FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  カミツキガメと文在寅に求めるべき「責任の履行」

カミツキガメと文在寅に求めるべき「責任の履行」

← 応援クリック、ありがとうございます。

 ネットでは“カミツキガメ”というニックネームがつく立憲民主党のレンポウだが、菅総理大臣の施政方針演説をTwitter上でフライング公開したことにたいしては、一貫して沈黙している。そのかわり、同党の吉川参院野党筆頭理事が「こうしたことが発生したことは、誠に申し訳ない」と陳謝したという。間違いがあったときは、それを認めて謝罪するというのは、信頼される人の基本だが、この人物にはそんな基本も備わっていないらしい。この件に対して何も発言しないと言うことは、その行為自体をいまだに「してはいけないこと」と思っていない可能性があることを示す。この人物が、一時は現立民党の母体となった民進党の代表を務めていたのだ。考えるだけでも恐ろしい。

 間違いを認めないという習性は、南朝鮮にも共通する。レンポウがフライング公開した菅総理大臣の施政方針演説では、南鮮を単に「重要な隣国」という乾いた形容に留め、現在の日韓関係は厳しい状況については、南鮮側に「適切な対応を強く求めていく」とした。昨年の通常国会における安倍前総理の施政方針演説では、南鮮に対して「国と国との約束を守り、未来志向の両国関係を築き上げることを、切に期待する」としつつも、「元来、基本的価値と戦略的利益を共有する最も重要な隣国」としていた。今回の菅総理の演説では、大幅な格下げだ。

菅総理/文在寅


 さて、その南鮮では文在寅が厳しい立場に追い込まれているようだ。文が18日、「2021新年記者会見」で、「韓国政府は、2015年の慰安婦合意が両国政府間公式合意だったという事実を認める」とも述べたそうだ。文在寅が慰安婦合意は政府間の公式合意であることを直接言及したのは今回が初めてだという。文が政権に就いたのは2017年の5月だ。つまり、文は就任以来、約3年と8カ月もの間、慰安婦合意を日韓間の正式な合意と認めてこなかったといことである。今までは、前提が蔑ろにされたまま「心からの謝罪を」などと主張してきたのだ。厚顔無知とはこのことだ。文は、いわゆる徴用工訴訟におけるトンデモ判決に関しても、「(日本企業の)資産現金化は日韓両国関係に望ましくない」と語った。明白な擦り寄りだ。

 文在寅は日本との関係において、過去の歴史問題と未来志向的な関係発展とを切り離す「ツートラック外交」を標榜している。だが、これは非常に身勝手な発想である。未来志向という名のもとに経済的な協力関係を発展させながら、片方では歴史問題に関して日本にたかり続けるという宣言と等しいのだ。一介のブロガーでも見通せる「安直な浅知恵」だが、これを真面目な顔をしながら言えるのが南鮮大統領なのだ。

 この発言を受け、茂木外相は19日の記者会見で「解決したいという韓国の姿勢の表明だけで評価するのは難しい」と述べ、加えて「韓国側からの具体的提案を見て評価したい」とコメントした。当然の姿勢である。何回も騙された彼らの口先だけの外交姿勢は、行動が伴って初めて評価される。いまの日韓関係を冷え込ませたのは、全面的に南鮮の言動によるものだ。日本政府は約束を守り続けてきたが、彼らが勝手にそれを破ったのだ。南鮮から実効性を伴った何らかの是正策が示されない限り、話し合いのテーブルにつくこともない。

 責任を果たす(取る)というのは、人対人でも、国家対国家でも、基本原則だ。南鮮は言うに及ばないが、レンポウにもそのことに対する認識を求めたい。

 ま、無理か。。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2021/01/20 07:08 ] 外交 | TB(0) | CM(4)
ただの馬鹿なんじゃなかろか?
 筋金入りの反日従北かと思っていたら、ただ反日勢力と北朝鮮に迎合していただけで、なんの信念も戦略もない空っぽ男だとバレちゃいましたね。

 文在寅大統領のあまりの無能ぶりにはあきれるばかり。
人権派弁護士って触れ込みだったけど、要は野にあってこそカミツキガメとして利用価値もあっただけでは?
いざ権力を握ってみたら、伝家の宝刀を振り回し過ぎて、いよいよ収拾がつかなくなったというところでは?

それにしてもいまだに4割近い支持率を保っているのは不思議。
内政外交ともにこれだけ失策(というよりオウンゴール)続きで
韓国民はこんな大統領で不安にならないのでしょうか?

 三度の飯より反日が大事の国民性は本性なのか政治の貧困なのか、
卵が先か鶏が先かみたいな議論なのかもしれませんね。

 余談ですが、17日投開票の沖縄県宮古島市長選で、自民候補の現職が
敗れ、立民や共産が推す市長が誕生したことには戦慄を覚えます。
新市長はもともと自民会派の保守系県議。
なのに、市長選では左翼陣営に担がれて当選。
あれ? どこかで聞いたような話・・。
そう、前沖縄県知事翁長氏と同じ構図。
知事や市長になりたくて国を売る変節漢なのです。

石垣島と並んで尖閣諸島に近く、中共の脅威を身近に感じているはずなのに、
なぜ左翼市長が誕生するのか不思議でなりません。
明日のチベット・ウイグル・香港は沖縄なのだという「いまそこにある危機」
からなぜ目を背けようとするのか?
沖縄の人たちには命を守る行動をとってほしい。
一刻も早く偽りの平和主義から目を覚ましてほしいと思います。


[ 2021/01/20 09:17 ] [ 編集 ]
イエス・サー 無理です。言ってあげるだけ無駄でございます。

廬武鉉辺りから真面目に南鮮の発言を見ていますが(翻訳文を)、その後のミョンバク、クネ、ザイトラにも共通する物言いから、どうも南鮮人の「歴史観」には時系列的志向が無いらしい、と感じたものです。
もともとの原因があって経過と結果がある、とは思わないらしい。
今現在言いたいことが、かれらの真実。いつでもその「真実」は変容可能。
これではとても国家間で話し合いで何事かを解決なんぞ出来るわけがありません。
2015年末の日韓合意をザイトラは、クネさんの罪状の一つに挙げたのではなかったか?

駐日大使としてトンデモ”知日”派の姜某が来日するらしいのですが、菅首相も茂木外相も当分彼との面会は設けないそうで、何でそんな待遇する者を受け入れるのか?

アグレマンを与えない決断は何故できないのか?これまでの南鮮における姜某の反日言動を知るだけでも、日本上陸を許せる政府の「寛容さ」には嫌悪つきで大反対です。
首相外相が会わなくてもアグレマンを与えるならば、天皇を「日王」と格下げ呼称し悪魔の「親日派のお墓暴き」姜の天皇謁見を可能にするのですから、天皇を戴く日本政府として無責任な事だと思います。
[ 2021/01/20 23:50 ] [ 編集 ]
保守派の相手にもならない、くだらない人間
間違いを認めない、厚顔無恥、責任を果たさない等、国は違えど二人は共通してますね。

この人たちはサヨクと呼ばれていますが、単にエゴイストの一言でくくる事が出来そうです。

サヨクなんて上品な呼び方をしなくても、単にエゴイスト、利己主義者で十分。間違っても保守の対立軸に置くべきだはありません。その価値もありません。
[ 2021/01/20 23:53 ] [ 編集 ]
朝日新聞一味と似た体質
今晩は。蓮舫参議の 総理施政方針演説原稿のネットに流出させた行状は、やは
り常軌を逸したものとみざるを得ないと思います。

「事前に内閣総務官室に確認済」だからと言って、ネットに何を載せても良いと
いう訳ではないのは当然で、与党から「信義に背く」「野党による国会軽視」と
批判されても仕方なきものと心得ます。

謝罪のあり方も悪い。所属の立憲民主党参院筆頭理事に頭を下げさせておいて
、自らは投稿の削除こそ行ったものの 明確な謝罪はしておらず、これは本人
が直に行って然るべきものでしょう。

蓮舫参議はこれまで、与党議員各位や小池東京都知事に対しても、激しい口調
で攻撃を繰り返してきたのは、貴表題の通りです。ここは一つ、強い一撃を見
舞う必要があるでしょう。又 来年に迫った参院選では、他の野党騒擾議員と
共に 確実に追い落とす事を目指したいものです。
[ 2021/01/21 00:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ