FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  緊急事態宣言解除は、国民だけでなく、政府の勝利でもある

緊急事態宣言解除は、国民だけでなく、政府の勝利でもある

← 応援クリック、ありがとうございます。

 安倍総理が昨日夕方会見を開き、武漢ウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の解除を発表した。4月7日に宣言が出されて以来、48日間、ほぼ全ての人々が初めて身を以て体験する状況だったが、まずはひと区切りだ。恐らく、第二波や第三波もやってくるだろうが、気を引き締めて臨みたい。冬が来てまた感染が爆発するなどという状況は、国民が協力して食い止めたいものだ。

 安倍総理は会見で、「日本ならではのやり方で、わずか1カ月半で流行をほぼ収束させることができた。日本モデルの力を示した」と語った。もちろん、多くの国民の高いモラルや協力があったことは確かだ。左派の中には、「政府が頑張ったのではない。国民が頑張ったのだ」などと、政府の功績をなかったものにしようと躍起な人もいる。しかし、これは明らかに間違いだ。もちろん、国民の頑張りや協力がなければ、この結果は生まれていない。それと同時に、国民を信じた政府という、国民との相互協力の構図がなければ、良い結果を得ることはできなかっただろう。この宣言解除は、国民の勝利であると同時に、政府の勝利でもある。

安倍総理


 安倍政権の支持率が下落傾向にある。検察庁法案改正という反アベ勢力によるプロパガンダが、無党派層を引きはがしているのだと思われる。自民党は、2011年の東日本大震災の後、当時の民主党政権の足を引っ張ろうとはしなかった。結果的に、民主党が自滅していっただけだ。1927年の世界大恐慌以来の出来事と言われる現下の地球規模の武漢ウイルス感染爆発という未曽有の危機で、立憲民主党をはじめとする野党の連中は、安倍政権の足を引っ張りまくっている。このことは絶対に忘れてはならない。

 安倍政権が支持率を落とし始めても、彼ら特定野党が決して口にしないセリフがある。それは「解散総選挙」という野党の切り札だ。彼らは「安倍内閣退陣」とか「総辞職」とは言うが、解散総選挙を求めてはいない。チャンスなのに、である。毎日新聞がセンセーショナルに報じた「安倍内閣の支持率、27%」と同じ調査では、立憲民主党の支持率は僅か3ポイント上昇の12%。5%減の自民党支持率の25%の半分以下だ。同じタイミングでの朝日の調査では、自民党は4ポイント下げて26%だったが、立民党は5%。前回から1ポイントも上昇していない。

 コロナ以外の現時点の国難のひとつに、尖閣における中共の挑発がある。立憲民主党の公式サイトでその尖閣を検索してみると、ヒットする記事はたった3つ。2017年と2018年の枝野による代表質問と、沖縄で開かれたタウンミーティングの記事だ。すべて政策以外の発言だ。尖閣ひとつとっても、彼らは政策を立案できないのだ。私を含め、多くの人が「政策がなく、政局ばかり」というのは、まさにこのことなのだ。こんな政党に政権を担当させるというイマジネーションが湧かないのだ。

 一時はPCR検査不足などと批判ばかりしていた海外メディアも、日本の武漢ウイルス克服を称賛し、その視点は「日本から学べるものはなにか」に変わりつつあるようだ。某次期首相候補のように、パヨクや左派メディアの流れに乗って、「けじめがついたら、職を辞すというのも一つのあり方だ」などと、危機に乗じて背中から矢を放つ愚劣な政治家もいるが、この武漢ウイルスにおける対応で、死者数を欧米とは比較にならない程度に留め、飢える人を出さず、大量の失業者も出さず、金まで支給してくれる政府に「辞めろ」と言うのは、政策云々の前にただのアンチでしかない。

 120日も不休で陣頭指揮を執っているという総理には、少し体を休めていただき、引き続きしっかり国の舵取りをお願いしたい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/05/26 07:10 ] 政治 | TB(0) | CM(11)
政府ではない。それは日本国民の犠牲の上に
相変わらず政治的思惑で物事を決めている。
政府決定を専門家会議に諮問するとは。
あるブログでは政府支出を絞り込むための解除ではないかと
警告しているが、第二次補正予算の「真水」は第一次より
少なくなりそうだ。おまけに、武漢ウィルスパンデミックに
第一の責任がある国の元首を国賓招待するためにも武漢に
見習って解除は早くしないといかんしね。

第一の功労者は政府ではない。国民だ。
その国民の生活の支援は相変わらず「貸付」なのか。
[ 2020/05/26 11:48 ] [ 編集 ]
Re: 政府ではない。それは日本国民の犠牲の上に
> 第一の功労者は政府ではない。国民だ。

誰が優劣で物事を語ってますか?
[ 2020/05/26 11:56 ] [ 編集 ]
ええっ?なぜ優劣で語ってはいけないのですか
ちび・むぎさんの発言はあってもよいものだと思いますが
[ 2020/05/26 15:31 ] [ 編集 ]
何としても政府を貶したい奴が多いな。
あんたらにはアカヒに通ずるイデオロギーを感ずる。
[ 2020/05/26 16:22 ] [ 編集 ]
情弱者を減らすためにフェイクTVのCM削減を!
 反日4バカ野党とマスゴミの存在で安倍総理の疲労も極限かと心配します。国会審議は一切見ませんが反日4バカ野党による針のむしろで無駄な時間を取られる総理は大変な疲労感を持たれることでしょう。
 マスコミへのクレーム窓口はすべてお気に入りに入れていますが彼らにとってはカエルのツラにしょんべんで痛くも痒くもありません。
フェイクを報道したCM会社に都度企業責任を追及する質問と不買の宣言を致しましょう。テロ朝の昨季4半期の60%を超える利益の減少はこうした効果だと思います。

 安倍総理を左から中央に戻すネット政党です。是非ご参画下さい。
https://www.sanseito.jp/
https://www.youtube.com/watch?v=2yca5DIbteg

[ 2020/05/26 16:49 ] [ 編集 ]
外出禁止『令』を出した国々の状況を見れば、『要請』できっちりと自粛して結果に繋げた日本国民はすごいと思いますよ。
ですが、ケンサーズの罵詈雑言を浴びても揺るがず、医療崩壊を防ぐことを第一にした政府の判断もまた素晴らしい。
そして、懸命な医療で危機を脱した(まだ油断はできませんがね)医療関係者の献身的努力もまた見逃せない。
優劣をつけるなんて考えられませんね、そもそもなんにでも優劣をつけたがるのは……。

[ 2020/05/26 16:52 ] [ 編集 ]
安倍総理と内閣、専門家、医療関係者に心底から御礼申し上げます
総理が初期から国民の一致団結、協力大事と仰せでしたのに、「政府じゃない国民だ」という二者択一思考の貧しさに同乗致します。
どの国民の中には協力する気もない人々もはっきり居りましたのに。

安倍内閣が集めた感染と関連専門家のレベルが相当高く、その方々の誠実献身が得られた事、そこから国の方針を国民に示し、協力を乞い、今現在があることは誰にも否定できないと思います。邪心者は別ですが。

何よりも疲労困憊の毎日と謂れのない差別に遭いながら、防護服一切の不足でご自分の身の危険も感じながらの、全き挺身で感染者に向き合って下さる医療従事者と院内従事者の方々に、心より御礼申し上げたいと存じます。

総理も最近こそ土日は午後からのご公務ですが、当初しばらくは連日早朝からの勤務で、何時倒れられても不思議ではない御健闘。感謝以外の何ものでもありません。

まして、反日勢の根拠も心の欠片もない、安倍内閣嫌がらせ宣伝活動。彼らの必死さは共産中国の動きと連動している様にも思え、特に毎日朝日共同通信社の拍車がかかった捏造報道に気を付けたいと思っております。

急激な内閣支持率の下落は、毎日新聞社係の従業員三名だという「調査会社」の”お仕事ぶり”の怪しさを、ネットで見かけました。
とかく宣伝活動はロシア革命の昔からオヒダリさん方の得意とするところで、コロリと騙される人も少なくないのでしょう。
充分過ぎるほどに気を付けたいものです。


秋篠宮家の皆様と所員が、宮様が総裁をされている済生会病院の説明を受け、ポリ袋を利用した簡易防護服を御つくりになって現在300枚贈られたそうです。

[ 2020/05/26 18:30 ] [ 編集 ]
書き出しの
 同乗=同情、 どの国民=その国民 に訂正いたします。
[ 2020/05/26 18:37 ] [ 編集 ]
とにかく政府と国民を対立概念に置きたがるお左さんたちは、今回の緊急事態の宣言から解除までに政府は何ら関与しておらず、国民が何処からの指示もなく、自主的に言わば国民運動的に行ったものだ、とでも主張したいのか。軍隊なしの世界平和を妄想し、政府組織なしで国民が成立すると思うのは勝手ですが、この「イワンの馬鹿」はコロナ相手には通用しません。相手は呆れ返るだけの知性を持っていない、生物ですらないのですから。

秋篠宮家からの済生会病院への御寄付、かつての皇后陛下は自ら包帯を巻き、ミシンを踏んで傷病兵を慈しまれた故事を思い起こさせます。やはり秋篠宮家なのですね。
[ 2020/05/26 19:42 ] [ 編集 ]
味噌糞を一緒にしないで!
 チャイニーズヴィルスの沈静化を、安倍政権の影響は過小評価する癖に、些細なアベノマスクの失態などを安倍政権のせいにする、誠に奇妙な論理です。

 アベノマスクの遅延や品質不良など、総理がいちいち詳細を指示することなど出来ますか?
 この程度の作業ミスは、下部官僚の守備範囲です。

 会社で例えれば、数ある多くの部品の欠陥一つを、すべて社長の責任に問うような非常識な話で、会社の組織は何のために存在するのでしょうか?
 対外的には、最終的な責任は社長にあるとはいえ、社内の欠陥はそれぞれ組織の長にあることは常識だし、それが出来ない会社は存続することはあり得ません。

 一事が万事こんな情報拡散だから、マスコミの情報を信じなくなった人が多いのは当然です。
 
 しかし朝日新聞や、NHKなどの情報をうのみにする輩が我々が考えている以上に多いのもまた現実です。
 我々はマスコミの変質的な精神障害の悪弊をゆめゆめ過小評価しないように注意を怠らずに徹底的に糾弾しましょう。
[ 2020/05/27 00:00 ] [ 編集 ]
香淳皇后陛下をはじめ秩父宮妃殿下、高松宮妃殿下、三笠宮妃殿下がミシンを踏んで(自動ミシンがまだ無い時代です)乳児院の子らに肌着を御縫いになった映像を拝見したことがあります。
畏れながら、大変和やかな雰囲気が感じられたお写真でした。


第一次補正予算より第二次補正予算の金額が、少ないのは当然ではないのかしら? 一次で不足だったり広がった傷の為の補助金なんですから。
それが真水かどうか、などは経済評論家が論いこそすれ一般国民が問うて何の意味があるのやら。
[ 2020/05/27 00:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ