FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  周庭氏ら収監 ~ 日本は自由と民主主義の弾圧者に断固抗議せよ

周庭氏ら収監 ~ 日本は自由と民主主義の弾圧者に断固抗議せよ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 昨年6月の香港民主化デモを巡り、デモ扇動罪などに問われた民主活動家が民主活動家3人に対する裁判が現地で開かれ、日本でもよく知られる周庭(アグネス・チョウ)氏に禁錮10月、黄之鋒(ジョシュア・ウォン)氏に禁錮13月半、林朗彦(アイバン・ラム)氏に禁錮7月の判決が下された。3名には執行猶予もつかず、収監された。あまりに重い量刑だ。今日12月3日は、周庭氏の24回目の誕生日である。

 ノーベル平和賞を受賞した、支那民主運動化の劉暁波氏の例でもわかる通り、中共はこういった影響力がある人物らの影響力を停止するために、市井から排除する。劉暁波氏は4度も投獄され、獄中で命を落とした。香港民主活動家もその例にたがわず、彼らの言論は抹殺され、香港の同胞も国際社会も、彼らの顔を見ることも、声を聞くこともできない。これが中共のやり方なのだ。

 中共は、自分たちにとって都合の悪い要素は徹底的に葬る。武漢ウイルスをはじめて告発した李文亮医師は、ネットでデマを拡散させたと当局に呼び出され、懲戒書への署名を求めらた上、訓戒処分を下されている。李文亮医師はその後、自らも武漢ウイルスに感染し、命を落としたが、ウイルス感染という死因すら疑わしい。死人に口なしとはよく言ったもので、発言権を失った者はいないも同然なのだ。共産党の保身のためなら、人命など犠牲になっても構わないという、恐ろしい思想だ。

周庭氏


 デモ扇動罪という罪状も無理筋に近い。そもそも昨年のデモはリーダーがいない抗議活動というのが実態だった。ジャーナリストの福島香織氏は、「異常な裁判、異常な判決。扇動の事実はない。21日の集会は参加者たちに聞けばわかる。勇武派の参加者たちは、むしろ周庭さんたちは弱腰だと批判していたくらいなのだ」とツイートしている。だが、中共の手にかかれば、事実や反共分子の存在が捏造によってなきものにされるのである。世界各国から批判が噴出すれば「内政干渉」と居直る。もはや、中共に正義を説いても何の意味もないのである。

 中共がそのダシに使ったのは米国だ。デモにリーダーがいないことを知っている当局は、黄之鋒氏や周庭氏が米国と繋がり、背後にいる米国が中共を倒そうと画策している、とプロパガンダを打った。内政で窮地に立たされているときに外部に敵を作って自分たちに向くはずの矛先を逸らすという、手垢の付いた手法だが、プロパガンダ以外の見方をネット上から排除してしまえば、人民を洗脳できると考えているのだ。

 日本はアジアの民主主義をリードする国家だ。まして、人権に国境はない。官邸も国会も、メディアも、そして普段は日本政府の批判ばかりしている自称リベラルも、声を大にし、徹底的に中共を批判すべき時である。豪州ではモリソン首相が日本との協調とともに、中共批判を鮮明に打ち出している。台湾の蔡英文総統は、香港民主活動家の投獄を受け、「彼ら勇敢な若者は、私たちが戦うことを決してやめない自由と民主主義という価値観の象徴だ」とツイートし、周庭氏らを激励した。そういう友好国を孤立させないためにも、日本は言葉と行動で、自由と民主主義を弾圧する独裁者にNOの声を上げるべきだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/12/03 07:09 ] 外交 | TB(0) | CM(7)
焦り?
香港の取り込みに加えて、未確定だが米大統領選にも絡んでるとの噂。
より激しくなった尖閣周辺の行状。チベットに加えてウイグルも弾圧。腐敗一掃の裏で進めた粛清。
北京在住の友人曰く、権力闘争とのこと。
理解はすれども、この性急さが分からない。

邪推だが、習氏が既に「皇帝」のつもりなら、ある意味納得も出来るか。
一種の万能感に酔っているかもしれない。
ただ、色々策を弄する事は、小人の証でもある。周囲すら信用していないのかも。まあ、大陸の歴史を顧みれば、むべなるか。

現状は厳しいが、香港が元の輝きを取り戻すことを願うのみ。
[ 2020/12/03 09:04 ] [ 編集 ]
「アベガー!」さんたちも頑張って抗議してよ。
日本のTVでは朝から晩までコロナコロナではしゃぎまくっている。
こんな酷い事件をなぜスルーなのか不思議でならない。
世界中民族党派を超えて中共の人権弾圧を非難すべきです。
中国大使館前で断固抗議デモやるべきだ!
[ 2020/12/03 11:15 ] [ 編集 ]
共産党の志位さんが声明を出しただけで、
日本政府は何も言わない!
先日も尖閣発言の強くは言えず、香港の判決にもほっかむりか?
[ 2020/12/03 13:30 ] [ 編集 ]
力を持たない国は何を言っても・・・
あの国には歯牙にもかけないと思いますよ。
まずは日本側が力を持つことが先です。
 唯一の強みであった経済力も財務省や緊縮脳の政治家や経済学者のおかげで今や中国にすら抜かれている現状では尚更です。
 まずは経済力を回復して中国を貧困化に向かわせること。
[ 2020/12/03 17:38 ] [ 編集 ]
○孔子さんの言葉に、
《苛政猛於虎也(苛政は虎よりも猛なり)》(礼記)
とあります。

○Covid-19の感染症が拡大している今は、
「苛政恶於病也」(苛政は病よりも悪なり)
…あたりでしょうか。
名君ならば、今は寛容な政治こそ、行うべきではないだろうか。
[ 2020/12/03 18:42 ] [ 編集 ]
又も 学ぶべきは台湾・・か
今晩は。周庭さん初め 香港の若手民主活動家各位への量刑は予想を超えて重
く、国際社会は衝撃を持って受け止めている様です。

我国と違って 野党的勢力を徹底して抑え込む中国大陸・中共政府の危険性は
貴記事通りと拙者も思います。体制防御というより、明らかに中国共産党の組
織防衛という面が強いと 拙者は見ています。香港の民主勢力は、不都合にし
て脅威でもあるという事でしょう。

それにしても、我国のこうした大問題への反応・リアクションは鈍いですね。
加藤官房長官より 此度の判決に関する懸念が表明はされましたが、蔡・台湾
総統が発せられた様な 収監された香港若手活動家各位への明らかな応援では
なく、歯がゆさを感じる弱いものです。こうした所も、我々が学ぶべきは台湾
という事でしょうか。恐れながら今回貴記事も拙リンク致したく、お届出の次
第であります。
[ 2020/12/03 23:38 ] [ 編集 ]
この若い三名の他にリンゴ新聞の黎氏も逮捕のニュースです。
身を拘束されてしまうと兎角、社会・共産主義国では何をされても外には伝わらないのが恐ろしい。

中共は以前からの周辺地域の弾圧の他に、こうした人権問題を起こし、更には武漢ウィルスはイタリア発だのEUが冷凍食品に含ませて世界にばら撒いただのと、国際社会から孤立必定もお構いなしの政治姿勢を強めているのが、国内人民向けだと言われることは多いですが、あの国の人民は決して政府を信じていない、とも言われます。

政府だけじゃなく、他人を信じない。権威を信じない。のだそうで信じるのは自分だけ、頼りになるのはお金だけ。
ドコゾの貧困女性調査次官の様に、世渡りには「面従腹背」が当然の世界だと。
であれば、多分集金サンもそうして中共党内を生きてきたのでしょうから、今彼がしている醜行は皆無駄になっているじゃないかな?止めましょうよ、と誰か側近さんが囁き続けてくれないものか。

香港での雨傘運動以来の民主派の行動は、世界の誰からも批判を受けない精いっぱいの穏やかなもの。だからこそ、狙われている気も致します。
警官に向かってゲバる「勇武派」を弾圧するのは、中には当然視する人もいるでしょうから、世間に与えるショックは少ない。その点、穏やかなデモであっても中共政府は断固認めない姿勢の方がこれからも香港人(そして大陸中国人)への厳しい意思を示すのに「最適」なのかもしれません。
国家としては救いようのない冷酷さです。

ソレを間近の国であり自国領・尖閣諸島を脅かされ続けている日本政府が、「注視しています」「懸念を伝えます」だけなのは如何にも能の無い情けないことではないのか?
少しは日本国と日本人の為に、勇気を出して誇りを感じさせてくれ!
[ 2020/12/04 01:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ