FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  日本学術会議の利権なら、どんどん奪っていい

日本学術会議の利権なら、どんどん奪っていい

← 応援クリック、ありがとうございます。

 しんぶん赤旗がスクープし、大手各紙も追随する中で騒々しくなっているのが、日本学術会議の新会員任命ネタだ。

菅首相、学術会議人事に介入 推薦候補を任命せず 安保法批判者ら数人 (しんぶん赤旗)

 1日から任期が始まる日本学術会議の新会員について、同会議が推薦した会員候補のうち数人を菅義偉首相が任命しなかったことが30日、本紙の取材で分かりました。推薦者が任命されなかったのは過去に例がありません。任命されなかった科学者のなかには安保法制や共謀罪を批判してきた人も含まれています。新政権誕生後、菅首相による恣意(しい)的な人事が明らかになったのは初めてで、学問の自由に介入する首相の姿勢が問われます。(取材班)

しんぶん赤旗


 日本学術会議は、内閣府の特別機関のひとつであり、その運営経費には国家予算が充てられる。活動は政府から独立して行われるため、政府は金だけは出すが、活動内容に口は出さない。手っ取り早く言えば、金の面倒を見ながら番組内容に口を出すとエラいことになるNHKと同じような仕組みだ。ちなみに、学術会議会員は非常勤の国家公務員として扱われるというから、結構なご身分である。

 赤旗が騒いだのは、今まで学術会議側の推薦会員を丸呑みしてきた政府が、今般、一部で推薦を無視したことがひとつ。会議の会員は210人で、任期は6年で3年ごとに半数が交代する仕組みとなっている。会員は学術会議側が候補者を選考して首相に推薦し、推薦に基づいて首相が任命することになっている。しかし、日本学術会議法の第7条では、「推薦者を首相が任命する」ではなく、「推薦に基づいて首相が任命する」となっているから、当たり前のことだが、推薦を丸呑みするとは書かれていない。

 もうひとつは、その無視した対象の会員候補に「テロ等準備罪」を新設する改正組織犯罪処罰法に反対した人物らが含まれていたことだ。各紙が名指しで挙げている人物がいるが、そもそも「軍事研究は戦争に繋がるからやらない」と宣言している学術会議には、そんな輩が多数存在するだろうから、何も特別な存在ではない。共産党の志位は、「学術会議の自主性、学問の自由への乱暴な介入」だと叫んでいるが、国費で養う学術会議会員だから、本来、その会議の構成員ではなく、国民から選ばれた政治家が決定するほうが適切だろう。

 赤旗はこの対応を学問への不当介入だと騒いでいる。しかし、学術会議の会員にならなかったからといって、学問の自由が侵害されることはあり得ない。先に述べた通り、学術会議は軍事に関する学問を、組織として拒否している。その一方で、日本の多くの大学では、中共の研究者に科学技術を開放している事実がある。学術会議はその実態を無視しているのだ。

【第428回】学術会議は中国に協力し自衛隊に協力しないのか / 太田文雄 (国家基本問題研究所)

 筆者は、日本の大学などで開催されているレーザー技術の学会のセミナーに多くの中国人学者が参加している事実を知っている。レーザー技術のほぼ9割が軍事利用されることは世界的な常識である。従って、中国人の学者は肩書が大学研究者や研究所職員であっても、研究成果は即、人民解放軍に軍事利用されることは疑いがない。レーザー技術のみならず原子力技術に関しても、日中友好という美名の下、中国に日本の国立大学技術者が協力している事実がある。
 学術会議がこうした事実に目をつぶり、防衛省への科学技術協力を「軍事研究」と称して行わないのは、自国の自衛隊への協力は拒否しても人民解放軍への協力は積極的に行っていることに他ならない。(抜粋)


 このような組織が学問の自由を標榜しつつ、戦争に繋がる軍事研究はやらないと言って、軍事研究者の学問の自由を奪っているダブルスタンダード。そして、中共の研究者には科学を含む先端技術を事実上開放しているトリプルスタンダードのほうが問題ではないか。

 日本学術会議の側に立つ赤旗の「学問の自由に介入」という主張を聞いていると、この会議の利権を奪うなと叫んでいるとしか聞こえない。そんな利権なら、即刻奪っても構わない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/10/02 07:07 ] 政治 | TB(0) | CM(7)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2020/10/02 07:22 ] [ 編集 ]
赤旗は現代の毛沢東語録
実はこれまで共産党の喜ぶような主張の持ち主が
堂々と学術会議のメンバーに選ばれていたということでしょう。
そもそもその方がよほど異常な人選だと思いますが・・。
日本を丸裸にして外敵に晒すのが目的の連中はつまみ出されて当然。


時々電車の中で堂々と赤旗新聞を広げて読んでいる御仁を見かけますが、
こういうイデオロギー記事を世間に広めたいのでしょうね。
無批判に有難がって毛沢東語録を手にしていた無知蒙昧な文革時代の人民
を彷彿させます。

志位氏は20年も党委員長の地位にありながら党勢は衰退一方。
自浄作用のある政党だったらとっくに引きずりおろされている。
なのになぜか党内で誰もこの体たらくを批判せず独裁者として君臨。
宮本顕治の長男の家庭教師をして引き立てられたからというだけ。

赤旗は志位委員長崇拝の提灯記事だらけ。
1980年の355万部が、2017年には113万部にまで減少した(毎日新聞)。
そりゃ古色蒼然の鼻紙以下の赤旗なんか党員も読む気しないでしょう。




[ 2020/10/02 09:39 ] [ 編集 ]
○アメリカでは、最高裁の判事の人事について、保守派の任命云々あったわけですが、人事権のある人の人事に、人事権のない人が異はあっても、そうならないと承知しないのごとく振る舞えば、権利の侵害ではないかと思います。最高裁の判事そろわずに、司法に空白が長く生じるのは避けたほうが、アメリカの市民にとっても、よいはずだと思う。

○アメリカのトランプ大統領とメラニア夫人のコロナ陽性ニュース…心配ですね。
お体、再感染予防や重症化対策に油断せず、おだいじに。
こころよりお見舞い申し上げます。
[ 2020/10/02 19:22 ] [ 編集 ]
無知で無責任な電波芸者の淘汰を!
 行政府たる内閣は、総選挙を通じ国民の負託を受けた国会議員の頂点に君臨する長のもとにあるものである。

 行政が組織の任命権を持つのは民主主義の根本である。

 野党やマスコミ、特に無責任極まる評論家と自称する電波芸者たちがそこの道理を弁えぬ無知ぶりを発揮して、国民の共有財産である電波を使って言いたい放題にしているさまは日本の恥だ。
 
 日本ほど、自分の言論に責任を持たない輩が跋扈して、お咎めなしの悪しき風習を容認してきた国はないのではないか。

 日本人の持つ寛容の精神も、戦後、人種が変わってしまった現代には再考する必要があるのではないだろうか。

[ 2020/10/02 21:46 ] [ 編集 ]
何故だ?共産党
国防に於ける世界情勢の変化スピードが今までとは段違いに早いと言われる時代ですから、学術研究でも政府機関が前例に任せてのうのうとしている訳には行きませんでしょう。

任命権者が首相だと規定されている政府機関「日本学術会議」である以上官邸が精査してこりゃダメだわ、と思われる人まで認める方がおかしい。
推薦されたからと言ってそのまま公認するなら、例えば野党がしつこく追及したがる「桜を観る会」の様にならないとも限らないように思います。

現在の制度になったのが平成16年。それ以降推薦候補者が任命されなかったのが、16年経った今回が初めてだからと言って共産党が騒ぐのは何故か?こちらの方に興味が湧きますw。

産経に取り上げられていた立命館大法科大学院の松宮孝明助教授はご自分のフェイスブック投稿で会員名簿に名前が掲載されなかったことを述べておられるそうですが、この御仁は、管理人様のご指摘の「テロ等準備罪」新設時の参院法務委員会参考人質疑で「戦後最悪の治安立法」と批判の主。

明らかに軍事に転換利用できる研究ではなくとも、研究結果の一部分を切り取って研究者の目的とは違って軍事に活用しようとする「敵国」が周辺にいるのですから、「そんなつもりではなかったのに」と言っても後の祭り、ということも沢山世の中にはあり得ますでしょう。

任命者が任命権の元に責任を持つ以上、推薦された学者全てを不問で任命する方が無責任というものではないかしら。

「学問の自由を脅かす違憲行為」という志位は、学問研究は政府の後押しががなければ学問を続けられないとでも考えているのでしょうかね?共産国家ではそうなるのか?
政府批判の為のこじつけにしても、余りにも「学問と研究者の自由」を見損なっている発言だと思います。
[ 2020/10/03 00:40 ] [ 編集 ]
学術会議は寄生虫集団
そもそも、現在の日本で研究が自由にできないのは、この学術会議を含む「東大閥」がアカデミアを政治支配しているからであると言われている。

なので、一度これらについて「訴求」するべきだと思うのだが、いかんせん政治力が強すぎるので、内部からでは難しいだろうと思っている。文科省に解体してもらいたいものだと思っている。

まともな研究者には「資金」が行きわたらず、山口ナントカとかいう学者モドキには「資金」がたんまり(文科であの額はおかしいが)行きわたるなんて言語同断だろう。

そもそも、学者としての能力がないにも関わらず、アカデミアに残れる理由を聞きたいものだと思っている。在野(橋下徹など)に「行政の法律を理解していない」ことで論破されている程度の知性しか備えていない人物など「学者」なのだろうか、と思う。

学術会議も、実際には無能の集まりだが、政治的な支配だけはしたい「寄生虫」の集まりなのではないかと思う。
[ 2020/10/03 01:32 ] [ 編集 ]
血税の無駄遣いを止める菅義偉首相を断固支持する!
 政府管轄の学術会議に異議のある学者(?)は自分たちで政府から独立した学会を作って、思う存分反政府の学術を研究、発表すればよい。

 国庫から補助金をもらって、反政府活動をする根性が腐っている。
 我々国民は選挙によって確立した政府の方針を支持している。
 現政府を支持できない者は、選挙によって新政府を設立する努力をして、自分の意思を通すのが民主主義の基本である。

 学者に限らず、官僚たちも現政府に逆らえばその枠に留まることを良しとしない姿勢が必要だ、面従腹背を座右の銘としていた文科省の前川某のような不届き者は官僚の悪しき見本である。

 菅新首相に文句を言う連中は、シラスとウシハクの違いを勉強したらよい。
[ 2020/10/03 08:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ