FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  米SNS、Google、Appleが仕掛ける検閲と言論封殺を批判する

米SNS、Google、Appleが仕掛ける検閲と言論封殺を批判する

← 応援クリック、ありがとうございます。

 トランプ大統領が「円滑で秩序ある途切れのない政権移行を確実にすることに集中していく」とビデオメッセージで表明したことで、米国大統領選は一応の決着を見た。ただし、トランプ大統領は戦いの終結を認めていない。同じビデオでトランプ氏は、「Our incredible journey is only just only beginning.(私たちの素晴らしい旅はいま始まったばかりなのです。)」と語った。今後もMake America Great Again(米国を再び偉大な国に)のために、活動を続けるという示唆と受け止められる。

 しかし、ここにきて、米国のSNSサービス各社が信じ難い行動に出た。Twitter社はトランプ大統領が「暴力行為さらにを扇動する恐れがある」として、トランプ氏の個人アカウントを永久に凍結すると発表した。凍結の理由は、トランプ氏が「尋ねていた人たちへ」として、自分は1月20日の大統領就任式に欠席すると述べた最新のツイートが、支持者たちに「式典攻撃を正当化するもの」と受け止められているというもの。さらに、1月17日に連邦議会や各州議会の議事堂を襲撃するという次の攻撃計画が、Twitterや他のSNSで拡散されているとも述べている。

トランプ大統領のTwitterアカウント


 自由の国アメリカで横行する言論封殺であり、検閲だ。SNSプラットフォームは、当然ながら、サービスを提供する会社が設けた規約を遵守することが利用の条件となる。だが、Twitterなどはトランプ氏やその他の著名なユーザーが活用することによって相当な利益を得ていると考えられ、この永久凍結は極めて一方的な印象を与える。かつ、この動きは政治的だ。確認すると、トランプ大統領に近いアカウントが次々と凍結されている。

Twitterで凍結されたトランプ陣営アカウント
凍結されたアカウント
上からスティーブン・バノン、シドニー・パウエル、マイケル・フリン


 言論統制の動きはまだ続く。保守派を中心に利用が拡大しつつあるSNSサービス「Parler」について、GoogleとAppleが、それぞれダウンロードサイトから削除した。Googleは「アメリカで続く暴力行為を扇動する投稿がパーラー・アプリで続いている」とコメントしている。私はつい先日、Parlerのアプリをダウンロードしていたが、現在はAppleストアで検索しても出てこないようになっている。

パーラー


 既に一定のシェアを取った企業らによる嫌がらせであり、妨害行為だ。メディアは今般の大統領選でも「報道しない自由」を行使した。日本でも米国でも、だ。メディアが報道しない自由によって事実もしくは疑惑を報じず、隠蔽し、ソーシャルメディアが個人の言論、表現の自由を奪うのであれば、それは自由・民主主義と逆方向にアクセルをふかしているようなものではないか。

 このような措置によって、米国の分断は更に深いものになるだろう。トランプ支持派は反発し、行動がさらに過激化する可能性も否めない。6日にワシントンで起こったことは残念だし、非難されるべきところも多々ある。だが、それに乗じて特定の言論を封殺するような行為を取ったSNSプロバイダーも、同様に非難されるべきではないか。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2021/01/10 07:21 ] メディア | TB(0) | CM(7)
○言論の自由はどうなのか、政治的中立性は保たれているのか、規約の運用は恣意的ではないかなど、Twitter側の対応にも問題はあるのかもしれない。インターネット上の発言には、名誉棄損も問われる中で、アメリカ大統領のアカウントの停止は、大統領への名誉棄損にはならないのだろうか。

○いずれにしても、人々の自由について、強制的な制限をするときは、法的な理由や司法の判断など、適切かつ合法な理由なしに行うことは、できないはずだと思う。特に、インターネット上の発言の手段を、永久的にアカウント停止するという懲罰のような対応は、司法の判断ならば従わなければならないと思うが、司法以外の対応ならば、行き過ぎた過剰な対応で、言論の自由の侵害ではないかと思わざるを得ない。

○トランプ大統領の発言は、扇動の逆、感情と行動の抑制を呼びかけるものであったと思う。そこを停止するということは、バイデン次期大統領になったとき、トランプさんや支持者を、不当に扱うおそれがあるのかもしれない。

○個人的に不思議に思うのが、なぜTwitterやFacebookなどに、こだわるのだろうか。たしかに、利用者は多いのかもしれないが、利用者への感謝を忘れ、公平さに偏りのある運営や管理者ならば、利用者も閲覧者も不愉快になるのではないだろうか。有名な方ならば、会見を開いたり、個人でブログを立ち上げたり、動画を投稿しても良いと思うし、ホワイトハウスの公式HPで発言したり、メールマガジンで配信するという方法などもあると思う。
[ 2021/01/10 12:15 ] [ 編集 ]
米国で言論統制が始まった
トランプ応援によって処罰を受けるには至ってないが、事実上は近づいている。

中共&グローバリズムはあらゆる手を使ってトランプを潰しにかかっている。
これはトランプが好きか嫌いかではなく、自由と民主主義に対する脅威と捉える。

不正選挙の証拠や証言が沢山あっても裁判に取り上げられる事もない。
まるで司法が買収か恐喝でもされている節がありありと感じられる。

ジョージア州で起きた開票作業中の不正行為の決定的証拠となる動画は何処へいったのか? あれは誰が見ても一目瞭然。又、開票作業中の不正には多くの証言があると聞いている。

ドミニオン投票機の解析はどうなっているのか?

ドイツ フランクフルトで起きたサイトル社のドミニオンサーバーをめぐる、米軍とCIAの銃撃戦、そしてドミニオンサーバーの行方は?

クリスマスに起きたテネシー州ナッシュビルの繁華街で起きた爆破事件は、不正選挙の証拠隠滅の可能性がある為か、その後の報道は見られないようだ。

大統領選挙における不正疑惑に全く手をつけず、大統領選挙は終わりを迎えようとしている。

大統領解任、弾劾訴追を求めるペロシ下院議長は、「錯乱した大統領ほど危険なものはない」、「不安定な大統領が軍事行為を開始したり、核攻撃を命じたりすることの防止策を話し合った」等と言って、トランプを徹底的に叩き潰そうとしている。

不正事実が裁判にかかることさえなく新しい大統領が法律上決まっていく。
フィクションの小説であったらベストセラーにもなりそうだが、そうでないことがこの上なく末恐ろしい。
[ 2021/01/10 16:38 ] [ 編集 ]
あの大陸を我が物にするためには何でも有りの歴史を持つ国ですから、まるで原点に還ったかのようにも思える米民主党のやり口。恐ろしさも併せて呆れます。

日本に居ても知られる米大統領選挙不正の幾つかの動画。それを頭から否定する各州の司法。過去の独裁国家への過程と何ら変わりなさそうに感じました。

この選挙に関する11月以降のトランプ支持者デモは、どれも暴力沙汰など無いものでしたし、あっても支持者たちが立ち去った後に起きた「謎」の狼藉行為は、「やっぱり出たわね」と思わせるモノで、バレバレでした。
何処の国でも政治デモには付き物の、反対勢力の潜り込みは常にデモ主催者側には警戒される事だと思いますが、ここまでの暴力は思いもしないレベルだったろうな、と推測いたします。一番驚いているのはトランプ支持のデモ参加者ではないかしら。

大手メディアや電波網のほぼすべてを抑え得る「力」に負けたのはトランプ大統領や氏の支持者ではなく、米国の民主主義ではないか、と思いました。
日本は二の舞になってはいけません。今の日本が国家国民一丸とはなれない現状に危機感を覚えます。

トランプ大統領が力を入れてようやく事が成りかけている中東アラブの連携をよく見ていたいと思います。
オバマ政権の三期目の様なバイデン政権になるならば、先ずは中東の混乱を引き起こすでしょうから。

先の大戦時の米国政界に工作していたソ連の暗号が解読され、そのスパイ行為の裏付けが「ヴェノナ文書」で示されたのは最近の事ですから、この民主党&暗闇に依るトランプ工作が明らかにされるのには余程の時間を要するのかも、と残念ですが思います。
米国の悪事は全てトランプ氏に被せられるのかもしれませんが、私は信じません。

米国報道界が何を目的としてこれほどトランプ氏を目の敵にするのか?その小型の例を日本のメディアVS安倍総理のパターンに感じます。
せいぜい、(産経を含む)大手報道は本当の情報を伝えない、ぐらいに思っているほうがマシかな、と考えます。
[ 2021/01/10 18:35 ] [ 編集 ]
トランプ、明日から復活する
 明日から、トランプ氏の攻勢がいよいよ始まります。

 今まで証拠集め、相手陣営のやり口、すべての情報、証拠集めを
していたようです。それにしても、国会議事堂での射殺が、トランプ
陣営が周到に準備した最終証拠と誰が敵で誰が味方なのかのあぶりだし
のためにした演技であってほしいし、その可能性もある。
敵を油断させるには、むまず見方からというでしょう、あれと同じです。

 明日、月曜日からいよいよ反転攻勢をするように思えます。
 すべての軍事オプションのための準備は整ったと思います。国会の
いざこざは、敵を欺き、軍事ルームで軍人たちに何が行われているかを
軍事オプションのための切り札となったでしょう。

 多分、今あるSNSやApple,Googleなどは完全にこの部門だけ解体分離
されてくるように思います。

 なんか英語を見ているようだが現実なのだな、最後には自由と民主主義が
勝利し、1月20日が迎えられることを祈る。



[ 2021/01/10 21:46 ] [ 編集 ]
ペロシ下院議員逮捕?
事実であってほしい。

11日に戒厳令発令の準備完了とも。さて、真偽のほどは?
[ 2021/01/10 22:20 ] [ 編集 ]
そうであってほしい
危険さん
> 明日から、トランプ氏の攻勢がいよいよ始まります。
そのとおりであって、と祈ります。
[ 2021/01/10 23:15 ] [ 編集 ]
幾つかの国名もこの件に絡む様な情報がありますが、その真贋は分かりません。
ただ、中共14億人信者予備軍に魅せられているらしきヴァチカンには注目していようと思います。
[ 2021/01/11 00:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ