FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  3.1%という「まっとうな」支持率

3.1%という「まっとうな」支持率

← 応援クリック、ありがとうございます。

 菅内閣がスタートから4ヵ月で早くも厳しい局面を迎えている。1月度の世論調査が徐々に出てきているが、支持率が前回から大幅にダウンしている傾向は共通している。NHKでは前回からのダウンは2ポイントであったものの、不支持(41%)が支持(40%)を上回った。TBS調査では前回から14.2ポイント下落の支持率41%で、こちらも不支持が上回った。共同も9ポイント低下だ。時事通信になると、支持が34.2%と前回から8.9ポイント減で、不支持は39.7%。不支持が支持を5.5ポイントも上回る結果となっている。

 もともと高すぎる支持率でスタートした菅内閣だけに、そのハイレベルから更に上昇させるのは至難の業だった。武漢ウイルス対応でも小池百合子のパフォーマンスと、それを利用する左派メディアの狡猾さに上手くしてやられた感がある。報道各社の世論調査は参考数値程度のものだが、この参考数値程度のものにも、世論はある程度左右される。支持率が4割あればまだ危険水域ではないが、このまま下がり続ければ自民党自体が浮足立つ可能性も否めない。何せ、今年は総選挙の年だ。

枝野


 さて、政党支持率に目を転ずれば、報道各社で微妙な違いがあるが、中でも目を引くのが時事通信の結果だ。菅内閣が支持率を大幅に下げても、自民党の支持率は1ポイントしか下げていない(23.7%)。逆に、政権を立憲民主党は立憲民主党は前回から同じく1ポイント下げ、3.1%と更に低空飛行を極める事態だ。この数字、自民党政権寄生政党の公明党にも及ばない。前回比で自民党は4%減にとどまるが、立憲の場合は25%も降下したことになる。

 国民は菅政権の武漢ウイルス対策に不満を持っている。不満があるから支持率が下がる。もちろん、武漢ウイルスを政争の具として利用するメディアの喧伝もあっての支持低下だ。しかし、国民が菅政権に不満を持ち、取って代われる自民党以外の政党があるとすれば、その政党の支持は上がり、自民党の支持は急落するはずだ。要するに国民は菅政権には不満だが、野党がそれに取って代わるという想定は全くしていないのだ。私の感覚で言えば、「まっとうな政治」をスローガンとする政党が達成した唯一のまっとうなものが、3.1%という支持率であるように思う。

 こんなことは、拙ブログが何度も書かなくても、ニュースメディアでも論壇誌でも、SNSでも散々指摘されてきたことだ。当然その声は立民党の執行部や議員の耳にも入っているだろう。だが、彼らはそこから学習することができない。学習もできないから、行動も変えられず、相変わらず政権の揚げ足取りに終始する。彼らのこの態度は、2009年の政権交代前から同じだ。2009年には左派メディアの強力な後押しがあって政権に就いたが、所詮それまでの事。ヤジる方でしか存在感を出せない者たちなのだ。

 枝野はNHKの番組で、2021年で何を目指すかという質問に対し、「総選挙がある。公示日に政権の選択肢として認めていただく。その時の自民党総裁か枝野か、どちらを総理大臣にするか”という選挙にしていく」と語った。枝野がそう思うのは勝手だが、恐らく他の立民議員はそんなことは露ほども考えてはいないだろう。枝野を総理大臣にするという雲の上の目標など他人事であり、彼らは自分が如何に議員でいられるかしか考えていない。支持率3.1%が、その彼らに重くのしかかる。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2021/01/17 07:22 ] 政治 | TB(0) | CM(9)
立憲3% 
立民は世論調査で現在3.1%とか。今後の予測としてはまだまだ下がるだろう。民主党政権で政権交代した当時、当方まだ政治に関心が薄かったときであったが、こんな政党に任せて大丈夫かと思った。彼らの言うことはあまりにも程度が低い、つまり政権担当能力はかなり低いとみていたからである。民主党で失敗したから今度は名を変えて次に又政権を狙うという目標を立て立民として出発したが、何しろ中身は同じの能力なしの集団で、案の定、言うことは程度低い。外国人参政権与えよとか、党員は準会員として外国人可能など言っている段階で、全く話にならない政党である。
[ 2021/01/17 10:48 ] [ 編集 ]
世論調査に関し
貴ブログにはいつも賛同しますが、マスゴミ世論調査をベースの主張は危険と考えます。
野党に不利な数字も出るから世論調査が捏造とは言えないとお考えかもしれませんが、そうではないと思います。
政府与党に打撃を与える数字を捏造し国民誘導をする事を最優先にし、その信頼性を増すため左翼野党の支持率を低いまま(あるいは低く)にすることは当然戦略として有り得ます。特に左翼マスゴミの中でも立民党より日共に近いところはそう考えるのに抵抗はないでしょう。
また各社数字は違っても同傾向だから信頼出来ると言うのも根拠になりません。
どこかが先行して出した数字をマスゴミ各社がその談合体質行動で後押しすることは、まして左翼共通の利益に反しない限り、実に頻繁にあることです。
更に世論調査の捏造がばれればその会社は終わるから、まさかそこまではと思うのも余りにもナィーブです。世論調査は他の記事に比べ最も捏造かどうかの証明が難しいのです。いうまでもなく分かっているのは、質問内容と回答者数くらいです。回答者数だけの数を実際したかどうかも分からないし、まして集計が正確かどうか証明するものが全くないブラックボックスを信用するのは、そのマスゴミへの信頼しかないはずです。
ではマスゴミは信頼に値しますか。バレ易い一般記事でも捏造する以上、ばれ難い世論調査で、しかも一般記事に比し世論誘導効果か格段に大きい世論調査結果を捏造しないと考えることがむしろ不自然です。読者の方も不正の証拠は絶対見つけられませんから。
このような世論調査をそのままベースに政治を論じることは、貴ブログのように普段マスゴミ批判を適切にしておられる方であればある程、マスゴミの世論調査結果を正しい事実であると国民に刷り込む結果につながり、皮肉にもマスゴミ各社の信頼維持に貢献することになります。
貴ブログは『世論調査は参考程度にするべきだ』と断っておられますが、その程度の枕言葉では読者が世論調査を正しい思って判断するのを回避することはまずないでしょう。何よりも世論調査の数字を前提に主張したこと自体が、貴ブログが世論調査の正当性を疑っていない証明になっていますから。
私は世論調査全てを否定するものではありませんし、政治に世論は勿論必要と考えます。しかしそれはマスゴミから独立した公正な機関団体によるものであるべきで、また政治家も各種指標動向や国民との接触での直感で世論を判断すべきで、決してマスゴミ世論調査に左右されるべきではないのです。
言論人や政治家がマスゴミ世論調査をベースに政治を論ずる限り日本はマスゴミ支配から抜け出せず、形骸化した民主主義の結果としての衆愚政治や共産主義社会への道はを避けることは不可能です。
[ 2021/01/17 12:06 ] [ 編集 ]
菅政権は当初から難題続きで、気の毒なことです。
しかし、能力として、政策遂行でいえば安倍前首相の足元にも及ばないと思います。官房長官であったときも、安倍首相の顔で長官職が維持できたのではないかと思います。
自民党に代わって日本の舵取りできる政党はないのが確かなので議会の多数派としては総選挙も勝利は間違いないと思います。願わくは、内閣支持率に惑わされることなく、先手管理で仕事を進めてほしいです。
[ 2021/01/17 12:26 ] [ 編集 ]
こちらも真っ当な拾い物
日本語字幕のものを視る前に削除の嵐だったので

【転載】リ○ウッド弁護士が「真実だから観ろ」と言っていた動画に日本語字幕つけました【拡散】
https://www.youtube.com/watch?v=jzPsM1LgvyU

拾い物ですが取り急ぎ貼りました
まだ未視聴の方は、さっさと視ちゃった方がいいかも。
[ 2021/01/17 16:07 ] [ 編集 ]
Re: 世論調査に関し
T.S. さま

コメントありがとうございます。
かなり長文のコメントで、ひとつひとつ意見交換すると長くなりますので、端的にお答えします。
ご指摘の通り、拙ブログでは「世論調査は参考数値」との前提で書いています。が、その世論調査を原理的に全否定する立場ではありません。
当然ながら回答を誘導するような質問が多々あることは、私も認識しています。

> 政治家も各種指標動向や国民との接触での直感で世論を判断すべき

国民とのコミュニケーションによって世論を肌で感じることは、私も大切だと思います。
しかし、内閣も世論調査を実施し、その結果や傾向によって政策の判断基準としていることも事実です。
[ 2021/01/17 22:31 ] [ 編集 ]
菅(すが)政権を上回る力量なき野党
今晩は。新型感染症禍に際し 菅現政権の対応は確かに不足な所もありますが、
野党各党はどこも、仮に政権交代が実現したとしても 菅現政権を上回る対処が
できる党組織は この世には皆無でしょう。

既に馬脚を現していると思います。又 国民視点ではそれが明らかだから、立憲
民主党初め野党各党の支持は一向に上向かないのでしょう。「政権の選択肢に
載る」などと ありもしない幻想を口走る枝野代表の言動もさる事ながら、恰
も今度の衆院選を政権選択選挙の様に騒ぎ立てる左傾メディアも、不興と不信
を買うだけだと拙者も思います。あろう事か、NHKまでもが加わっている有様
には呆れてモノも言えません。嘆
[ 2021/01/18 00:09 ] [ 編集 ]
「世論」について
確かに「政治的な見方」というのはありますから、世論調査をそのまま鵜呑みにするのは危険ですし、専門家(内閣の諮問機関など)は高度な観点から世論調査を分析している事と思います。

メディアが述べる「世論」というのは、日本国民一般の「世論」とは異なり、かなり特殊な集団の特殊な「世論」というか、身勝手な「ワガママ」に近いものです。

そもそも、世の中には個々人の価値観の違いがありますから、政治家個人が左派を含めて、たとえそれが自分の支持者であったとしても、全ての要望に逐一応えなければならない義務があるわけではありません。

もちろん、政治家は支持者の要望にはできるだけ応える義務はありますけど、同時に支持者の要望であったとしても、利害調整の関係で、現況では実行できない事だってありますし、国や社会を破壊するような要望に関しては応えてはいけません。

マスゴミは、政治というのもが理解できていないのだろうと思いますね。一部の有権者の一部の特殊な要望などに付き合わなければならないわけでもないのに、それが何か凄い事とはやし立てているのは、頭がおかしいか、何か利権があるのだろう、と思いますね。
[ 2021/01/18 00:57 ] [ 編集 ]
選挙の年だからか、自民党議員は地方議会会派も含めて「会食」報道が絶えませんね。野党が厳正に自粛をしているとは思えませんが、そちらを監視・報道するメディアは無し。

議員がそうであれば、出かけたがりの国民はその議員達の行動を言い訳に使って「なんで国民だけが自粛せにゃならん?」と、他罰的日本人に墜ちている感じが致します。

自国発の疫病ではない武漢ウィルスに打つ手なしの世界各国ですが、日本に限れば、国民の信用を失った対中甘々姿勢の菅政権に批判が向けられるのは当然だろうと思います。

自民党への支持率は然程落ちていないのであれば、自民党が負ける選挙にはならないでしょうが、議席減は確実ではないかしら。
となれば、「国会の三分の二」は望めない。
で、またもや憲法問題が棚上げ同然?日本は自国を本当に護れない国として、その内世界から相手にされない国になりそう。

スペインから独立を勝ち取ったキューバ(1902年)に即座に入った米軍が「米国に外交権を譲る」憲法を押し付けたのだそうですが、それから半世紀かかってカストロが米国を追い出して押し付け憲法もポイ捨て。
そのような経緯を持つキューバは米国に対抗する必要があっての親ソ(露)であって、別に共産主義を求めた訳だはなさそうです。
一方、このわが国。四分の三世紀経っても・・・情けなくはないか?党是はどうした自民党!!!

しかも最近公明党幹部の対政府発言は、いたく見下し傾向が強くなって、それにもまともに対応できないなら、国民の政府への不満は募る一方だと思います。
選挙対策上自民は公明と組んでいても、国民は公明党を選んではいない。

支持率調査は麻生政権時には執拗に毎週あったものですが、最近はメディアも忖度気味の様で、なるほど総務省を抑える事は重要なのね、と実感しておりますがそれでも下落ですから、メディア発表の数字よりも官邸は緊張するべきではないか、と感じております。

菅首相の感染対策に批判しても、ならば枝野は特別有効な対案を持っているのか?立民議員仲間でも多分もそうは思ってないでしょう。
他人への批判は簡単です。
やればそれもダメ、やらなければこれもダメ、小姑感覚で済むのは政治家ではなくテレビ芸者のお気楽評論家です。バカ奴!と思われるだけでいいのですから。
[ 2021/01/18 01:47 ] [ 編集 ]
アタマおかしいに一票
>頭がおかしいか、何か利権があるのだろう、と思いますね。

確かにマスメディアの多くに「敗戦利得者」の利権が存在していますが、
やはりアタマおかしいに一票を投じますwww
フェイクニュース専門紙(立民党機関紙)アカヒが日本メディアの盟主としてみなされている限り、コイツらは発狂状態から抜け出せません。衰退の一途を辿ることでしょうwwwww
[ 2021/01/19 09:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ