FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  慰安婦訴訟を受けての各紙社説比較 ~ やっぱり朝日は朝日だった

慰安婦訴訟を受けての各紙社説比較 ~ やっぱり朝日は朝日だった

← 応援クリック、ありがとうございます。

 昨日のサンデーモーニングは安定のパヨクっぷりだった。米国の大統領選にまつわる騒動で一方的にトランプ大統領を批判し、青木理など「ゆがんだ為政者が煽ると、あっというまにこうなっちゃう。ヒトラーだってある意味、民主主義から生まれているわけだし」と、トランプ氏とヒトラーを並べて批判する始末。加えて自民党政権が内閣法制局長官、検察庁トップ、学術会議などの人事に介入しているとして、「民主主義が崩壊しかねない」と、米国の暴動にかこつけて政府批判をやっていた。

 話題が南鮮の慰安婦訴訟に移ると、事実関係をあっさりと報じた後、司会の関口が「お天気は…」と、この問題を扱わない意思をあからさまに表した。その慰安婦訴訟問題は、土曜日の主要各紙がこぞって社説で取り上げた重大問題である。

慰安婦像


 産経と読売は文在寅政権を名指しで批判している。産経は2015年の日韓慰安婦合意を引き合いに、「合意を反故(ほご)にして財団を一方的に解散したのは文在寅政権である」と糾弾した。読売は「問題が尾を引いているのは、韓国の文在寅政権が慰安婦合意を骨抜きにするなど、日韓間の約束を踏みにじる姿勢を続けているからだ」と、これまた厳しい論調で抗議している。対処については、産経が「日本政府は韓国側に無法を是正させるための実効的な措置をとらなくてはならない」と、南鮮を相手取った対抗策を出す必要性を主張し、読売は「政府は対外発信力を強化して、日本の取り組みを丁寧に説明し、各国の理解を得なければならない」と外交発信力の強化によって、誤解を国際社会に伝播させぬ策を求めた。

 毎日新聞は文在寅政権の名指し批判こそしていないが、「国家間の明確な合意を、内政事情で一方的にないがしろにすることは許されない」と、同紙にしてはまともな主張。ただし、対処については「両国の政治が、関係安定化の前面に立つ時である」と、お門違いな日本の努力も求めている。

 さて、朝日はどう論じたか。「前政権が結んだ合意を文在寅政権が評価せず、骨抜きにしてしまったことが最大の原因だ」という部分までは良い。しかし、さすがは朝日。ここからが違う。

 歴史の加害側である日本でも、当時の安倍首相が謙虚な態度を見せないことなどが韓国側を硬化させる一因となった。


 安倍総理に「謙虚な態度」がなかったために南鮮が硬化したと、あたかも原因が安倍総理にあるかのような見解を示している。いくら「安倍憎し」でも、これは無理筋だ。慰安婦合意は、問題の最終的かつ不可逆的解決を約束したものだ。しかも、謙虚さなど、いかようにも評価できる。この問題で南鮮側が頻繁に主張する「反省」も同じだ。南鮮側は永遠に「謙虚」「反省」が不十分だと言い張れるし、「謝罪」も「心がこもった謝罪ではない」と跳ね返すことができるのだ。朝日の論は、そういう南鮮側の態度を後押しするものだ。

 今回の訴訟は合意の翌年に起こされた。合意の意義を原告らに丁寧に説明していれば訴訟が避けられたかもしれない。


 これも意味不明だ。原告らへの説明が必要だとすれば、それは青瓦台の責任下で行われるべきことであって、日本は直接的には関係ない。

 対処はといえば、南鮮には慰安婦合意の再評価と今回の訴訟の原告でもある元慰安婦らとの対話を求め、日本には南鮮を刺激しない配慮を求め、加えてこう結んでいる。

 それでも接点が見つからねば国際司法裁判所への提訴も視野に入れざるをえないが、現状は日韓が和解のための最大の努力を尽くしたとは言いがたい。
 日韓両政府の外交力が問われている。


 朝日がいう「和解のための努力」とは何か。今までの日韓関係を見てくれば、和解などという決着は無理だという結論に行き着く。南鮮側はこの問題を解決させたくないのだから、和解も不可能なのだ。この問題に関する日本の外交力は、読売が主張する国際発信力であり、産経が主張する実効的な措置において求められるもので、和解という「動くゴール」など忘れるべきだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2021/01/11 07:17 ] 外交 | TB(0) | CM(9)
智に働く見識なく。情に棹させど舟動かず。意地を通せば晒される。とかくに人の世は住みにくい。(関口)
[ 2021/01/11 08:18 ] [ 編集 ]
日本人は虚言妄言の類を垂れ流す恥無きテレビや新聞を相手にせず、 世界の対日宣伝戦に打ち勝ちたい
ネットから情報を取り、アメリカ大統領選の今後を固唾をのんで
見守っている国民にとっては、一部を除いた日本の新聞、テレビの
報ずる内容は、今更言うまでもないほどの陳腐で、
国民を呆け者の道連れにするかのようなお粗末さです。

それに引き換え、只今の米大統領選で見せつけられる
異次元世界の出来事かと思わせる世界の情報戦の怖さに
慄然とするものです。
(早くから、識者たちが、ジョージ・オーウェルの書いた
 「1984年」を引き合いに出されて来たことも頷けます)

国際金融資本と手を結んだGAFAが呑み込む巨大な
情報統制下に置かれる、おぞましい世界が展開されようとしています。
巨額の資本が投下され、陰謀が渦巻く情報世界が、万人の自由を奪い、
民主主義を蹂躙する暗黒の世界を増殖させています。
(トランプ大統領の勝利を祈念するのも、そうした巨悪と戦う
 大統領の姿に、支持するアメリカ人の姿に希望の光を見出して
 いるからであり、そのことに敗退するアメリカであれば、
 日本の行く手に大きな影を落とすのは必至です)

日本の多くは、世界の流れに取り残された偏狭なガラパゴス報道を
お茶の間に垂れ流され、幼稚な報道を飯の種にする欲得づくめの連中の
阿呆らしさ見せつけられています。
しかし、その表層の裏に蠢く、国民をお花畑の住人に留めおきたい
底意をもった国内外の工作勢力の存在を思えば、
日本政治の危機対応の緩さは我慢ならないものです。

それにしても、このような愚かな報道によって、
国家国民、諸共に沈んでしまうことを余儀なくされては、
堪りません。
この創作慰安婦問題にしても、歴史戦を絶えず仕掛ける中韓の
対日戦略の一環であり、アメリカが混乱のなか衰退していくとみて、
日米の軍事の備えが手薄な時期を見計らって策動はいよいよ嵩に
かかって、宣伝戦は止むことはないものです。

「諸国民の公正と信義に信頼する」性善説の国民であっては、
国を危うくさせます。
日本人は正しく歴史を習い、世界の動きを見定め、
守りを固くしたいものです。
その為には先ず、自国開発の情報伝達手段を持ちたいものです。

とは言え、GAFAが大きくなりすぎたという現実が、のしかかりますし、
日本の環境は、軍事に結び付く様な開発はご法度とばかりが
罷りとおり、国家の存亡に関わる国防にかける予算は低く抑え、
仮に開発が進んだとしても、彼方から此方からと潰されるが
オチでしょうね。

しかし敗戦の繰り返しはあってはならず、遅くとも
せめて、精神的武装から始めなければと思うのです。

戦争をどんなに回避したくても、仕掛けた側の悪の処方箋通りに
漸次、罠を嵌められ、追い詰められた挙句の開戦。
敗ければ、用意された悪のレッテルを貼り続けられるという
理不尽が待ち構えることの連続です。

それを振り払う為には、大人も子供も先ずは、
真実の歴史を冷徹に見つめ直すことから始め、
自虐史観から解き放たれなければなどと至極当然の考えを
繰り返します。

真実から外れた反日左翼思想の入った歴史教科書ではない、
良質な学習動画が増えていることは幸いです。

その動画とて、巨大勢力の一角ですが・・・。
[ 2021/01/11 13:42 ] [ 編集 ]
なつこさん

○バイデンさんはアメリカの大統領になること、アメリカの議会で決定したことだと思いますし、トランプ大統領も、政権移行を宣言したと思います。ただ、20日の就任式までは、時間もあります。

○アメリカの選挙制度の公平公正さについて、今後どのような改革がなされていくのか。そのことを議会で問題提起するであろう共和党は、どれだけ次の選挙で巻き返せるのか。

○トランプさんらを悪者へと仕立て上げようとする動きがある中で、共和党は、次の選挙戦で勝つべく、今どうするべきか。バイデン次期大統領の就任式の20日まで、トランプ大統領にできることはあると思います。飛ぶ鳥跡を濁さずなのか、それとも、終わりよければすべて良しなのか。

○いずれにしても、トランプ大統領を支持した方々も多いと思います。その方々に対して、不当に扱われないよう、次の選挙では公正公平であるよう、トランプさんの20日までに打っておくべき手はむしろ多く、アメリカ大統領としてどのような行動をするべきなのか、今一番、重要なときを迎えているのかもしれませんね。そういうわたしは、Daniel Powter(ダニエル・パウター)の「Bad Day」を聴いています。

=================================================================
(洋楽Caffe、Bad Day - Daniel Powter 歌詞と和訳とちょっとした解説)
http://caffe.takat33.com/2015/06/bad-day-daniel-powter.html

Sometimes the system goes on the blink
And the whole thing turns out wrong
You might not make it back and you know
That you could be well oh that strong
And I'm not wrong

時々世の中がおかしくなってて
なにもかも上手くいかないことだってある
取り返しがつかないかもしれないし
でもうまくいくかもしれない きっとそうなるさ
僕は間違ってないんだ

=================================================================
[ 2021/01/11 14:34 ] [ 編集 ]
「和解のための努力」で1965年の日韓基本条約と請求権協定が成立し、それを何度もひっくり返して日本のおカネに集る南鮮とそのお仲間の朝日新聞の邪悪の始末で、2005年の日韓合意が最終宣言されています。この二件が「日本の努力」の象徴です。
本来ならば、南鮮がまともな国であれば、」合意は無くて良かった様なものですが、アノ仰天レベルのしつこさを切るためには仕方のない措置だったのかもしれません。

一線を何度も超えてきた南鮮は、日本人の心の地雷を踏んでいる事に、まったく気が付かないのか相手が日本であれば何を何度しても良い、と勝手に思い込んでいる阿呆なのでしょう。相手にするだけ「無駄な努力」です。
国際司法裁判所は手続きとして妥当としても、南鮮が応じる筈もないのですから、その先には国交断絶でも構わないと私は思います。

第二次安倍政権発足後のTVカメラが入った党首討論で、安倍晋三総理はご自分に質問する朝日・星浩記者にしっかり「慰安婦問題はそもそも星さんの朝日新聞の誤報が元だ。吉田清治という詐欺師の様な男が作った話をまるで事実のように日本中に広めた」と返していますから、そりゃあ以前からの安倍憎しが倍増したのは確実でしょうw。「誤報」というのは当方にはご遠慮が過ぎると思ったものですが。

高山正之氏の経験に依れば、朝日のおエライさんは「朝日に逆らうとはいい度胸だ」と同業他社へも防衛庁にも怒鳴り込んだそうですw。まさか総理大臣に怒鳴り込むわけにはいかない分、憎くて悔しくて仕方がないのでしょうね。

日本人は反省の色もない者達を真っ当な組織や人間だとは認めません。私情露わな駄文を何も考えずに受け入れる者達は時間と共に弾かれ者になるだけではないかしら。その内お迎えもあるでしょうし、ね。
[ 2021/01/11 18:54 ] [ 編集 ]
御免。2005年は20015年の間違いです。訂正。
[ 2021/01/11 18:56 ] [ 編集 ]
ツクノ様

仰ること、よく分かります。
そうであって欲しいとも思います。

但し、バイデン側に立つ人間の暴露されては困る背徳の数々が
酷すぎます。
人倫の道に外れた所業や国家の威信を金に換える蓄財や
その他諸々の巨悪の隠蔽のためにも、トランプ大統領を筆頭に
関わる人々を徹底的に口封じへと画策すると思います。

穏当にことが運ぶとは、到底思われません。
それこそ、世界を揺るがす悪事が繰り広げられた
選挙戦だったのですから。
混乱や騒擾を長引かせて、笑うのは誰かと思えば、答えは出ます。

トランプ大統領の敵はあまりに大きく、直面する国家だけではなく、
過去の戦争の歴史を作って巨万の富を築いてきた影の巨大勢力が
ネット世界と手を結ぶことで一層の力を得ているのですから。

アメリカの過去の歴史は多くが民主党の時代に
戦争を起こしていると常々聞くところです。
それに反して、アメリカを愛するトランプさんにとって、
アメリカを二分する争乱となることは好まず、
憎しみの連鎖は避けたいところです。
それは、敵対する国家や勢力を喜ばせるだけと分かっている筈です。

それを見越しての民主党の作戦でもあったでしょうが、
ここに来て、自由が脅かされ、外国勢力を巻き込んだ
大掛かりな不正選挙で、民主主義が大きく毀損されたこの時に
どの様な判断をするのでしょう。

未だ、私なりに微かな願望が消えずにいるのも、
数多くの識者の発信を見る中でも、東北大学で博士号を取得し、
帰化された中国出身の張陽さんの動画「張陽チャンネル」を
希望的観測をもって、拝聴している所為でしょう。

不正投票による正当性のないバイデン政権の誕生で、
ひたすら危惧するのは、敵国に宥和的な態度が、日本に譲歩を迫り、
このネット世界で物量的にも歴史的にも情報戦に長けた外国勢力の
伸長を加速させ、歴史を黒を白と言いくるめ、正義は無いものと
されることです。
真実が葬り去られてしまうという一連の悪弊を
同盟国に要求することを想像してしまいます。

何れにせよ、日本の行く道は、自分の国は自分で護るという
独立国家としての有り様や為すべきことの前提を心に刻み、
先人が持ち得た気概を胸に抱き、歩むことに尽きると考えます。

厳しいな。
[ 2021/01/11 20:12 ] [ 編集 ]
韓国 アカヒ 毎日 東京 その他ゴミクズ連合軍を纏めて再起不能にしなければなりません
既に国際社会への手続きや交渉、取り決めは散々見せた
それをことごとく踏み倒した以上、制裁と処刑をする段階です
[ 2021/01/11 20:22 ] [ 編集 ]
反省なき朝日新聞一味を露呈
今晩は。やはり朝日一味は「反省なき」不良姿勢が露呈してますね。
最早「残念」などという言葉で済むレベルではないと思います。

慰安婦問題の火種を起こしておいてこの論調。最早記事を真に受けられないと
あっては、我国のクォリティ紙としての認知さえならぬと心得ます。

安倍前総理の姿勢の方がまともだったにも関わらず「謙虚でなかったのが原因」
などとの言い草は 言語道断そのもの。他の主要紙社説から浮いた様な主張か
らも、朝日一味の不正義は明らかでしょう。
[ 2021/01/11 23:54 ] [ 編集 ]
アカヒについての定説
フェイクニュース専門紙(立民党機関紙)アカヒの
主張の真逆が常に正しいw これぞ定説www
[ 2021/01/12 09:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ