FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  左翼団体・反社会団体 >  20年前の「女性国際戦犯法廷」に価値を見出そうとする"極左イベント"が開かれる

20年前の「女性国際戦犯法廷」に価値を見出そうとする"極左イベント"が開かれる

← 応援クリック、ありがとうございます。

 内閣官房参与でもある数量政策学者の高橋洋一氏が、NHK改革に関するコラムを現代ビジネスに上梓したら、あらゆるところから批判が上がっているようだ。コラムは「受信料義務化、建て替え計画…迷走するNHK改革は「Eテレ売却」が特効薬だ」というものだが、乙武洋匡など、「#Eテレを守ろう」というハッシュタグを付けて「そこまで高い視聴率は望めないけど、多くの人に知ってもらう必要がある内容を伝えていく番組、民放だと実現が難しいんですよね」などと言っていたという。NHKが「多くの人に知ってもらおう必要がある内容」を番組作りに活かしているのだとしたら、20年前の「女性国際戦犯法廷」をどう説明するのだろうか。

 「女性国際戦犯法廷」は、主催者側の表現によれば、「第二次世界大戦中において旧日本軍が組織的に行った強かん、性奴隷制、人身売買、拷問、その他性暴力等の戦争犯罪を、裕仁(昭和天皇)を初めとする9名の者を被告人として市民の手で裁く民衆法廷」と銘打たれたものだ。20年前の今月12日、このインチキ法廷の「裁判官」と称する者らは、「天皇裕仁及び日本国を、強姦及び性奴隷制度について、人道に対する罪で有罪」とした。検事のなかには北朝鮮の工作員がいたほどで、極左が仕組んだプロパガンダ番組として、その後も語り継がれている。

 そして今月の12日、そのインチキ法廷から20年が経過することを記念するのかしないのかは知らないが、明治学院大学で「女性国際戦犯法廷の判決/証言を未来にどう活かすか ~いまこそ性暴力不処罰と植民地主義を断ち切るために~」というイベントが開催される。主催は「女性国際戦犯法廷20周年実行委員会」という、極左が日常的に組織するなんちゃって委員会で、明治学院大学国際平和研究所なる組織が後援している。イベントでは、20年前のこのインチキ法廷に首席検事として参加したウスティニア・ドルゴポル、同じく参加者であった阿部浩己、南鮮の悪名高き正義連で理事長を務める李娜榮(イ・ナヨン)らが講演し、最終的には何らかの宣言でも採択するつもりなのだろう。

女性国際戦犯法廷の判決/証言を未来にどう活かすか


 明学の国際平和研究所はいわくつきの団体で、武者小路公秀、木下ちがや(元しばき隊)ら、かなり香ばしい面々が名を連ねる。昨年には「戦後東アジア秩序と戦争責任・植民地支配責任」、「科学者と軍事研究:科学者の社会的責任を問う」などという、対日ヘイトのイベントもやっているし、テーマ選定にもアチラ側の人々が好む「反核」「人権」が多い。人権のことを好んで取り上げるが、北朝鮮の拉致問題などは絶対に扱わないも、アチラ側特有の傾向だ。

 20年前の「女性国際戦犯法廷」をレビューして、反省すればよいのだが、彼らの中には反省など欠片もないだろう。なにせ、イベントのテーマが「天皇と日本国家を有罪」とした「判決」を「どう活かすか」なのだ。どうりでしんぶん赤旗が事前に取り上げたり、レイバーネットが宣伝したりするはずだ。

女性国際戦犯法廷


 あいちトリエンナーレと同じ議論を呼ぶと思う。当然ながら、あのイベントをごり押しした愛知県同様に、この反日イベントに名前を貸す明治学院大学とて批判の対象となるだろう。極左のプロパガンダ拡散に手を貸すような真似はしない方がいい。それこそ、大学の地位を失墜させるきっかけともなり得る。

 20年前のトンデモ裁判をやった連中は、いまだに活動を止めていない。止めていないどころか、あの20年前のインチキ裁判にすら「価値」を見出そうとしているのだ。彼ら捏造派と良識派の歴史における戦いは終わらない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

明治学院大学もグルだと思います
散々見苦しくイキり倒して就活爆死した志位るずという極左純粋培養された脳みそ空っぽ軍団がいましたが、代表のオークダーキを筆頭に割と多くのメンバーが明治学院大出身でした
連中に恥や論理的整合性など、己の悪行に都合の悪い概念や理屈は通用しないので、物理的あるいは強制的な手段しかないと思います
外患〇〇罪のような量刑相場安めの関連剤上で社会各所の癌細胞を一斉検挙、悪名高い層は生死問わず捕縛くらいの国内一斉パージが必要でしょうね
[ 2020/12/07 20:04 ] [ 編集 ]
極左=悪、悪魔
極左は悪、悪魔以外の何物でもない。
極左は死なない限り更正することもなければ、無くなることもない。

正義と悪の判別は簡単な様で難しいとよく言うが、共産党や極左は明確に悪だ。
嘘と偽善で取り繕うしか体裁が保てないのだから一目瞭然。

この悪魔を退治するのは難しい様で簡単。国民、有権者が平和ボケから目を覚まして、自分の身の回りで起きている不条理や理不尽な出来事の原因を考えてみるとよい。

義務と責任を棚に上げ、自らの権利ばかりを主張して止まないエゴイストが国を壊している事に気がつけば、すぐにも変わるはずだ。

ただ、共産党の恐ろしさを知らないし、知ろうとしない無関心な日本人には、極左の言動を知ることさえも難しいのかも知れない。


[ 2020/12/07 23:59 ] [ 編集 ]
「あいとり」と同じ流れかな・・
今晩は。拙偏見かもですが「女性」「人権」とか「死刑廃止」とかの題目となる
と、どうも毎回左派容共勢力が絡んで来る様な気がしてならない所です。

先日は、戦後の冤罪で苦労されたとの 免田 栄さんの訃報が伝えられ、その事
には一言の弔意を表す者ですが、生前同氏が大いにされたと言われる 死刑廃止
の主張は、どうもこうした左派容共勢力に吹き込まれたのではと、拙者などは思います。

今回貴記事の「女性国際戦犯法廷」関連会合も、根は同じ様な感じがする所。
結局は、左翼情宣に利用された「あいち・トリエンナーレ」関連展示と似た様
な道を辿るとしたら遺憾ですね。締めくくりのお約束「何らかの宣言採択」も
、ろくでもないものになるだろう事が、事前に伝わってくる所です。
[ 2020/12/08 00:18 ] [ 編集 ]
もはやカルト
宗教は本来健康なものですが、カルトは「盲目的」に「そうである」と信じて疑わなくなりますから、それが「事実」かどうかはどうでも良くなるんですよね。

このようなイベントを主催するのは勝手ですが、頭がおかしくとも、自分たちだけで満足しているだけならば構いませんが、周りの人間が「認めなければいけない」などと、押し付けてくるのだけはやめてもらいたいですね。

彼らは、客観視することができないので、「やっていいこと」と「悪いこと」の区別が付かなくなっている事がとても恐ろしいと思いますね。

カルトに対しては「強制排除」しかないですね。説得を試みたところで、道理を理解できないので無駄なだけですから。

正直、NHKが「知ってもらいたい番組」なるものも、社会、教育的に見た場合、「本当に必要なものかどうか」と言われれば、かなり怪しいものが多い(というか、レベルが低すぎる、大卒ならば知っているような話ばかり)ので、高橋氏の発言の通り「売却」した方がいいように思えますね。

[ 2020/12/08 23:26 ] [ 編集 ]
もう昨日になりましたが、十二月八日でした。


Eテレには、タマに民放では作らないちょっと質が良いかな番組もあることはある、と思います。
テレビに想うのは、NHKに限らずマシで真っ当な報道やドラマ制作が出来ないなら電波停止で良い、と常々感じているところです。
衛星放送の番組表を見ると、韓国ドラマと通販宣伝の為に開設したのか?と思いますし、そういうの、必要としません。

20年目の同窓会?
日本を自国とする人なら、20年も経てば河野官房長官の「談話」が南鮮慰安婦を表に出した日本謗りをする南鮮側の意向のままだったこと、産経新聞の検証により呆れるほどに幾つもの矛盾が露わになったこと、最近では南鮮慰安婦たちに依る挺体協代表の金銭的悪事がバレた、などなどの内容を知って、決して「女性国際戦犯法廷ごっこ」メンバーが表に出られるものではないと思いますけど、出てきちゃうんですね。厚顔ナントやら。

こういうタイプには、<戦時中は強姦があって性奴隷なるものがいて性暴力や拷問>がなくてはつまらない、のかもしれませんね。ひょっとしたら思考的嗜虐性をお持ちなのでしょうか。
時代背景無視で歴史を論じる愚かな行為を20年経ってもしていることに、進化と素直さの無を感じます。

嘘の「証言」を以て「未来に活かす」ことを論じるのが、何か意味があるのでしょうかね?
[ 2020/12/09 00:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ