FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  特定野党の合流などご勝手に ~ 但し「政党交付金の返還」からは逃げるな

特定野党の合流などご勝手に ~ 但し「政党交付金の返還」からは逃げるな

← 応援クリック、ありがとうございます。

 22日、幹事長間で調整が続く立民、民民の合流交渉に関し、民民から立民に対し、7月15日に提示された「申し入れ」に対する正式な回答が提出された。「申し入れ」の内容は、両党が解党し、合併して新党をつくることに加え、「新党名は、立憲民主党・略称通称:民主党とする」という内容のものだった。民民の解答はこうだ。

 7月15日付の「申し入れ」に関し、以下の通り、当方の考え方を回答いたします。

  • 両党解散による新党設立、選挙による新党代表の選出、両党協議による綱領作成に賛同いたします。
  • そのうえで、新しい政党がスタートするにあたって、より幅広い結集を図ることになるものと考え、党名についても民主的な手続きをもって選定すべきと考えます。ご検討を要請いたします。


 かなり控え目な言い回しで、新党名については立民の提案に対し、「民主的な手続きで選定」すること提案し、立民に対して「ご検討を要請いたします」としている。立民党の居丈高な姿勢に対し、民民は丁寧さでもアピールするつもりだったのか。

玉木と枝野


 この合流交渉について、民民代表の玉木はこう語っている。

 「いま国民がわれわれに求めているのは、与野党関係なく、新型コロナウイルス対策をしっかりやってほしいということだ。野党政局なんか見たくもない」

 「細かいところまで一致させなくとも、大きな政策の柱はいくつか合意しないといけない。(国民は)『何する政党なんですか』と思うわけだから、時間をかけても一致させようと提案している」


 これは至極まともな主張だが、枝野にはそう受け止められていないようだ。枝野は玉木の発言に対し、「交渉当事者ではない執行部の人間が外部に物を言うのは、まとめたくないという意思表示としか思えない」、「壊すつもりでないならば、余計なことを言うべきではない」と語っている。

 玉木は民民の代表である。交渉の直接の担当ではないが、同時に玉木は、民民党の支持者に対して立場を表明する必要がある。その意味では「余計なこと」とは言えないだろう。交渉に当たる幹事長は、党代表と所属議員、党支持者の代理人だ。幹事長がすべてを決めるわけではない。枝野は自分の党よりも支持率が低い民民党を、「立民党にすがるしかない」と足元を見ているのだ。この合流、仮に成就したとしても、良い結果は生まないだろう。

 この両党の合流などどうでもよいし、仮に合流するのであれば「民主党」という政党名を強く勧めたいが、我々の血税だけはきちんと返納してもらいたい。23日にBSフジのPRIME NEWSに出演した飯島勲氏が、両党が保有している政党交付金に対してジャブを打っている。


 両党が解散(解党)して、新たに政党を作るというのだから、両党で126億円+直近の交付金20億強は、当然返納するのだろう。総務省のHPには。政党が解散等をした場合、総務大臣は政党交付金の返還を命ずることができると書かれている。GO TOキャンペーンの業務委託費が高いだのなんだの、政府に散々難癖をつけた政党なら、同じく税金で構成される交付金についても、きちんと返納という手続きをしなければならない。そのうえで新党を作るなら、「勝手にどうぞ」というところだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/07/26 07:29 ] 政治 | TB(0) | CM(3)
武漢ウィルスで自粛要請期間は当然、その後も政治資金集金パーティを例年通りには開けない。秋にも選挙があるとして、その資金をどうしよう、というのが与野党共通の悩み、らしいです。
開けたとしても、今は後援者に一枚二万円のパー券裁きを頼めない。参加数も半分以下に抑えなければ武漢ウィルスの拡散疑惑を招く。などなど共通する諸問題、だとか。

共通ならばおおよそ公平の金欠選挙ですから、おカネがかからない選挙を今度こそ骨身に沁みて考え出せばよかろうが?と有権者の一人は思いますけどね。
なので、先日末田軍曹殿がご指摘の立民に依る民民金庫狙い説は大正解、と分かりました。天晴なご慧眼!

飯島氏の指摘する金銭問題は民間一般で言えば、名目倒産して隠しカネを蓄えていた、様なものでしょうか?
原資が国民の血税と承知していての隠匿ですね。つまり、国民の敵じゃ。今からでも遅くは無い!自首してカネ返せ!!!

それにしても枝野の物言いのナント傲慢なことか。今からこれではミンミンは合併しても皆兵卒以下の待遇でしょうかね。
合併推進に熱心な原口なんか、どう扱われるかこの合併唯一の見ものですけど、総じてミンミン議員は甘い期待は持たない方がよさそうですねえ。
予想するに、党の隠匿蓄財奪われて、特色ゼロになった元ミンミン議員は選挙に負けて残る選択は転職、も今のご時世難しいでしょうね。お気の毒に。
コレっぽっちも期待はしませんが、玉木、しぶとく信念(あれば)通りに頑張った方が良いのでは?と思います。

立民がこれまで共産党並みの「公約」宣伝していたのは、そうでもないと選挙区に共産党候補を立てられるから、という説がありました。立てられると共産党にも負ける訳だ?

合併したら一番に入ろうと考えているらしい枝野後見の野田ヌキ、「憲法や経済は党内に一部署を作っても出来る事」だとか。
憲法や経済策は立民側には一部署で済ませられる問題らしい。
野田ヌキは首相になる前は毎朝早くから地元の駅前に立って「憲法論」「経済対策」を必死に訴えていた、という写真付き記事を読んだのは、昔々の物語でしょうか。化けてたのねw

[ 2020/07/26 14:31 ] [ 編集 ]
無責任漢ども
持ち逃げすんなよ。

横領になるぞ。
[ 2020/07/27 00:26 ] [ 編集 ]
合流に因る政党交付金の取り扱いこそ焦点
そうなんですよね・・野党の合流は党名に拘る云々ではなく、実は政党交付金返還の課題があの者たちにとって焦眉の課題になってるんですよね。
しかし、立憲と国民が合流すると言っても、社会党と民社党が一緒になるのと全く等しく、両党合せた支持率を見ても、全く無意味な存在ですよね、立憲・国民という労働政党は・・https://eukolos.fc2.net
[ 2020/07/27 03:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ