設ける等、就任当初からマスコミから悪く報じられていましたが、本当にアメリカの実情を知れば、それがアメリカにとって必要な事だと理解出来ます。

一般的にリベラルと言われる民主党に比べて、アメリカ国民にとってはトランプの方が余程リベラルと言えるでしょう。

今朝の国営放送のラジオニュースで、大越健介という東大野球部卒業経歴を持つキャスターが、トランプに対しての悪態をついていました。
大統領選挙の不正の事実がないにも関わらず、さも不正があったと言ってアメリカ国民を惑わした。等と言って、フェイクニュース発信者のレッテルをトランプに張り付けていました。

不正があったかどうか疑わしいままの状態に放置されているというのが私の認識ですが、疑うことすらしない報道は明らかに間違っている。

でも、この様な形で1月20日を過ぎた今、私も先ずは潔くバイデン大統領を認めるしかないのです。私が認めようが認めないが現実は変わりません。

でもトランプが傑出した大統領だった事に変わりはありません。
[ 2021/01/21 22:23 ] [ 編集 ]
やはり「批判より労い」が大事
今晩は。かつて我国の第一安倍政権終幕時、当時の拙ネット知友が発せられた「今は批判より労いを」の言葉が、今も拙脳裏に突き刺さっております。

トランプ前米大統領も同じ事。どう悪く見ても「功罪相半ば」であるのに、その
事実を蔑ろにした「米国市場最悪の大統領」とかの偏った評価は全く当たらないと
拙者も思います。

貴指摘の三点「日米同盟の強化」「毅然とした対中姿勢」「北鮮による日本人
拉致事件への寄り添い」は、トランプ前米大統領が真摯に取り組んだ事共と、
拙者も評価しております。

シバサマ1966さんが挙げられた、米国益を最重視した「アメリカ・ファースト」
の信念を貫徹したのも良い所だったのは事実です。

とまれ、日米双方の報道メディアが繰り広げる「トランプ前米政権は史上最悪」
とかの貶め論調を真に受ける様な愚は、間違ってもしてはならない事ですね。
[ 2021/01/21 23:44 ] [ 編集 ]
選挙不正に屈しない事
ソ連もそうだったと思いますが、「国家」の形をしていても「国家」ではないような国があるんですよね。

それが米国で、どう考えても通常の国家では考えられないような政治的事件がしばしば起きます。

ケネディ暗殺、9.11、今回のバイデン(ディープステート)がそうですね。

トランプ大統領だって、今回の大統領選に関しては、バイデン当選に関して、「不正があったから」選挙結果を無効にしろとは主張していません。

彼はあくまで、大統領選における大規模な「選挙不正」があったを訴えているだけです。

つまり、あくまで「選挙不正に屈しない」という姿勢を貫いているだけです。なぜかというと、選挙不正に屈する事は「民主主義の死」を意味するわけで、それだけは世界一の民主主義国家たる米国の「理想」に反するものであり、決して認めるわけにはいかないからです。

正直、大統領選に関して言えば、「選挙不正」があったとしても司法界と政界の都合で「無効」にはならないでしょう。

しかし、「選挙不正」に屈しないトランプ大統領が正しいのは間違いないでしょうね。
[ 2021/01/21 23:53 ] [ 編集 ]
7400万票の意味
バイデン陣営が何と言おうとトランプ前大統領が再選選挙に7400万票獲得した事実は変わりません。

この票を上回る数が必要だったので不正の数々が起きた。というのが通説ですが、そうまでして民主党が打倒トランプに動かざるを得ない危機感をトランプ氏が与えていた、のであればいずれその悪徳は露見するものと、思いたいです。
2016年の大統領選は、ヒラリー・クリントンが圧倒的に有利を言われた選挙でしたが、結果トランプ氏の大量得票になったのは、ヒラリーの悪事を知りつつあった有権者が彼女を選ぶことの不名誉を感じ取ったから、と解説した米国ジャーナリストがおられらそうです。

一昨日の就任式前の人事構想で、早くも民主党左派を応援していたマイノリティが離反に回っている、とか。
主要部署にはオバマ政権時のメンバーが配置される様ですから、副大統領を含めた人事はオバマ三期目の如きものかもしれません。となれば、世界のとっても日本にとっても、あまり期待は出来ません。

オバマ大統領は任期終了前に広島訪問されましたが、被爆関係者が喜んだのとは違って、献花はしても慰霊碑の前に佇むだけで頭は高いままでしたし、ケネディ大使が是非にと勧めたという記念館の滞在時間は非常に短かったそうで、それでも喜ぶ日本人はオバマの様な人間には「軽いもの」でしょうね。
外国要人へのニタニタ笑いの外相は特にお気をつけて戴きたい。

慰安婦問題では安倍総理に理解を示し、翌日の南鮮では「おぞましい日本」という様なオバマが実質支配する様なバイデン政権であれば、日本政府は幾通りかの対応を考えておく必要がある様に感じます。

トランプ大統領は在任中選挙前公約をほぼ実施したのではないでしょうか。特に私が注目したのは戦地からの撤退方針です。
オバマ・ヒラリーが仕掛けた「秘密の戦争」で、当事国の面子を踏みにじり、しかも米国が表立たない紛争の数々から、手を引き、米国の兵士を見知らぬ土地で極力散華させない様に努められたのは、それまでの戦争屋米国の姿を米国民に考えさせたのではないか、と思います。
それが、また変えられるのか?

拉致問題へのトランプ大統領の関わろうとしてくださった功績は、本当にありがたいことでした。
安倍政府が事ある毎に世界各国に理解を求めていた拉致事件を、やはり超大国の大統領が世界に見える形で協力をして下さる姿は特別なもので、それまで関心を持とうとしなかった国も北朝鮮の犯罪を世界が知り、それが日本の最優先事項なのだと認知するきっかけになったのではないかと思います。
残るのは、日本政府の何としても取り返す強固で不退転の意志です。

トランプVSバイデンに関する報道は、産経紙もほぼ米国大手メディアの焼き映し同然の記事に感じます。
米国全土で繰り広げられたトランプ支持デモの人数を「一万人」と書き、多分それに意見が寄せられたのではないか、と思われる言い訳記事が後から出ましたが、「自分がビルの窓から実際に見た実数は一万だった」と。
全土は一ビルの前だけのことではないのに・・・


トランプ氏も安倍晋三氏も、必ず!復活致します(希望的断言)。

[ 2021/01/22 00:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ