FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  福島処理水問題 ~ 南鮮による「作られた風評被害」には断固たる対抗措置を

福島処理水問題 ~ 南鮮による「作られた風評被害」には断固たる対抗措置を

← 応援クリック、ありがとうございます。

 日本国内はいまだ「日本学術会議新会員任命シカト問題」でかまびすしいが、その騒動の担い手は朝日新聞に代表される左派メディアと特定野党だ。特定野党は合同で「ヒアリング」を実施しており、それをテレビカメラや記者に報道させることで、国民に「野党の生存確認」をさせている。だが、野党のヒアリングの手法には2パターンしかない。そのひとつは「菅政権に批判的な勢力を呼んで喋らせる」ことで、もうひとつは「官僚を呼んで吊し上げにする」ことだ。

 だが、このお馴染みの手法は、彼らが思うほど効果を発揮していない。朝日新聞が発表した世論調査で、6名の候補の任命を政府が見送ったことについて訊いているが、政府の対応に納得できないとする人が47%だったのに対し、納得できると答えた人が32%もいた。圧倒的多数が否定的な受け止めをしている回答を求めた朝日にとっては、都合の悪い結果だろう。とはいっても、スタートして間もない菅政権に攻めどころは少なく、朝日も野党もこの問題に暫くすがると思われる。

 そんなことより、福島の処理水の海洋放出のほうが重要である。朝日新聞が当初「汚染水」と呼んでいた福島原発の処理水は、現在の東電のタンク増設計画をもってしても2022年には満杯になる。これを踏まえ、経産省の小委員会が今年2月、「海洋放出は確実に実施できる」と提言をまとめたのが今年2月だ。政府は、タンクの処理水を二次処理して海水で薄め、放射性物質の濃度を法令の放出基準より十分低くしてから流す方針で調整に入っているが、全国漁業協同組合連合会らが風評被害を恐れ、絶対反対を表明している。この問題は、科学的数値とは全く次元の違う「風評」という問題を併せ持っており、政府が方針を決定しても簡単には収束しないだろう。

 しかし、反対を表明してよい人と、そうでない人がいる。その「そうでない人」の代表格が南朝鮮だ。韓国国会の金相姫(キム・サンヒ)副議長なる人物が、公的な発言として、「現在の福島県一帯の水産物輸入措置を日本全域に拡大する必要がある」と表明した。「隣接国を考慮しない日本の福島汚染水の海洋放出強行は韓国国民に被害をもたらすだろう」というのが理由であるそうだ。それ以外でも、彼の国の科学技術情報通信省なる役所の連中が、「世界全体の海洋環境に影響を及ぼしうる重大な国際問題」などと、針小棒大にヘイトスピーチを繰り返している。

福島汚染水の海洋放出に反対する環境団体(ソウル日本大使館前)
福島汚染水の海洋放出に反対する環境団体(ソウル日本大使館前)


 しかし、南鮮は既に福島第1原発のタンクに貯蔵されている数倍ものトリチウムを、月城(ウォルソン)原発から海に放出している。自分のところで大量に放出している量の数分の一レベルのトリチウムを批判し、それを地球規模の問題だと言うのだ。中共はといえば、自分のところでも大量の処理水を海洋放出しているため、福島の処理水問題には絡んでこない。南鮮だけなのだ。彼らが目論んでいるのは、自然発生型ではなく、「意図的に作られた風評被害」である。

「福島をいじめるのもいいかげんにしてほしい」


 これは、昨年、支那で開かれた日韓首脳会談で、安倍前総理が文在寅に対して発したことばだ。科学的根拠のない対日ヘイトは南鮮では当たり前のこととなっているが、それを理性的に抑制すべき青瓦台も、科学技術情報通信省なる役所も、何ら措置を講じるどころか、南鮮国民の扇動に迎合する始末だ。

 正しい情報や事実を冷静に伝えても、情治国家である南鮮とその民族を納得させることは不可能だ。そんなことは、我が国と彼らの関係上、幾度も繰り返し起こっていることで、「対話による解決」などありえないのだ。学的根拠に依らない「作られた風評被害」に対しては、日本国として、何らかの対抗措置を取ることを求める。そのうえで、こういう声のデカい国に国際社会が惑わされないよう、ロビー活動にふんだんに金を使い、彼らを孤立させることだ。痛みが伴わない制裁など、屁の突っ張りにもならない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/10/22 07:07 ] 外交 | TB(0) | CM(2)
管理人様
 一日でご快復成ったのでしたら慶賀ですが、くれぐれもご無理をなさいませんようにお大事に願います。
個人的には指名手配したいぐらいの軍曹、閣下の長期休養wにはモノ申したいですが、比べて連日更新のお見事さ!とは思うものの、年末にかけての本職も大事です。ご自愛を。


南鮮に理を求めても無理であり全く無駄だと、長年の観察を以て結論いたします。
南鮮が日本の物資を禁輸するなら、こちらからも一切出さなくて良い方法を採るべきだと思います。
対南輸出入のバランス存じませんが、まともに会話が通じる各国に向けた報果への努力で、南鮮欠輸はカヴァーできるのではないのかな?と考えます。

水で希釈したトリチウムは体内に蓄積しないので、世界各国が海に流しているという現実があり、それをIAEAが認めているのですから、公然と正しい手順で放出することに何の問題がありましょう。

福島と周辺近県は農水産物の風評被害が国内でさえ長かったです。未だにある様に思います。
なので福島の漁業界が猛反対するのはとてもよく分かります。
毎日の生活に直結することですから、彼らの心からの理解を得る事が初めの一歩になるのでは、と思います。
日本学術会議メンバーも、ここで真っ当な行いをしたら少しは立場が保証されるかもw

[ 2020/10/22 20:05 ] [ 編集 ]
「福島をいじめるのもいい加減にしてほしい」 と、安倍前首相はムンジェインに面と向かって言ったんですね。それは知りませんでした。
 やはり日本のリーダーとして素晴らしい人でしたね。

 管理人様、全快されてるのであれば良いのですが、無理せず時々休んで下さい。
 それより先長く読ませていただける事を楽しみに思っています。
[ 2020/10/23 00:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ