FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  中共の横暴に「懸念」しか示せない政府に外交はできるのか

中共の横暴に「懸念」しか示せない政府に外交はできるのか

← 応援クリック、ありがとうございます。

 政府がようやくビジネス・トラック(ビジネス関係者らの往来)、レジデンス・トラック(中長期滞在者)を含めた外国人の流入を全面的に停止する。菅総理が昨日の会見で、その決定を表明した。政府の従来の方針は、相手国の国内で変異株が発見された際に即時運用を停止するというものだった。しかしこれは、安全保障における専守防衛と同じ考え方で、一定の被害が出ないと手を打たないという方針に他ならない。私はこの考え方には賛同しない。この方針には相手国の情報を信用するという前提が必要だが、中共や南鮮が信用できる国であるようには思われない。

 南鮮は置いておくとしても、中共に対する配慮は過剰に思える。派閥を持たない菅総理が、親中派代表格の二階の力を頼りにせざるを得ない政治力学があるのかもしれないが、そんなことは国民に直接関係ない話であり、中共におもねるあまり、日本国民の健康や利益が脅かされれば本末転倒だ。菅総理はビジネスおよびレジデンス・トラックについて、「緊急事態宣言が発令されている間、一時停止」と言っている。現時点での緊急事態宣言は2月7日までであるのに対し。今年の春節は2月12日だ。なんとなくきな臭さが否めない。

菅総理会見


 日本政治の中共へのおもねりは、いたるところで現れる。その一端が、下記の動きだ。

香港民主派逮捕「深刻な懸念」 米英など4カ国が共同声明 (共同)

 米国、英国、カナダ、オーストラリアの4カ国外相は9日、香港民主派が香港国家安全維持法(国安法)違反容疑で一斉に逮捕された事件について「深刻な懸念」を表明する共同声明を発表した。

 声明は国安法について、香港に高度の自治を約束した1984年の中英共同宣言に「明らかに違反している」と強調。政治的な異論を封殺するために使われていると非難した。

 中国と香港の当局に対し、香港の人々の権利と自由を尊重するよう要求。9月に予定されている立法会(議会)選挙を公正に実施することが極めて重要だとした。(共同)


 中共に対峙する民主主義国家で、アジアで随一のプレゼンスがあるのが日本だ。当然ながら、この声明の発出には日本にも声がかかったのではないかと想像している。(もし声掛けがなかったのなら、それはそれで問題だが…) しかし、外相の共同声明には日本は含まれていない。我が国はといえば、加藤官房長官が「重大な懸念」を示した程度で、はっきりした物言いはない。産経が社説で「懸念の表明でこと足りるのか」「国会は衆参両院で(中国と香港の)両政府に対する非難決議を採択すべきである」と叱咤しているが、政府与党にもそんなそぶりはなく、特定野党はやれ「桜だ」「政府のコロナ対応が遅い」などと、政府の足を引っ張ることしか考えていない。

 日本はアジアにおける民主主義国家の盟主ではないのか。盟主であればその立場を明確に世界に示すべきで、特に国境を越え、世界共通の価値観として在るの人権問題については、相手を選ばず、主張すべきだ。そういう主張ができなければ、「約束を守れ」と南鮮に言ったところで、説得力に欠ける。

 安倍前総理は、中共が香港への国家安全法制導入を決定した際、G7に働きかけ、声明発出を主導した。国会でも「一国二制度を前提に、声明を発出する考え方の下にG7の中で日本がリードしていきたい」と述べている。安倍政権の政策を踏襲すると明言した菅総理は、同じ態度で中共に臨むべきだ。

 このままだと習近平来日という悪夢が現実になりそうで怖い。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2021/01/14 07:08 ] 外交 | TB(0) | CM(14)
共同の其の記事はフェイク
香港民主化デモへの日本側の懸念は安倍総理が欧州側が懸念を発表するまえに、単独で公式に表明してます

その事で共同の記事はフェイクだと大きく取り上げられて、叩かれてました。

政権を貶めるためのフェイクに易々と乗せらてしまうのは、如何な物でしょうか。
安倍首相 香港への統制 “G7での発信に主導的役割果たす”
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200610/k10012465371000.html
中国が香港への統制を強めていることについて、安倍総理大臣は、衆議院予算委員会で、「日本も憂慮を表明している」と述べたうえで、G7=主要7か国の枠組みでの必要なメッセージの発信に向けて日本が主導的な役割を果たしていく考えを示しました。
[ 2021/01/14 08:11 ] [ 編集 ]
早く二階氏を排除しないと国益を損なう
安倍政権の継承を謳って高支持率で発進した菅政権ですが、
武漢ウイルス禍対応や二階派議員の汚職をめぐり支持率が急落し、
支持基盤が揺らぐ状況にあり、下村博文氏から「政局になる」などと
ずいぶん見下した発言まで飛び出す始末。

菅内閣の支持率下落で二階氏は次の寄生宿主の品定めに余念がないはず。
さしずめ自民党内の左翼迎合分子石破某などはその候補の一人でしょう。

党内に派閥を持たない菅氏総理。
今後ますます二階氏頼みが強まることを危惧しています。
シー皇帝訪日など容認すれば、天安門事件に続きまたしても日本が
世界に誤ったメッセージを送ることになります。
二階氏の影響力を削ぐことが自民党の活路につながると信じます。
[ 2021/01/14 09:17 ] [ 編集 ]
反日中朝創価一派による皇室乗っ取りが進んでいるのを、どれだけの国民がご存じだろうか? 影武者がいるのは知られているが、今やその影武者が反日中朝創価の支配下にあり、その罪の深さは到底許されるべきものではない。CGを使っての退位会見、録画による偽眞子と小室との婚約会見。国民は本物だと信じ切っているが、内部事情に詳しい皇室を大切に思う有志が各所でこの事実を出来得る限りの証拠を挙げて説明されている。

思うに、本物は反日中朝創価に事実上の軟禁状態に置かれているのではなかろうか? 本物を出すべき時にはしぶしぶ国民の前に出す。しかし、それ以外は影武者を使ってやりたい放題。

秋篠宮家の内親王殿下は本物は皇室の事情を知り、既に何年も前から退避しているのである。今や映像はCGで何でもできる、簡単に国民を騙せるのです。ディープ・フェイク映像は山ほどあります。

皇室を人質に取られているのならば、露骨に中国潰しはできないのではないでしょうか? それだけ中共が日本にも蔓延ってしまっているという現実を国民は直視すべきです。
[ 2021/01/14 09:50 ] [ 編集 ]
やれやれ
>今や映像はCGで何でもできる、簡単に国民を騙せるのです。

妄想好きなパヨの成りすまし?www
[ 2021/01/14 10:22 ] [ 編集 ]
情報戦のなかに翻弄される日本の政治であってはならない
トランプ大統領及び賛同する者を悉く叩き潰すアメリカの狂乱には、
胸が痛くなります。
そこに正義も真実も関係ないのですね。

如何にアメリカ大統領の権限をもってしても、
巨大な情報ネットワークという怪物の物量が圧倒しました。
トランプ大統領のように逆う者は容赦なく悪魔化し、
殲滅することに徹するのがグローバル勢力や共産主義者の性根であり、負の歴史の再現を見せられています。

それにしても、情報戦に勝ち得たものが、
一方的に戦争の流れを作り、核爆弾で屈服させ、
世界の潮流を支配して事前に練られたシナリオ通りの
東京裁判で有無を言わせず日本を処断し、
悪のレッテルを貼られたまま屈服させられた日本の敗戦を
思い出させるのです。

結果、自分で考えることを放棄した日本にあって、
情報戦に敗け続ける現政府は、まさにその象徴のようです。
歴史を俯瞰して長期展望の上、国家や国民を護ることに
考えを及ぼさない、場当たり的な国政の右往左往には、
失望、諦念の限りです。

今日の記事は、いつもながら、
私が書きたくても容易に書くことが出来ないところを
卓抜な筆で言語化してくださいました。
とりわけ最後の一行、
「このままだと習近平来日という悪夢が現実になりそうで怖い」は
利きます。

日本が国家としての尊厳を失くしても構わないとする強欲な余りに
先を見通せず、国益を毀損続ける浅はかな勢力が政権の中枢に居て、
実業界の思惑が優先する国政である限り、日本は日本でなくなります。
[ 2021/01/14 10:44 ] [ 編集 ]
>現時点での緊急事態宣言は2月7日までであるのに対し。今年の春節は2月12日だ。なんとなくきな臭さが否めない。

○問題は、そこだと思います。あたりまえの話ですが、緊急事態宣言の目的のひとつは、逼迫している医療を正常まで戻すことにあるだろう。

日本国内の感染者数が落ち着いてきた = 日本国内の感染者は減ってきた

…だと思われるが、緊急事態宣言の効果で、そのような状況に落ち着けば、次は早々に経済の立て直しだと思う。

○夏の緊急事態宣言解除後、GOTOをやったことは間違いではないと思う。何が間違ってしまったのか。それは、感染のいまだ収束していない外国人の受け入れも、秋頃、拙速に行ったことだと思う。

○同じ轍を踏まないことは言うまでもないことだが、そのためには、日本人限定で国内限定のGOTOキャンペーンを、まずは1年間、しっかりと行うことだと思う。すなわち、内需中心で1~3年間、世界的な感染症の流行が収束するまでは、鎖国的な状況で耐える必要があると思う。日本国内の経済再生のキー(鍵)は、内需の活性化にあると思う。現状、外国からのインバウンド受け入れは、感染症のリスクのほうが高すぎるため、国民の理解も得られないだろう。

○中国の観光客は、魅力的に映るのかもしれない。観光客の経済効果は、実績もある。だが、武漢の旅行者から感染症が拡大した事実を、忘れてはならない。今は、なにより、国内の感染症収束を優先すべきだろう。比較的安全な状況を保ち、医療の正常化の後、国内経済の内需拡大による経済再生を考えるべきではないだろうか。つまり…

緊急事態宣言(感染者数減少、1か月) ←いまココ
 ↓
医療正常化(入院患者の減少、2か月)
 ↓
国内経済の正常化、内需重視(国内での感染収束、1~3年間)
 ↓
外国との経済活性化、外需重視(外国での感染収束、1~3年後)

…このような流れで、経済を立て直したらよいと思う。
[ 2021/01/14 12:04 ] [ 編集 ]
本気で皇室に影武者だの人質だのを信じている(らしき)人が居たんですね。わ~べっくり~~~。


このご時世に、菅首相は所信表明で独自の外交案件に触れられませんでしたので、海外には関心がない首相なのだろうな、と思っております。
官房長官時の初の訪米は何だったのでしょうね。その時の外務省の対応を大変お気に入りだったそうですが、今外務官僚は何を進言しているのやら。

トランプ大統領とは全く反りが合わないメルケル独首相でさえ、ツイッターの永久凍結には「自由な発言封じ」を批判しましたのに、その件でも菅政府はダンマリでしたから、とても中共の横暴に異を唱える気なんぞ無いのではないかしら。

中共の今年の春節は代休入れて7日間だそうですから、外国人の「経済」に期待してきた菅首相&従中二階は、なんとしても緊急事態宣言を2月7日までの一か月で終わらせたいのだろうと邪推w致します。
果たしてそれで日本国民の健康と命が守られるとお思いなのか?
嘘で固めて出来たような共産国家が「信頼」をおける情報発信すると思える根拠は何処にあるのでしょう?

バイデン氏「当選」直後の電話会談を菅首相は好感を以て受け取られた様でしたが、産経紙で後から知る内容では、尖閣にしてもインド太平洋にしても、日本はかなり用心と警戒を要するのではないか、と感じます。

昨日の記者会見では「五輪に合わせた北朝鮮との対話」を聞かれて「チャンスを逃すことがないようにしたい」と応えられたそうですが、国交のない北朝鮮の日本上陸を認めるおつもりなのでしょうかね?
となれば、拉致(とミサイル)故の日本独自の制裁は拉致を理由に骨抜きも懸念されます。

はっきり言って、菅氏の外交姿勢は理解するのが難しいです。








[ 2021/01/14 12:25 ] [ 編集 ]
ビジネス客こと出稼ぎウェルカム中断
緊急事態宣言中でもスカーリン日本は、インバウンドさん・出稼ぎさんウェルカムでした。ビジネス客とは、祖国にいれば安全なのに、芥川龍之介の小説羅生門主人公同様生きるため、コロナ感染上等で日本へ働きに来る技能実習生という奴隷さんばかりでした。この人達の給料をピンハネするパソナ竹中から同意を取りつけるのに時間がかかり、ビジネス入国停止が遅れたと考えられます。
[ 2021/01/14 17:36 ] [ 編集 ]
子供国家 日本
アメリカでさえ、政財界や司法役人、マスコミに至るまで、中共の犬になっている。
まして平和ボケお人好しの日本では、幼児並みに中共の毒牙にかかっているのは目に見える。

日本を中共から取り戻すには、革命を起こすしかない。
[ 2021/01/14 18:20 ] [ 編集 ]
中国は「敵国」である。
根本的な問題点は日本国民、政治家などが中国という国を理解していないというベースが有ります。
それにより中国が少し良さそうな事や協調的な姿勢をみせるなどすると直ぐに融和的な対応をし、その逆が起こると嫌悪感を増すという表面的なものです。
但し、現在は国民多数の意識は嫌中ではあります。

とは言え、「パンダ」という高額貸し出し品に「可愛いとか」単純な思考の中、パンダが中華人民共和国が武力侵略したチベットに多数生息していた動物であるという少し深く考えれば喜べる様な動物でないのは分かるのですが、一見頭の良さそうな玉ねぎ頭でさえあの様です。

https://blogos.com/article/266323/

https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%81%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%88%E3%80%80%E5%8F%A4%E4%BB%A3%E3%80%80%E5%9C%B0%E5%9B%B3&biw=931&bih=820&sxsrf=ALeKk014dC6RUuatQxDsuWh74um484NqpQ:1610618768224&tbm=isch&source=iu&ictx=1&fir=IjQvFpXVj4AWdM%252CIqvLru_HE7AUcM%252C_&vet=1&usg=AI4_-kS7IteFCsB72QMqYKpQLRJCr0P9cg&sa=X&ved=2ahUKEwi0jLG8lpvuAhWDAYgKHcukDeIQ9QF6BAgPEAE#imgrc=IjQvFpXVj4AWdM

しかし、対韓国もそうですが何かあると直ぐに日本人から擦り寄ろうとするおかしな精神構造を持っています。
まさか「隣人とは仲良く」とかを「隣国とは仲良く」と拡大し刷り込まれているのではないかと思えてしまいます。

他に戦後「自虐史観」、それに関わる「侵略史観」による贖罪意識を政治、歴史他方から日本国民が浴びせられて来た弊害も広く残っているわけですが、いまだにそれを拡散、再生産させているのがさよく、メディアというものです。

中国とはそれこそ4000年の膨張の歴史と言えますが、中原より拡張し今や大陸を越え海洋(南シナ海、東シナ海)に軍事進攻している過程が今日です。

http://www.saisei21.jp/report/2012/report-1

そしてそんな軍事大国中国を世界の工場として資本を蓄積させたのは日本や欧米です。
日本に核ミサイルを多数向けている中国に今でも貿易相手国として上位としている日本という間抜けた国。

https://www.businessinsider.jp/post-199703

http://www.stat.go.jp/data/nihon/g3315.html

日本は中国に太刀打ちする気概も能力も無く、米国に頼るのみですが米国次期バイデン大統領の対中政策にはトランプ大統領のディールとは別な意味での不安定要素があり、中国の野望を打ち砕けるのかはこれまた他力本願。

過去、モンゴル(内モンゴル)、東トルキスタン、チベットを侵略し領土を広げ続ける中国は今日毎日武装公船(人民解放軍傘下)が出没し、南シナ海には埋め立て基地を作り、香港の一国二制度はさっさと踏みにじり、共産党一党独裁国家として力による世界支配を進めていますが、「民主主義」を建前とする国々がそれを本当に重要な価値として考えているのか?直ぐに中国の金と力にひれ伏します。

台湾、尖閣諸島それらが喉から欲しい中国、それらを手に入れて太平洋に出、米国を潜水艦から攻撃するカードを手に入れ恫喝で世界を支配するという長期の計画は続く。

そして日本、
安倍内閣での「習近平国賓来日要請」。
まったくどの頭で何を考えているのやら?

https://kokuhinhantai.jp/

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46660380X20C19A6000000/

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020070700631&g=pol
[ 2021/01/14 19:50 ] [ 編集 ]
外国人入国原則全面停止とはいえ・・
今晩は。菅総理は 流石に現在の深甚な新型感染症感染症の国内流行状況を見て
、一旦は取り下げた外国人入国原則全面停止に踏み切った由てすね。所謂「ビジ
ネス」「レジデンス」の両トラック継続決定の直後だけに、二転三転の印象は免れません。

他情報からも、背後にはやはり政権与党内の政治力学的事情が見え隠れする様
に思われます。つまり国民の命より、国際経済優先志向の二階自民幹事長一派
への配慮と忖度という事でしょう。

此度の緊急事態宣言の(とりあえずと思われる)期限は 2/7。貴記事にもある様
に 2/12といわれる中国大陸の春節を視野に入れている可能性は高そうです。

そうなれば、又も二階幹事長の筋から外国人入国原則全停止の措置見直しを迫
られる事でしょうが、中国大陸でも北京近郊の大都市で封鎖措置が行われた様
報が届いています。ここは貴記事通り、安倍前総理が行った 毅然とした対応
に倣って頂きたいと拙者も思います。習国家主席の国賓来日が日程に上る様な
事があれば、言語道断でしょう。
[ 2021/01/14 23:07 ] [ 編集 ]
集金さんの国賓カードは、日本の対中要求貫徹の為の永久版空手形で使えたらGJですけどね。かなり小賢しい計算能力を要しますけれど。
[ 2021/01/15 00:19 ] [ 編集 ]
残念ながら
日本は特亜の下僕ATMとして反社会勢力国家らを支援し続けて参りました。
それがたとえ、反日目的の帰化らが政界や重要ポジに潜入して
やらかしてきたことだとしても、それを安易に許してきた罪は否めない。

米国も日本のように企業を食わせた事で諜報資金を稼がせ、
マスコミを乗っ取らせ共産圏のプロパガンダと大嘘吐き垂れる組織と化し、
ついに大統領選挙にまで簡単に不正連携し、
その犯罪報道までも「無かったこと」としてなされなかった。
日米がこの様になったなら、もう世界に民主主義国家はなくなるのでは?
というのは奢りだろうか?残ったブルー連合だけで何とか立て直せるのだろうか?
[ 2021/01/15 01:52 ] [ 編集 ]
過剰配慮し過ぎですね
個人の資金でやる分には「自己責任」なので、どうなろうと構いませんけど、他人というか、国民全体を巻き込むのだけは絶対に反対ですね。

というか、支那で都市封鎖しているにもかかわらず、入国を許可する精神というか、思考回路が全く理解できませんね。

「隣国のお友達が困っているから(苦笑)」という理由でも、わざわざウイルスを保有している可能性が高い支那人を入国させようとするのは頭がおかしいのではないかと言われても仕方がないと思いますね。

昨年の2月に「検疫」と「入国制限」の措置が遅れたのも何らかの「利権」が働いたからだろうと推測していますね。

政府も各国が入国制限をかけている事を把握しているはずにもかかわらず、入国制限をかけようとしないのですから、国民全員も明らかに「遅すぎる」と感じていましたし、支那が都市封鎖しているのだから、正当化する根拠は十分あったのですが、入国制限をかけない意味が分かりませんでしたね。

正直、懸念程度の表明など、過剰配慮だろうとしか言いようがないですね。本来ならば「非難声明」を出すべきところではないかと思いますね。

正直、自民党の内部にも国民の税金で売国行為を行っている売国奴が多すぎるので仕方がないですが、政党政治の宿命とはいえ、今の政治家は、昔の政治家と違って国民の生命を軽視しすぎではないかと思いますね。

[ 2021/01/15 20:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ