FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  オバマが書いた"鳩山評"にキレるルーピー本人の宇宙人的解釈

オバマが書いた"鳩山評"にキレるルーピー本人の宇宙人的解釈

← 応援クリック、ありがとうございます。

 米国の元大統領バラク・オバマの回顧録「A Promised Land」が17日に発売された。回顧録は2冊構成だそうで、本出版はその前編にあたる。オバマはその書籍で日本に触れ、ルーピーというアダナが定着した鳩山由紀夫について書いている。以下はTBSの報道だ。

オバマ前大統領、回顧録で鳩山元首相を痛烈批判 (TBS)

 アメリカのオバマ前大統領は17日に発売した回顧録で、2009年に初めて訪日した際の政治状況を振り返り、当時の鳩山総理大臣について、「3年未満で4人目の総理であり、硬直化し、目的を失った政治の症状」と酷評しました。

 オバマ氏は17日に発売した回顧録の中で、2009年に大統領に就任し、11月に初めて日本を訪問した際に会談した当時の鳩山総理大臣について、「感じはいいが、やりにくい同僚だった」と振り返りました。そのうえで、「3年未満で4人目の総理だった。日本を長年悩ませていた、硬直化し、目的を失った政治の症状であり、彼は7か月後には退陣した」と酷評しました。

ルーピー鳩山


 当時、沖縄の在日アメリカ軍普天間基地の移設問題をめぐり、鳩山氏は移設先の見直しを検討するなど迷走し、オバマ氏が不信感を持ったとされていました。


 これに対し、鳩山由紀夫本人がキレているようで、Twitterで反論している。


 相変わらずの宇宙人ぶりで、「政権への忖度か、記者会見のオープン化を迫ったからか」などと、常人には理解不能なお門違いなことを呟いているが、既にルーピー(変わった、バカな)という称号を受けている鳩山にとって、ルーピー以上にキレるようなフレーズはないはずだ。

 色々当たってみると、原文はこういう表現だ。

"A pleasant if awkward fellow, Hatoyama was Japan's fourth prime minister in less than three years and the second since I'd taken office — a symptom of the sclerotic, aimless politics that had plagued Japan for much of the decade,"


 冒頭の"A pleasant if awkward fellow"の解釈の問題だ。なかなか難解な「if」の使い方は置いておき、核心部分は「awkward」という形容詞だ。鳩山が言うように「不器用」という意味もあるが、同時に「ぶざまな」「扱いにくい」「不便な」「やりにくい」「やっかいな」「困った.」「手に負えない」「人を困らせる」という意味もある。「不器用」というのは極めて好意的な解釈であって、それがすべてではない。前後の文脈を踏まえて解釈すべきだろうが、オバマが鳩山をして「硬直化し、目的を失った政治の症状」と言っている以上、好意的な訳は相応しくないだろう。私はむしろ、オバマが「言葉を選んだのだろう」と感じる。

立てば売国 座れば無能 歩く姿はまるでバカ


 鳩山は前述のツイートに続き、「メディアのみなさん、オバマ大統領の回顧録を原文でお読みになったのですか?ひょっとして政府から渡された解釈をそのまま信じてお載せになったのではありませんか」と書いている。「政府から渡された解釈」という表現によって、鳩は和訳が「権力による陰謀だ」とでも言いたいのだろう。こういう言葉ひとつひとつに、器の小ささを感じる。彼は絶対に首相にしてはならない政治家だった。

 鳩山由紀夫のような「過去の人」のことなどどうでもいいのだが、日本国民はこのような人物を首相にしてしまった民主主義の失敗を、絶対に忘れてはならない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/11/19 07:10 ] 政治 | TB(0) | CM(8)
ルーピーのツイッターには「信用のない人物の発言です。」と
この御仁の脳内には反省という言葉がない。
普通は政治家はバッジを失えば発信力も無に帰するところ、
元総理という肩書を中韓に利用され、良識派日本人などとおだてられては
喜んでいる大間抜け。
また、反日左翼マスコミのパペットを嬉々として演じている。

無駄にカネを持っているだけに始末が悪い。
我々にできることはせいぜいブリジストンタイヤの不買ぐらい。
こんな愚かな人物がかつて我が国の首相であったことを嘆くしかない。


[ 2020/11/19 08:35 ] [ 編集 ]
症状悪化
るぅぴぃ鳩山の自己愛性人格障害はますます悪化しているねwww
愛車のタイヤは絶対にブリヂストンを使わない。
つい最近も交換時期を迎えたので、迷わずヨコハマに決めたw
[ 2020/11/19 08:53 ] [ 編集 ]
 何をいまさら、鳩山ルーピーの話題がのぼるのか、何か意図するものがあるのか理解できない。

 この御仁は、余計なことでしゃしゃり出ることなく、大人しくして余生を静かに暮らしていただくほかない。

 論評に値しない、国賊の一人である。
[ 2020/11/19 11:04 ] [ 編集 ]
バカは発見器がなくても析出するらしい・・・
TBSもこう流してたんですか。

NHKは似てるけどちょっと違うような流し方だったそうで。

それをルーピーに告げ口したのが原口一博と朝日新聞とか。
で、ルーピーが反撃に出てるって。

まさに、地底人対最低人ですな。

https://mmpolo.hatenadiary.com/entry/20110403/1301783223


ネットでは見つけられなかったが、この最低人の、地底人に対する世にも恐ろしい「最終攻撃」までもが、もうすぐ現実のものになってしまったらどうしようと、私は夜もおちおち眠れません。

こんなマンガみたいな世界への恥さらし。。。。



オモシロ過ぎる。
[ 2020/11/19 12:05 ] [ 編集 ]
太平の眠りを覚ます上喜撰 たった四杯で夜も眠れず
ちなみに、
私の高校時代の英語の先生が教えてくれたのですが、
英語文化では「ダブルミーニング」と「同じことを都度別の単語で言い換えて話す」ことで、話し手の教養をにじませ、説得力が増すと教えてくれてました。

日本にも似たようなのありますよね。


関連した意味、裏の意味を切り離して、表面的な直訳だけをあーだこーだ言い争いしているルーピーの姿は、先方には、まさに「恥の上塗り」「嘲笑の的」「愚の骨頂」としか映らないのではなかろうか。

本当に恥ずかしいから、おやめなさいと言いたい。
[ 2020/11/19 12:27 ] [ 編集 ]
やはり、憲政史上最悪の総理だった
今晩は。ブログ主様と他の各位もご指摘の様に、鳩山由紀夫なる輩は、我国憲政
史上最悪の総理大臣だったと拙者は心得ます。つまり、初めから資質がなかった
という事でしょう。



異論は覚悟も、オバマ前米大統領は 拙的には職責に見合った教養と見識を備え
てはいたと思いますので、ご指摘の「言葉を選ぶ配慮」位はできると心得ます
が、それに留意するとしても、鳩山由元総理への評価は芳しくなくて当然との
想いがありますね。

最近でも、バイデン前副大統領が表した「日米安保条約 5条は尖閣諸島も適用
対象」との見解に盾を突く様な言動をしてますし、そも我国の国益を一顧だに
しない姿勢が、結局は米国トップの信頼も損ねた自業自得の事実にも思い至ら
ないという事でしょう。お間抜けルーピーと揶揄される所以です。

勿論 我々有権者にも課題がありますね。こんな輩を総理大臣にしてしまった
事、又 そんな輩を出した不良な政党を与党にしてしまった事は、今後の教訓
としてしっかり記憶に留められるべきです。恐れながら今回貴記事も拙リンク
致したく、お届出の次第であります。
[ 2020/11/19 23:14 ] [ 編集 ]
温故知新
私は温故知新という言葉はあらゆる場合に当てはまる言葉だと思っています。

鳩山由紀夫のような「過去の人」のことなどどうでもいいのだが、日本国民はこのような人物を首相にしてしまった民主主義の失敗を、絶対に忘れてはならない。

という管理人さんの言葉は、全くその通りだと思いますが、平和ボケした日本人は忘れるんだろうなも思っています。

大統領選において民主主義を死守しようとしている現在の米国民の姿を、日本人が知ることが出来たなら、少しは変わるはずなのに残念です。

サヨクメディアと国民の無関心には失望します。
[ 2020/11/19 23:22 ] [ 編集 ]
ママの民主主義
鳩山政権の末期症状、国会で彼の母親からの子供手当、月何千万の資金贈与が問題になった時に、鳩山首相が答弁に窮すると、すかさず野党自民党席から「お母さーん!」と声が掛かって、その絶妙なヤジに大笑いしました。

とにかく、子供の頃から教育熱心なママの支援を受けて、東大に進み、北海道の選挙区を引退する長老議員から譲ってもらったのも、略奪婚の後処理をしてくれたのも、民主党への政治献金も、悉くママの力、戦後民主主義の不甲斐なさを代表するルーピー鳩山の、答弁の最後を飾ったのが、「お母さん!」であったことは特記しておきたい事項です。

[ 2020/11/21 12:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ