FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  今年の新聞週間標語は「危機のとき 確かな情報 頼れる新聞」だそうだ(失笑)

今年の新聞週間標語は「危機のとき 確かな情報 頼れる新聞」だそうだ(失笑)

← 応援クリック、ありがとうございます。

 10月15日から新聞週間が始まっている。そもそも新聞週間というのは、GHQが指示して設立されたもので、日本人の思想改造に注力し、アチラ側の史観を刷り込むために、GHQが新聞を最大限に利用しようとした試みだ。今年の新聞週間標語は、「危機のとき 確かな情報 頼れる新聞」だそうだ。ちょっと吹き出しそうになる。

 危機の時であろうとなかろうと、情報の確かさ、情報の信頼性については、新聞の評価は下がる一方だ。新聞週間は、「新聞・放送に携わる者が「言論・報道の自由」を守り、いっそうの発展を期する覚悟を新たにすることを目標にしている」とされている(日本大百科全書)。だが、彼らにとっての「言論、報道の自由」は、我々一般国民のそれとは少々違う。朝日新聞の16日の社説に、それがよく表れている。

(社説)菅政権1カ月 強権的手法まで継承か (朝日)

 独立性・中立性が重んじられる組織が、法の趣旨を曲げた恣意(しい)的な人事によって脅かされる暴挙が繰り返された。日本学術会議が推薦した会員候補者6人の任命拒否である。

 菅首相は具体的な理由は一切語らず、「前例を踏襲してよいのか」「総合的、俯瞰(ふかん)的活動を確保する観点から判断した」と、説明にもならぬ説明を繰り返す。学術会議から提出された推薦者名簿を「見ていない」と言うなど、6人除外を決めた経緯も明らかではない。あげく組織や運営に問題があるとして、自民党は学術会議の見直し論議に着手した。

 納得のいく説明がない、意思決定のプロセスが不透明、論点のすり替えで批判をかわす――。まさに前政権下で繰り返された光景だ。首相は国民にわかりやすく利便性を訴えられる施策には熱心だが、健全な民主主義のためには、政治の公正さが担保されなければならないことに思いをはせるべきだ。

 
 朝日新聞は、菅総理による学術会議新会員6名が任命しなかったことを「暴挙」と表現している。暴挙とは、「乱暴な振る舞い。不法な行動。無謀な企て」(デジタル大辞泉)という意味だが、仮に朝日が「不法な行為」として暴挙ということばを使用しているのであれば、その不法の「根拠」を示さなければならない。学術会法を持ち出すのだろうが、憲法の公務員の選定、罷免の条項(憲法15条)を踏まえ、論破する自信があるのであれば、堂々と語るがいい。だが朝日は、憲法のことは一切書かない。護憲新聞のご都合主義の極みである。

お前が言うな、朝日新聞


 朝日はまた、「健全な民主主義のためには、政治の公正さが担保されなければならない」と書く。健全な民主主義に何ら役割を果たさず、それどころか健全な民主主義を阻害するような記事を発信する新聞のことばとしては、「一体どの口が言う」という言葉しか思い浮かばない。

 「政治の公正さ」が担保されていないのであれば、「政治の不正」を指摘すべきだ。そうすると、彼らの議論は、「学術会議側が推薦した学者をそのまま任命する責任」という展開になる。だがその場合、学術会議側の推薦人に公正さが如何に担保されているのかが問題になる。また、推薦された学者を公務員として採用し、彼らのために国民の税金を投入することに対し、国民も、国民の代理人である総理大臣も何も口を挟めないという「システム」が果たして「公正」と言えるのかどうか。朝日のような新聞は、絶対にその議論には踏み込まない。

 また朝日は、学界、映画監督や脚本家、自然保護団体の関係者などから批判の声が出ていることを引きながら、「意に沿わぬ国民は視野の外なのか」と批判している。だが、昨日のフジテレビ「日曜報道 THE PRIME」で、番組が「軍事科学研究」について視聴者投票を実施したところ、「推進すべき」が88%と圧倒的多数であり、「現状のままでいい」が7%、「やめるべき」に至っては5%という数字が出た。朝日がいう「意に沿わぬ国民」というのは、この結果を参照しても、かなりの少数派だろう。安易に「国民の意思」を代弁しないでもらいたい。

 「危機のとき 確かな情報 頼れる新聞」という標語など、片腹痛い。少なくとも、朝日新聞や毎日新聞に「確かな情報 頼れる新聞」という標語は不適切だ。ガンバレ産経新聞!


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/10/19 07:08 ] メディア | TB(0) | CM(8)
(誤)独立性・中立性が重んじられる組織が、法の趣旨を曲げた恣意(しい)的な人事によって脅かされる暴挙が繰り返された。


(正)客観性・中立性が重んじられる報道が、事実を曲げた恣意(しい)的な記事によって脅かされる暴挙が繰り返された。


[ 2020/10/19 08:08 ] [ 編集 ]
築地ブーメランの秀逸コラージュに座布団10枚!
あれれ、この社説では学問の自由はもうスルー?
学問の自由が侵される暴挙とか大騒ぎしてたのに、どこ行っちゃったの?

学者が一切リスクなしに学問の自由を謳歌できる日本は素晴らしい国だよね。
国立私立大学問わず、無責任で過激に政権批判しても高禄食めて身は安全。
挙句に権威を寄こせカネ寄こせって中坊みたいに。虫が良すぎるでしょ?

学問の自由とはまったく無関係。
チョーニチ新聞も実はコトの本質を分かったうえで、論理のすり替えで
お友達の左巻きの応援がしたかっただけのことなんでしょ?






















もろい「学問の自由」 歴史の反省、軽んじた政治の介入
[ 2020/10/19 09:44 ] [ 編集 ]
トイレにも流せないし、おもらしの危機も救えない。
[ 2020/10/19 17:06 ] [ 編集 ]
ゲジゲジ
ゲジゲジを知っていますか?
見た目、ムカデ並みに異様で敬遠してしまう虫なのですが、どうも益虫の様です。

そんなゲジゲジみたいな見た目は悪いがいい事をする人、日本にははているのでしょうか?

さて、「脱亜入欧」、「脱亜論」。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%B1%E4%BA%9C%E5%85%A5%E6%AC%A7
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%B1%E4%BA%9C%E8%AB%96

日本は今に至るまで「ご近所付き合い」を国同士の範囲にまで思考を広げて何とか支那、朝鮮と仲良くしたいという意識がベーシックな所に有るようです。
及びそれを基に、勿論日本人のふりをした在日による工作も有り、「ハニートラップ」にかかっている政治家、財界人なども沢山いる事でしょう。

この度、菅新首相の最初の海外訪問国が「ベトナム」、「インドネシア」であるという素敵さ。
過去、何かと中国、韓国に足を直ぐに運ぶ日本国のアホトップとは真っ先に違いが有ります。

意外と、安倍首相以上に明確であり、行動的です。

今後、菅首相は対米外交を中心に据え、敵国中国、反日国韓国と実質の動きとして行動して行く様に思えます。

そこで、行政改革。
様々な省庁の改革に含み、あのどうでもいい、日本に害をなす金食い虫の「日本学術会議」。
その不要さを淘汰する動き、それを抵抗勢力であるド左翼連合の立憲民主党、朝日、毎日、共同、日弁連、その他への戦いののろしを静かに上げた様に感じます。

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/62490
https://www.huffingtonpost.jp/entry/news_jp_5f76974cc5b66377b27fcefe
https://m.newspicks.com/news/5280024/

そして常に日本国をミスリードする朝日等(お仲間、毎日、共同など)がやはりこの「日本学術会議問題」に首を突っ込んで来ますが、「同じ穴の貉」、「日本学術会議処置」に高治療を行えば朝日などの偏向メディアへの次の一手となるのではなかろうかと思います。

「日本学術会議」、「日本弁護士会」、そして朝日を代表とするさよく連合コロニーへの戦いは楽ではありませんが、新首相菅義偉に期待します。

敵対ゴキブリ集団の狡猾さ、素早さ、しぶとさに負けず菅首相には是非頑張って貰いたいものです。

けっして見栄えは良くない益虫。
害虫駆除をお願いします。

[ 2020/10/19 19:40 ] [ 編集 ]
新聞週間の新聞広告
新聞週間にあたって、各界の著名人が寄せた各々のコメントが掲載されてました。
その中で藤原正彦先生のコメント中の次の主旨に同感でした。

「民主主義では、有権者である国民が大局観を持たなければ、より良い政治は期待出来ない。国民の多くの人が、より良い大局観を持つ事が重要」

最近の新聞を読んで大局観が養われるかどうかは別であるが、全く同感しました。
[ 2020/10/19 23:20 ] [ 編集 ]
連載「新聞不信」が続く訳
今晩は。「危機のとき 確かな情報 頼れる新聞」なる今回の新聞週間標語は、
一瞬画餅かと思ってしまいました。それ位現状は、この標語を裏切るレベルと心得ます。

真にこうした標語が国民市民レベルで通るなら、某週刊誌連載「新聞不信」が何
十年も続くはずがありません。貴記事の通りで、本当に失笑ものでしかありません。

未だに話題の 日本学術会議人事問題にしても然り。伺う前に、日本国憲法第
15条を一読して参りましたが、厳密には政府、学術会議の双方とも抵触の疑い
があり、そこを公正に報じて問題提起するのが 報道本来の使命でしょう。
朝日報道は、明らかに学術会議側に一方的に肩入れしているとみられても仕方
がありません。
[ 2020/10/19 23:27 ] [ 編集 ]
そもそも私企業の業務に「○○週間」というのが仕事人としてナンともカナシくはないのか?
製造業なら安全週間は通年の課題でしょうけれど、報道者には案外その週間が過ぎたら「標語」は彼ら自身にとって忘れ去って当然のものだったりして。

それでなくても、平時でさえ配給社頼りだったり社屋を貸している海外報道社の情報を裏も取らずに報道している、と報道OB達の嘆き告発著書も複数出版されている昨今ですのに、「危機の時」ほど信憑性が疑わしくて読めやしない。
東日本大震災の時、おヒダリ組織が現地の困っている人々の中に入り込んで「活動」に励んでいた、という情報もありました。危機の時ほど用心いたしませう。


日本学術会議メンバーは、所謂「みなし公務員」。
ならば例えばドコゾからでも何処からでも規定金額以上の接待を受けていないでしょうね?公務員には特典もあるでしょうが種々義務も大きい筈で、全員きっちり守っているのかな?
日頃、そういう事に只管寛容な性格の人には向かない組織でしょうから、そんな点も含めて推薦理由も明確に国民の前に披露されるべきだと思います。

頼みの産経も最近は時々「これで産経記事?」と思えるものに出会いますが、薄ピンクの内に先輩方は厳しくご指導願いたいです。

[ 2020/10/20 00:51 ] [ 編集 ]
正しい標語
新聞週間の正しい標語は「危機のとき フェイクな情報 煽る新聞」www
[ 2020/10/20 11:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ