FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  コロナ特措法に反対していたのに、今になって「緊急事態宣言を早く出せ」と主張する偽善者たち

コロナ特措法に反対していたのに、今になって「緊急事態宣言を早く出せ」と主張する偽善者たち

← 応援クリック、ありがとうございます。

 政府は今日にも、武漢ウイルスの感染爆発を阻止すべく、緊急事態宣言を出すようだ。昨日官邸で記者団の取材に答えるかたちで、「明日にも緊急事態宣言を発出したい」とし、対象を東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7府県とする考えを示した。哀れ、私の住む埼玉県も対象だ。

安倍総理


 このところ、アベガーの連中からも「早く出せ」との声が上がっていた緊急事態宣言。しかし、多くのアベガー連中は、この宣言の根拠となる新型コロナウイルス対策の特措法には反対していたはずだ。反対していた法律の最大のポイントである緊急事態宣言の早期発動を求める変わり身の早さには唖然とするが、彼らにあるのは「反アベ」であって、そこにポリシーはない。

 こういう連中は、「地球の裏側に言って戦争するようになる」との理由で、集団的自衛権の行使容認化に反対していた連中と同じか、かなり被る層だと思われる。彼らは、「集団的自衛権の行使容認は戦争への序章」というロジックと同じで、「緊急事態宣言を含む特措法は、私権の制限を可能とする悪法」と息巻いていた。しかし、いま彼らは、その反対していた緊急事態宣言を問題視や警戒をするどころか、早く出せと要求する。

 このロジックで言えば、日本に軍事的脅威が迫ったとき、彼らが「集団的自衛権を行使せよ」などと言う場面に遭遇することもありうるかもしれない。日本は、自衛隊と在日米軍という強力タッグで護られているから、他国からの威嚇や挑発が、直接的な軍事行動にまで発展することは考えにくい。しかし、身に危険が迫れば、彼らは嫌がらせをしていた自衛隊に奮起を期待し、在日米軍に応援を要請するだろう。後半は私の邪推に近いが、つまるところ、彼らは反権力ごっこをやっているだけで、信念やポリシーはないのだ。

 信念やポリシーのない連中の象徴が、立民党の蓮舫である。蓮舫は、緊急事態宣言を控え、学校の休校を先行すべきだったと政府を批判している。


 このツイートに呆れかえる人は多いはずだ。2月28日、蓮舫は学校の休校について「場当たり的」「すぐに撤回すべき」と猛批判していた。それからほんの一ヵ月で、主張を真逆にし、また政権批判を繰り広げる。蓮舫は「親御さんの気持ちに寄り添えていない」と批判するが、単に弱者を設定し、その弱者に寄り添う「フリ」をしているだけの偽善である。

 結局、特措法に反対していたアベガーどもが、この期に及んで緊急事態宣言の早期発出を求めるのと同じく、蓮舫にも信念もポリシーもなく、あるのは「反アベ」の一点のみだ。こういう連中が、いま、日本の足を引っ張っている。有権者はこの偽善と政府への妨害行為を、しっかりと記憶すべきである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/04/07 07:10 ] 政治 | TB(0) | CM(9)
♪だけど発言なんて
 都合次第で変わるのさ
 白いスーツがあざとい貴女
 上から目線でさ
 国のためなんて
 ちょっと場末の詐欺師みたいね

 その闇は深すぎる
 Her citizenship is another one
 口を開けば 批判しかない
 人の気を逆なでる
 
 桜吹雪に 唾を吐いて
 日本貶さなきゃ 生きて行けぬ
 うぬぼれないで 言葉じゃ駄目さ
 貴女の本心 見透かされてる 

[ 2020/04/07 07:49 ] [ 編集 ]
stさん 
思わず歌っちゃいました(笑)
[ 2020/04/07 08:21 ] [ 編集 ]
批判とは自信がないことの裏返し。
[ 2020/04/07 08:24 ] [ 編集 ]
こちらでは、昨日、小学校の入学式が行われ、ちょっとおめかしの可愛らしい御子達を目にすることができました。
R4のイチャモンは大人にとって合理的ではあっても、当の子供達が晴れの入学式を失うのはけじめを失うことで、どちらが「寄り添う」事になるのだろ?

立民丸ごと安倍内閣の粗捜しが議員の仕事だとばかりに胸張って勘違いしていますが、特にこのR4は惨めなぐらいに自分の根性悪を暴露するのがお得意みたい。

ST様のアン・ルイスには、とてもR4じゃあ敵いませんw

政府は108兆円の持ち出し。太っ腹!それでも批判したがる輩がウロウロと。
[ 2020/04/07 09:36 ] [ 編集 ]
○日本の場合、検査不足だといわれているが、検査の帰り道で感染することもあるだろう。検査は陰性、それゆえに気を緩め外出すれば、感染症予防としては、まったく意味のない検査といえるだろう。検査で陰性のお墨付きがあるために、検査なしの場合よりも、市中の感染を広げる危険性は高いのではないだろうか。

○感染症に対する心理的な油断リスク、集団心理としては、

検査で陽性 < 感染の疑わしい自覚症状あり < 無検査、無症状 < 検査で陰性

…おそらく、このようになっているだろう。WHOは、検査する意味を集団心理の面から評価することも、パンデミックの今、必要なことではないだろうか。

検査は陽性で、軽症ならば外出自粛。
検査は陰性でも、検査の精度や、その後の感染もあるため、外出自粛。
感染の疑わしい症状がある方は、当然ながら外出自粛。
健康な方も、念のために感染しないよう外出自粛。

…いずれにしても、外出自粛せざるを得ないことには、変わりないだろう。

○基本的には、肺機能を守ること第一であるから、CTやレントゲンで肺に異常があるかどうかを検査して、軽症か重症か、自宅待機か入院治療かを、判別すべきではないだろうか。

○個人的に思うのが、患者を一か所に集めて治療することは、もしかすると多数の咳により、空気中のウイルス濃度を高めてしまい、再感染や重症化しやすくなる可能性もあるのでは、と懸念しています。換気を多くしたり、空気清浄器を、自宅療養や病院のような集団治療の場所で、多数設置すべきではないかと思います。
[ 2020/04/07 10:41 ] [ 編集 ]
マスク外交の元
今日のお題から逸れますが、マスク不足に関わる情報の一つが分かりました。

昨日の産経の、桜井よしこ氏(月一回)コラムに、
<世界のマスク生産80%を占めるシナが、「国防動員法」に依って在中の日本メーカーのマスクを接収している> のだそうです。
それで中共は”マスク外交”を世界で展開中なのだと。

自国企業の製品を生産現地で接収されて、接収した中共政府が日本に「好意の贈呈」をして、2F辺りが大感激で「子々孫々に伝えるべき」と絶賛したことになるわけです。

欧州に輸出して使い物にならないと返品されたマスクは、日本メーカーのモノではないだろうと思いますが、諸外国もシナに生産拠点を移していましょうし、北からの「マスク支援」も報告されていますから、シナが各国に向けたマスク等級差外交、というところでしょうか。

経済利益ばかりで中共依存すると、こういうことが繰り返される危険を説いた記事でした。
[ 2020/04/07 11:12 ] [ 編集 ]
疑念・・
お疲れ様です。まず、貴地元が此度の緊急事態宣言対象域となった事、一言の
お見舞いを申します。

それを踏まえた上で、拙地元・愛知県が大感染域にも関わらず、緊急事態宣言
対象外となった事に、一抹の疑念を抱くものであります。

今回対象域の選定につき、当地愛知の大村県知事は「国からの通達がない」の
を良い事に 緊急対応を放置したに加え、政府専門家会議見解にも反発、この
為政府筋との意思疎通を欠いた所が見受けられ、それが此度の漏れに繋がった
と思うものです。自ら危機感を抱き、緊急事態宣言対象域選定を願い出た福岡
県知事の態度とは雲泥の差と心得ます。

大村県知事の、危機意識に欠ける表れだと拙者などは思います。河村名古屋市
長は、同市を緊急事態宣言対象域に追加すべく 対政府申し入れを行う旨表明
はしましたが、是非実行を願いたいと思う次第。恐れながら今回貴記事も 拙
リンク致したく、お届出の次第であります。
[ 2020/04/07 20:02 ] [ 編集 ]
夜の店に補償をすべきか?賠償を求めるべきか?
一部のナイトクラブには、補償を行うのではなく、むしろ賠償を求めるべきではないかと思います。

売れっ子ホステスの告白 「夜の街」がコロナまみれになったワケ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200407-00618708-shincho-soci

「現在、コロナ陽性反応は男性スタッフで10名超。幹部は軒並みやられていて、中には重症者も。お客様も当然複数かかっていて、亡くなられた方もいらっしゃいます。その他、高熱、味覚異常、咳の症状だけなら、相当な数の関係者が訴えている状況です」
[ 2020/04/08 06:59 ] [ 編集 ]
嘘吐き=偽善者
嘘吐きカマキリ女村田R4は偽善者w
己の嘘に鈍感だから、偽善という嘘も恥とは思わない。
偽善者を見たら嘘破棄と思え…ですwww
[ 2020/04/08 09:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ