FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  中共の尖閣挑発は、「日本の力(軍事)」の必要性を示唆している

中共の尖閣挑発は、「日本の力(軍事)」の必要性を示唆している

← 応援クリック、ありがとうございます。

 実際のところ、日本はいまだ、習近平の国賓来日を中止していない。日程が決まっていないだけの話である。キンペーを招待したのは日本だが、招待したからといって、それを取り消すことが絶対にできないなどということはないだろう。すべては日本政府が腹を決めればよいことだ。しかし、このことに関する我が政府の姿勢には、なにか煮え切らない中途半端さが否めない。

 2日、産経新聞がスクープ記事を発信した。

<独自>中国、漁船群の尖閣領海侵入を予告 「日本に止める資格ない」 (産経)

 中国政府が日本政府に対し、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺での多数の漁船による領海侵入を予告するような主張とともに、日本側に航行制止を「要求する資格はない」と伝えてきていたことが2日、分かった。16日に尖閣周辺で中国が設定する休漁期間が終わり、漁船と公船が領海に大挙して侵入する恐れがある。日本の実効支配の切り崩しに向け、挑発をエスカレートさせる可能性もあるとみて日本政府内では危機感が高まっている。(半沢尚久)

尖閣諸島周辺の接続水域を航行する中国の公船や漁船に対応する海上保安庁の巡視船


 大挙侵入予告といえる主張を伝えてきたのは、7月2~5日に中国公船2隻が尖閣周辺の領海に侵入して操業中の日本漁船1隻に接近し、平成24年の尖閣諸島国有化以降で最長の39時間以上も領海にとどまった時期だ。

 中国政府当局は「日本の海上保安庁は(尖閣周辺で)1隻の日本漁船すら航行するのを止められなかった」と批判。「数百隻もの中国漁船の(尖閣周辺での)航行を制止するよう(日本が)要求する資格はない」と述べた。

 日本政府高官はこの主張を「意趣返しの意思表示で休漁明けの挑発を正当化する布石だ」と指摘する。(抜粋)


 ブラフであればよいが、中共ならやりかねない。現実問題として、中共の尖閣への挑発行為はエスカレートし、日本漁船を追いまわす行為にまで及んでいる。中共政府はこのことについて、日本漁船が「『中国の領海』で違法操業している」とし、「法に基づき追尾・監視」したとの見解を公表している。法的根拠などあるわけはないが、こういう発言を報道に乗せて世界に拡散することで、尖閣の帰属問題を曖昧にしようとする魂胆だろう。尖閣諸島が日本固有の領土であることは、日本国民も、そして中共自身は良く知っているはずだが、日本と中共の区別すらつかない遠方の国の人々にとっては常識ではない。日中の戦いは、情報戦と宣伝戦が主戦場なのだ。

 尖閣諸島は紛れもない日本の領土である。しかしその領有権の主張は絶対ではない。「力」の行使によって現状変更が為されれば、状況は一変する。ロシアによるクリミア侵攻は、その是非は別として、国際社会はその「変更された現状」を元に戻すことができず、ロシアの変更は、変更のまま固定化されている。つまり、ひとたび領土を奪われるようなことがあれば、戦争をして取り戻すしかないのだ。

 中共は、度重なる領海侵犯と、それに対する日本政府の対応を観察し、、日本が事を荒立てることをしないと見ている可能性がある。かろうじて在日米軍のトップが「尖閣諸島の状況についてアメリカが日本政府を助ける義務をまっとうする」と述べているが、彼らはあくまでも「助ける」立場なのであって、戦う主役ではない。すべて日本の対応にかかっているのだ。

 中共は、武漢ウイルスの隠蔽と、その隠蔽に起因する地球規模のウイルス蔓延によって、G7を中心に国際社会から敵視されるに至った。そういう状況の中で、自国民へ「強い中共」を見せる意味で、全方位に航行な姿勢を見せているとも思える。だが、これを姿勢だけだと捉えてはいけない。実際、尖閣への挑発は行動を伴っており、その挑発のすぐ後ろには実力行使が可能な艦船が控えている。

 日本も腹を決める時だ。弱腰も、1ミリの譲歩も許される状況ではない。尖閣に領土問題は存在しないという大原則は結構だが、領土問題が存在しないから奪取されることはないという9条のような信仰は捨てるべきだ。尖閣防衛には「力」が必要だ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/08/04 07:10 ] 外交 | TB(0) | CM(7)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2020/08/04 08:34 ] [ 編集 ]
尖閣諸島は 日本領土
尖閣諸島は 議論の余地など全く無いほど 日本領土である。
敗戦により 奄美以南の 沖縄諸島は アメリカ統治下に 入り 昭和47年の 沖縄返還まで 紛れも無く アメリカの司政下にあった訳で この間 チャンコロから 領土問題など 一切 無かった。
チャンコロが 触手を 伸ばしだしたのは 南西諸島近辺の海底油田の可能性が 云々されだした事と チャンコロの海軍力が 増大出来て 西太平洋での覇権拡大の可能性が 見えてきた80-90年代からである。
尖閣諸島には 自衛隊と米軍共同で レーダーサイトや ヘリやオスプレイ等の 離発着可能な基地を建設して チャンの野望を うち砕くべきだと思う。
[ 2020/08/04 09:40 ] [ 編集 ]
○この件に関して、玉城沖縄県知事が、何も言わないのはおかしいだろう。龍柱に、県の予算を使うくらいなら、尖閣諸島に灯台を建てたほうが良いと思う。

○自民党の二階幹事長やマスコミで次期総理といわれることもある石破さんも、中国へ強く抗議すべきではないだろうか。武漢へ東京都の防護服を送った恩を、尖閣の仇で返すような中国の所業、見過ごしてはならないだろう。

○自公の与党の動きに、主権を護ることへためらいがあるのならば、野党の辻元さんや蓮舫さんが旗振り役となり、与党よりも厳しく中国への抗議を行うべきではないだろうか。中国大使館前で、抗議デモを行うのもひとつの手だと思う。

>「数百隻もの中国漁船の(尖閣周辺での)航行を制止するよう(日本が)要求する資格はない」と述べた。

○実際に、そのような大きな動きとならないよう、今から手を打つ必要があるだろう。金銭的な生活の問題ならば、台湾と尖閣諸島周辺海域における漁業権協定を結ぶのはどうだろうか。
[ 2020/08/04 12:21 ] [ 編集 ]
最悪だけどチャンスになるか
中共の実態の一部は、既に東シナ海海底資源盗りでも小笠原諸島での珊瑚盗りでも日本国民は十分に知ったはずですが、それでも憲法改正に動く気配がありませんでした。

尖閣にどう出てくるか想像しかできませんが、来るのであれば日本国民に大いに覚醒を齎す程度であったほうが、逆説的ではありますが良いのではないか?と思います。
石垣市の人々や自衛隊・海保には多大な迷惑とご苦労になりますが、武漢ウィルス騒動でも根本的な憲法改正は出来ない日本ですもの、超大ショックでもないとこのままズルズル中国の思う壺でしょう、と言いたくない諦めを申します。

昨今に限ってだけでも中共の狂気じみた行動を見て、安倍政府が何も考えていないとは私は思いません。安倍総理を大いに邪魔するジジイが党の八合目に居ても、為すべき事は政府の手の内にある、と期待を込めて信じます。
にしても、自衛隊は軍隊ではない位置づけですからねえ‥何処まで出来るんだろ?

内閣の手足を縛ってイザとなったら総理批判ばかりの日本には、外的衝撃でしかもうまともな国家になるチャンスは無いのかもしれません。
まともになれるチャンス!と考えたいです。被害甚大でしょうけれど。
[ 2020/08/04 15:41 ] [ 編集 ]
侵攻行動前に、実効支配の表出を!
今晩は。ブログ主様とお越しの各位も仰る様に、我々日本人は「尖閣諸島は固有領」
との想いを本気で新たにすべきです。それを表す為にも、灯台建設や政府関係者
の常駐など、対中圧力になる様な実効支配の表出アピールをすべきです。

ブログ主様ご指摘の中国海軍艦船中にはミサイル艇も含まれ、又 大陸本土には
尖閣辺りに向け、地対艦ミサイルの配備も複数あるやに聞いています。これまでの
「抗議」や「遺憾の表明」だけで済まないのは明らか。これまでにも海保には
大変なご苦労をかけていますが、より実効性を増す為にも海自との連携をより
強く進めて頂きたいもの。恐れながら今回貴記事も拙リンク致したく、お届出の
次第であります。
[ 2020/08/04 21:34 ] [ 編集 ]
絶好のチャンス
尖閣への中共漁船1000隻や中共軍艦の領海侵犯によって、やっと沖縄県民や国民が目覚める機会になれば良い。

早期の核武装、特亜との断交を。
[ 2020/08/04 23:13 ] [ 編集 ]
嘗められる国
今日の為体を招いたのは戦後の腰抜け歴代政権の怠慢の所為である。
特に吉田茂である。

アメリカは日本を無防備にして第二次ポエニ戦争後のカルタゴのように
しようとした。
1947.7.13マッカーサーの発言、
「基本的で最も重要な事項・武装解除と非武装化は完璧に達成された。
日本は外部から制御しなくても、今後100年間、近代戦に備えるような
再軍備はできないであろう」

ところが真の敵が共産国とわかり、9条の破棄と再軍備を迫り、
朝鮮戦争に参戦させる腹積もりだった。
マッカーサー自身も自衛権を否定する憲法を作らせたのに肯定に変わる。

しかし、その再軍備を吉田がつっぱね、再軍備より経済復興を優先さた・・・ということになっていたのだが・・・

2001年機密指定解除により、1951年、吉田はダレスと密約を交わす。
ダレス再度の交渉で「講和条約と交換条件で9条の破棄と再軍備」をのんだのである。
それは警察予備隊とは別組織の国家治安省の防衛部門に所属させる民主軍隊であった。

再軍備と経済復興は二者択一にする問題ではなく、
小規模でも法的裏付けのある世界標準の国軍を創設していたならば、
今日の諸問題(改憲論争・北方領土・竹島・尖閣諸島・北朝鮮の拉致&ミサイルなど)が違ったものになっていたと思う。


[ 2020/08/06 10:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ