FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  武漢ウイルス拡散と香港侵略で理由は十分 ~ 安倍総理は習近平国賓来日中止の判断を

武漢ウイルス拡散と香港侵略で理由は十分 ~ 安倍総理は習近平国賓来日中止の判断を

← 応援クリック、ありがとうございます。

 香港が英国から中共に変換されたのは、1997年のことである。返還には条件が付いていた。返還後、2047年までの50年は、中共が香港において社会主義政策を実施しないということだ。それに先立つ1984年、英中は両国が署名した連合声明を発表しているが、そこには香港の「高度の自治」が明確に確約されている。ところが中共は2017年、英中連合声明はもはや意味を成さない文書であると言い出し、2047年を待たずに強制的な香港併合政策を進めている。

 21日に開幕した中共の全人代では、国家安全法にその香港を含む案が審議されるという。同法には国家権力の破壊、離反、テロ活動、外部勢力の介入などが含まれ、香港で行われている反政府・反中国共産党デモや民主化要求デモは全て取り締まり対象になる。反中共デモが、武漢ウイルスによって動員が難しくなっていることをいいことに、一国二制度そのものを無実化してしまう策略だろう。香港では当然ながら、抗議の声が噴出している。

全人代


 これにいち早く反応したのが米国だ。トランプ大統領は、中共が計画通りに香港での国家安全保障法制の実施を強行した場合、米国は「強い対応に出る」と述べた。ポンペオ国務長官は、「アメリカ政府は国家安全法の制定を非難し、中国政府の再考を強く求める。我々は香港市民と共にある」と発言した。

 米議会では超党派の議員による法案が提出された。「香港における資本主義の50年間維持」、「香港政府による高度な統治」などを含む、1984年の宣言と香港基本法に違反した組織や個人に強制的な制裁を課すよう米政府に求めるもので、中共の動きを強く牽制するものだ。中共はオウム返しのように「内政干渉」を叫ぶだろうが、そんなことぐらい、米国側は百も承知でやっている。

 米国リーダーや議会のスピード感に比べると、日本の動きはほとんど見えない。かろうじて菅官房長官が「大変高い関心を持って注視している」「香港はわが国にとって緊密な経済関係と人的交流を有する極めて重要なパートナーであり、一国二制度の下で、自由で開かれた香港が安定的に繁栄していくことが重要だ」と述べたが、非難する動きはない。先日の衆院本会議で、自民党の長尾敬氏が、中共の尖閣諸島に対する挑発に対して猛批判を行ったが、自民党内の一部には大不評だっという。自民党にも根強い親中派は多数存在するのだ。大変情けない状況である。

 しかし、事態がこうなれば、安倍政権の選択は自ずと決まってくる。中共の武漢ウイルスによって、日本にも経済を含めて甚大な被害が発生しており、米国や欧州は日本以上の健康被害を被っている。それに対する中共の対応は、あまりに不誠実だ。それに加えて、香港に対する「侵略」だ。この状況で、習近平の国賓来日などありえない。

 日本政府は、中共の香港侵略に抗議するとともに、習近平の国賓来日を「延期」ではなく「中止」とすべきだ。「こちらから招待したから」などという理由はもう通用しない。もし安倍総理がこの案件を継続するなら、多くの保守派が離反するだろう。キンペーの国賓来日中止は、そのくらい重要な決断になる。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/05/24 07:15 ] 外交 | TB(0) | CM(11)
大丈夫!安倍さんだもの
集金は香港だけではなく台湾にも武力を以てでも手を掛けようとしている模様で、尖閣諸島も一緒に分捕るつもりではないか、と思います。

共産中国の国内人民が集金を全く信用しなくなって久しいところに武漢ウィルスですから、人民の視線を外に向ける為にも、構成多民族を引き締めておくためにも、戦争も辞さず、な感じが致します。

米国はその武漢ウィルスの所為で太平洋に浮かぶ大型空母が二隻も稼働不可。最悪の場合は中共が「動くなら今」かもしれません。
1962年の、世界がキューバ危機に「核戦争か?!」と集中していた時、中共はインドに攻め込み丸一ヶ月後に勝手に周恩来が「オシマイ」宣言して、惨敗のインド人の心底深く反中意識を刻んだ事件があったそうです。

あまりこれに詳しく触れている物に私は出会えていませんので、原因が何なのかどう戦って勝ったのか、分かりません。が、「紛争」は確かにあったと。
その時インド側は戦争準備などしていなかった、そうです。が、中共はヒマラヤを越えて攻め込むに必要なすべてを徹底的に研究、準備して攻めた、らしいのです。

そういう国が軍事力を圧倒的に蓄えて迫る時が、そう遠くない、かもしれないことを、必ずあることを思い、他国が武漢ウィルスの影響が大きい間にあの国は狙いそうだと思います。

集金は何としても国賓招待されたくてたまらないようですが、それはアチラの勝手な希望。それに対する菅官房長官の表向きコメントは、決して実行されてはなりませんでしょう。

最近頓に菅氏は2F氏に近くなっている様に私は感じて気になります。勘違いであることを願っております。
総理は特に外交を語るに直線的な言葉は避けられるでしょうし、直前まではヒヤヒヤさせられそうな気も致します。が、極力穏やかなお断り着地点を選ばれるであろう、と願っております。

今年はTV会議で終えそうだったG7を、開催国米国で6月に予定だとか。
先進民主主義国の会議メンバーの日本が、よもや邪悪キンペー側に「堕ちた」と思われる愚を犯すとは思えません・・・ネ。
[ 2020/05/24 09:04 ] [ 編集 ]
○日本経済のV字回復のために、中国からの観光客などに、期待する声があることは否めないだろう。しかし、それでは、感染症を通じて明るみになった、経済の中国依存の危険性、国産産業の乗っ取りから、何も学んでいないことになるだろう。

○日本国の目指すところは、たとえば、中国に東京都の防護服を送り、東京都の医療が困難に見舞われ、日本人が苦境になっても、後に東京都や地元に、中国からマスクなどが送られれば良しとする朝三暮四、中国人を日本人より優先優位にする政治ではないと思う。

○日本国の経済は、中国依存からの脱却と、国産産業の復興を基礎とすべきではないだろうか。

○もっといえば、アジア人を一蓮托生と考えたり、隣国だからと考えるよりも、今は姉妹都市など、国家間ではなく都市間の友好、国際交流を活用したほうが良いだろう。日本としては、感染症で最も被害を受けた米国と共に、経済再生の道をだどってほしいと思う。ニューヨークは困難にあると思うが、東京都は何か支援をしてきたであろうか。小池都知事は、中国に防護服を送ったならば、それ以上に姉妹都市を支援する姿、見せる必要はあるのではないかと。

○残念なことに、中国は、感染症被害の賠償には応じないらしい。中国との金銭的な話や経済的な話は、期待できないだろう。ならば、日米英など、感染症被害国は共同で、感染症からの経済再生基金を創設してはどうだろうか。WHOへの拠出金も、このような共同出資から支出してもよいと思う。

○安倍内閣は、海外からの正当な評価を高めることで、国内の支持率も高める必要があるだろう。安倍総理は、個人的には名宰相だと思うが、自民党の議員として、選挙で選ばれた国会議員でもある。総理としては、野党の理解も、感染症対策などで必要かもしれないが、原則として、野党支持者よりも、自民党の支持者の期待に応えることを、第一に考えてほしいと思う。もっといえば、野党1飲めば、与党10応えるくらいに、もっと与党の支持者の理解と協力を得られるように、政治を行ってほしいと思う。
[ 2020/05/24 10:03 ] [ 編集 ]
習近平の国賓来日について
初めてコメント致します。
いつも楽しく拝読しております。「私的憂国の書」様の論考は、公開記事を基に事実と論理、さらには戦略(国益)に沿ったものとして、非常に参考にしております。
習近平の国賓来日についてですが、確かに十分あり得ることです。夏場か秋口あたりにスケジュールが具体化される報道が出てきてもおかしくないでしょう。最近はあまり表に出ていない印象の二階君あたりが裏で画策中なのかもしれません。
この二階君を安倍総理が切ることが出来れば最良なのですが、党内力学上難しいかもしれません。
国際関係アナリストの北野幸伯氏が、官邸HPの国民からの意見募集欄に対して投稿を呼びかけておられました。「デモより効果があるそうです」とも言及されていましたので、私も一再ならず投稿しております。今回も投稿予定です。投稿を通してバシバシ意見すれば、安倍総理も自らの決断を勇気づけられるのではないか、と勝手に考えています。

[ 2020/05/24 10:04 ] [ 編集 ]
メンツメンツと言うが、こんな状況で国賓待遇したら、それこそ日本の天皇陛下のメンツは永久に丸潰れだよ。
呼ぶ雰囲気になったら尖閣で一悶着起こせば良い。自衛隊は、領海侵犯したチャイナ船を攻撃して沈めろ!それが本来の仕事だ。
[ 2020/05/24 12:38 ] [ 編集 ]
中共の本性
1949年「中華人民共和国」成立の日の周恩来の発言であるが、

「あのとき(盧溝橋事件の際)、共産軍は、日本軍と国民党軍の
双方に発砲した」さらに「日華両軍が相互不信を持つように煽り、
停戦協定が成立するのを妨害した」

と明確に述べている。

愚かにも日本軍部は大陸で泥沼にはまってしまい、
さらにFDRの奸計に陥り不幸な歴史をつくってしまった。


[ 2020/05/24 12:53 ] [ 編集 ]
重い岐路ですね
お疲れ様です。中国大陸・習政権による香港向け直接の「国家保安法」立法を
危惧する若手活動家・周庭(アグネス・チョウ)さんの SNS電文は拝読するだけで
今の香港が置かれた危機的状況がまざまざと目に浮かぶ様でした。

新型武漢ウィルスの件にしても近いもので、流行初期に WHOが武漢中央市場
の調査を図った折も立ち入りを拒否、挙句に同市場の全面消毒をしたのは証拠
隠滅を図ったらしいとの話も聞きました。

こんな政権の長を、新型肺炎の世界的流行が収まる前に国賓召請するのは、思考
が狂っているからとしか思えません。安倍政権も末期で求心力低下は自覚して
いますが、ここは最後の蛮勇を振るって拒否すべき。来日を許せば、皇室の品格
まで貶める事になりかねません。仰る通り 安倍政権にとり、重大な岐路となる事でしょう。
[ 2020/05/24 13:47 ] [ 編集 ]
我が国にしゅーきんぺーを国賓として招き、日本を売り渡す。それが反日アベこと李晋三の願望。しかし、李晋三はしゅーきんぺーから間違いなく粛清されるだろう。
[ 2020/05/24 14:14 ] [ 編集 ]
尖閣の漁船追い回した問題もありますね~。
石垣の漁師さんたちのためにも、尖閣でウロウロしている間は国賓なんてありえないと思うのです。

でも未だに中国に新規で進出してしまう企業も多い。
人件費も高くなってきたことだし、いい加減中国に進出することのメリットもないわけですから、やめてほしいですね。

橋下元知事が「技術は売れる」とか言って(注:技術で作った製品を売るのであって技術を売るのは先の見えないバカだと思います)中国に進出を促していた時もすでにチャイナ・リスクは世界では叫ばれていたのに10年たっても相変わらずの企業はもう救いようがないと思うのです。

政府もやっと企業の国内回帰に着手したことだし、そろそろ本気で中国との付き合い方を考えてほしいですね。
政治的にはもちろん、経済的にも過去に進出してしまった企業でもいいお話はあまり聞きませんから。
[ 2020/05/24 17:19 ] [ 編集 ]
つのだひろさんのFBを読んで、一人胸を熱くしています。
左派が多いと言われる芸能界で、保守派の方はなかなかこういう声をあげないと聞きます。
今回、つのださんの投稿を読んでまっとうな日本人のまっとうな考えを改めて実感しました。

安倍さん、1月下旬から土日も休むことなくお仕事されているそうで
お疲れが目に見えるだけに心配です。
いっそ後進に道を譲ってゆっくりしていただきたいと思う気持ち半分
後を任せられる人材がいない今を思うともう少し頑張って下さいと思ったり…の毎日です…

[ 2020/05/24 22:02 ] [ 編集 ]
今回のエントリーと直接的な関係はないですが、五毛党の話を読みました。ぱっと見て保守的に見えるので心を許していると、実は工作の一環のものだった、というのが増えているそうです。何となく最近「おやっ?」と思うものが保守系のブログやツイッターにも多く見られるようになってきましたので、やはりそうなんだなあと思います。他国の干渉がどれほどのものか、考えるだけで恐ろしくなります。

ある安全保障の専門家の方に言わせると、中国包囲網の中に日本はちゃんと入っていて、中国との繋ぎの役目を果たすのだとか。

親中派と言われる自民党議員達や外務省のチャイナスクールの人達は、尖閣諸島で日本漁船があれだけ危険な目に合わされているのに何とも思わないのでしょうか。それに、誰の目から見ても、今回のウイルスは中国由来の物なのに、なぜ中国を非難しないのかよく分かりません。自国を踏み荒らされて、悔しくないのでしょうか。

護る会やその他の若手議員達が、自民党を内部から変えようと頑張っているようです。こういう動きに追随する議員がドンドン出てくることを願わずにはいられません。
[ 2020/05/25 00:19 ] [ 編集 ]
アグネス・チョウを守るツイッターはないのか?
とにかく安倍政権を引きずり降ろすためなら何でもありのツイッター。
その一方で、

尖閣で中国公船2隻が領海侵入し日本漁船を追い回す。
香港で人権活動家が逮捕される。
慰安婦救済を叫びつつ巨額横領の韓国挺対協
       ↑すべて現在進行形

こういう中国の暴挙には一切シーン~。

芸能人だからって政治に無関心ではないと胸を張って
左翼が騒ぐときだけ文化人気取りで同調する。

実は自分ではな~んも考えていない。
それとも日本人じゃないからかな?
じゃあ人権侵害っていったいなんだ?

頭空っぽの芸能人は左翼の尻馬に乗って安倍批判のときだけ勇ましい。
命懸けで香港民主化を叫ぶアグネス・チョウを擁護するツイッター
はないのか!



[ 2020/05/25 11:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ