FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  宇都宮都知事に前川助平副知事というおぞましい構想

宇都宮都知事に前川助平副知事というおぞましい構想

← 応援クリック、ありがとうございます。

 東京都知事選で立候補している日本第一党の桜井誠氏が、虎ノ門ニュースを放送中のスタジオ前で街宣行動を行い、あたりが一時騒然となる場面があった。街宣といっても中身は抗議街宣のようで、ネットを調べてみると、抗議の発端は2年前の上念司氏(この日、虎ノ門ニュースに出演中)の「日韓断交と言ってるバカな右翼、だから右翼と言われる」と発言した事にあるようだ。その現場には、堀江貴文氏も公認していない「ホリエモン新党」なる政党から都知事選に出ている服部修氏も現れていたようで、もう何が何だかわからない。

 私のブログの読者にも桜井氏の支持者はいらっしゃるようだが、個人の価値観や判断に基づき、桜井氏を支持するのは自由である。しかし、客観的に見て、こういう行動は桜井氏にとってコアな支持層を喜ばせることはあっても、総体的には有利には作用しないし、選挙戦略としては失敗だろう。上念氏の発言を支持するつもりもないが、自分にて期待する勢力があるのは政治家にとっては宿命のようなもので、それにいちいち対応していては、政治はできない。

 一方、パヨ陣営も悶着を引きずっているようだ。私は田中龍作というジャーナリストを全く信頼していないが、珍しく彼が興味深い記事を書いている。立憲民主党は、前回の都知事選で宇都宮健児を事実上、引きずりおろしたという。当時民進党の幹事長だった枝野は、共産党の小池と、告示日3日前に宇都宮を呼び出し、「古賀(茂明)さんで行きますのでご検討ください」と言い、宇都宮に撤退を求めたという。それからたった5時間後に再び宇都宮を再度呼び出し、枝野は「鳥越(俊太郎)さんで行くことにしました。宇都宮さんが降りても降りて頂かなくても鳥越さんで行きます」と言ったという。1度ならず2度までも、宇都宮の立候補度妨害した枝野が、今回の選挙で山本太郎にも見限られ、最後の最後で宇都宮に抱きついたのだ。「まっとうな政治」が聞いて呆れる。

 さて、その宇都宮陣営だが、内輪だけで妙に盛り上がっているようだ。

宇都宮健児と前川助平


 この会話は本当にあったものだ。宇都宮健児が前川助平とYouTubeで行った「不屈の2人が、都政を変える!」という、失笑してしまうようなタイトルの対談があるのだが、その対談の最後に宇都宮が持ち掛け、助平がまんざらでもない表情で応えている。(発言部分

 悪夢のような民主党政権(実際に「悪夢」だった)というのはあったが、悪夢のような東京都政とも称すべき陣容だ。まぁ、投票日の後にこういう光景を見ることはないと思うが、構想だけでもおぞましいし、それを礼賛する共産党書記局長もおめでたい。私は都民ではないので選挙権はないが、こういう安直な構想を都民の良識が許さないことを確信している。

 宇都宮けんじ知事に前川助平副知事…。おぞましい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/06/26 07:09 ] 政治 | TB(0) | CM(8)
「前川助平」「ここがハゲあき」コンビで、元お役人のぼやき漫才でも始めたら?
この度の都知事選
消去法から小野泰輔候補が一番ましかなーと思っていました。
しかしこの小野候補。優等生過ぎてどうも線が細すぎる。
アクの強い候補者揃いの中で埋没してしまっています。
あのインパクトのない演説では集まった聴衆も途中で帰ってしまいそう。

 どうやら現職独走。盛り上がらぬ消化試合を展開中。

てなわけで、次点争いが最大の焦点だったが、俄然面白くなってきました。
立民が頼りにする連合は小池支援に回るとの報。
多少なりとも連合にまともなバランス感覚が残っていたことは評価すべき。

負けても懲りずに共産と組んで選挙をやろうとする立民は思考停止ですね。
枝野の脳内は共産に乗っ取られているのでは?
この期に及んで北朝鮮は仲の良い隣人などとタワ言抜かす文在寅みたい。

連合も共産と組むのは面白くないに決まっている。
自民党都連がこっそり小野候補を応援して2位、無責任無党派は山本太郎。

となると、宇都宮さん4位かもよ。
スケベ心を開チンしちゃった助平さん。
どうやらいきり立つ欲望だけが上滑りのようで・・。
政治家というよりも夢想家。
淫らな夢見て年甲斐もなく漏らさないようにね。






[ 2020/06/26 08:51 ] [ 編集 ]
宇都宮
共産
前川

スリーアウト、チェンジ
[ 2020/06/26 12:25 ] [ 編集 ]
赤サビ
前回の都知事選では途中から宇都宮某は小池候補に、「築地問題に協力したい」と申し出ていましたっけ。当然小池氏は冷たく底光りする微笑で「頑張りましょう」だった様な。

選挙前から副知事指名というのだけは結構なことだと思います。いろいろな意味でw
その指名された人物の座右の銘が「面従腹背」と言いませんでしたかね?「ワタシ裏切ります。奸物と言われても平気です」と公然と看板下げている者を首都の副知事として都民税で養う、というのですから、やっぱり宇都宮候補は頭脳が赤サビで回ってないのではないかしら。

他県の私には熊本県副知事から転身するという方が規模は圧倒的に違うとは言え、地方行政の知恵は備えているだろうと思える分安心かな?なのですが、熊本県も未だ大震災から復興半ばの筈で、その県の「副知事」の立場を放棄して都知事へ、というのは余り感心致しません。知事に縁切りされたのでしたら別ですが。

結局この知事選、嘘つき合戦ではないでしょうかね。「正直者」って誰の事?

[ 2020/06/26 19:42 ] [ 編集 ]
赤さび→好い表現ですねぇ
今晩は。今回の都知事選、ブレまくりの特定野党の動向が、宇都宮候補のイメージ
を 更に不良にしています。まぁただでさえ「国会前に例の少女像を!」なんて
宣うている所からアウトと拙者も思いますが。

「教育行政に長けているので副知事に」→あの前川助平元事務次官を以て充てよう
とは寒気のする所。それを小池日共書記局長が礼賛している辺りから、赤化教育に
走るのは目に見えてますね。

とらこさんの表現力は素晴らしい。拙者も心より一礼です。真性の「赤さび共」
に首都東京の教育を委ねてはいけません。ここの所は、東京都民各位に切に訴えたいですね。
[ 2020/06/26 21:14 ] [ 編集 ]
3・11の時は政権がアレでしたが、千代田のお城には陛下がおわして、西新宿の都庁には石原閣下が君臨されていたことで、我ら都民としてはそれなりの心の均衡が保てたような気がします。それが今では、官邸には不安がなくとも、基本引きこもりの内廷皇族と緑の狸が放し飼いになっている都庁ですか、どちらが安心して生活できるかは一概に言えませんね。

昔々、平幹二朗が主演する三島由紀夫作の芝居「我が友、ヒットラー」を観ました。芝居の最後に、舞台中央に歩み出たヒットラーが『そうです、政治は中道を歩まねばなりません」という甚だ印象的な台詞を吐くのですが、平幹二朗はこれを明らかに美濃部都知事の声色でやってました。「長いナイフの夜」で、党内の右派と左派を一晩で粛清した後の台詞ですが、独裁体制に持ってゆく前段階で、右と左を同時に切り、軍部や財閥、国民に中道政治を偽装するヒットラーの「政治的天才」ぶりを余すことなく描いています。ただその声が、美濃部都知事の声そのものだったのが、歴史に残る気色悪さとして記憶に残っています。

とらこ様のお言葉を借りれば、赤錆び集団にはもはやそんな凄味もなく、若い女性の貧困対策に、平たく言えばJ K対策に特化した副知事を採用するというのですから、男子生徒はどうなるの?法の前の平等はないのか、と元日弁連会長に突っ込みを入れたくもなります。こんなお遊びをしているうちに、緑の狸との得票差は、ダブルからトリプルまで拡大するのではありませんかね。

[ 2020/06/26 21:19 ] [ 編集 ]
HAKASE(jnkt32)様
バロン閣下
お読みいただきましてありがとうございまする。

枝野が担ぎ損ねた無職の党代表者・山本にしても、推薦の宇都宮候補にしても、結局は美濃部都政の様な金銭バラマキ”せいさく”しかないのだろうと思うのですが、お若いちゃん方には御存じない美濃部都政とは、例えば残業しなくても毎月残業代が一定程度給付されたり、有給休暇も豪勢にとれる、といった都労組の言うまま気ままで、結果、当然都財政がエライ事になった都政でした。
「ミヤコ商事です」と職員たち自身が笑いながら自分の就職先を紹介する様な、異様な時代でした。
たしかオヒダリ系が強い武蔵野市などもそういう無軌道な職員収入を導入していた様に記憶いたします。

そして、美濃部氏の声音は…ベタベタしい高めのモノで、大人の男性の声としては聞き苦しい感じでしたっけ。平さん、真似たのか。芸達者ではあるものの悪趣味!w

一体、助平を副知事に、という人選は誰がしたのでしょうね?
ふつーに考えると、当選する気がないセット案だと思うのですが、宇都宮氏が自ら奇特にも選んだのでなければ、案外宇都宮氏落としの為なのか?と疑いたくなる程あり得ない人選に感じます。
四年前の宇都宮氏への「借り」を返す為の登録であっても、初めから当選は捨てていそうな共産陣営なのか?
共産小池なら、助平の加計批判・反安倍言動を利用できた「御礼」で。
これで二者への借りは返したことになる、と手前勝手な計算をしてそうな、と思うのはこちらの邪心かしら?

ところで緑タヌキさんは、武漢ウィルスを少しでも制圧する気がないのか?「夜の街」批判はしても実質野放しの都の様に感じます。
[ 2020/06/27 01:41 ] [ 編集 ]
うんちのみや べんき

まえだし すけべえ
ですか。
おげひんこんび ですね。
[ 2020/06/27 14:32 ] [ 編集 ]
アカ固め
前から助平を副知事候補に据えるのは
アカい勢力を山本ゴキ太郎に持っていかれないようにするためか?www
クズ同士の骨肉の争い、おもろいねwww
だが緑の狸オバハンは安泰だから、つまんねぇ都知事選だよねwwwww
[ 2020/06/30 10:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ