FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  読売世論調査で憲法9条改正派が7割超え ~ 野党は国民の要請に応えよ

読売世論調査で憲法9条改正派が7割超え ~ 野党は国民の要請に応えよ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 読売新聞が早稲田大学と共同で世論調査を行い、その結果を発表した。興味深いのは、調査の方式が郵送だということだ。10月15日に、無作為に選んだ全国3000人に調査票を送付し、65%の1953人から有効回答を得た。大手メディアは、個別対面方式の時事通信を除き、ほとんどが電話によるRDD方式を採用しているが、そのRDD方式と比較すれば、郵送方式は回答者にも熟慮する時間が与えられる印象がある。

 菅内閣の支持率は66%で、依然高い水準をキープしている。もっとも、「菅内閣にどのくらい期待していますか」という問いに対しては、10点満点中、回答の平均が5.8と、支持率ほどは高くない。政党支持率で言えば、40%が自民党を支持する一方、天下の野党第一党である立憲民主党は6%と、相変わらずの低空飛行だ。象徴的な結果を列記してみよう。

 「あなたは、自民党に対抗できる野党が必要だと思いますか」という問いに対しては、82%もの人が「必要」と答えている。また、「与党と野党が入れ替わる政権交代が、ときどき起きた方がよいと思いますか」に対しても、67%が「起きた方がよい」としている。いずれも、政治に緊張感を求める声だ。しかし、そんな期待とは裏腹に、野党に対する視線は厳しい。

◆あなたは、近い将来、与党から野党への政権交代が起きると思いますか。
・思う18 ・思わない80 ・答えない2

◆旧立憲民主党と旧国民民主党などが合流し、9月に新しい立憲民主党が結成されました。この政党に、期待しますか。
・期待する             5
・どちらかといえば期待する     24
・どちらかといえば期待しない    34
・期待しない            35
・答えない             1


 政権交代が実現すると、ほとんど人が思っていない。また、「新しい立憲民主党」に対する期待感は、約7割が期待してない。支持率一桁の立憲・陳さんは、その状況を「我々は意外と冷静に見ている」としていた。この数字も冷静に見るだろう。観るだけだから(笑)。

 だが、枝野や陳さんをはじめとする立憲民主党の議員の連中は、この数字こそ冷静に見るべきではないか。

◆次に挙げる意見について、あなたが賛成だと思うか、反対だと思うかを、順にお答え下さい。※(A)賛成、(B)どちらかといえば賛成、(C)どちらかといえば反対、(D)反対、(E)答えない

◇「日本の防衛力をもっと強化すべきだ」
(A)20 (B)46 (C)26 (D)5 (E)3

◇「憲法9条について、戦争の放棄や戦力を持たないことなどを定めた今の条文は変えずに、自衛隊の存在を明記する条文を追加すべきだ」
(A)21 (B)52 (C)16 (D)7 (E)4


 日本の防衛力の強化に関しては、3分の2の人が賛成と答えている。安倍前総理が提唱した、憲法9条への「自衛隊の存在明記」については、73%が賛成を表明し、23%の反対派を凌駕している。この国民の声を「冷静」に受け止めるならば、彼らは憲法審査会のサボタージュなどできるはずがない。少なくとも議論は多数の国民の要請なのだ。

 この調査の回答者は、政治の動きに関する情報どのようなメディアを利用して得ているかという質問に対し、7割の人が新聞、NHK、民放テレビという守旧メディアをあげている。つまり、この人たちは、ネットで情報を収集するより、守旧メディアに重きを置いているということだ。割合は新聞が21、NHKが20、民放テレビが29だが、対するソーシャルメディアはたかが5で、Yahooニュースなどのネット系ニュースサイトは18だ。護憲や空想的平和論の色が濃い守旧メディアに情報を頼っていてさえ、憲法改正をすべきとし、防衛力の強化を求める意見が多い。

 そもそも、国会議員というのは立法府に属する故に、憲法を語ることは義務とさえいえる。その憲法を議論する憲法審査会をサボタージュするなど、国民に対する背信行為なのだ。

 中共は待ってくれない。今すぐ、議論を再開し、強固な日本を築く道を選択すべきだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/11/25 07:08 ] 政治 | TB(0) | CM(5)
無題
自衛「軍」の存在と、軍法会議の明記が必要。戦車は、赤信号でいちいち止まっておれない。
[ 2020/11/25 10:33 ] [ 編集 ]
早稲田大学と
読売新聞.....

こういうアンケはもっと一般的なものであるべきだと思うし
分析するにしても、調査数と有効数の比率が不明ではどういう意味合いの憲法改正かが懸念されるところです。
[ 2020/11/25 14:10 ] [ 編集 ]
One みずほ といい 立憲といい
「枝野や陳さんをはじめとする立憲民主党の議員の連中は、この数字こそ冷静に見るべきではないか」
ブログ主様が仰る通り、多くの国民が思うところですが、ちょっとアンケート内容を確認したいと思います。

「自民党に対抗できる野党が必要だと思うか」が82%、「政権交代がときどき起きた方が良いか」が67%であるのに対し、「近い将来、政権交代が起きると思うか」に80%が思わないと答えている。

この矛盾した国民の感情を逆手に取っているのが立憲民主党の連中だ。
「政権交代必要だけど、今はちょっとね〜」という漠然とした国民の心情を利用し、国会議員という職を得ているだけに過ぎない。

選挙では、政権交代の必要性を訴え勇ましく政権批判はするが、具体的な政権交代の絵は描いていない。
描く必要も無い、と高を括っているのだ。

こんな連中に税金で2200万程の年収を与え、コロナ禍で移動も少ないのに1200万の文書交通費、憲法審査会など全く無関心なのに立法事務費が780万も漏れなく付く。

自民党が全て良いとは思わないが、立憲民主党などに議席を与えている国民は、もう少し考えた方がが良い。
[ 2020/11/25 17:53 ] [ 編集 ]
冬の遠雷の音
今日は三島由紀夫氏が市ヶ谷台上で憲法改正を訴えて自決した時から、丁度五十年目の記念の日ですね。読売新聞と早稲田大学による憲法改正を巡っての世論調査は概ね順当な数値でしょうが、ここまで来るのに、半世紀の長日月が掛かったことの良し悪しがあります。戦後の平和主義のは欺瞞を最終的に終わらせてくれるのは、一に中共による実力行使を待つ他ないのでしょうか。

凡そ国家の名に値するものに、友邦などというものは存在しない、とドゴールは言っております。 容赦のない判断だけが人間を叩き直すことが出来るのですから。

[ 2020/11/25 20:20 ] [ 編集 ]
あれから50年
今日は三島由紀夫氏が市ヶ谷台上で憲法改正を訴えて自決した

三島由紀夫といえば小生、21歳。新宿歌舞伎町で働いていた
時、晩秋の11月、事務所のラジオから市ヶ谷の自衛隊駐屯地
を占拠して何やら叫んでいるというものだった・・・事務員の
おばさん達は「怖いですね・・・」と顔を見合わせていた。
憲法改正を訴えていたなどと頭にも浮かばない言葉だった。
ベントナム戦争反対!などと小田実のべ平連のデモやシンナー
を吸うフーテン、何と言っても週末になると都電通りは全共闘
全学連といった学生のデモ隊のヘルメットにタオルのマスク、
角材を振り回す。対してジュラルミンの盾と警棒で対戦!
何で若者同士がと田舎出の自分には理解出来なかった・・・
今にも至ってみれば小田実はソ連から金を貰っていたとか
成田抗争などあの総理大臣まで成り上がった菅直人など関わっ
ていた・・・唖然とするばかりだが憲法改正を訴えていた
三島由紀夫を知る現在。呑気な人生をやってきたなと述懐する
次第・・・あれから50年中国共産党一党独裁と米国の大統領
の行方に杞憂する日々である・・・。
[ 2020/11/26 10:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ