FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  立民安住の理解不能な「内閣総辞職論」

立民安住の理解不能な「内閣総辞職論」

← 応援クリック、ありがとうございます。

 黒川東京高検検事長の賭け麻雀発覚による辞任に関しては、反日メディアや特定野党はとことん政権批判のネタにする魂胆がミエミエで、立民のガソプ安住の「本来なら内閣総辞職に値する」という発言は、昨日のエントリーで取り上げた通りだ。当たり前だが、安倍総理はその辞任要求を拒否した。

首相、野党の辞任要求を拒否 (共同)

 安倍首相は、黒川東京高検検事長の辞職に伴う野党議員からの辞任要求を拒否した。「コロナウイルスの感染拡大を防止し、国民の健康と命、雇用と事業の継続を守り抜く責任を果たすのが私に課せられた使命だ」と述べた。


 野党の連中は、「検察の人事への介入で三権分立が崩れる」と猛批判していたのだ。人事介入はNGだと叫んでいながら、「政府として辞めさせるべき」と介入を要求した柚木道義は救いようのないお〇カさんだが、触れることも許さないと言っていた人事の責任を取れというのは、理解しようと思っても無理だ。

 安住自身も、この騒動で安倍内閣を総辞職させられるなんてことを思っているわけではないだろう。或いは、言霊のように現実化することを祈ったのか。安住のような者の狙いは、これが内閣総辞職級のスキャンダルだという印象を、メディアを使って国民に刷り込むことだろう。その発言に妥当性などは必要ない。ただ、メディアがこの発言を伝え、政治にあまり関心がない人々が「そんな大きな出来事なんだ」と思ってくれれば、それでいいのだ。

安住淳


 しかし、内閣は、この検事長という内閣の一員でもない役人の、極めてプライベートな行い、またはその悪習についてまで、責任を求められる立場なのか。そんなことをコントロールすることは不可能だ。その不可能な領域にまで管理を要求されるのなら、待っているのは恐ろしい監視社会だ。

 かつて五人組という制度があった。豊臣秀吉時代から江戸時代にかけて、村役人が百姓や地主を五戸前後で編成させ、年貢を確実に納められるように組織化した。キリシタンが出ないよう、相互に監視する仕組みでもあった。不始末があれば、連帯責任を負わされた。

 安住が要求しているのは、この連帯責任制度に近いように思う。しかし、安住が所属する立民党を含む野党が、党議員の不始末に連帯責任を取ったなどということは、寡聞人して聞かない。衆院の控え室ドアに主要新聞の切り抜きを蛍光ペンで点数を付けて貼り出した不始末にも誰も責任を取らないし、党幹部の国籍問題、緊急事態宣言下の歌舞伎町風俗店通いでも、誰も責任を取らない。路上での警察への恫喝なんぞ、今ではなかったことになっているようでもある。

 彼らは政策論では対抗できないし、メディアの注目も集まらないから、こういう無理筋でも取り上げられそうな発言をして、存在をアピールするのだ。そして、偉そうなことを言っていながら、国会をサボる。こういう税金泥棒にこそ「総辞職」をして欲しいと、切に思うのである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/05/23 07:22 ] 政治 | TB(0) | CM(12)
宮城県民として、なんでこんな男が選挙に当選するのか恥ずかしいです。石巻の人はもう少し考えて貰いたいですよ。
[ 2020/05/23 07:33 ] [ 編集 ]
十数年前の些細な話です。
極真空手の木山仁という鹿児島から輩出された世界チャンピオン目指す人にスポットあてた報道番組があり、「しゃべりに訛りの有る人に悪い人はいない」というキャスターの所感も述べられている総括もありました。
純朴な人、という認識で当時の私も納得していたのですが、安住某を見るに、そうではないと思い立った次第です。
[ 2020/05/23 07:58 ] [ 編集 ]
僕はここにいる……
戯言だけが静寂に消えて行った 記者会見
遠い椅子 揺らせない政権

全てに君の憎らしい微笑みが 離れない
手を伸ばしても 届かない場所にいる

もっと君のこと 責めたいよ
うろたえも絶望も全部見てみたい
苦しいよ 今度いつ代わる

及ばない力胸に抱きしめている 痛いほど
気付いたらブーメラン刺さってる

うまく君のこと 責められない
悔しくて虚しくて 潰されそうさ
わすれないで 僕はここにいる

報われない束の間の夢ならば
せめて偶然の時だけでも
儚いうたかたの力なら
せめてただ君を揺らしたい Mmmmm…


『僕はここにいる』山崎まさよし
参考URL https://www.youtube.com/watch?v=1ASyySFOA5Q
[ 2020/05/23 08:02 ] [ 編集 ]
そういえば・・・
国民が困っている時にプールにガソリン?なんていう話ありましたね。
[ 2020/05/23 08:28 ] [ 編集 ]
安住の「総辞職要求」はもはや口癖じゃないですかね。
自分が選挙で落選しても「内閣総辞職要求」と言いそうなバ~〇。

世耕議員が今後の日本経済の変化を予想して「公務員だけ定年延長してお給料変わらずなんてマズかろ」と指摘し、総理が「法案を作った時と今後は違う」と廃案もお考えなご様子はたいへん賢いと思います。
武漢ウィルス後の世界の変化に種々配慮出来ない様では政治家失格ですもの。出来るかな?安住にw

人手不足を言われた四カ月前までと違って、仕事が増えそうもない時代に高齢にして超高給取りさん達が居残ってまで、若者何人分の税金を費やせる可能性は無くなりました。
報道に依れば、黒川氏がまるで新聞社の接待麻雀に慣れていた(?)かの様ですが、そういう時代も変わる境目が今、なのかもしれません。

産経には1面に自社記者二名についての「反省」記事がありましたが、社会面には黒川氏という検事が如何に能吏であったかの説明もあって、私的に「だから何?」でした。
産経紙に依れば新聞記者というものは、担当検事の趣味に合わせて例えば早朝から登山に同行したりなどの「奮闘努力」でネタをつかんでいるのだそうで、検事や裁判官がそういう事に応じて良いの?と疑念が沸々湧くばかり。

結局「安倍総理に近い黒川氏」「総理が逮捕されない為の人事」とメディアが囃し立て、芸ノー人たちが急に”延長法案が日本の闇”でもあるかのようにツイート何百万回に精を出したのは・・・何一つ真実のモノではなかった、ということが露わになった賭け麻雀の功、でしょうか? 
メディアのお囃子に倣えば、近いのは報道記者で、報道人のご都合不逮捕、という勘ぐりも出来そうな・・・この一件。

賭博で選手生命を失いかけた桃田選手は自業自得と真摯に反省し自力で這い上がって世界一級のランクを取り戻せましたが、賭け麻雀や賭博で仕事場を失った芸能人は何人もいます。
一方黒川氏、いいですねえ、退職扱いですから退職金獲得の上にそのうち天下り先も出来るのでしょうね。
検事長の違法行為ですのに。
[ 2020/05/23 09:04 ] [ 編集 ]
>しかし、内閣は、この検事長という内閣の一員でもない役人の、極めてプライベートな行い、またはその悪習についてまで、責任を求められる立場なのか。

○検事でも、違法行為をする人はいる。その仕事で違法行為をしたのではなく、プライベートで違法行為をした話。公私にわたり、コンプライアンスや倫理観のようなものは問われるべきだが、黒川さんは、検事長の職を辞したのだから、個人の責任はとり、社会的な罰も受けたといえるだろう。

○ギャンブル全般が、法で定義されていないグレーな存在であることが、問題の根底にあると思う。ギャンブルの線引き、わかりずらいかと。

○たとえば、「今日の昼飯、賭けるか?」「お前が負けたら、ジュースおごれよ。」みたいな話の場合は、金銭が動くにもかかわらず、間接的なモノであるからOKなのか。

○縁日の射的、金魚すくい、くじ引き、ゲームセンターのUFOキャッチャー、忘年会のビンゴくじ、ゴルフ大会など、ゲームやスポーツを通じて、勝てば優勝賞品や参加景品をもらえるような話は、そこかしこにある。

○麻雀も、娯楽のゲームだ。賭け麻雀のとき、1万円の現金はダメだが、1万円相当のワインが優勝賞品なら、問題ないのだろうか。

○パチンコは、緊急事態宣言下、営業自粛にもかかわらず営業、社会的な問題となった。IRカジノも、依存症や治安の問題など、住民の反対は根強くある。ギャンブルについては、今一度、法整備したほうがよいのかもしれない。
[ 2020/05/23 09:10 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2020/05/23 09:55 ] [ 編集 ]
地方選出に限らず
国会議員のメインの仕事は
「地元にどれだけ金と仕事を引っ張ってこれるか」
に尽きると思うのですが
どうも野党のお歴々は自身のポエム発表会と思っていらっしゃるようで
相当お疲れのご様子なので
田舎にでも引っ込んで口をワイヤーで縫い付けて
ブログで喚いてればいいのに
などと乱暴な事を考えてしまいます
[ 2020/05/23 20:11 ] [ 編集 ]
スレチですが・・・
 旧民社党委員長の塚本三郎氏が亡くなられた。
 どちらの掲示板にも話題にされず、真にお労しいと思う。
 故人が、壮健であれば、今こそ腑抜け自民党に代わる対抗勢力として第一党党首で活躍していただきたかった。
 無念である。
 この場をお借りして、心からご冥福をお祈りいたします。
[ 2020/05/23 23:56 ] [ 編集 ]
黒川検事長だけではないでしょ!
 賭け麻雀をやっていたのは黒川検事長だけではないですよね?

朝日と産経の新聞記者もやってたのでは?

何故氏名も公表せず、処分もないんですかね?

全く理解できない。

黒川氏だけに責任を取らせてはいけませんよ。
[ 2020/05/24 02:45 ] [ 編集 ]
せこい
今回は産経二名の記者と朝日の元編集幹部の接待賭け麻雀という事ですが、これまで賭け麻雀愛好の黒川氏には新聞各社で”持ち回り”の如き常習だそうです。

産経はすべてを調べて発表と処分をする、と22日の紙面にありました。

こんなに検事と報道自身が親しいのですからご当人に聞けばわかるのに聞かず、黒川氏は人事に関して安倍総理との「癒着」を宣伝されていたことを、「官邸寄りといわれる証拠はどこにある」と心外だった様子。だそうです。
その様子と発言を今頃明らかにするのですから、報道全体で焚火をしていたのでしょう。

公明党幹部がこの人事を
「検察当局から出てきた人事案を官邸は了としただけ。むしろ検察当局の判断が問われる」
「官邸からすれば、いい迷惑であり検察に対していい加減にしろ、というのが首相や政権幹部の本音ではないか」と。

こういう証言が自民党幹部から出なかっただけではなく、余人に乗り換えようとしている者たちさえ見えた政権党議員の醜態。
安倍総理が支持率を戻せば口を拭って擦り寄るのでしょうね。


こちらの殿方たちが賭け麻雀を責めないところを見ると・・・www
[ 2020/05/24 06:26 ] [ 編集 ]
公務員はパチしないの?www
れっきとした賭博行為のパチに興ずる公務員はゴマンといる。
賭け麻雀はだめだが、パチはOKなのかね?www
パチが「賭け事ではなく遊戯」ならマックス2万円程度の賭け麻雀も「遊戯」だろ? 
もう20年ぐらいやったことないのでよく知らんけど、パチの負けは2万じゃ済まないと聞くが…。
[ 2020/05/26 11:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ