FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  社会問題 >  学術会議問題 ~ 「安保法制に反対する学者(パヨク)の会」に説得力なし

学術会議問題 ~ 「安保法制に反対する学者(パヨク)の会」に説得力なし

← 応援クリック、ありがとうございます。

 北朝鮮が平壌市内で行った大規模な軍事パレード翌日の新聞の社説は非常に分かり易かった。産経と読売がそれぞれ「北の脅威」を直視することを促したが、朝日と毎日は北朝鮮は完全にスルーだった。朝毎両紙が社説で取り上げたのが、日本学術会議の会員任命問題である。政府の攻めどころ(実際はそうでなくても)を一旦つかんだら、それ以外の大きな問題は完全に無視できるのが両紙の特徴である。

 その日本学術会議の会員任命問題に関し、、既得権益を守ろうとする団体、もともと反自民のパヨク団体らが次々と抗議声明を出している。昨日は「安保法制に反対する学者の会」、「憲法研究者の有志」が声明を発出したが、最も積極的に報じたのは朝日だ。パヨク団体が行動を起こし、朝日がスプリンクラーのようにその活動を拡散する両者の互助関係の構図は、昔も今も変わらない。

 昨日、「安保法制に反対する学者の会」が記者会見し、「6人が任命見送りになった経緯と理由を明らかにし、すみやかに任命すること」を求める抗議声明を発表した。抗議声明はこうだ。

 菅義偉首相が日本学術会議会員への被推薦者6名の任命を見送ったことは、日本学術会議の独立性と学問の自由を侵害する許しがたい行為です。私たちは学問の自由と学者の良識を尊重し擁護する者として強く抗議し、日本学術会議の「要望書」に示された①6名が任命見送りになった経過と理由を十分に明らかにすること、および②上記6名の任命見送りを撤回して速やかに任命することを求めます。

gakujutu-kougi.jpg


 「日本学術会議法」は第3条に「独立して」と政府からの独立性をうたい、第7条で会員は日本学術会議の「推薦に基づいて」と内閣総理大臣の任命権を制約しています。この独立性と任命権の制約は、戦前戦中の国家による学問思想統制に対する反省に立った条文です。さらに同法第17条では、会員は「優れた研究又は業績がある科学者」から選考されることが明示されています。そうした法規定に基づいて日本学術会議が選考・推薦した者を首相が任命しないことは、明らかな違法行為です。このような行為は、ひいては研究者の学問の自由を侵害し、思想表現の自由の抑圧につながりかねません。学問的な研究と業績の評価によるアカデミーの会員の選考に政治が介入することはどの国においてもあってはならず、学問に対する冒涜行為と言わざるをえません。
 私たち「安全保障関連法に反対する学者の会」は、民主主義と立憲主義を破壊する今回の菅首相の違法行為に強く抗議し、その経緯の十分な説明と、上記2項目の速やかな実施を求めます。


 何度も読んで確認したが、新しいネタは何もない。日本学術会議法を取り上げて菅総理を批判するのが彼らのいつものセオリーだが、日本国憲法の第十五条にある「公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である」という条文はまるごと無視だ。「首相の任命権の制約」と盛んに叫んでいるのだが、「禁じる」とは言っていない。その「禁じていないこと」をやったら違法行為だと断定するのは、どう考えても乱暴すぎる。

 ちなみにこれを発表している学習院大特任教授の佐藤学は、元共産党員の保守論客、藤岡信勝氏をして「佐藤氏は、共産党(東大)教育学部支部の支部長である」と言わしめた人物だ。共産党が支配してきた学術会議を共産党シンパが擁護するという、何のヒネリもない陣容だ。

 それにしても、推薦された会員を任命しない行為が、「研究者の学問の自由を侵害し、思想表現の自由の抑圧につながる」というロジックは、どう考えても飛躍であり、ミスリードだ。彼らのミスリードには前科がある。安保法制でこの「反対する学者の会」が論じたのは、「アベが日本を戦争の出来る国にする」「アベが戦争を起こす」「テロの標的になる」といった荒唐無稽なものばかりだった。そんな連中が学者の看板を引っ提げて「学問の自由ガー」と叫んだところで、イタい過去が掘り起こされ、嘲笑されるだけだ。

 学者は専門分野には長けた人たちなのかもしれないが、政治を論じる有能さが伴うわけではないという、格好のサンプルが、この「安保法制に反対する学者の会」だ。完全無視で良い。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/10/15 07:12 ] 社会問題 | TB(0) | CM(4)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2020/10/15 12:20 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2020/10/15 12:25 ] [ 編集 ]
任命権を持つ首相(と言っても菅氏はリストを見ていないそうで、今は事務方の官房副長官を野党は国会に引き出そうとしていますが、とにかく官邸内決定として)に、任命を拒否された6名の、学会の推薦理由を先に出せば、それでその6名の「優れた学業、研究業績」内容を論じられる筈。
それが無くては選出の「可否のたたき台」になるモノが国民の前に判明しません。

彼らの反政府発信は、長い間の政府の甘さに甘えて「推薦したらそのまま会員」認識に慣れ過ぎた傲慢さだろうと思います。
「学者」といえど、世の中の変遷に覚醒すべきです。

<学問的な研究と業績の評価におけるアカデミーの会員の選考に政治が介入することはどの国においてもあってはならず、学問に対する冒涜行為> ?
学問として純粋に「アカデミー」であるとは思えない自己満足の”あかでみー”と世間は見ている事も気が付いてほしいですね。
<どの国においてもあってはならず> そのまま中共に言ってみて!
この様な開き直ったコメントが、国費(国税)を投入されている組織人の国民に対する冒涜行為、とは言えまいか。

学習院大学では何年か前、人民軍幹部のキンペ夫人も出席した中共オペラの公演会場になった事がありましたし、福島みずほが講師を務めた授業枠もあったそうで、随分アチラ側に傾いた学園の一つの感を持ちます。

先端技術の流出に大学側の危機意識が薄いことを産経が取り上げていますが、
<・学術スパイの他、他国の高度人材を引き抜く役割を担う留学生も居る。
 ・欧米から拒絶された留学生や投資が日本に流れているという。
 ・多くの大学幹部が名を連ね、各大学の学術研究に一定の影響力を持つ日本学術会議は平成27年に民間団体の中国科学技術協会と研究者の交流などで協力促進を図ることを合意した。同協会は中国政府傘下の組織と深いかかわりを持つとされる。
 ・同会議からは現職・元職を問わず、会員らが中国の大学や企業で役職を得ているが、同会議は「合意はごく一般的な交流。直接中国の人材獲得政策を支援するものではない」と説明。
だそうな。

日本の為にならない、美味しく積み上げた特権は手放したくない、というだけではないのか?
日替わりで種々の似たような「会」が反対声明を出して、その中で重複しない名前は何人いるのか、疑念です。


[ 2020/10/15 23:52 ] [ 編集 ]
安倍政権の頃から思って居る事なのですが
彼ら左巻き連がよくいう「民主主義」「立憲主義」の内容が如何なるものなのか?
何やらその理解の基盤が一般社会とは違う様に感じるのですが、話し合っても無駄だろうと思うけれど、ちょっと聞いてみたい。
[ 2020/10/16 00:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ