FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  日本を挑発した王毅の発言と、官邸・外相の発信力

日本を挑発した王毅の発言と、官邸・外相の発信力

← 応援クリック、ありがとうございます。

 日本の言論NPOと中国国際出版集団が実施した世論調査によると、支那に「良くない」という印象を持っている日本人は、昨年から5ポイント増の89.7%と9割近くになっているという。逆に、「良い」印象を持っている人は5ポイント減の僅か10%だ。逆に、アチラで日本の印象を「良い」とする人は45.2%だそうで、その理由で最も多いのが「礼儀があり、マナーを重んじ、民度が高い」で、56.8%と他を凌駕している。一方で、日本のに悪い印象を持つ支那人は52.9%で、その理由は「侵略した歴史をきちんと謝罪し反省していない」が最も多く、これに「魚釣島国有化」が続く構図だ。

 支那の世論は中共の国策(党策)で動くものだから、調査結果が極めて重要な意味を持つということはない。一般の世論調査と同じで、参考資料的なものだ。「侵略した歴史の謝罪と反省」は嘘を含んだ愛国教育という国策の産物であるだろうし、「魚釣島(尖閣諸島)国有化」も中共によるプロパガンダの刷り込みが生んだものだと思われる。

 しかし、その「魚釣島国有化」という支那側の反発は、日本人の国民感情の中心にも存在する。支那に悪い印象を持つ日本人が挙げる理由で、最も多かったのが「尖閣諸島周辺の侵犯」(57.4%)で、「中共が南シナ海などでとっている行動」(47.3%)、「共産党の一党支配という政治体制に違和感」(47%)よりも多い。日本との外交を担当する中共当局者は、こういう数字を把握しているはずだ。だが、王毅(外相)はそれを知ってか知らずか、日本国民を挑発した。茂木外相との共同記者会見で、王毅の口から出た言葉だ。

「ここで1つの事実を紹介したい。この間、一部の真相が分かっていない日本の漁船が絶えなく釣魚島(=尖閣諸島の中国名)の周辺水域に入っている事態が発生している。中国側としてはやむを得ず非常的な反応をしなければならない。われわれの立場は明確で、引き続き自国の主権を守っていく。敏感な水域における事態を複雑化させる行動を避けるべきだ」

王毅


 王毅はわざわざ、日本人が中共に対して反感を持つ最も大きな部分をあえて俎上に載せ、挑発的な態度を取ったのだ。

 これは明らかに失敗だろう。米中対立の中で、中共は日本との関係改善を望んでいる。金で"躾けた"国々を味方につけてはいるものの、民主主義国家の援護は手薄だ。米国と同盟関係にある日本が中共陣営に加わることはあり得ないが、少なくとも米国と同じ温度で中共に対峙する関係は避けたいはずだ。だが、王毅はあえて日本をの最もセンシティブな部分を問題化するよう持ち出し、反発を煽った。中共の外交はもっとしたたかなものだと思っていたが、極めて直接的かつ短絡的で、計算が働いていないようにも思える。

 茂木外相は大きの話を、苦笑いを浮かべて聞いていたように見える。恐らく、王毅の話は打ち合わせではなかったのだろう。だが、こういう場合は瞬発力を利かせ、中共の一方的な主張に反論してもらいたい。国際社会は武力と声がデカいほうが有利だ。王毅は恐らく、自国の主張が日本のみならず、他国へ配信されることも考慮に入れている。

 日本は、王毅を招き入れる前に、日米豪印4カ国(クアッド)の外相会合を初めて東京で開き、豪州のモリソン首相の訪日も受け入れた。中共が優先されない国であるという意思表示だ。だが、そういう処遇は間接的なメッセージとはなるものの、メディアに取り上げられる派手さに欠ける。首相官邸と外相・外務省には、国際社会に向けた発信力が求められる。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/11/26 07:10 ] 外交 | TB(0) | CM(8)
中共政府の人間が強欲曲解中共らしくない発言をされる方が、私は要注意警報だと思うことにしておりますw。
勿論、王毅の魚釣島に関する暴言は、気分の良いものではありませんが、彼らしい。
それをこの際日本で披露したことも、歓迎です。嘘偽りのない中共証明ですから。

その発言時に傍でニヤニヤ笑いの茂木外相には蹴りを入れてやりたい。
少しは諸外国の外相の様な気の利いた皮肉を言えないのか?何のために海外留学していたんだか。

今ネットに出ている茂木氏のHPのまとめを観ますと、日本を多様化のために多民族国家にしたい、永住外国人に地方参政権を与える、などなどの如何にも竹下派議員らしい文言がならんでおりますので、それが彼の本性なんだろうな、と改めて思います。
本音では石破とさして変わりがないのではなかろうか。


安倍内閣閣僚時はソレを表に出さなかっただけなのか、と。
[ 2020/11/26 11:28 ] [ 編集 ]
○中国との争点がはっきりしているのだから、国際司法裁判所へ提訴すればよいかと。
[ 2020/11/26 11:37 ] [ 編集 ]
国より自分大好き
茂木さん。顔だけは893風だが中身は小心でオラゲオラゲの栃木人
栃木の作新学院の経営者で国会議員の船田さんは左翼教科書を採用している。
栃木では故渡辺美智雄の息子の渡辺喜美さんもなぜか国会議員
既に過去の人になったマルチ商法の山岡さんも栃木。

共通項
自分と家族が何より大切
地位と権力の為には何でもあり
[ 2020/11/26 16:23 ] [ 編集 ]
昨日の王毅さんに対する菅総理と茂木外相の対応に
また「押せば引く日本」に逆戻りするのかとガッカリしていましたが…

志位さんの発言があまりにもまっとうなのでビックリしました@@

https://www.sankei.com/politics/news/201126/plt2011260026-n1.html?fbclid=IwAR00PlGrkPq0GYhO6NdrSj-rAEEnqNhpnI2NZ0z_2q5cYnZEuATeELGOBg4?fbclid=IwAR00PlGrkPq0GYhO6NdrSj-rAEEnqNhpnI2NZ0z_2q5cYnZEuATeELGOBg4

どうしちゃったのでしょうか??
[ 2020/11/26 20:39 ] [ 編集 ]
気概
頭がよろしいと誰もが言い、自覚もされ、
その分、部下たちには容赦ないお方ともれ聞きます茂木外相、
傲岸不遜な中国の野蛮政治家相手には、態度が豹変するようです。
尖閣は我が領土とばかりに日本の漁船を入れられては困るなどと
言わせてしまって、咄嗟の切り返しも出来ず、「謝謝」と言って終りとは、
日本国外務大臣も随分と舐められたものでございますね。

アメリカやヨーロッパからそっぽを向かれた中国にとって、
スパイ防止法も作れず、弱々しい憲法をもった日本こそ、攻めどころ。
鼻薬を嗅がせた親中、媚中のわんさかいる日本の政治家相手なら、
何を言っても構わないと手柄をあげに、日本にやって来たのでしょう。

日本国内の防衛の為の動きを悉く、潰してきたのも二階や公明党。
手なずけたこうした連中が、いつも我が方に有利に動いて、
尖閣もいよいよ、我が手中とばかりの王毅の発言には、
腹立ちが収まりませんでした。

昨日の青山繁晴氏のブログで、
「侵略的暴論を日本国内で公然とやったのは、王毅の失敗」と
書かれていて、少しは、気分を鎮めたものの、
今朝の虎ノ門ニュースの有本香氏の指摘には頷くばかりで、
茂木外相も菅総理も不甲斐なさも半端ないものです。

政治家と言わず、明治の開国以降から先の戦争までの
日本人と比して、日本を背負う者の恥ずかしい程の
小物ぶりを見せつけられます。
国民がそうであるから、仕方が無いのでしょうが。

しかし、国民を勇気づけるとは真逆の、およそ気概のない者が、
なぜ、政治家になろうとしたのか、
これからの国際社会の乱世に飛び込む志も勇気もない人間が、
何で政治のトップを目指そうとするのか
政治家の本義を忘れたかのようなふるまいは、不思議なものです。

昨日の憂国忌の祭主を務められた竹本忠雄氏の祭文は
憂国の士三島由紀夫を偲ぶのにふさわしく見事なものでした。
そこには、日本国を守ろうとした三島由紀夫の至純な魂や行動を
卓抜な文章で称揚されたものでした。

三島氏を想うにつけ、日本を束ねる人物に国家観や歴史観が希薄で、
国家国民を護ろうとする気力、胆力を見ることが出来ないのは、
不幸の限りだと思うばかりです。
[ 2020/11/26 20:59 ] [ 編集 ]
改善なき発信力
今晩は。茂木外相の対応不足は 既に複数の各位がコメントで載せられています
ので、拙者は少し別角度から述べさせて頂こうと思います。

まず、茂木外相以下 外務省の発信不足は貴記事からも明らかです。これは以前
から再三指弾されながら 一向に改善しませんね。中国大陸・王外相への忖度で
もあるなら正に不適切の極み。そういう風だから舐められるのではないでしょうか。

国内向けの根回しも不足しているのかも。二階自民幹事長以下、政・財・官界
にも媚中勢力は多くあるでしょうが、沖縄・尖閣の様な領土問題での対立を抱
える以上は、事前にそういう勢力も抑え切ってから会談に臨むのが筋だと拙者
などは思います。

そうした心がけがないか不足だったから、茂木外相の王・中国大陸外相への対応
は緩いものに映ったのだと思います。もう少し、感染症などリスクの高いこの
時に、先方が出張ってきた事の意味を踏み込んで理解把握を願いたかったとも
思いますね。
[ 2020/11/26 23:57 ] [ 編集 ]
「コロナ対応で中共と協力」???その「コロナ」なる武漢ウィルスの発生地は何処よ?
故意か不注意かは確かなことを知る立場にないが、少なくとも中共国内の武漢市が発生源と世界が認識するものを、それをシナ人が集団で住むイタリア北部の発症が昨年9月から、というニュースに飛びついてイタリア発生源にすり替えようとする狡猾な相手に、「対応を協力」という菅首相の問題意識がま~~~ったく理解できません。

日本にも感染者が増え重症者死者数も日々増加している中で、武漢ウィルスの撲滅対応に努める必要性を感じるならば、菅氏は王毅に「一切の詳細を世界に公表しろ」というのが筋ではないのか?

中共の「犯罪」すり替えに協力するかのような「協議」には、日本国民としてとても恥ずべき事だとしか思えません。
[ 2020/11/27 00:59 ] [ 編集 ]
これは明らかに失敗だろう
 日中両国の世論調査に対する管理人さんの分析は、私も同感いたします。しかし、おうき外相が失敗したかどうかはこれからの日本国民の動向によると思いますよ。

 おうき外相に失敗したと後悔させる為に、個人的行動ではなく日本国民全体としての明確な意思表示を示したいところです。

 そもそも、おうきの発言が日本人をバカにしている、というか日本人が中共に舐められ過ぎている事が全く情けない。
[ 2020/11/27 01:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ