FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  社会問題 >  SNSでの誹謗中傷 ~ 真っ先に救済されるべきは安倍総理である

SNSでの誹謗中傷 ~ 真っ先に救済されるべきは安倍総理である

← 応援クリック、ありがとうございます。

 木村花さんという女子プロレスラーがお亡くなりになったようで、報道によれば、SNSで誹謗中傷、バッシングを受けていたことによる自殺という話だ。私の女子プロレスに関する知識はビューティーペアで止まっているし、木村さんが出演されていた「テラスハウス」という番組も見たことがないから、彼女のことはよく知らない。よく知らないが、自殺されたのだとしたら、なんとも痛ましい。

 木村さんに対するバッシングの発信は、本人の死亡が報道された後、アカウントごと削除されるケースが続いているという。中にはウルトラ級のバカがいまだにこの事案を喜んでいるような発信をしているが、こういう例外的なバカは社会的に抹殺すればよいと思う。匿名性が尊重される故の、言いっ放しの罵詈雑言、誹謗中傷はSNSの悪しき部分で、自由な発言には制限があるということを自覚すべきだ。

木村花さん
木村花さんのインスタグラムより


 さて、この事案について、蓮舫がこんなツイートをしている。


 「よくわかります」というのはたぶんに、政治家としてSNSで様々な批判を受ける自分と木村さんを「同じ被害者」として捉えた発言だろう。木村さんへの誹謗中傷のポイントはよくわからないが、蓮舫に対する批判に関しては、批判すべき事実があってのこと。もちろん、蓮舫への批判の中には単なる誹謗中傷もあると思うが、二重国籍問題に関する事実不開示や説明、民主党政権時の失政など、種は蓮舫自身が蒔いてきたことだ。木村さんと同じポジションに自分を置くのには無理がある。

 恐らくこの日本で、いわれなき誹謗中傷の最大の被害者は、安倍総理だろう。「政治学者に叩き斬ってやる」とまで言われた過去もあるし、SNSで見るアベガー諸氏の発言には、常軌を逸したものが多々見られる。「アベ死ね」という単純なヘイトはわかりやすいが、単なる想像をもとにした安倍批判は、SNSだけでなく、公共の電波や新聞上でも展開されている。もし、蓮舫がいう「人を叩いてストレスを発散する世界」がダメだというなら、真っ先に救済されるべきは安倍総理だ。

 左派メディアや特定野党、またそれらを支持するパヨク界隈では、「ヘイト」に関しても妙な定義がある。それは、外国籍の人々に対するヘイトは犯罪であっても、日本国民に対するヘイトは、前者と同じレベルで問題視されないというものだ。蓮舫が「繰り返される誹謗中傷」を阻止するために「対策に動く」のであれば、これらを分け隔てなく扱ってもらいたい。

 蓮舫のツイートは、津田大介のツイートに反応したものだ。津田は「自由には責任が伴うという単純な話」と、堂々と言っている。津田はまず、自分の足元を確認すべきではないか。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/05/25 07:09 ] 社会問題 | TB(0) | CM(7)
管理人様のご主張、よくわかります。
でも、彼らが人間扱いするのは仲間認定する相手だけでしょうね。

安倍総理が仮に憲法改正を「止めます」と仰れば、多分総理への捏造誹謗中傷書きは止みますでしょう。
反日の彼らと彼らを裏で唆す何処ぞの近隣国が狙うのは「普通の国日本の防衛力」でしょうから、それを果たすまでは安倍さんへの攻撃は続くものと推測いたします。

憲法改正に手を掛けさせない為にはどんな法案にも邪魔を入れ、国会遅滞戦術に出てきた気が致します。
何処ぞ国、必死ではないかしら?
[ 2020/05/25 08:52 ] [ 編集 ]
出自を隠す帰化国会議員よりはマシ
レンポーは二重国籍疑惑で叩かれて被害意識が強いのでしょう。
しかし、彼女の二重国籍疑惑は日本の選良としてどう振る舞うべきかを
彼女自身が選択した結果であり、台湾国籍は放棄したと自称しているものの
そのエヴィデンスはないようです。

建設的な政策提言には興味がなく、安倍降ろしだけが唯一の政治目標。
安倍憎しだけで凝り固まった狂信的政治活動家山口痔瘻とご同類。
勇ましい弁論パフォーマンス以外能のない政治タレントの一人です。

現在の公職選挙法では、日本国籍を有していることのみが要件とされ、外国籍を有していないことは要件とされていないので、こういう抜け道がまかり通っていることは不合理です。
公職選挙法を改正し外国籍を有していないことという要件を加えるべきです。

ただ、レンポ―について一つだけ褒めるべき点はあります。
それは自分の出自を隠していないことです。
公式サイトのプロフィールには
台湾人の父と日本人の母との間に生まれたと正直に書いている。
そもそも名前からしてすぐ見当がつくというもの。

いかにも日本人らしい姓を名乗って生まれた時から日本人みたいに
振る舞いつつ国会議員となり、帰化前の自分の出自を隠す卑怯な
誰かさんよりはよっぽど潔いと思います。

帰化して日本を愛しこの国と国民に忠誠を尽くすなら、立派な日本人です。
そういう人が帰化して国会議員になるのは大いに結構です。
石平さんは純粋な中国人でありながら、文化大革命や天安門事件に絶望して、
自由と民主主義という価値観を持つ日本に帰化されました。

こういう帰化日本人こそ国会議員になってほしいと思いますが、
目につくのは形式的国籍的には日本人でありながら、日本を貶め、
外国と裏で手を握っているのではと疑念さえ持つ帰化国会議員です。

帰化した事実が当時の官報に載っている以上、日本国籍を取得した日を
選挙公報では明記してほしい。
生まれた時から日本人なら生年月日と同一のはず。
違うならカッコ書きで旧国籍も記載すべきです。

政治家が政治的行動をする以上その発言その他がどういう勢力の意思を
反映したものなのか有権者が理解する手立てになるはずです。

[ 2020/05/25 09:14 ] [ 編集 ]
お悔やみ申し上げます。

日本の総理、安倍さんを標的に、
安易な批判を繰り返す国会。

テレビ番組なども助長して、
世間の批判的な風潮となり、
このような市民の事件にも、
悪影響を及ぼしているかと。

政治家だから萎縮せず批判、
それが一方的な意見、
自己正当化となり、
世間のいじめ、
その風潮も、助長するのかもしれない。
[ 2020/05/25 12:04 ] [ 編集 ]
蓮舫は、自分の発言に対する「あなたは間違ってますよ」という指摘を
誹謗中傷だと思ってたところに、いかりや長介さんじゃ無くても、だめだ
こりゃというセリフしか出てきません。
木村さんが受けた境遇とは全く違うのですが、解らないのでしょう。
それより、あなたが日頃からSNSで発信している政府に対する悪口こそ
誹謗中傷です。
[ 2020/05/25 12:34 ] [ 編集 ]
自勢力の攻撃行為を理解しない特定野党
今晩は。まず SNS言論暴力の犠牲になったと思われる木村 花さんに一言の
弔意を申します。推定ではありますが、彼女の落命を見透かした様に、攻撃的
言動やそのアカウント削除が相次いだ事が、一定の裏付けとなる事でしょう。

それを踏まえた上で、安倍総理向の特定野党の攻勢や、左傾メディアの攻撃的
言動は 正にそれに近いものを感じます。百歩譲っても「当たらずと雖も遠か
らじ」で「人を叩いてストレス発散が認められない」なら安倍総理も救済対象
に加えられるべきでしょう。「叩き斬る」暴言をした法政大教授・山口二郎は
刑事問責されるべきでしょう。同氏も特定野党も、己の攻撃行為を自覚しない
事では「同じ穴の貉」でしかありません。

蓮舫参議は、そうした特定野党の先頭に立つ加害者的側面を持つ以上、被害者
面での物言いは控えるべきでしょう。彼女にそんな分別があるかどうかも疑わ
しいですが。あいトリ元芸術監・津田大介の「自由には責任が伴うという単純
な話」も「おまいう」的な空しい響きがあるは事実ですね。
[ 2020/05/25 19:45 ] [ 編集 ]
どの口が言う?www
この反日パヨ2人、どの口が言う?という感想しか持てませんなwww
[ 2020/05/26 10:59 ] [ 編集 ]
汚れちまった悲しみに
若い女性レスラーの死に、予想通り?国際的お邪魔虫のR 4が反応しなようですね。頼むからやめてくれないか.相変わらずの我田引水、精一杯生きた花さんの孤独な死まで政治利用しようとは。誰が悪いと言って、バカの責任追求は民主主義の世界では出来ないことになっています。中川さんが亡くなった時に痛切にそれを感じました。芸能人やスポーツ選手の私生活を公開して、大衆の批判の爼上に乗せるというテレビ局の企画そのものに原因があるのは言うに及びませんが、R 4は身内のマスコミの責任は追求しないようで。
 
汚れちまった悲しみに,…花さんの明るい笑顔の写真を見ると、なぜかこの中也の詩の一節が胸に浮かぶ晩でした。ご冥福をお祈りいたします。
 
[ 2020/05/26 15:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ