FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  日本メディアは、米国が直面する「郵便投票の欠陥」について報じるべきだ

日本メディアは、米国が直面する「郵便投票の欠陥」について報じるべきだ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 「フロリダの悪夢」が繰り返されるだろう。「フロリダの悪夢」とは、2000年の米国大統領選挙で、フロリダ州の投票結果を巡って共ブッシュジュニア(共和党)とアル・ゴア(民主党)が繰り広げた法廷闘争だ。フロリダの投票結果は僅差でブッシュの勝利だったが、ゴア側が票の再集計を要求し、ブッシュ側が差し止めを要求した。再集計の結果は再びブッシュの勝利だったが、ゴアは納得せず、州裁判所に申し立てを行い、泥沼化した。ゴア陣営が敗北を認めたのは12月13日だ。

 今回の大統領選は、バイデンが大手をかけた状態だ。普通の選挙戦であれば、いくら往生際の悪い候補であっても、敗北の準備は進めているはずだ。しかし、トランプは法的手段による徹底抗戦をする構えで、泥沼化したこの勝負の結果は、ブッシュ対ゴアが決着した12月13日を遥かに超えるものとなるかもしれない。なにせ、主役がドナルド・トランプというキャラクターだ。

 しかし、トランプが法的手段に出るのも無理はない。この選挙戦では、いくつもの不正疑惑が露呈し、選挙の正当性そのものが揺らぎかねないのだ。棄てられた投票用紙は出て来るわ、投票総数が有権者数を上回るわ、予めバイデンに投票する投票用紙が配られているわと、自分が被害者ならとてもじゃないが黙っていられないような情報が次々と告発されている。選挙戦は接戦だが、接戦だということは、こういう不祥事が事実であれば、その被害を被る有権者が半数近く存在するということなのだ。

米国大統領選


 選挙の不正がもしあったとするなら、それは民主主義の根幹を揺るがす事態だ。それは勝ち負けの問題を超え、民主主義国の盟主である米国を、中共のような「不正をしてでも権力を得た方が勝ち」という国にしてしまう重大な事態なのだ。メディアは、「選挙の負けをひっくり返そうとする往生際の悪い大統領候補者」というトランプ像を伝えようとしているが、メディアが追うべきは不正という民主主義の敵であって、勝ち負けの報道ならどこを観たって同じなのだ。

 日本政府は、バイデン政権に備えなければならない。他方、メディアは、米国で起凝っているであろう問題、殊更郵便投票の欠陥については、日本の有権者に分かりやすく報じるべきではないのか。メディアに求められているのは、どちらが勝つかなどという、競馬の勝ち馬予想的報道ではないのだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/11/07 07:24 ] メディア | TB(0) | CM(6)
○アメリカの大統領選挙については、素人でよくわからないのだが…たとえば、選挙当日の投票、期日前投票、郵便投票の3つ方法がある中で、二重投票や三重投票が可能ではないか、検証は必要かもしれない。

○というのも、ひとつ疑問なのが、郵便投票のとき、自動的に送られてくる州もあるそうだが、多くの場合は、申請して郵便票は送られてくるとのこと。ならば、その郵便票が開票されるのが、当日の投票後の場合は、当日に投票にきた人を、郵便票が送られた人だから投票権なし、ということになるのかどうか。

○いわゆる、当日、期日前、郵便の3つの投票方法のある中で、本人確認をして、一人一票、確実に厳守しているかどうか。

○郵便票が手元にあるにもかかわらず、選挙当日に投票した後、さらに郵便投票した場合はどうなるのか。期日前投票して、当日も投票はさすがにできない仕組みだと思うが…。

○不正があるにしろ、ないにしろ、いずれにしても、総投票数の多さを見る限り、トランプ大統領の感じているような不自然さは、否めない話だろう。郵便票を使った二重投票のトリックが可能かどうか。公正公平な選挙のためにも、検証してほしいと思う。
[ 2020/11/07 12:31 ] [ 編集 ]
民主主義の世紀末
今までのマスゴミ視ててそんなことすると思えるのか
マスゴミを変えられない時点で、いつかこんな日が来ると思っていた。
正しい報道がなされない国って・・・まさにシナや両朝鮮がそうじゃないですか。
自浄できないしないのだから、国が何らかの方法でやるしかないのに。
NHK然り、むしろ血税投入してグルになっている始末。
民法には日本の企業をスポンサーとして食わせている始末。
その日本企業にもアカスパイが大勢侵入してしまっている始末。
遅かったぐらいだよこんな日が来るのが。声も上がっていたのに放置三昧。
[ 2020/11/07 17:34 ] [ 編集 ]
他国の事なのにこんなに気持ち悪くなった大統領選挙は、今までありませんでした。
中国が絡んだ偽投票用紙の話もネットに流れています。

真偽のほどは日本の報道ではミミズの眼ほども知ることが出来ませんが、噂だとしても胸が悪くなる「不正行為」の数々。
そして、どうやら日本と同じで米国でも、トランプ側にとって益する種類の「事件」はロクに報道されていない。

中共に依る豪州浸食の内容はこの春出版されましたが、米国もそうとうに蝕まれている感じが致します。
で、こんなに緩く甘~い我が国は如何に?しっかりせねば。
[ 2020/11/08 07:28 ] [ 編集 ]
民主主義の危機・・・
 久しぶりにコメントします!

今回の米大統領選挙、史上最悪にして最大の不正が行われた選挙のようです。

ケント・ギルバート氏の話によると、とある州では突如約13万票もの票が見つかり、しかも全部バイデンに投票しているものだったりとか、開票作業の際は共和党・民主党双方の監視員が立ち会うのですが、何故か共和党側だけ一方的に追い出され、監視できないようにされたりとか、大量のトランプ票が廃棄されているとか、とにもかくにも様々な不正が起きている模様です。

この不正の背後にシナがいるのはもはや明白。

不正をしなければいけないほど、バイデン票は少ないのだと感じます。

今後どのような結果になるのか、注視していきたいと思います。
[ 2020/11/08 09:20 ] [ 編集 ]
報道するわけないじゃないですか
ネットで流れている情報はまず日本の屑メディアはゼッタイに報道しない!
なぜなら、日本の報道は中国大使館の検閲を受けていると小松アナがポロリと…
[ 2020/11/08 10:18 ] [ 編集 ]
再びFake Newsに勝て
前回の選挙で Fake Newsに勝ったといったので テレビとか新聞は味方にならないとおもわれる.
再度 Fake News Fake Voteに勝てトランプ
[ 2020/11/08 11:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ