FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  “アジアの巨人”逝く ~ 李登輝元台湾総統、97歳で鬼籍へ

“アジアの巨人”逝く ~ 李登輝元台湾総統、97歳で鬼籍へ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 アジアの巨人が逝ってしまった。李登輝元台湾総統、享年97歳。30日夜、多臓器不全のため台北市内で亡くなったという。

李登輝


 現在の台湾で政権を担うのは民進党だ。国民党はどちらかといえば中共寄りである。しかし、李登輝は国民党のど真ん中に居て、台湾を改革した。台湾という“国家”が、中共との微妙な駆け引きやバランス感覚の上で、民主化と経済発展を遂げることには、想像を絶する度胸を要しただろう。それを、民進党ではなく、あえて中共に近い国民党に所属しながら推進した。普通では考えられないアプローチだ。

 「22歳までは日本人だった」と語る李登輝は、何度か日本を訪れている。2001年には心臓病治療の目的で倉敷を訪問したが、翌2002年に慶応義塾大学の三田祭での講演では、日本政府はビザを発給しなかった。時の総理大臣は小泉純一郎だ。2007年にも奥の細道を訪ねる目的で来日しているが、岩手県の中尊寺を訪れた際、直前に訪れた中共の仏教関係団体が圧力をかけ、中尊寺は予定された出迎えどころか、車の乗り入れまで拒否した。当時84歳の李登輝に、長い参道を歩かせた。このように、李登輝の来日には常に中共の妨害が入っていた。中共が恐れる人物だった証左だ。

蔡英文総統と李登輝元総統


 2007年の来日時、李登輝は靖國神社を参拝している。日本兵として戦死し、靖國に祀られている兄を慰霊するためだ。2013年に安倍総理が靖国を参拝すると、李登輝は「国家の指導者が国家のために命を犠牲にした英霊を参拝するのは当然のこと」「政治の問題ではなく魂の問題だ」と主張している。

 李登輝の援護射撃はあったが、長期政権を築いている安倍総理が、2013年を最後に靖國神社に参拝していない事実は、極めて残念なことだ。李登輝は2007年の来日時、外国人特派員協会で会見し、流暢な日本語でこう語っている。

 いったい靖國神社問題というのは、何から出てきたか。こういう事情に、我々はもう少し「頭を入れて」考えなくちゃならない。靖國神社問題というのは、中国大陸やコリアにおいて自国内の問題の処理ができないが故に作り上げられたものだ。それにまた日本の政治はあまりにも弱かった。こういうことが外国の政府や人によって批判される理由はない。日本の国のために亡くなった若い人をお祀りする、これは当たり前のことだ。


 李元総統のことばを引いていくと、日本に対する愛情がひしひしと伝わるものが多い。

 かわいそうなのは、日本の若い人は「昔の日本は悪いことをした」と一方的に教育を受けていることです。「つまらない国に生まれたんだ」と自信を失っている。こんなバカなことはないですよ。昔は昔、今は今。どっちも大切だ。

 日本はアジアのリーダーだという自信を持たなくてはならない。これからの日本は何より過去に対する否定的な態度を棄てて自信喪失から脱却することが大事です。


 日本はかけがえのない友人であり師を失った。

 李登輝元台湾総統のご冥福を、心からお祈り申し上げます。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/07/31 07:09 ] 外交 | TB(0) | CM(10)
ノーベル平和賞はこの人にこそ与えられるべきでした。
まさに巨星墜つ。
実体験から日本統治時代を客観的に評価できるリアリストでした。

この偉大な指導者がなければ、自由と人権と法治とを基盤とし、
西側社会と価値観を共有する今日の台湾はなかったと思います。
おそらく今の香港のような運命を辿ったはずです。
また、間違いなく台湾でも中韓のような反日が蔓延していたでしょう。
国民党に籍を置きながら様々な理想を実現した手腕は奇跡としか
言いようがありません。

 かつて李登輝総統が慶應義塾で講演をしようとして、外務省に阻まれた
事がありました。
国交がないからといって門前払いするのではなく、他になにか方便が
あったはずですが、支那スクールにしてやられたというところでしょうか。
日本人の一人として李登輝総統に対して本当に申し訳なく思いました。

李登輝総統の魂が永遠に平和な台湾を護り続けることを祈ってやみません。
衷心よりご冥福をお祈りします。







 
[ 2020/07/31 08:48 ] [ 編集 ]
本物の政治家
私も敷島やまと様と同様に「巨星墜つ」との
真っ先に言葉が浮かんでおりました。

以下、身のほど知らずの偉そうなことを書きますが、
ご容赦ください。

「巨星墜つ」とはまさにこの方の為にあるような言葉であり、
哲人政治家と言われる李登輝総統のような方は、
その民族が被った過酷な歴史の中でしか生まれ得ないものだと
つくづく、思わされます。

国家国民を率いて行く政治家が、本来あるべき真摯な態度
つまり国家の歴史や世界の歴史を正しく知り、国内に於いては、
国家の清新を涵養する教育を重要課題とし、
国土防衛や国土保全のインフラを整備することに注力することです。
また、世界の動向を素早く察知し、国家の行方を過たず進ませることの
出来る才覚や政治指導力は、卓越したものを必要とします。

およそ、日本の政治家のなかでは見出すことができません。
懸命に働いて下さる政治家には申し訳ないことです。
尤も、このことは、政治家を選出する日本人そのものに
問われている問題ですが。

日本の現実は、敵国に一番に狙われ、利用されやすい、
私利私欲に熱心な二階のような人物が、国家の中枢に居座り、
国家を間違った方向へ向けることの不幸です。
国家国民を犠牲にしても、古い体質の自民党議員の大半や
公明党のように他国を尊重し、日本の国益を考えないことが、
長年にわたる日本の弱体化をもたらしました。

また、言動に何ら責任を取ることない官僚共々、生温い政治風土の中で
似非人権屋が政治家になったような野党の連中が蔓延る只今の日本には、
到底、李登輝総統のような方が生まれようもないものです。

実際は、世界情勢が予断を許さない緊迫したものであり、
日本を照準とした中国の攻撃は、尖閣諸島に於ける度重なる
領海侵犯であり、米軍の出方を見定める上でも
奪取必至の予行演習に着々と歩を進めていることです。

国内にあっては、自民党幹事長として、尊大な物言いをする二階氏は、
中国共産党との友好と言いながら、ひたすら、日本が押し込まれる一方で、
日本にとって有効な手立てを講じたことがあるとは思えません。
公明党もどこの国の政党かと思われる存在です。

北海道や沖縄に顕著なサイレントインベージョンと言われる静かな侵略、
間接侵略を止めることなく、放置してきた日本政府の不作為の結果が
今後の日本を苦しめることになります。
国益を余所に、歴史を改竄するアイヌ問題も外国勢力が入り込み、
二階や公明党も絡んで、利権獲得に必死です。

またまた、憎きものは、敵国の工作が浸透し、
情報操作に加担するに等しいマスメディアの腐敗劣化です。
国民の知るべき情報を遮断し、日本人の判断を鈍らせ、
日本を亡国に陥れます。

日本にスパイ防止法も作らせない工作の浸透したメディアや政治家、
官僚たちの既得権者たち。
大東亜戦争で先人が死を賭して力の限り戦ってくださり、
戦後復興もその遺志を継いで奮闘してくださった方々があっての
今日なのです。
感謝と尊崇の念のないこうした恩知らずの者たちは、
日本に住む資格もないものと思います。

自虐史観の教科書で日本人は本当の歴史を教えられないままで来ました。
今も学び舎なる偏向教科書が有数のエリート校に採択される現状には、
頭を抱えるばかりです。

そこで台湾です。
日本統治時代の建物やインフラを大切に保存し
活用している現状に、学ぶことが多いものです。
日本の現代史を台湾の教科書で知ることになるのですから、
日本の教育が如何に、恥ずかしいものかと言えます。

台湾の戦後は、苦難の歴史でした。
共産党軍に敗れた国民党軍の蒋介石が台湾に逃れてきて、
台湾の中から日本を消し去る為に、本省人を悉く弾圧し
圧政を敷いた台湾の歴史を知った時の驚愕は、今でも忘れられません。

弾圧を受けるなか、日本の台湾統治時代を経験した人々は、
日本が助けに来てくれると信じていた・・・
そのくだりを読む度、視る度、涙がこぼれそうになるのです。
正しく強かった日本軍が助けに来てくれると待ち望んでいた方々の
苦衷を思うと堪らない気持ちになったものです。

それほどに筆舌に尽くしがたい国民党軍の弾圧の歴史を背負い、
政治の修羅場をくぐり抜けて、台湾の今日の基礎を築いた人物の
大きさを思わずにはいられません。
[ 2020/07/31 11:34 ] [ 編集 ]
訂正とお詫び
最初から二行目、

私も敷島やまと様と同様に「巨星墜つ」との
言葉が真っ先に浮かんでおりました。

と訂正します。

それにしても、長文のこと、失礼いたしました。

[ 2020/07/31 11:43 ] [ 編集 ]
今は、静かな弔意を・・
お疲れ様です。昨夜速報で承った、李 登輝・第4代台湾総統ご逝去の報、今
はブログ主様初め、各位と謹んでの弔意を申す次第です。

今回貴記事からも、李閣下に関する拙者の未知の事共が記され、そちらも一礼
申します。台湾近代化へのご尽力の一方で、大国覇権志向を強める中国大陸と
の厳しい対峙もあった訳で、このお立場に堪えられる人物は 李閣下しかいら
さなかったのではと愚考する所。ノーベル平和賞は、李閣下こそ受賞されるべ
きだっと拙者も思います。

李閣下、今まで有難うございました。我々日本人は今、中国大陸他の脅威とも
対峙させられる立場で難しくも、これまでの佳き日台関係を末永く守り続ける
のが大きな務めだと心得ます。恐れながら、今回貴記事も拙リンク致したく、
お届出の次第であります。
[ 2020/07/31 13:08 ] [ 編集 ]
日下先生のご著書に
遂に、この時が、と昨夜の思いでした。
今年の上旬に産経紙が李元総統と台湾に関する特集連載をしていましたので、来るであろう予感と心ばかりの準備はしていたつもりでしたが、やはり「巨星」の御帰天にはいろいろなことが思われます。

李登輝氏が蒋経国氏に副総統指名されて間もなく、経国総統がご死去された時、常ならば副総統が後を継ぐルールを、彼ら国民党が遵守するとは思えず、殺されることも覚悟で経国総統の棺の傍に一夜明けるまで座っていた。けれど誰も挨拶に訪れる人もなく。 と日下公人先生に思い出話をされたそうです。
「まもなく人心が安定し、私を総統と認める様になった時に、私は中国の習慣に従って反対派を投獄したり処刑したりできたが、しなかった。
それは私が日本の教育を受けたからだ。反対派を処刑した方が早く台湾の民主化も自由化も出来たと思う。が、それをしなかったので台湾の現代化には長い時間がかかってしまった。それは私が日本人だからだ・・・」とも。

「私は京都大学の卒業名簿に入っていない」と当時の無念さを思い出している様だった、とも書かれています。
問い合わせに京都大は「卒業していないから卒業名簿にはない」という答えだけ。
京都帝大に入学し、卒業前に学徒動員で陸軍高射砲隊で務め、敗戦、帰国。という状況を一顧だにしようとしない京大には、読んだ当方でも怒りが湧きました。

昨夜のTVニュースでは、「親日で何度も日本を訪問した」などと上っ面の報道にも腹が立つばかり。
李総統にもダライ・ラマ師にも、如何に中共を慮る日本国とメディアの冷遇が続いていたか、一言でも言ってみろ! で、ございまする。

中尊寺の事は存じませんでした。言っても愚かなことですが、今東光師がご在世であれば、そのような高齢の、命さえ狙われかねない方への長い坂道のお歩きに何等かの方法を考え出されたのではなかったか、と思います。
その一方で、御仏の寺域では何処でもどなた様でもお歩きが「行儀」ということもあったのでは?と思いました。
そうではあっても、快くご理解戴けるような説明を為されていたならいいのだけれど、と思います。

台湾と日本の状況にお心残りも数々あろうかと存じますが、帰天された李総統があちらで中川昭一様のお出迎えに逢われるのでは、と少しだけ明るく想像したいです。
[ 2020/07/31 16:23 ] [ 編集 ]
李登輝総統のマネをしてみたんだけど・・[絵文字:e-259]
総統が学生時代で一番面白かったのは京都帝大で学んだ東洋史で、塩見教授の
講義だったそうです。 最初の一時限は古代から阿片戦争前までの読むべき
書籍を板書し、それらの簡単な解説をされてお終い。
次回からは阿片戦争から現代までを集中して多面的に行うもので面白くて為になり、自分(総統)の歴史観を養う礎となったそうです。

アホは若かりし頃このことを知り、いたく感激、ガッコの授業とはかくの如き
でなければいかんわい。 ワシもこんな授業を受けていればチョットは勉強
して、準優等生ぐらいになったんじゃないかと地団駄を踏んだものです。

我が愚ムスメが中学になった時、「日教組御用達の歴史なぞ勉強すれば救い難い馬鹿になる、近代から現代まではワシが自ら教える」と宣い、三年生まで
教えることになりました。 子供ですから国家間の力学などの理解は無理と思われ、その時代の代表的な人間の逸話を物語風に教えておりました。
例えば柴五郎の沈着果敢を慕った欧米オバンが少女のように頬を赤らめ付き
従がおうとした話などを・・・
結果はどうなったのか? ここでは書きませんし尋ねられてはなりませぬ。

ところで、李おじいちゃん、美女をヒシとカキ抱き、やにさがっておられる
ではありませぬか! だぁ~れも見苦しき哉とが申されぬのが哲人総統たる
所以なのでしょうかねぇ・・・ 不肖、私めがそんなポーズを取れば愚妻、
愚むすめ、衆人様方に何を云われるのやら・・・

とらこさま
日下公人長老の「日本発の世界常識革命を」からですね。 
李総統を彼岸で、こはると三四郎、そしてウラヌスもお迎えするんじゃ
ないかとアホ奴は妄想しておりますわ・・・
[ 2020/07/31 20:52 ] [ 編集 ]
彼岸のストーム
李登輝さんが2004年に来日された時、京都を訪れ、京大の農業経済科の恩師と再会された場面を思い出します。

「私が今日あるは、悉く先生のお陰です。」と述べる李登輝さんに、
「いやいや、君はもう天下人だ。」と返す先生、春風駘蕩として本当に和やかな光景で、見ているこちらも嬉しくなりました。

ただ京大が大学の自治を盾にとって、李総統を警護する警察官の入構を拒んだために、李登輝さんは大学に入れず、遠くから京大農学部の建物を眺めただけだったのは、残念でした。戦後の日本が李登輝のように立派な、かつての帝国臣民である台湾国民になお慕ってもらえるだけの価値があるのか、いささかの不安が頭を過ぎります。
 
これだけ立派な指導者を副総統に推した蒋経国総統の名も、わすれてはならないと思います。台湾が中共や北朝鮮とはまったく別の道を歩むことになったキーパーソンではないでしょうか。

李登輝さんはウチの父や大学の恩師とほぼ同世代の、大正生まれの戦中派ですので、その時代の人たちがみんな居なくなってしまうのは、いかにも寂しいです。逆に言うと、彼岸はますます賑やかになるようで。旧制高校名物のストームが始まりそうですね。ご冥福をお祈りいたします。
 

[ 2020/07/31 22:13 ] [ 編集 ]
7コメは
私の投稿です。
[ 2020/07/31 22:23 ] [ 編集 ]
今朝総理が李登輝先生のご訃報に会見された映像を、夕方のニュースで拝見いたしました。
横田さんに続いたご不幸の報に(気の所為かしら)大分気落ちされている様に感じました。

御葬儀に誰か日本政府の御出席があるのかどうか?武漢ウィルス拡散の時期なので外交上適いませんかしら。


末田軍曹殿
場所はお浄土に限定されますが、ほおずき様に連れられた三四郎・虎子・小春を思い浮かべました、ウルッ。

日教組が酷い、と聞きますものの私は年代の所為か「私が憲法です」と言い張る母の所為か、余り残念な歴史観を持たずに済みました。
実際、軍曹殿の様に実在の尊き人物の跡を辿る学習が一番だと改めて思います。

李登輝元総統に抱きついているのは、蔡現総統ではないかしら。あの図の様になさりたければ、美しく枯れることですわい。その前に奥方様とお嬢ちゃんの署名入り許可印を戴いて。


バロン閣下
そうですね。蒋経国総統は台湾統治の困難さと内省人外省人の軋轢に悩まれて、台湾は台湾人のリードが大事と李登輝氏を抜擢されたそうですが、そのご決断が当時どれだけ大変なことだったか、誰にでも出来るご判断と実行だとは思えません。

中国と違って、台湾は必要とする時に必要な人物を得られた幸運を思います。

それにしても、一国家の要人のSPを排除する京大は大バカ者ではないかしら。
京大構内では世界的要人の国際会議は不可能、という事ですね。どこまでも貫けよ、と嗤ってやろう。


[ 2020/08/01 00:38 ] [ 編集 ]
お悔やみ申し上げます。

年齢から大往生ですが、
肺炎の症状と罹患時期を考えると、
武漢肺炎の影響もあったのだろうか…
[ 2020/08/01 09:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ