FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  甘利明氏のツイートを曲解して噛みつくモンスタークレーマー

甘利明氏のツイートを曲解して噛みつくモンスタークレーマー

← 応援クリック、ありがとうございます。

 自民党、甘利明氏が、27日に呟いたツイートが、かなり反響を呼んでいる。反響と言っても、良い方ではなくて、批判的なものが多い。


 このツイートに対し、Twitterユーザーから「別に凄いって言われるために我慢してるんじゃない」、「海外メディアが日本のコロナ対策を高く評価しているのは見たことがない」などというもの、また、甘利氏のUR口利き疑惑に絡んで「自首しろ」などという罵詈雑言も多い。この事案は検察審査会が不起訴相当とし、既に公訴時効が成立しているもので、甚だ無礼なツイートだ。だが、甘利氏が自民党税調会長であることを引き合いに、消費税減税を求める声も多数あり、この辺には真摯に耳を傾けて欲しいと願う。

 さて、モンスタークレーマーとしての地位を確立した感がある蓮舫が、世良公則の批判ツイートに便乗し、甘利氏のツイートに噛みついている。


 「「さすがニッポン!」と世界に言わせるために頑張っているんじゃない。命を守るために踏ん張って頑張っているんです。」と来た。さすが、モンスタークレーマーだ。言葉尻をとらえ、表面的な部分だけを材料に当たり散らす言動を見るにつけ、クレーマーらしさにも脂がのってきたことを実感する。

蓮舫
質疑の前にキメ顔をインスタにUPする国籍不明者


 甘利氏はただ単に、「国民が共に頑張り、この難局を乗り越えよう」という趣旨でツイートとしたと、私は解釈する。少なくとも、「お国のために頑張ろう」という彼女の解釈は曲解というものだろう。個人として、お国のために自粛しよう、ガマンしようと考えている人がマジョリティかどうかは知らない。だが、結果としてこの自粛や忍耐が国際社会から評価されることになれば、私は素直に喜ばしいと思う。

 蓮舫は国会で、麻生財務相に対し、「麻生大臣は(配布の布マスク)なんでつけないんですか?」と問い、麻生氏は「まだ届いていない」と返した。どんなマスクをつけるかは、その人や家庭の事情次第で、他人がとやかく言う問題ではない。こんな無意味なクレームまがいの質問に、国も国民も付き合っている余裕はない。蓮舫は同じ質問で、政府が配布するマスク466億円の配り終えていない分を「国民の命を守る事業に回せ」と要求した。国民の命を守るツールであるマイナンバーに反対した人物が、「命を守れ」などと要求するなど、シャレにもならない。

 もう一度言うが、この自粛を国民ひとりひとりの頑張りで克服し、世界から尊敬や称賛があれば、私はいち国民として素直に嬉しい。この気持ちは、国籍不明の人にはわかるまい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/04/30 07:11 ] 政治 | TB(0) | CM(6)
暇なのね
拝読して甘利氏のツイートを初めて知りましたが、誰かに褒められましょう、というものではなく、むしろ逆に、東日本大震災時の日本国民と比べて、この武漢ウィルスに依る自粛要請を聞き入れていない人々への、甘利氏の驚きや残念さがツイートさせたものではないか、と私は感じました。
「しなくてはいけません」ではなく「しませんか」と柔和におっしゃっているのに、なんでそこまでギスギスするのか? いやですねえ。


特に最近の立民議員各自の無軌道発言がネットでもわかりますが、中でもこのR4の「噛付き」ぶりは、私生活で何か?と感じる異様さ。
世良何某にも感性が違いすぎて、これではヒットも生まれまい、と思うばかり。


昨日の国会風景をチラと拝見した限りでは、安倍総理以外配布されたと思われるマスク着用の出席者はお見掛けしませんでした。
不織布やお手製らしきマスクの面々が大変多かったです。周囲を見回すまでもなく、それはR4も分かるはず。
その中で麻生大臣だけをご指名なのはどういう魂胆だったのやら。
何にしても、国会の場で仮にも議員が質問する内容とはとても思えませんです。
[ 2020/04/30 07:57 ] [ 編集 ]
今回の甘利氏の発言に何の違和感は感じない。
蓮舫の発言は、いつも引っかき回すだけが目的としか思えない。どうしたら現状より改善するかという観点がない。
特亜3国人の感覚は、都合の悪いことには蓋(中国の新幹線を埋める動作に代表される)、自分のやったことにはおとがめなく(ライダイハン、チベット族弾圧他)、自分に利益が有ると判断すればウソでも突き通す(従軍慰安婦、レーダー照射、徴用工問題をはじめとするこれまで韓国が日本にやってきたこと、他数えきれない)。

反省や恥という概念は全くない。

戦後日本は、朝日、毎日が主導して、完全に左派勢力に乗っ取られ、特亜3国に利用されてきた。
このデタラメな特亜3国の主張を、朝日毎日他のマスコミが擁護した結果が、現在の日本だ。
蓮舫は、中国🇨🇳の工作員だ。
日本の国会議員として不適格だ。
[ 2020/04/30 09:15 ] [ 編集 ]
今回の甘利氏の発言に何の違和感は感じない。
蓮舫の発言は、いつも引っかき回すだけが目的としか思えない。どうしたら現状より改善するかという観点がない。
特亜3国人の感覚は、都合の悪いことには蓋(中国の新幹線を埋める動作に代表される)、自分のやったことにはおとがめなく(ライダイハン、チベット族弾圧他)、自分に利益が有ると判断すればウソでも突き通す(従軍慰安婦、レーダー照射、徴用工問題をはじめとするこれまで韓国が日本にやってきたこと、他数えきれない)。

反省や恥という概念は全くない。

戦後日本は、朝日、毎日が主導して、完全に左派勢力に乗っ取られ、特亜3国に利用されてきた。
このデタラメな特亜3国の主張を、朝日毎日他のマスコミが擁護した結果が、現在の日本だ。
蓮舫は、中国🇨🇳の工作員だ。
日本の国会議員として不適格だ。
[ 2020/04/30 09:15 ] [ 編集 ]
>もう一度言うが、この自粛を国民ひとりひとりの頑張りで克服し、世界から尊敬や称賛があれば、私はいち国民として素直に嬉しい。

○甘利さんのツイートを見て、三浦知良オフィシャルサイトの言葉を、思い出しました。


(“サッカー人として”日本の力をみせるとき 日本経済新聞コラム掲載)

《すべての行動が制限されるわけでない緊急事態宣言は「緩い」という声がある。でもそれは、日本人の力を信じているからだと僕は信じたい。きつく強制しなくても、一人ひとりのモラルで動いてくれると信頼されたのだと受け止めたい。

 戦争や災害で苦しいとき、隣の人へ手を差し伸べ助け合ってきた。暴動ではなく協調があった。日本にはそんな例がたくさんある。世界でも有数の生真面目さ、規律の高さ。それをサッカーの代表でも日常のピッチでもみてきた。僕らは自分たちの力をもう少し信じていい。日本人はこういうとき、「やれるんだ」と。》

http://www.kazu-miura.com/column/detail/?article=301



○緊急事態宣言は、1か月ほど延長する動きのようだ。2週間前、つまり、4月15日前後の数値を見れば、当然ながら緊急事態宣言を解除する状況にはないだろう。しかし、私の個人的見解では、ゴールデンウィーク前で、収束と判断できる状況のはずだと思うし、それがわかるのは、5月15日以降のため、今は予定通り解除でも問題ないのではないかと。

○感染症を用心するならば、延長もありかもしれない。ただ、政治家は、忘れてはならないことがあるだろう。安倍総理の緊急事態宣言を律儀に守り、有識者の意見を尊重して、日本人の力を信じて、まじめに自粛してきた人たち、そして、景気が悪くなる中、一か月だけならなんとか…という苦渋の思いの経営者たちの思い。政治家は、緊急事態宣言の延長は当然だ、という感覚ではなく、自粛が続き本当にすまない、という日本人へのじくじたる思いこそ、強く持ってほしいと思う。

○日本国の緊急事態宣言は、諸外国と異なり強制力がない。そのため、生活や商売は、緊急事態宣言中であっても、ある程度の工夫はできると思う。諸外国のロックダウンからの経済活動再開という状況は参考になると思うが、日本の緊急事態宣言からの経済活動再開という状況とは若干異なるため、日本独自の経済再開の方法論も考えなくてはならないだろう。日本独自の景気対策、緊急事態宣言中ではあるが、感染症予防をよく考えて、手作りマスクのような日本人ひとりひとりの知恵の力で、生活や商売を行うことは可能ではないかと。

○むろん、感染症対策が第一という緊急事態宣言中のため、普段はお客様第一や商品の品質第一、利益の重視などあると思うが、今は、お客様と従業員の健康を第一に守りつつ、マスクと手洗いをしながら、生活費や人件費などを賄うために、何を商売としてできるのか、みんなで知恵を出し合い、考えるときではないだろうか。

○お店の経営者は、さらに2~3か月くらい緊急事態宣言が延長、もしくは外出自粛状況だけは継続することも想定して、経営策を練っておいたほうがいいだろう。例えば、需要は、外出自粛により、変化しているため、その需要にあわせて、商品の供給も変化させる必要がある。10万円の一律給付も、ひとつの商機だと思う。対して、中国など外資が、買収を仕掛けてくる懸念も想定されるだろう。

○国会中継やマスコミなどでは、10万円給付が遅いという批判もあり、自治体が前払いする前倒し給付もあるようだ。しかし、そこまで貯金もなくて暮らしが切羽詰まっている日本人は、実際少ないのではないだろうか。わたしは、貧乏な日本人ではあるが、宵越しの金もなく、いくばくかの貯金もなくて、10万円の給付が、5月ではなく6月や7月になったら困る、貧しさに負ける昭和枯れすすき…早く政府は金を出せ、というような強盗まがいの緊迫した状況にはない。むろん、貰えないとなればそれはそれで困るのだが、10万円は生活に必須のお金ではなく、暮らしの援助的な意味合いのほうが強いだろう。


○さて、北海道では、医療機関におけるクラスター感染が問題となっている。これは、そもそも第一波の武漢からの感染症先行地域であった北海道で今、起きている状況であり、これから東京や大阪でも警戒すべき問題ではないかと思う。

○対策としては、まず医療関係者全員に、抗体検査をすべきだと思う。抗体がない人には、ワクチン接種が必要だと思うが、ワクチン開発のほうが間に合わない場合、抗体がない人は感染リスクが高いという認識を持つ必要がある。抗体がなく、高齢であれば、重症化しやすいため、そのような医療関係者には、アビガンを予防的に配布すべきではないかと思う。
[ 2020/04/30 09:54 ] [ 編集 ]
煩わしい発言の淘汰を!
 AIが発展して、蓮舫とか野党の連中や、NHKをはじめとするテレビなどの発言者の非建設的な言動を自動的に消去する装置ができないだろうかと夢見る今日この頃です。
[ 2020/04/30 11:30 ] [ 編集 ]
結局は「ただの尻追い」
お疲れ様です。拙者も他の各位からちと違和感を持たれるかもですが、
甘利自民税調会長の SNS発言がもう少し後だったら素直に受け取れます。
何せ現状、まだ確実に感染拡大が減衰しているか不確実な所ですから。

消費減税に前向きに取り組んで頂きたいのは、貴記事通りです。
「自粛と補償をセットで」と訴える芸能人各位は多そうです。その全て
に行政が手当てできる訳ではないと思いますが、世良公則さんがその事
にどう触れられるかは自由の内でしょう。

で、拙者が最も好感しない国会議員の一、蓮舫参議について。
まず、世良さんの SNS発言を取り上げた所がもうアウトですね。こん
なのは明らかな政治利用です。芸能人の知名度に付け込んだ政局目的の
発信は、甚だ卑しいというものでしょう。

「脂が乗ったモンスター・クレーマー」の下りは失笑を禁じ得ません
でした。どの途、プラス・イメージは皆無ですね。クレーマー的質疑
姿勢は、同じ特定野党の森ゆうこ参議の尻を追っただけの代物。拙者な
どはとても前向きに評価する気にはなれません。

「この自粛を国民ひとりひとりの頑張りで克服し、世界から尊敬や硝酸があれば私はいち国民として素直に嬉しい。この気持ちは、国籍不明の人にはわかるまい」の貴結語こそ、現在までの蓮舫参議の印象です。

以前から指摘される、二重国籍疑惑にもまともに答えていない様ですし。北京
大への留学歴からも分かる様に、出自は台湾でも、頭の中は完全に中国大陸で
しょう。恐れながら、今回貴記事も拙リンク致したく お届出の次第であります。
[ 2020/04/30 14:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ