FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  「誤報」で思考停止してはならない「立民・民民の合流」政局

「誤報」で思考停止してはならない「立民・民民の合流」政局

← 応援クリック、ありがとうございます。

 11日(土)の午後に、共同通信が配信した記事が物議をかもしている。

立・国合流、党名巡り難航 新党設立方針では一致 (共同)

 立憲民主、国民民主両党の合流を巡る水面下交渉が、党名を巡って難航していることが分かった。新党を設立する方針では一致したものの、立民の枝野幸男代表が「立憲」にこだわったのに対し、国民の玉木雄一郎代表は変更を要求。両党内では早期の衆院解散に備え、月内にも合流に基本合意する案が一時浮上したが、着地点は見つかっていない。複数の関係者が11日、明らかにした。

 合併方式については「対等合併」を訴える玉木氏に配慮し、両党とも解党して新党を設立する方針で一致した。関係者は「党名以外は折り合った」と明かした。

立・国合流、党名巡り難航


 ところが、立民、民民の両代表が、この記事を全否定。玉木に至っては、この記事が「誤報」であると断言している。


 捏造メディアとしては、朝日新聞が不動の地位を確立済みだが、最近では共同通信の台頭が著しい。先月には「日本、中国批判声明に参加拒否 香港安全法巡り、欧米は失望も」という記事を配信し、あたかも日本が欧米の対中路線を拒否し、孤立しているかのような記事を出した。しかし、これが事実関係を踏まえていない記事であるとの批判が噴出し、様々な検証を経て「捏造」と認識されるに至った。

 今回の記事も、記事の対象となる政党の代表ふたりから否定されているため、誤報に近いのだろう。しかし一方で、枝野の側が「国民民主党さんとは「水面下」の意見交換をしていますが」と語っている通り、「意見交換」という「合流協議」または「交渉」が行われていることは間違いがないと思われる。玉木も「何も一致しておりませんし何も決まっていません」と言い、一致や決定の前のプロセスにあることを仄めかしている。つまり、この共同の記事が「誤報」や「捏造」であったとしても、両党合流の交渉が行われていることは否定されていないということだ。

 言うまでもなく、立憲民主党と国民民主党の母体はあの“悪夢の”民主党だ。この2党の合流は、様々な経緯で袂を分かった連中の再合流以外を意味しない。何故彼らに合流の動きがあるかといえば、それはどちらの党も単独での力が弱すぎるからで、「政治勢力=数」という単純な論理が彼らを動かしていると見て間違いない。

 政党の力を示す意味において、確かに数は大事だ。だが、彼らが何故党を分かったのか。それは、民主党という政党が「失敗」したからで、彼らはその「失敗」の過去を払拭するために政党名を変更したり、分裂したりを繰り返したのだ。だから、彼らが再結集するとすれば、それは国民・有権者に彼らの「失敗」を再確認させるだけだ。そういう意味では、合流してもらった方が分かりやすいのかもしれない。

 安倍総理の任期や五輪の延期などで「9月解散」が囁かれるようになり、特定野党の連中も「このままでは次の選挙で戦えない」とばかりに、この合流の動きは加速すると思われる。ネットでは「もう、餃子民主党でいい」などとバカにされる合流の模索だが、選挙と数合わせのための合流なら、国民からのしっぺ返しが待っているだけだろう。反省しない者に成長はないのだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/07/12 08:31 ] 政治 | TB(0) | CM(4)
立憲民主党は税金生活党に名前を変えなさい!
 民主党の左派(みどりのタヌキに仲間に入れてもらえなかった)が立憲党を作ったわけだが何故だか民主よりも支持率が高い。民主の支持者は連合でも民間組合が多く支持者から飽きられているのに比して、立憲は自治労や日教組など生活の心配もなく政治運動に身を任せられる活動家を多く養っているからだろう。
 立憲など高邁な名前に負けていよう。そろそろ税金で生活しているモラトリアム政党として税金生活党に名前を変えてはどうか。名は体を表します。多くの国民から絶大なる支援を頂戴できるのではありませんか?
 日本を蹂躙するのもいい加減にしろ!
[ 2020/07/12 13:02 ] [ 編集 ]
隣国の大統領の妄想にも似て
 さすが共謀通信。
何が何でも野党を一本化して自民の議席をたとえ一つでも減らしたい。
そんな期待からヨタ記事を書いているのでしょう。
左翼ってなんでこう単細胞?
夢と現実の区別がつかない。

妄想から統一を目指す。
どこかの誰かと似ているな~。
なら、党名は「ともに民主党」でいいんじゃない?


でも実態から言ったら、先祖返りするわけだから
党名は「悪夢の民主党」できまりでしょ!

国民はもう二度と騙されないと思うけど。
[ 2020/07/12 22:35 ] [ 編集 ]
まだ元民主党トラウマが有権者に根を下ろしているでしょうから、イイよ一纏めになっても、と思いますが、選挙権が18歳からになりましたので2012年前後生まれの方々が有権者になる辺りが、反日野党の「騙し時再来」で、かなりご用心かなと思います。
それまでにアレラがブッツブレれば世界が救われますでしょう、と水晶玉が確実に予言する様な気も致します。

共同のその「情報」はミンミン玉木が言うように年初から何も進歩していませんね。
つまり、この記事を書いてほしい議員は安住某と原口某でしょうし、枝野も自分の名前を次期選挙後「首班指名」に書かせたい欲があるから「水面下」などと思わせぶりなことを言うのではないかしら。
取り敢えず「水面下」で進んでいる事があるとしたら、差し当たり窮地に陥る”脱立民入ミンミン議員”達はどーするんだろ? 見てよっと。

わざと書いているデマは「誤報」ではない。
チョウニチ新聞とキョドウフシンシャが競って飛ばず与太の後方に存在するモノは、同じ組織なのか別物なのか?ちょっと関心を惹きます。ちょっとだけね。


あーーー鹿島最下位だよ!どうするんだ!! 入れ替え無しで気を抜いてんじゃねーぞ!!! degozaimasuru
[ 2020/07/13 00:51 ] [ 編集 ]
実態は税金泥棒党
>税金生活党に名前を変えてはどうか。

その実態は税金泥棒党ですねw
フェイクニュース通信社キョードーの記事は
ぱよの願望でしょうなwww
それにしても、先祖帰りして「勝てるかも」と本気で思ってるなら
間抜け中の間抜けとしか言いようがない。
いくら武漢ウイルスで支持率落としても
安倍自民党VS税金泥棒党では勝負にならんでしょwwwww
[ 2020/07/14 10:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ