FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  トランプ氏の動きを利用し、国連という戦後レジームからの脱却をはかれ

トランプ氏の動きを利用し、国連という戦後レジームからの脱却をはかれ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 今年のG7のホスト国は米国だが、トランプ大統領は先日までリモート会議ではなくワシントンで開催する方向で調整してきた。だが昨日、トランプ氏はこのサミットを9月まで延期し、中共問題を議論するため、オーストラリア、インド、ロシア、南鮮の首脳も招待する考えを示した。トランプ氏は、「G7の国々は時代遅れのグループで、世界の情勢を適切に対処する国々だとは思わない」とまで言っている。

 豪州、インドはまだしも、ロシアと南鮮というのは「どういう風の吹き回しだろう」との印象を受けた。言うことを聞かないロシアと、どう考えても先進国という呼称が相応しくない南鮮。呼んだところで、話がまとまらない方向にしか作用しないように思われる。しかし、これはトランプ流の「中共包囲網」なのだ。ロシアにとっては「Gの枠組み」に復帰するチャンスだ。ロシアがG8の一角としての地位を失ったのは、2014年のクリミアの自国への編入のときだ。無駄に見栄をはりたい南鮮にとって、「G」の称号は天から降ってきたプレゼントになる。

トランプ


 日本を含め、G7のメンバーにとってみれば、ステークホルダーが増えるだけで、あまりメリットがないように見える。だが、トランプのやっていることは、戦後秩序の破壊のひとつとして見れば、あながち悪い手でもないように思われる。そのひとつが、米国のWHOからの脱退表明だ。

 トランプ氏は29日の記者会見で「WHOとの関係を終わらせる」と述べたうえで、WHOに対して拠出している資金を別の目的に充てる考えを明らかにした。早くもWHOに代わる新組織を立ち上げるといううわさ話があるが、現時点では何も明らかにされていない。それでも台湾はこの判断に少なからず湧いており、陳時中・衛生福利部長(大臣)は30日の記者会見で、「米国が脱退し、新たに信頼できる(国際組織の)枠組みができるなら台湾も参加したい」と語っている。キンペーら中共指導者の連中の苦虫を噛み潰したような顔が思い浮かぶ。それでも恐らく、テドロスの首は飛ばない。中共がバックアップしているからだ。

 トランプ再選が絶対条件になるが、この動きはWHOのみならず、国連改革にまで波及する可能性もある。国連はいわゆる戦勝国とされる米、英、仏、露、それに中共が常任理事国という絶対的地位を占め、拒否権という特権を持ち、意思決定をコントロールしている。日本やドイツをターゲットにした敵国条項は、いまだ存在する。トランプ大統領が「G7は時代遅れ」というなら、国連もその例外ではない。

 拙ブログでは、4月23日のエントリーで、「日本としては、WHO改革の動きが国連にまで波及させられればベストである」と書いた。安倍総理が「戦後レジームからの脱却」をまだ忘れていないのであれば、このトランプ氏の動きを利用してみたらどうか。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/06/01 07:10 ] 外交 | TB(0) | CM(10)
ん~~~~ そうかしら?
「時代遅れ」と言われた欧州勢は完全に米国から離れるかもしれませんね。
そしてアジア太平洋に米国がシフトしたと見るのではないでしょうか。
国際社会の分裂を誘導しかねないトランプ構想には、日本は静観するほうが良いと思います。

日米印豪のダイアモンド構想に露と南鮮を入れるなら、別にG7に関係なく出来ると思いますが、信用一つできない露と南鮮が入る会議は時間と神経の無駄だとしか、私には思えません。

南鮮には米中どちらに付くのかの踏み絵でしょうし、露国のウクライナ問題を気にしない、というトランプ大統領のシグナルなのか?
16年の米国大統領選に介入したという露国を国際会議の正メンバーにするなら、国際社会より米国内が認めるとはちょっと思えないです。

米国内全土に広がりつつあるとかのデモと暴動への誠実な沈静化の方が今トランプ大統領の為すべき事ではないのか?

国際連合やその下部組織からの脱却は、また別の問題だと思います。
武漢ウィルスの二波三波が予想される今、日本政府が成すべきは日本を作り替える事ではないか、と思います。たとえ部分補修であっても。
傍若無人の中共に実質的に何もできない現在のままであって良い筈がないのですから。
[ 2020/06/01 17:38 ] [ 編集 ]
知恵の木
正直言って、このトランプ大統領の発言には期待より不安しか抱けません。西側世界のリーダーとしてはあまりにも軽い印象です。

「時代遅れなヨーロッパ」という言い方も、丁度イラク戦争に際して、当時のラムズフェルト国務長官が、地政学的な要件から米国を支持するポーランドやバルト三国を「新しいヨーロッパ」として称賛し、開戦に懐疑的な英、仏などを「古いヨーロッパ」とくさした態度を想起させます。その後、これを逆手に取ったフランスの、教養のある貴族出身のドビルバン外相に、安保理事会の席上で『米国は古きヨーロッパの、知恵を聞け!」とやり返され、ドビルバン外相は拍手をしないことが慣例の、安保理事会で万雷の拍手を浴びたとか.キザったらしいドビルバンに見せ場を作ってやるだけの結果になりました.

それは関ヶ原の決戦場で、いつまでも向背をはっきりさせない小早川勢に鉄砲を射かける胆力は天下人として必要だと思いますが、あんまり安っぽく空鉄砲を射かけても効果がなくなります、と言っても、アメリカ人のトランプには通じないか。
 
だいたい全米の各都市で引き起こされている人種暴動の規模から見ても・6月にG 7を開催できる状態とは思えません。ロシアと南鮮を入れての9月開催というのも、延期の口実に過ぎないのではないでしょうか.

そうこうしているうちに、東京は渋谷で、米国の人種暴動の模倣犯?みたいなのが起きました。毎日新聞の記事ではこの自称クルド人が警官2人に押さえ込まれて暴行を受けたということですが、しかしこの動画では取り押さえる前の状況がまったく判らないのです。

この自称クルド人は立件民主党、共産党と昵懇な人物だそうで、さっそく反差別のデモ隊が渋谷署に向かったと。その数、公称2百人実数50人とか。メンバーの面はバレバレですわな。しばき隊界隈のお兄さま達であったような。中には米国のアンティファイの旗を掲げていた者がいました。このアンティファイは反差別を口実に暴力を振るいまくる集団で、今回の暴動ではトランプ大統領からめでたくテロリスト団体に指定されています。

世界大戦の前哨戦はすでに始まっているのです。日露戦争の時に、日本にはヨーロッパで謀略を講じた明石大佐という有名な士官がおりましたが、逆も真。不平不満を持つ分子を扇動する輩が実はコロナウィルスの育ての親とか、あり得る話ですので、皆様、十分にご注意を。

[ 2020/06/01 22:44 ] [ 編集 ]
企業が国を支配する新自由主義、グローバル化幻想
思うに、米国は他国の問題に過ぎないような事にも余計な首を突っ込みたがる為、紛争を大きくしているように思えます。

日本ではバブル崩壊後、米国製の新自由主義を導入した当たり(2000年頃)から発生している問題で、それまで雇用問題はそれほど目立った事は無かったのですが、明らかに非正規雇用が増大し、雇用が厳密に守られなくなってきたわけですね。

同時に売国奴も多く出現し、特に2010年あたりまでは酷い有様でしたね。民主党は論外でしたが、自民党も小泉政権などは特に酷かったと思います。

トランプ大統領のグローバル化からの脱却はむしろ妥当と言えるでしょう。現在は企業(株主、投資家)の力が国家の力を越えてしまっている為、国家が企業(株主、投資家)の言いなりになっている側面が強く、雇用問題なども厳密に守られているとは言い難いですね(首を切りやすくなっている為)。

現在でも、この新自由主義から抜け出せているとは言い難いですが、米国との関係などもあるため、難しい舵取りを迫られていながら、よく付き合っているな、と思いますね。

自称クルド人は何者なのでしょうね。クルド人なんて中東の民族問題に過ぎないはずなのですが、何故ヨーロッパよりも遥かに遠い日本に来ているのか不思議でしょうがないですね。

アンティファ?なるものも米国のゴロツキの印象がありましたが、なぜわざわざ日本に来ているのかと思いますね。米国というか、西洋には確かに人種差別の歴史があったため、まあ理屈として分からないわけでもないのですが、日本に来ているのは明らかにおかしいですね。

とにかく、現在の企業主導の新自由主義、グローバル化幻想は、国民の権利がまともに守られるようなものではない事が明らかである為、それから脱却しなければならない事だけは事実だと思います。

[ 2020/06/02 01:21 ] [ 編集 ]
対キンペー包囲作戦
トランプ様がここまで露骨に包囲作戦を表明するなら、ぜひ才媛総統・蔡英文も
招くべきであり、日本はトランプ様に蔡閣下も招くように進言して下さいと官邸に
メールを送っております。 

蔡閣下が参加されればキンペーには毒塗りサーベルの一太刀になるのでしょうし
文寅にも脅迫的な踏み絵になりましょう。 結果を見てから南鮮を切り捨てるなら
大義名分が立ち易いと思われます。 米軍が南鮮から撤退し、その人員を対馬や
台湾に回すなら慶賀の至りですわぃ~

キンペーはトランプ様に貿易戦線で押しまくられ武漢ウィルスの伏兵に挟撃され
戦力を失っています。 そして今さらなる包囲網が築かれんとしていて進めば奈落
引けば亡国と進退窮まりているのでしょう。

包囲された時の基本戦術は弱い戦線の一点突破で対象は日本としか思えません。
自衛隊は曖昧模糊たる呪文で縛られ、スパイ防止法も無く、緊急事態には国民に
「お願い」しかできぬ国なのですから。

支那のお得意戦術はマネトラ・ハニトラ・恫喝、等。
今まで以上に売国政治家やマスゴミにカネが流れ、日本企業を恫喝することで
国会審議の全てを妨害しようとするのでしょう。 また、クルド系とかの不逞らが
首都の治安と安寧を損なおうとすることも増えるのじゃないかしら。

キンペーの国賓中止は勿論、外交官、王毅らを’ペルソナ ノン グラータ’として
叩き出すことで抵抗すればよいと思えるのですがねぇ・・・
[ 2020/06/02 12:39 ] [ 編集 ]
混沌だらけ
今更G7サミットの本来の目的を言ってもネ、とは思いますが、世界経済の課題を論じる為の会議の筈。
そこへ貸主募集の貧困街道驀進中の南鮮や、収入源の石油ガスの価格ダダ下がりのロシアを入れて、何をする気なのか?

中共包囲と推測はされていますが、約束も条約も守らない南鮮はいくらでも踏み絵の上で四股を踏むでしょうし、武漢ウィルスでキンペーに腸煮えくり返っていると言われるプーチンはウィルス以外では決して西側陣営に留まる気のない氷の帝王でしょうに。
開催国の権利でアウトリーチに招待するだけならどこから文句を言えない事ではありますが、開く前から雰囲気悪い会議になりそうな予感です。

蔡総統のご招待は、トランプ大統領が本気で中共包囲を考えるなら是非とも、と安倍総理にお勧め願いたいですね。

今は世界中で武漢ウィルスが原因の長期間強制外出禁止や要請で、国民のストレスが種々に蓄積されているのですから、暴徒化したがる集団にきっかけを与える方が負けだと思います。
ましてや根深い人種差別問題を抱える米国で。
ニセ札使用の疑いを検証したくても、被疑者を死なせては真っ当な裁判の証拠を自ら失わせたも同然で、自制心が効かない警官のなんと愚かなことよ、思うばかり。

トランプ大統領がご指摘の「テロ組織」が”アンティーファ”と呼ばれる極左過激集団だというのが、おかげさまでようやく理解できました。
そしてその旗を掲げる輩が日本にも現れていた、と。
渋谷警察前の騒ぎの経緯をネットで探って、トルコ人がクルドを嫌う理由もわかる気が致しました。
クルドの一部と立民とアンティーファ。公安案件になる資格ありそう。
[ 2020/06/02 14:13 ] [ 編集 ]
とらこさま 畏れながら申し上げます
馬渕睦夫さんは日本の永続的な安定を考えれば、今以上にロシアと親密な関係を
築くべきであると縷々切々と述べておられます。 その理由は、

☆ 宗教がロシア正教(ギリシャ正教)でありユダヤ教やキリスト教の原罪説では
   なく性善説で同朋と認める者に強い慈しみを持つ。 「母なる大地」と生まれ
   育った祖国に強い帰属性を持ち日本人の価値観と相通ずるモノが多い。

☆ 今までロシアが日本にもたらした種々の厄災はソ連時代のものであり、それは
   ユダヤ系が作った政府で現ロシア政府と区別して考えたほうがよい。
   理屈を掲げて強引に施行し従わぬ者は非情に粛清。 これはユダヤ教的な
   処断でキリスト教も然り。

   例えば共産政府は働く者の政府でありカネなんぞ無くとも幸せに暮らせる、
   カネなぞ持つのは背徳と極みと宣い、ロシア人がコツコツ貯め込んだ金貨を
   尽く没収。 抵抗するお金持ちのトワダニコラ・トラコツカヤ様なんぞ
全財産を強奪され即惨殺。
   日本人の一万人弱が騙し討ちでなぶり殺しにされたニコラエフスク事件は
   赤軍パルチザンの仕業(尼港事件)。

☆ プーチンはパトリオット(愛国者)であり強権的に見えるのは崩壊に付け込み
   国際金融資本の後押しで金鉱や油田を簒奪したユダヤ系政商奴から
   ロシアの国富を取り戻すため。 民衆も概してプーチンを支持。

☆ クリミア強奪となったウクライナ危機も仕掛けたのは国際金融資本。
   彼らにとり国益を守ろうとする愛国者は邪魔でしかなく、なんとかプーチンを
   潰したい。 武装集団を送りクリミア地方のロシア系住民の殺戮を行い、
   ロシア対東欧の地域紛争を起こし、世界的なロシア批判でプーチンを潰そうと
   した策謀。 

   当時のUS国務次官補ビクトリア・ヌーランド(ネオコン 女性)が
ウクライナでクッキーを配りつつデモを扇動している動画がUPされている。
   また米ネオコンからウクライナ政府に次期大統領はプーチンに強硬なXXが
   がよいと述べている盗聴電話が公表され、米国はこれを否定していない。

☆ プーチンは日本の協力によるロシアの発展を渇望しており、政権に就いてから
   幾度も声明を出している。 「我々はロシア民族の伝統的な価値観と慣習を
   を保ちつつ次世代の社会を創りたいのだ・・・」と。

   キリスト教的な倫理と価値観と異なる固有の民族の価値観と伝統を保ちつつ
   近代化を成し遂げた国家は世界で日本しかない。 プーチン声明は日本への
   強いラブコール。

   ソ連が崩壊し国際金融資本(ユダヤ&キリスト教的な)にロシア国富を簒奪
   され国民が食うに困り民族の分解を甘んじるほど困窮したロシア・プーチンが
   見た一抹の光が日本との提携であり、恐らく安倍総理もこれが解っている。

☆ トランプもパトリオットとしての立ち位置から政策を進めようとし金融資本家に
   とってまことに目障。 だからUS主要メディアが挙って反トランプ&
プーチン。トランプは金融資本とメディア牽制としてプーチンと意思疎通
を密にしたい。
   彼は立候補した時点でロシアとより緊密な関係を作る、と再三述べている。
 
(米国大統領選挙にロシアが介入したというのは米国民主党とメディアの難ぐせで
 日本のモリカケと同じ。今、米国では話題にもならないとケント・ギルバートが
 語っております。 末田)
                  * * * * * *   

馬淵さんにロシア人と日本人の感性は相通じる処が多いと言われてみれば、、
明治から昭和にかけてロシア文学に傾倒した文人が多く、庶民もロシアモノが好き
だったように思えます。 アホもガキの頃、子供向けのショーロホフ・「人の運命」
(盗作とされる?)を読み戦慄のような感銘を受けた記憶があります。

オーディオが普及した昭和の御代はロシア音楽が流行りロシア民謡喫茶なんかも
あったのだとか・・・  若かりし頃コーラス部であられた閣下は今でもロシア民謡
なら朗々? 切々? や~さし~く? 「バルカンの星の下に」など歌われるの
ではありませんかねぇ・・・

「誰が何を云おうが、粗暴な露熊なんぞ、デェ嫌いじゃわい、フン!」とのお気持ち
は充分お察し致しておりますが、ご参考になればと思いUPします。 だって米国は
敵を誤り、突如として善良の民に狼藉を働くアホ国家ですから露熊と多少親密でも
わるくはありませんからね。
[ 2020/06/03 12:38 ] [ 編集 ]
スエダニフスキー様 畏み御申し上げまする
ウクライナ大使をされた馬淵氏のご健筆のご紹介、ありがたく頂戴いたします。
虚心に参考にしつつ、これから考えます。

で、プーチンさんが北方領土を返してくれたら無条件に信じたく存じます。(だってサ~ あの人ソ連時代の所属機関がアレでしょ。という気持ちを捨てきれませんゼ。)

甘言ちょっと出しにして安倍さんから上がりをかすめ取る事を繰り返している様にしか見えないんですよね。当方の心が曲がっているからかしら。
樺太のガス開発では三井グループが設備のほぼ完成まで工事した途端に取り上げて日本は丸損で放逐されたのではなかったか?あれもプーチン時代だった様な気がするのですが・・・うろ覚えです。

70年間宗教否定の共産国だった現ロシアに、どれだけロシア元来の宗教心を持つ人が残っているのか?
ロマノフ王家のロシア正教は十字架ですよね?王朝とは別に庶民の宗教があった、という事?
ユダヤ系のソ連時代に、何故シベリア送りのユダヤ人が居たのだ?
頭混乱じゃ!

昭和時代の歌声喫茶でロシア民謡が多く歌われていたというのは知っております。大抵は東大などの赤味罹った学生さんや元学生さんが「お歌の指導」をしていたらしゅうございます。
知らずに行ってそちら方面に勧誘される人もいたとか。それを聞いてオチョクリにわざわざ行った友人が居りまするw
昭和時代はソ連時代ですからね。

尼港事件の直後に石光真清さんがお仕事柄現地に入っての実見描写が氏のご著書にありました。
赤色パルチザンの他に多くの中国人、朝鮮人も加わっていたそうで。殺害方法は後の通州事件と似ているそうですね。
決して忘れまいぞ。 小樽で毎年供養されているのではなかったでしょうか。
[ 2020/06/03 19:57 ] [ 編集 ]
ゆめをよろしく
プーチンには娘が2人いて、とくに次女のエカテリーナさんが美形らしいです。数年前、世界中で一番敷居が高い独身女性として話題になりました。末田軍曹殿、何とかなりませんかね。旅順口閉塞作戦で戦死した軍神広瀬中佐には、ロシアに恋人がおりましたよね。あのプーチンに「お父さん、お嬢さんを下さい」と言うのは、正直北方領土を返せ、と言うのより、1万倍の勇気が必要でしょうが、そこはそれ愛国者同士と言うことで。大丈夫、お骨は拾って上げます。

プーチンが尊敬する君主の2人がピョートル大帝とエカテリーナ2世であったような。

ロシアと言えば、遙か上空から白樺の並木道が見え、炭焼き?小屋か何かから白い煙が上がっているだけでも、メロメロになるぐらい好きな世界です。映画の203高地で、戦死したロシア兵が小山のように積み上がった屍体の前で、ロシア正教の僧侶が香煙を撒きながら礼拝式を司っているシーンに、バラライカの演奏で「バイカル湖のほとり」が重なるとこなど、ほとんどメロメロ状態です。正直、ロシアの物にはアメリカにはない深さと高貴さを感じます。

ただ問題なのは・プーチンが軍曹殿の仰るように愛国者であったとしても、名だたる権力政治家のプーチンは、あくまで自国の国益を追求するであろうこと、この場合、日本と中共を両天秤に掛けることは明らかでありましょう。プーチンは習近平にロシアの最高勲章聖アンドレイ勲章を贈っているそうで。このレベルで問題なのは、常に脆弱すぎる日本なのではないかと。プーチンはエリツィンのマネーロンダリングを追求しようとした検事総長を女性問題で失脚させた男ですからね。別名「灰色の枢機卿」と言われていたらしいです。そのことで、エリツィンの信頼を得たことが、後の躍進に繋がったらしいです。並大抵の男でないことは間違いありません。とりあえず、秋田犬の「ゆめ」は可愛がってくれているようですが。

[ 2020/06/03 22:58 ] [ 編集 ]
うん。この際スエダノビッチ様は独身という事にいたしましょうw
なんたって美女ですぞ。
奥方とお嬢ちゃんには国益の為にモナコ辺りで豪華別居生活を安倍さんに提供して戴いて。と。

プーチンもテロどすも祖国的には愛国者な訳で、国際社会ががどう見ようと有権者が良ければ良いのですからね。

ロシアは何故か幻想を抱かせる大地で、バロン閣下の憧憬の念は分かります。食事は美味しそうでもなく、日照時間は短く、冬の寒さは途方もなく、お土産は日本の入れ子からヒントを得たというマトリョウシカだけだとしても、何かひきつけて止まないものがある様に思います。

であっても、返せ!北方四島!!!なのです。シベリア抑留だって日本人は忘れてはならんのです。

確かに、スエダノビッチ・スエダニフスキー様が仰せの米国のいい加減さには、日本も焦土にされたり大迷惑なことが多くありましたし、あります。
世界に地域の混乱を招く陰謀も数知れず、の様です(これは古来から傲慢国に共通ですが)。
なので、如何に同盟国でも永遠だとは思いません。
一方、今の日ロで言えば、必ずしも日本に弱みがあるわけでもない、気が致します。軍隊が無いだけで。
御説の両天秤に掛けて、いるように見せるのも良いと思います。それをし続ける根性の日本で居られれば。

日米露中の内一番脆弱なのが日本でも、「柳に雪折れ無し」なら行けるかもw シタタカじゃないと出来ませぬが。

[ 2020/06/04 00:18 ] [ 編集 ]
極東バルバロッサ作戦 

エロ奴がゆめちゃん二世となってプーチン要塞に突撃でございまするか、、。

いきなりエカテリーナ宮殿に闖入致して「プーチン御令嬢をワシの妻と娶りたい!
皇帝陛下にこの旨、確と伝えられい、」と申しましてもその場で撲殺、北極海に
捨てられるだけじゃぁ、ありませんかねぇ・・

軍略の常道と致しまして、まず敵情視察を行わねばなりませぬ。
スゴ腕の口入屋・十和田屋の女将さんを斥候兵として送りたいと存じまする。
 
依頼方法は勿論にしてソ連式。 女将さんの御主人・愛ネコ・現金などの全資産を
差し押さえ、「そのほう、ロシアに出張りプーチン御令嬢の嫁取作戦をつつがなく
進行するよう手配と段取りを致せ。首尾よくいけばもちろん褒美を取らせるが、
さもなくば・・・ 」 でございますわ。
         *   *   *   *
バロン閣下の仰せのとうり軍隊の裏付けが無ければ唯々ムシられるだけでしょう
から馬淵さんの御説が理にかなったものであれど積極的に援助すべきではない
と思います。

差し当たってやるならロシア娘をアゴ足付の奨学生として迎え入れ馴染んだ者
だけに労働ビザを出すのもよろしいかと。 
ロシア娘は、良妻賢母にして夫に尽くし、子供を慈しんで育てる殊を旨する、と
仄聞しておりますで、想像をめぐらすだけで楽しゅうごさいます、ハイ、、。
[ 2020/06/04 12:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ