FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  支持率3%の立民党が政権に就くとすれば「革命」しかない

支持率3%の立民党が政権に就くとすれば「革命」しかない

← 応援クリック、ありがとうございます。

 昨年の政治トピックの中で、国政以外で最も注目を集めたのは米国大統領選だろう。得票数で出た結果で明確に次期大統領が決まるのであれば、話の方向は未来へ向かう。だが、この大統領選、1月20日の大統領就任式までにもうひと波乱ありそうだ。

 トランプ大統領は、大統領選の選挙人投票の結果を公式に集計する上下両院合同会議において「異議申し立てをする」とのジョシュ・ホーリー上院議員のツイートを引用しつつ、「膨大な量の証拠が6日に発表される。我々は勝利した」と宣言している。その異議申し立てにはテッド・クルーズ氏ら11人の共和党上院議員が賛同するとされ、下院議員も少なくとも140人が賛同する意向だという。この件を伝えた時事通信によれば「結果が覆る可能性は事実上ない」というが、米国議会の動向から目を離せない週になりそうだ。

 翻って国政に目を転じれば、首都圏1都3県の知事による官邸への「緊急事態宣言の要請」という報道が大々的に流れた以外、正月と言うこともあって大きなトピックはない。例年であれば首相の伊勢神宮参拝と年頭会見がある時期だが、菅総理は参拝を取り止めた。こういう時節こそ参拝していただきたいと個人的には思うが、参拝したらしたで、野党やメディアが批判のネタにすることが分かっており、致し方ないのかもしれない。

 こういう、ネタが乏しいタイミングだが、今年は選挙イヤーであるということもあり、日本テレビが立憲民主党の選挙に臨む体制等について報じている。題して「政権交代への道筋は…立憲民主党の苦悩」。記事は、選挙戦略のカギとして、「選挙区調整」、「看板政策」のふたつと、「枝野代表が語る「政権交代」への道筋」の3部構成になっている。

立民党のク〇幹部


 選挙区調整は、野党共闘による候補者一本化への調整というテクニカルな課題だ。民民党からのネズミ組と社民の出がらしのような議員を糾合し、共産党とも共闘を掲げる立民だが、「野党の票が分散せずに集まれば、逆転できる選挙区は多くでてくる」と話す幹部もいるそうで、野合になんら躊躇がない人たちは気楽なものだ。

 二つ目の看板政策だが、これが問題の核心部分だろう。ある中堅議員は、「基本政策さえまとめられないと魅力的な選挙公約など到底作れない」とぼやいているそうで、冷静に自分らの立ち位置を理解できる議員もいるようだ。彼らの古巣である民主党が2009年に政権交代を為したときは、「子ども手当」「高速道路無料化」などをマニフェストに網羅し、華々しくプロパガンダを散布しまくったが、マニフェストが詐欺パンフレットだと言うことがバレて、以後、同じ手法が使えない。

 最後の「政権交代への道筋」だが、道筋そのものがありえないのである。記事中でも指摘される通り、NNNと読売新聞が12月26、27日に実施した世論調査では、立民の支持率はたった3%で、自民党の38%に遠く及ばない。支持率3%の政党が38%の政党を押しのけて政権に就くとすれば「革命」しかないが、日本で革命が起きる確率はゼロ%だ。

 結局のところ、

「選挙区調整」 支持母体は増えるが、共産党と組むことで逃げる票もある。
「看板政策」 結党以来、何もなかったし、今もない
「政権交代への展望」 支持率3%程度の政党が「敵失」だけで政権を獲るなど、夢のまた夢


 ということになる。3本の軸がすべてダメなのだ。つまり、彼らは政権交代を思い描くことはできても、実効性のあるシナリオは描けない。次期衆院選は現有議席を如何に確保するかの勝負になる。米国大統領選は、イカサマというパラメータがあったにせよ、拮抗したから興味を引くし、いまだに揉めているのだ。野党議員が週刊誌の記者のような質問を繰り返す国会はもう御免こうむりたいが、支持率3%では他に有効な手段を思いつかないのだろう。

 現段階で政権交代はあり得ない。今年の選挙が終われば、野党はまた離合集散を始めるかもしれない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2021/01/04 07:08 ] 政治 | TB(0) | CM(12)
3%もあれば十分なのだ
見たい白昼夢を見、見たくない現実は「無い」のですから、何ら不都合はないのです。

作戦は安倍元総理を貶めるだけで、「万全」なのだ。これで政権は渡して貰える! 筈!!! なのだ。
[ 2021/01/04 07:33 ] [ 編集 ]
対岸の火事ではない
中共と一体になった左派勢力、マスメディア、グローバリストが反トランプ勢力となり、大統領選挙ジャックによって米国で社会主義革命を起こしている最中に、同盟国である我が国の政界の生温さは何とも対称的。

野党のすることもさることながら、自民党の場合でも高齢である二階さんが急遽倒れたりでもしたら自民党総裁の行方はどうなるのでしょうか?

コロナ対策も大変だとは思いますが、自民党有志の方には心づもりをしておいてもらいたい。 

ウイルスだけではなく、日本にも米国以上に中共の魔の手が伸びてきてます。

親中の財界にビシッと物言える人がもっと増えてほしい。無理な注文かもしれませんが、対岸の火事ではありません。
[ 2021/01/04 08:50 ] [ 編集 ]
今年も宜敷くお願いします。
【令和2年 年末特別対談】ディープステートからの独立戦争が始まった!
謀略の2020年を林千勝氏と共に振り返る[桜R2/12/30]
https://www.youtube.com/watch?v=0fEME_axz7c

共産主義だろうが自由主義であろうが裏でいわゆるディープステート言われるロックフェラー、ロスチャイルド家によって世界が牛耳られ操られてきた・・・という。
1949年生、20代からの疑問が解けた古希72歳、頑張るぞ〜^^

[ 2021/01/04 09:04 ] [ 編集 ]
逆転の発想で打ち勝ちたい
あけましておめでとうございます。
新年のご挨拶、遅くなりました。

時折の投稿となり、申し訳ないことですが、
管理人様はじめ皆様、今年もよろしくお願いします。

*とらこ様が書かれます「・・・なのだ」は、
全く以てその通りと意を強くします。  

ただ、失礼ながら、どうもバカボンのパパの科白
「これでいいのだ」を思い出してしまうのです。
(お馬鹿な私でスミマセン)

漫画の場合のように「これでいいのだ」と
肯定的に思うことで、今日の世情に落ち込む自分に
言い聞かせ、落ち着くことになっています。

一方、国の大事に在っても、野党のこうした国会議員にとっては、
政権批判、安倍批判が、まさに政治屋稼業の眼目そのものであり、
国家国民の為に今、何を為すべきかが眼中になく、
何事も反対反対で、国を富ませ、国の守りを強固にすることを
阻むことで自らの存在を示すという工作員紛いの愚劣極まりない
大罪を犯しています。
敵国を有利に向かわせ、国家国民を奈落の底に引きずり込む
疫病神の「これでいいのだ」ですから、早々に失脚願いたいものです。
鬼は外で、いっそう議席が減ることを念願します。


*男塊世代様がリンクを張られてご紹介の件です。
大晦日の私のコメントは、まさにチャンネル桜のこの番組で
林千勝氏が話されたことを申したかったものですから、
今回、男塊の世代様が、ご覧になって、リンクを張って
ご紹介くださったことは、有難いことでした。
多く、広まることを念願しています。

また、ご自身の政治意識の変遷の具体的な叙述は、
時代背景を浮き上がらせて、興味深く読ませていただいております。
往時、与えられる情報が守旧メディアからのみの発信であったことで、
精確に時代を読める少数者は居たでしょうが、多くは世の大勢に引きずられて、今日の日本を作り出してしまったことは、無念の限りです。

近代以降を顧みても、幕末明治維新、日清日露、大東亜戦争と
先人が命を賭して、日本を守り育てて来たものが、易々と奪い取られ、
溶解していくようで、いたたまれません。
戦後以来、時代の大きなうねりの中で
日本が失ってきたものの大きさに深いため息が出ます。

但し、元旦の櫻井よしこ氏の櫻チャンネルで
ゲストの藤原正彦氏と山本尚氏が、このコロナ禍に於ける不運を
逆転の発想とも言える、日本人の叡智を語られていました。

例として、2020年のノーベル化学賞の候補であった山本尚氏の
この時だからこそ、じっくりものを考える時間ができ、本が書けたと。
因みに「日本人は論理的でなくていい」がその著作です。

[ 2021/01/04 12:24 ] [ 編集 ]
ポンペイオ&ハスペル&トランプ大統領の3ショット見ました。
 米大統領の選挙結果が揺れ動いていましたが1/6米合同議会で開票の予定です。
上院議員と下院議員からの反対意見があれば審議されることになります。
今回の騒動で決定的な事実の一つが出てきました。
 フランクフルトの米大使館での銃撃戦で不正投票集計器ドミニオンを米軍が押収した際、その現場にいて、すでにキューバのガンタナモ収容所に投獄されているのだろうと言われてきたジーナ・ハスペルCIA長官がポンペイオ長官とトランプ大統領に囲まれて3人で撮った写真が1/2ポンペイオさんのツイッターで紹介されました。
 国家転覆罪で死刑になるはずの彼女が3ショット写真と言うことはすでに泥を吐いて司法取引が済んでいるということではないかと思います。 
 バイデン側の人間は生きた心地がしていないと思われます。5日には大勢が白旗でしょうか?
 ジョージア州の倉庫から大量のニセ投票用紙が発見されましたが今回の選挙では約2500万票の不正投票が行われています。
 最高裁でトランプ大統領の任命した判事までがDS(ヂープ・ステート)側に寝返ったのかと
訴訟を却下された際には、日本とは違う国柄にショックを受けましたが、まだ米国にも神様がおられるようです。
150万人ワシントンDCに集まるようトランプさんは要請しています。1/6が楽しみになってきました。
 https://gekiokoobachan.jp/blog-entry-1290.html

[ 2021/01/04 13:53 ] [ 編集 ]
政界漂流の行きつく果て
あら~
どこかで見た顔だけど、この人誰だっけ?
ああ、そうそう江田憲司さんだ。
たしか橋本首相の秘書官を務めたエリート官僚出身。
自民党からスタートして
みんなの党→結いの党→維新→民進党→無所属の会→そして今は立民か・・・。
流れ流れて行き着く先は一体どこでしょう?

小選挙区で議席を維持するのがやっとって感じ。
何とか選挙で落ちないことだけがこの人の政治目的なのかなあ?
元々エリート官僚で自民党政権の首相秘書官までやったぐらいだから、
信条的には保守なんでしょうけどね。
今や共産党と手を結ぼうとさえしている左巻きの殿堂と化した立民で、
その口から一体どんな言葉が出てくるのやら・・。

政党なんて当選するための道具でしかない。
立民ってこういう蝙蝠みたいな節操のない議員が多いよね。
政権なんて獲れるわけないわ。


[ 2021/01/04 17:07 ] [ 編集 ]
民主党政権で唯一良かったのは、高速料金無料化の試み。

結局、国土交通省とNEXCOに潰され、日本人は世界でもボッタクリ級の高速料金を払っている。

変な国だ、、
[ 2021/01/04 18:25 ] [ 編集 ]
初めから折れてる、立民版「三本の矢」
今晩は。明らかに政権担当力のない立憲民主党の実情は、貴指摘通りと心得ます。

➀「選挙区調整」支持母体は増えるが、共産党と組むことで逃げる票もある。
➁「看板政策」結党以来何もなかったし、今もない。
➂「政権交代への展望」支持率 3%程度の政党が「敵失」だけで政権を獲るなど、夢のまた夢。

その事共から「実効性のある 政権のシナリオ」が描けないのもむべなるかという所でしょう。

安倍前政権の「三本の矢」の実効を揶揄した立憲民主党ですが、自勢力のそれは、
初めから折れていて使えなかったという事でしょう。ホント「笑わせるな!」レベルですね。
[ 2021/01/04 22:18 ] [ 編集 ]
なつこ様
良いのです、大正解です。バカボンのパパでw
まともにアヤツラを考えるとこちらの気が狂いますから。

ただ、この武漢ウィルスで気になるのは、<国民が貧しくなると共産党が伸びる>公式構図です。
革命が成功した諸国の当時の事情がその様ですから。

日本にある格差は世界の中では「格差」とは思われない程度のもので革命にはならないとしても、そういう「人の苦境」に付け込みが上手な組織を持つ共産勢力には、要注意ではないか、と思います。

なので、人との接触機会が多いであろうGOTO策ではない、経済活性対策が必要な気が致します。
補助金や補償金はいずれ諸税となって倍返しになる可能性も想像できますから、何か賢い方策が見つからないモノか、と敢無く思うばかりです。
[ 2021/01/05 01:14 ] [ 編集 ]
国を護りたい
とらこ様

バカボンのパパのこと、至らぬことを書いたかと
少々、気懸りでしたが、ご了解いただき、安堵しました。

また、いつもながら管理人様の記事に沿ったコメントを
言語化されることに感心し、首肯することが多いものです。

それにしても、危惧されるとおりの不安を感じています。
グローバル化の中に潜む共産主義の世界的な蔓延が、
貧困や混乱を餌にして増殖することの恐怖です。

日本の中にひたひたと浸透する分断工作の恐ろしさは、
「サイレントインベージョン」に著されたオーストラリアの
例を見るように。
また、ディープステートと呼ばれる金融資本家の巨大勢力や
チャイナの工作が入ったメディアや政財界への広がりを
今回の大統領選で見せつけられています。

一方、スパイ防止法も作らせない政治勢力が幅をきかす日本です。
未だにオールドメディアに洗脳された国民が多く居て、
浸透工作も容易な国家になってしまった日本のこれからはと
考えるほどに、心が重くなるばかりです。

チベット、ウイグル、内モンゴルなどの民族の文化や歴史を奪い、
国家を無きものにする獰猛な国が、日本を蹂躙しようと日々、
暗躍しているのに政治家や官僚、財界やオールドメディア、
更には、学界の能天気さがあります。

歴史的にも諜報戦、情報戦に長けた国を相手にして、目先の経済だけを
上手くやろうなんて、身ぐるみ剥がれるのが必定。
国家、国民を粗末にする、特権階級と自認する人々の危機感の無さが
亡国を呼び込む最大の要因かと思われます。

せめて、市井にある日本人が先人の知恵に学び、
国を護りたいとするDNAが発揮される年でありたいと思うのです。
[ 2021/01/05 08:53 ] [ 編集 ]
>日本人は世界でもボッタクリ級の高速料金を払っている。

ボッタクられるのがそんなに嫌なら、
高速を使わずひたすら下道を行けばいいだけじゃんw
[ 2021/01/05 10:36 ] [ 編集 ]
なつこ様
逐一心底からそう思います。

櫻井よしこ氏が随分前から、中禍のあれこれに日本人の覚醒喚起を正に「声をからして」提言されてきた事が、一昨年あたりから全て日本国の目の前に出現している事に、多少は日本人も気づき始めているのでは?と薄い期待は持っているのですが、当方何事にも気楽でいたいもので現実を直視していないかも知れません。

それでも感じる化け物中禍の恐ろしさに、ただ手をこまねいては居られん、と香港の実態に注目しております。
同胞への当局の冷酷無惨さは彼の民族の本質なのだろうと思いますので、他民族など虫けら同然の感覚ではないか、と感じます。

戦後の日本に吉田茂氏が居られたように、中共が世界に禍を振り撒いた時に安倍晋三氏が日本のリーダーだったことは、やっぱり日本は神様の国!大丈夫!!!と、もう神頼み心境でした。
これからも日本人が日本人で居る限りは守られる筈、と根拠全くなく信じるワタクシです。

米国もあんなに蝕まれていた事に驚きましたが、考えてみれば戦前からの米国政財界に入り込んでいたソ連の画策と同じですから、米国が民主主義の宗家の様に振舞いこちらもそう思って頼り切って居た事の安穏さを警告されているのかもしれません。

産経記者各自の年賀表明で知ったことですが、北欧のシンクタンクに依れば、現在は非民主主義国の数が民主主義国の数を上回ったそうで、小国の経済事情に付け込んだ中共の国買い取り策の進展にも驚きます。
加盟国それぞれに国連機構の中における一票ですから、こうなると別組織の立ち上げが真面目に検討されるべき時ではないかと考えます。

今は、日本国が国際的立場の国として、真の独立国をして、真っ当にやっていけるのか、試されているのではないかな、とも思います。
一個人が何ができるのか、ごまめの歯ぎしりで終わるとしても、踏みつけられて死ぬのは嫌じゃ!

で、今年も何卒よろしくお願い申し上げます。
感染数の多い土地の御在住ですので、気を付けようのないことですが、御心は芳一以上にお耳にも御札貼り武装でお過ごしくださいませ。
東京のバロン閣下、名古屋の軍曹殿、以下同文w。





[ 2021/01/05 18:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ