FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  中共による人権弾圧と領土拡張主義に、政府も民間も抗議の声を

中共による人権弾圧と領土拡張主義に、政府も民間も抗議の声を

← 応援クリック、ありがとうございます。

 現代最大の侵略国家といえば、間違いなく支那・中国共産党である。あれだけ広大な国土を所有しているが、彼らは侵略を止めることはしない。中共は朝鮮戦争に参加したが、その戦争と同時進行で、ヴェトナム北部、ビルマ(現ミャンマー)北部、タイ、ラオスなどで侵攻している。その後のスプラトリー(南沙諸島)やパラセル(西沙諸島)の強奪は誰もが知るところで、日本も東シナ海のガス田で被害を被っている。

 その中共は、今度は親日国ブータンに手を出しているようだ。インドの民放NDTVが伝えるところによれば、中共はブータンの領内に約9キロ入った地点まで道路を造成し、途中に集落も建設したという。NDTVのサイトには、根拠とする衛星写真が掲載されており、集落を宣伝するツイートも掲載した。(ツイートはその後削除された。) 場所はドクラム高地の一角から東に10キロ未満というが、ドクラムと言えば、2017年に中共が一方的にインフラ建設を開始し、インドと中共が2カ月半にわたって軍事対峙を続けたデリケートな場所だ。

中共によるブータンへの侵攻


 彼らはもう、国際社会の非難などに配慮はしない。その典型例が、香港への侵攻だ。香港は既に中共に返還されているので、侵攻ということばは通常は使うべきではないだろう。但し、香港の高度な自治を約束した、1984年の「中英共同声明」を一方的に破棄する行為は、侵攻という呼称に相応しい。

 その香港で、民主派の周庭氏、黄之鋒氏らが収監された。罪状はデモ扇動罪だ。昨年6月、犯罪容疑者の中共本土引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案に反対するため、彼らはデモを呼びかけ、警察本部を包囲したことを問われた件で、裁判所が保釈継続を認めないという驚きの判定を行ったのだ。

 日本は、アジアの代表的な民主主義国家として、こういう人権弾圧に強い抗議の声を上げなければならない。人権問題に国境はない。いわゆる慰安婦問題などで、日本も国際社会の批判を浴びてきた。嘘でも批判を浴びるのだ。現在進行形の人権弾圧を看過してはならない。

収監される香港民主活動家ら


 大統領選で混乱を極めている米国は、やはり「さすが」と言わせることをする。米国は、チベット亡命政府のセンゲ首相を非公式の形でホワイトハウスに招待したという。亡命政府首相のホワイトハウス訪問は初めてで、中共の猛反発を見越してのことだろう。亡命政府は訪問を「歴史的な偉業」と絶賛している。

 センゲ首相は日本の国会議員会館には訪れているが、議場や首相官邸への訪問は叶っていない。日本も米国を見習い、民主主義の旗を鮮明にすべき時だ。そういう行動こそが、香港を見捨てないというメッセージとなる。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/11/24 07:07 ] 外交 | TB(0) | CM(8)
ブログに載せない自由ですか?
いやいや今日載せるべき記事はこれじゃないでしょ。
桜を見る会の前夜祭に安倍氏が会費の一部を補填してたというニュースを
載せないんですか?

今まで桜を見る会に対して野党のアピールの場だとか言っておきながらいざ証拠が出てきたらダンマリですか?
確かにコロナ禍の今、追求すべき事かという人もいるかもしれない。しかしこの事が政治資金規正法、公職選挙法に違反する以上キチンとこのブログで見解を示してほしい。

もし今後もこの事を載せないのであればマスコミを「報道しない自由」と批判することを二度とする資格はないです。
[ 2020/11/24 10:01 ] [ 編集 ]
パヨの資格は?WWW
>マスコミを「報道しない自由」と批判することを二度とする資格はないです。

フェイクニュースに欣喜雀躍するパヨに資格認定する資格があるの?WWW
[ 2020/11/24 10:11 ] [ 編集 ]
Re: ブログに載せない自由ですか?
私は「これを書け」などというリクエストや指図には答えないと、何度も書いています。
ですので、貴兄の「べき論」については、これまで同様「スルー」です。

> もし今後もこの事を載せないのであればマスコミを「報道しない自由」と批判することを二度とする資格はないです。

そういう意見こそ傲慢ですね。
私的ブログって、商売でやっているわけではないのはお分かりですか?
社会の公器と個人のブログを混同して論じる貴方のバランス感覚のほうが問題でしょう。
論じたいのであれば、ご自身でブログを。
[ 2020/11/24 10:38 ] [ 編集 ]
戦前のナチス・ドイツまがいの膨張志向
お疲れ様です。国内問題は別の所で取り上げるとして、中国大陸のこの動きは
看過できませんね。

香港民主側の若手活動家各位の 早めの収監は、次期大統領就任が濃厚な J・バイデン・
前副大統領の方針が人権重視になりそうな所を見越しての措置だったと心得ます。

つまり「ドサクサ紛れの駆け込み処置」。ブータン王国を含む 周辺諸国への
不当な進出行為は、もう戦前のナチス・ドイツが行ったのと大差ないレベル。
我国が直面する尖閣海域の問題含め、もう国際社会が黙っていられるレベルではありません。

チベット亡命政府要人との向き合いでは、米合衆国に一歩先を行かれました。
バイデン次期政権が成立した場合の方向が、少し見えたかという所です。我国
も こうした問題と正面から向き合わないと、思わぬ痛手を被る事もありかと
思いますが。恐れながら今回貴記事も拙リンク致したく、お届出の次第であります。
[ 2020/11/24 11:13 ] [ 編集 ]
交野とかいてかたのと読むさんへ

○そういうコメントをすると、逆に安倍さんの記事、書きづらくなるのでは。待てないくらい、安倍さんの話題を取りあつかってほしい場合でも、もっと、他の言い方、あると思いますよ。

>桜を見る会の前夜祭に安倍氏が会費の一部を補填してたというニュースを
載せないんですか?

○補填してた…かもしれない、という段階でしょうし、「安倍氏が」というか、安倍さんの秘書の独断かもしれませんし…まだ、ニュースの情報では、不たしかな印象を、わたしは持ちました。警察は任意で聞いていたことがわかった…という言い回しのニュースですので、今この話題が出てきたことには、何か意図的にも感じます。もしかすると、学術会議のような、アベガーへの罠かもしれませんし…今、解散されると、野党壊滅なので、1月解散できないよう、GOTO失敗論のような悪口を吹聴をして、世論に菅政権の悪い印象を広めておきたいだけかもしれません。

○いずれにしても、記事を書くかどうかは、管理人さんの管理者たる権利です。このことに、異論はありますか?どうしても記事にしてほしいなら、おねがいします、の気持ちを示して、提案にとどめるべきかと。基本的に、一日一記事のようなので、気長に待てば、いつかは記事になるのかもしれませんよ。
[ 2020/11/24 13:46 ] [ 編集 ]
黄土の巨人の危険な水遊び
ブータンといえば、秋篠宮家の眞子様が2017年の6月「花の博覧会」時に訪問されたときの印象が強烈に残っています。着物を召された眞子様を民族着姿の若い国王ご夫妻が王宮にお迎えになって、まるでお伽の国のようには美しい式典でした。まるで世界中の青空を集めたような晴天に恵まれ、眞子様が出国した途端に、天候は悪化したようで、さすが天照大神のご子孫と感じ入ったものです。

そのブータンが中共の魔手にさらされていると思うと、いてもたっても居られない気持ちになります。何か出来ることはないかと懸命に考えているところです。  

中共はナチより危険な存在です。戦前のナチスといえど、ドイツの東方[東欧、ロシア)に生存圏を確保することは公言しておりましたが、英米の海洋支配にはチャレンジしないという抑制がありました。それで当初のナチスは英米との戦争は避けられると思っていたのですな。英米の海洋支配にまで挑戦したのは、第一次大戦前夜のカイザー、ヴィルヘルム2世のドイツ帝国があるばかりです。

先月下旬、中共軍部のトップは、中共は戦争に受動的に適応するのではなく、能動的に準備しなければならない、との檄を飛ばしました。台湾や南シナ海周辺では何があってもおかしくありません。即応体制の構築と継戦能力の確保は急を要すると思われます。
[ 2020/11/24 20:54 ] [ 編集 ]
中国の強みは、固定相場の元だと思う。変動相場ではないので、いくらでも発行できる。今だと、国内需要のみならず、ネットでも購買できるため、世界の需要が中国の供給を上まわっているうちは、刷り放題、買い放題で、インフレも起きないという身勝手な状態が、続いてしまうのではないかと懸念している。
[ 2020/11/24 21:40 ] [ 編集 ]
王毅訪日中です
検察が入っている段階の案件は、安倍元総理に関することですから虚実取り混ぜて大手メディアが「調べて」書くでしょうけれど、個人ブログは調査する術もないし書きようもないと思います。
司法に任せるだけのことではないのか?書かねばならないなら結果待ちでも十分でしょう。
それより今大事な、日本の近隣で世界の魔物化している危険物件を取り上げるのは、当たり前の選択だと私は思います。


宮脇淳子氏によれば、中共キンペーはどうやら清国の康熙帝、雍正帝、乾隆帝時代の最大領土所有に倣いたく、更にはモンゴル帝国が有した領土(ユーラシア一帯)を夢見ているのでは、と解されています。
それであっても遊牧民族には海は無関係に近いので、両大帝国領プラス更にさらに欲張りな東、南シナ海がキンペーの「独自」欲望になるかと思います。
その政府方針に沿う為か、テレビドラマも清国三大皇帝時代のモノが多く取り上げられているのだそうで、官民挙げての領土拡張路線趣向なのでしょう。

香港の若者三名の逮捕収監の最中に、王毅が日本訪問中です。
茂木外相が当たっている様ですが、尖閣に関しては両国の従来通りの「意見交換」だそうです。
今のところ日本側が香港やチベット、ウイグル、内モンゴルなどの人権問題に触れた報道には出会えません。
明日の離日までに王毅の「お説教節」が展開されるかどうか?w

無駄に挑発することは危険ですが、日本外交は余りにも中共に腰が引けている様にしか思えません。これでは北の拉致問題への国際理解を求める我が国の姿勢に勢いが付きません。

日本外交の従来通りに「強く抗議」してもどこ吹く風の中共なのですから、もう二歩三歩踏み込んだ「猛烈な抗議」にレベルアップぐらいできないものか、とイライラが募ります。

ブータンのその映像は、まるでブータンの文化を無視したプレハブ建造物の様で、他民族への配慮の欠片も感じられません。
ブータン首相の補佐官を務めたことがある日本女性の著書で、ブータン人は返す当てもないのにどんどん外車に乗ったりPCも最新型に買い替える為に安易に借金をする面があるのだと読みました。
返済を問えば「気にしない」と答えが返る、お気楽というか太っ腹というか・・・それも彼の民族性なのかもしれませんが。
多分その多額の金融はシナ物だろうと推測いたします。
[ 2020/11/24 21:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ