FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  朝日はいまだに社説で森友ガー(呆)

朝日はいまだに社説で森友ガー(呆)

← 応援クリック、ありがとうございます。

旅行会社最大手のJTBが、武漢ウイルスによる需要の落ち込みで業績が悪化し、早期退職の拡充、2022年度の新卒の採用の取りやめなどで、要員を6500人削減するという。

私も過去に旅行業界にいたから、JTBの強さは知っている。彼らは単なる旅行会社ではなく、どちらかと言えば総合商社だ。私の知り合いの社員らには、旅行のことなど全くやっていない人が多い。その強いJTBが、なりふり構わぬ人員削減に走る現実が、武漢ウイルスによる影響の大きさを物語る。

だからこそ武漢ウイルス対策と経済の両立し、国民生活を守ることこそが最重要と思うのだが、国会で特定野党は学術会議ガーなどとやり続け、メディアもその後押しをする。彼らに視界に国民などいない。

その現状を物語るのが、昨日の朝日新聞の社説だ。

 財務省の内部調査では十分に明らかにされなかった森友問題の真相に迫ろうという、立法府の試みをないがしろにする対応である。財務省の隠蔽(いんぺい)体質は一向に改まっていないと言わざるを得ない。

 なんと、いまだに森友学園問題をやっているのである。見間違ったかと思って社説の日付を見てみたが、やはり昨日だ。

 昨日書いた、植村隆の裁判の敗訴だが、植村も朝日も、恐らく捏造(少なくとも誤報)だとわかっていながら撤退を先送りし、社長の首まで飛び、植村は裁判で負けて記事の捏造が確定した。植村はどうだか知らないが、朝日は現実から逃げ、傷をさらに深めたのである。その間違いを朝日は繰り返そうとしているように思える。

 安倍前首相が退陣したからといって、この問題を過去のものとしてはならない。予備的調査の成果が不十分であったとしても、行政監視の重責を担う国会は、政治や行政への信頼回復に向け、粘り強く解明への歩みを続けねばならない。

 確かに朝日は安倍総理への忖度という視点を捨て、自殺した官僚に関する真相究明に論点をすり替えている。だが、たとえ論点をすり替えても、朝日の狙いはいかに政権へ打撃を与えるかという点に尽きる。「政治や行政の信頼」と言うから間違いない。だからこの問題から撤退しないのだ。

 人道主義なら結構だが、その人道を安倍前総理など保守派議員には適用しない朝日の態度にはうんざりだ。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/11/21 07:24 ] メディア | TB(0) | CM(3)
財務省の介在理由は朝日と野党
財務省が書類の改竄をした理由は関西で亡くなった元財務官僚の上司の証言記録にある。野党とマスコミの連日の追及対応が出来ないために改竄せざるを得なかった。

この事実を野党と朝日は認めるだろうか。
答えて欲しい。
[ 2020/11/21 13:15 ] [ 編集 ]
森友は朝日が書き煽り起こした「事件」ですから、責任を以て植村慰安婦同様に社会的始末をつけるべきです。

福島瑞穂一人党のお題の時に思い浮んだのですが、瑞穂サンが民主党政権連合から離脱を決行した時、国交副大臣だったか当時社民所属の辻本が前原の胸に縋りついて「辞めたくない」と泣いていた画像がありましたっけ。前代未聞の呆れる光景ではあったなあ。

その国交副大臣の立場をを利用したのでは?と種々の「証拠」と共に言われた、豊中市の公園になった土地が森友学園敷地のお隣で、森友以上に安価で手に入れた「辻本案件」情報が飛び交いましたが、朝日はそれは触れず仕舞ではなかったか?
裁判が終わり、当の籠池夫妻が赤色界隈から覚醒して「安倍さんは関係ない」と公言した森友に今でもそんなに拘泥したいなら、是非その辻本豊中公園もしつこく取り上げることをお勧めしたい。
[ 2020/11/21 19:31 ] [ 編集 ]
価値基準のおかしな朝日新聞一味
今晩は。前回の植村元記者敗訴の貴記事、恐れながら予定通り拙記事リンクさせ
て頂きました。

とらこさんもご指摘の様に、所謂慰安婦と森友 両報道問題が共通の煽り記事で
あるなら、朝日一味はその責任を負うべきと拙者も思います。

保守側の政権与党が関わった問題は鋭く指弾の一方で、旧民主政権期のそれは
黙殺とは到底通る理屈ではありません。豊中市の、森友の隣の公園問題も同様
に取り上げるべきですが、朝日一味にその意思がなさそうなのは遺憾な事です。
[ 2020/11/21 23:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ